• 締切済み
  • すぐに回答を!

手術ミスの病院側の対応について

 初めて質問させて頂きます。 87歳の母が今年の1月中旬に「硬膜下血腫除去手術」を受けました。手術前の医師の説明では「20分ほどの簡単な手術で心配は無い。翌日には食事も普通に取れるようになる」とのことでしたが、術後ICUに運ばれました。「脳の実質(左前頭葉約2cmほど)を傷付けた」ということでした。手術の翌日、意識は回復しましたが失語症になり、食事も口から取ることが出来なくなりました。このような場合、病院側の良心的な対応とはどのようなものなのか、お伺いしたいと存じます。  主治医は「大変、申し訳ない」と謝ってくれてはいますが、入院費用や手術代が軽減されることはありませんでした。母は現在も点滴と経鼻管による薬の注入で何とか命をつないでおります。経鼻管挿入による鼻血の付いた母の顔をみると、転院させた方が良いかどうか迷ってもおりまして、この点についても出来ればお伺いしたいところなのでございます。  とにかく何もかも初めての体験で、どうしたら良いのか分かりません。どうぞよろしくお願い申し上げます。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数743
  • ありがとう数0

みんなの回答

  • 回答No.2
  • kkkkion
  • ベストアンサー率37% (29/78)

1. おそらく手術同意書には脳実質損傷の可能性は記載されている それにサインしたのなら勝ち目はなし 2. 良心的な対応、ということであればa)家族が納得出来るまでリハビリする(リハビリ病院への転院含む) b)在宅介護を目指すのであれば必要な福祉制度を詳細に説明し、可及的早期に書類を作成する c)施設入所を考えるのであれば、出来るだけ家族の希望に沿った施設を紹介する これくらいでしょうか。 私の印象からいえば、87歳でいらっしゃるので回復の余地は限られそうです。 上記2. のことを出来るだけ良い条件でしてもらうのが現実的だと思います。 これはあくまで私の価値観からの提案ですが、回復が望めない家族のことで、自分の人生をすり減らさないことも大事だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 祖母に手術を受けてもらうべきかどうか…

     祖母は89歳、脳梗塞を罹患し入院が1ヶ月になりました。前頭葉をやられたそうです。 その間絶飲食で点滴のみでしたが、おなかから直接栄養を通す管を埋め込む 手術をすることになり検査したところ胃に悪性腫瘍が2箇所見つかったそうです。  主治医の説明を聞いたおばによると、食事をしておらず体力もなく、手術の リスクは大きいが、手術を受けるかどうか家族で決めて欲しいといわれたそうです。  本日母とお見舞いに行き、母は看護師さんに手術は受けないと回答しましたが、 私は今日その話を聞いたばかりで納得できず、やはりもう少し考えさせて欲しいと 言ってきました。  祖母は手術を受けた方がいいのかどうか、わかりません。本当は本人の希望を聞きたいの ですが、こちらがわかっているのかもわかりませんし、時々声は発しますが 入れ歯をはずしているので(それだけではないと思いますが)何を言っているのか わかりません。良きアドバイスをお願い致します。

  • 脳出血の手術について質問

    10日前に母が、左前頭葉皮下出血で倒れました。発見した時は倒れてから15時間も経っているのではないかと思います。意識はあるのですが喋る事はできず目を開けている状態でした。 病院に運ばれてから何か分からない事を1度だけ喋っていました。 その時点での担当医の説明は、脳のごく細い血管が破れ脳内に出血した為、意識障害や失語症右片麻痺の出現と言われました。 出血量も50CC以上と大きな血腫で、手術適応内だが狭心症の治療で抗血小板剤を内服していてのと範囲が広いので、あそこもここもとなり大変な手術になってしまうのか予測されるのと再発の可能性大なので、はっきり言って手術はしたくない、何もできないと言われました。 このまま血腫が脳に吸収するのを待つしかないのと胃ろうの話と病院できる事はリハビリしかないとの説明でした。 止血剤と降圧剤ので血腫はおちつき倒れた翌日にはICUを出て、 現在は10日たち、寝たっきりのままの介護状態で寝ているばかりで喋ることができない様なのですが、看護婦さんの問いに名字を1度だけ答える事ができました 右側の腕手足は動きません、痛みは分かる程度です。 食事は自分では食べれないのですが、口にもっていくと口を開け飲み込むことも食べるのも昨日から9日ぶりにできました。 長くなりましたが、質問します。 血腫除去術とか内視鏡手術と言うのがあるのをネットで見かけ、担当医にたずねましたが、母の場合は血腫がまばらにあるので吸引しても一部しか吸引できないから効果がないメリットがないのと、意識があり食べる事ができる人には必要がない、それに抗血小板剤飲んでいるからと拒否、否定されました。脳の壊死した神経細胞は元に戻らないのは理解できますが、せめて大きな血腫を一部でも吸引しても効果がないものなのか困難なものなのかと疑問に思っています。 このままでは寝ているばかりでリハビリも進みません。まだ倒れた時の方が意識がしっかりしていた様にも見えます。脳内血腫を吸引手術の経験ある方、知識のある方の経験意見をお聞かせ頂けたらありがたいと思います。どうか宜しくお願いいたします。

  • 経鼻栄養剤の注入及び胃ろうの手術について

    80代前半の老人(女性)です。寝たきりで、パーキンソン病の疾患があります。このため嚥下障害があり、誤飲のため、肺炎になりました。 点滴でフォローしていますが経口では、もう無理と言われました。このため経鼻栄養剤の注入になると思われますが、かなり苦痛の伴うものなのでしょうか?また、何らかの事故(誤飲など)が、よくあるものなのでしょうか?胃ろうについては、体力的な問題から、医師より無理と言われましたが、今後も含めて、高齢での胃ろうによる手術は難しいのでしょうか?どなたか、ご家族でこうした経験をお持ちの方や、専門家の皆さんでお詳しい方、教えて頂けないでしょうか?よろしく、お願い致します。

  • 回答No.1

手術費用等については、保険を利用するなら規則的に一旦支払うべきものです。 その後の入院料についても同様ですが、ミスのために入院期間が延びている場合は 全額病院負担とすることもありえます。  まずは、医療に詳しい方を同伴された上で、実際に何が起こったのか、予後はどうなのか 説明を受けることをお勧めいたします。 病院として今後どのように対応するのかに 納得がいかないのであれば、転院されたほうが良いと思われます。 あとは、公式的な謝罪と金銭的保証の話になりますが、えぐい話は間に人を入れた方が 良いかもしれません。 手技に明らかなミスがあったのか、避けられないリスクとして 事前に説明されていたのかもポイントになります。 手術の同意書等をご確認ください。 避けられないリスクと、病院が言った場合(それに納得できない場合は)裁判を起こす ことになりますので、情報の収集が必要となりますが、それは専門家に任せたほうが 良いと思います。 とりあえずは、過誤だと決め付けないで、客観的に医療を見れる人と一緒に、事実を 確認するところからはじめてみてください。 大変だと思いますが、納得できる結論に 達することができるとよいですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 耳鼻科の腕の良いお医者さんを探しています。

    秋田県在住の者です。母の鼻血のことで腕の良いお医者さんを探しています。母の鼻血は、特に何をしたわけでもないのに出てきて、なかなか止まりません。病院の耳鼻科で鼻血を止めるための大きな手術を2回しました。1回目は、3年くらい前に上唇からメスを入れて、鼻の大きな血管を糸で結んでくる手術。それでもまた鼻血がでるので昨年、造影剤を入れながら破れている血管を探して、その血管を詰めてくる手術をしました。しかし、それでも鼻血が出ます。昨年は手術後であったのに、鼻血が止まらず、意識が朦朧として入院しました。鼻血が止まらないのは、心臓の薬のワーファリンを飲んでいるせいでもあります。母は、心疾患もあり心臓の方もかなり重傷です。子供の頃から、今まで何回も入退院をくる返しています。弁膜症(置換術もしている)、心内膜炎、心肥大・・・心臓が悪いために肝機能(うっ血肝の診断あり)障害、腎梗塞による腎機能障害、肺に水が貯まっている等・・・昨年は心臓の方でも長期間入院し危険な状態と担当医から言われたりもしました。鼻血だけでなく、他疾患も多くあるため難しいのですが、鼻血の心配だけでもなくなれば母の負担はだいぶ減ると思います。母は、いつ鼻血がでるか毎日ビクビクしています。外出、旅行も鼻血が心配で控えたりしています。遠くでもかまいませんので、良い病院、お医者さんがいたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 耳鼻科の腕の良いお医者さんを探しています 。

    秋田県在住の者です。母の鼻血のことで腕の良いお医者さんを探しています。母の鼻血は、特に何をしたわけでもないのに出てきて、なかなか止まりません。病院の耳鼻科で鼻血を止めるための大きな手術を2回しました。1回目は、3年くらい前に上唇からメスを入れて、鼻の大きな血管を糸で結んでくる手術。それでもまた鼻血がでるので昨年、造影剤を入れながら破れている血管を探して、その血管を詰めてくる手術をしました。しかし、それでも鼻血が出ます。昨年は手術後であったのに、鼻血が止まらず、意識が朦朧として入院しました。鼻血が止まらないのは、心臓の薬のワーファリンを飲んでいるせいでもあります。母は、心疾患もあり心臓の方もかなり重傷です。子供の頃から、今まで何回も入退院をくる返しています。弁膜症(置換術もしている)、心内膜炎、心肥大・・・心臓が悪いために肝機能(うっ血肝の診断あり)障害、腎梗塞による腎機能障害、肺に水が貯まっている等・・・昨年は心臓の方でも長期間入院し危険な状態と担当医から言われたりもしました。鼻血だけでなく、他疾患も多くあるため難しいのですが、鼻血の心配だけでもなくなれば母の負担はだいぶ減ると思います。母は、いつ鼻血がでるか毎日ビクビクしています。外出、旅行も鼻血が心配で控えたりしています。遠くでもかまいませんので、良い病院、お医者さんがいたら教えてください。よろしくお願いします 。

  • 寝たきり老人に対する経鼻の是非について

    83歳の父が認知症と老衰で殆ど食事を取れなくなり2週間前から入院しています 自分で体を起こす事も出来ず寝たきりに近い状態になり実際一日の殆ど覚醒せずに眠っています。 医師からは経鼻もしくは胃瘻の時期だと言われました。 胃瘻に関しては母を含む家族も反対なのですが経鼻に関しても胃瘻のような延命になるのであればしたくないと母は言っており私も同意見です。 ネットなで情報を見る限り経鼻も地獄のような苦しみだと書かれており、そんな苦しい思いを父にしてほしくないと思います。 胃瘻に比べて経鼻に関して知識が乏しく判断に困っています 皆様のご意見をお聞かせ願えないでしょうか

  • 大腸手術後の吻合不全で、食べ物が通りません。

    87歳の母が大腸手術後、腸閉塞をおこしました。小腸と大腸のつなぎ目のところがふさがっていて、いまだ食事もできず、これからどうなるのか心配と不安でいっぱいです。 アドバイスをよろしくお願いいたします。 大腸(小腸に近い部分)にポリープができて5月26日に手術。 内視鏡が通らないため(5月6日から入院して何度も内視鏡を入れてみられましたがだめでした。)腹腔鏡下手術をしました。 6月8日に退院。 傷から汁が出ていたのでつけかえに近所の病院に行くように紹介されました。 6月9日に具合が悪くなり、紹介された近所の病院に行くと腸閉塞といわれ、絶食点滴。 6月15日の昼から、再び食事開始。 6月16日に具合が悪くなり、再び腸閉塞を起こしかけているとのこと。 それ以来、首から高濃度の栄養を点滴で入れています。 6月27日お尻からバリウムと空気を入れた。 画像をみせてもらったがバリウムは大腸の中だけに白くうつっていた。小腸には行っていなかった。 下からはダメでも上からだったら穴が開いていたら通るかもしれないので、上からバリウムをいれてみますとのこと。腸が通ってないし、活動が弱いので大丈夫か聞いたら、水溶性で体の中に吸収されていくものを使うとのこと。 でも心配です。下から入れたあと、6月30日朝37度7分。7月1日朝38度8分熱が出て、解熱剤を入れています。 7月1日(今日)上からバリウムを入れ、今後のことを決めていきます。手術をした病院の先生にも連絡をとりますというようなことをいってありました。 87歳と高齢であるので2度の手術はさけたい気持ちでいっぱいですが、素人から見ても状況がきびしそうです。 先生はもし手術になったら、バイパスをつける方法もあるしというようなことを言ってあったのですが、くわしくは言われませんでした。 今度はちゃんと普通に生活できるようにしてあげたいのです。それにはどんな方法があるのでしょうか。 また、セカンドオピニオンを受けたくてもどこに行っていいかわかりません。よい病院(先生)がおられたら教えてください。遠くてもかまいません。(できたら西日本を。) アドバイスをどうぞよろしくお願いします。

  • 最近鼻血がよく出るので、血管を焼いてもらいました。 麻酔を打ってもらったら、すぐ焼かれるものなんですか? 歯医者は効くまでちょっと待つ、と看護師の母が言っていました。 あと鼻の中を見たんですけど、まだ治っていなくて、奥の方に膿が出たような黄緑色っぽくなっていて、ちょっとつつくと少しだけ血が出ました。 手術は5月27日の先週にしました。 明日、別の病院へいく予定なのですが…心配しなくても大丈夫ですかね?

  • 手術後

    三年前、胃癌手術をした54歳の母についてご相談があります。胃三分の二の摘出手術でした。通常数週間で退院できるという話しでしたが、二ヶ月もの間入院していました。その理由は、食事が殆ど流れず腸閉塞を起こしためです。二ヶ月もの間、鼻からチューブを入れられとても苦しいものでした。手術時間も延ばされました。退院直前に、担当医がまだ大学在学中の研修医ということが判明しました。手術前の説明では、研修医であることは一切教えられませんでした。その研修医に点滴の針をさされたことがあったのですが、あまりの不器用さに、シーツまで血まみれにされたのです。点滴の針一つするのでさえ、まともにできず、やっとのことでされたのです。それを見て、この研修医にされた手術とはどんなものだったか、容易に想像ができ、とても恐ろしくゾットします。その上その研修医にとって、この手術は一例目か二例目の手術経験でした。 手術後、お腹の傷口を押さえるテープをしてくれなかった為、(頼んで言っても、そんなものは無いと、何もしてくれず。)お腹がくっついていない不安定な感覚で、常に激痛です。ケロイドになっています。そして、お腹の中で腸が変に癒着し(研修医であったため、経験のある医者の手術とは違って、臓器を余計に沢山ひっくり返したり触られたり、沢山の範囲空気にさらされたりしていると思います。)食道が引っ張られ、首に指を押し付けられているような感覚の苦しさが、常にあります。そして、ひどい腸閉塞感が常にあります。(二度腸閉塞で入院しました。)これらの症状は三年経った今でも変わりません。どなたか、同じような経験をされた方、腸閉塞の治療をされた方、手術をされた方のお話しを聞かせて下さい。三年目で検診があります、セカンドオピニオンをしたいのですが、どこの病院が良いのか教えて下さい。関東に住んでいます。よろしくお願い致します。

  • 髄膜腫の手術・医療ミスならどうすればいでしょうか?

    63歳の母が先月髄膜腫摘出手術を受けました。その結果後遺症が残りました。 昨年から頭部表面に膨らみを確認、CT検査予約1ヶ月待ちの末、髄膜腫であるとの診断でした。腫瘍が頭蓋骨まで浸食してしまっている事もあり、症状はないものの手術が決まりました。 医師の説明では、頭蓋骨の一部を取り除きチタンのプレートを入れるが、さほど難しい手術ではないので大丈夫、術後は2週間で退院出来るとの事でした。 インターネットで調べてみても同じような感じでしたし、この病院自体がセカンドオピニオンでしたので(1つ目は脂肪の塊との診断)母も私たち家族も先生方を信頼し任せました。月を追うごとに腫瘍が大きくなってもいたので「早く取っちゃってキレイにしたいね~」くらいの感覚でした。 しかし、手術直後の家族への説明で「腫瘍はきれいに取り除きましたが、術中に側頭葉に1cmほどの傷を付けてしまった。すぐに止血したので心配はありません。」と言われました。もちろん不安を覚えましたが、心配ないという先生の言葉を信じてしまいました。 そしてその夜、ICUで嘔吐を繰り返した母は、持病の高血圧のせいで血圧が瞬間的に上昇し、側頭葉から出血を起こしました。事前に先生からの説明はありませんでしたがインターネットで調べたところ、脳外科の手術を受けた後は嘔吐はよくあるとの事。ですが高血圧を抑える点滴は出血を起こした後に使い始めたそうです。長年服薬しているほど高血圧だということはもちろん先生は知っています。 その出血の結果、後遺症が残りました。 先生は「想定外の事が起こった」と繰り返し言います。側頭葉の傷口から出血したのでは?との質問には「可能性がないとは言えないが、どこからかは分からない」との答えでした。 手術から3週間、まだ歩行器なしでは満足に歩けません。身体的な後遺症は握力低下、顔面の痛みとハリ、また視野が著しく狭くなり、視力も低下しました。そして最も母本人がショックを受け、私たち家族も困惑しているのが中度から軽度の失語症(言語療法士曰く)になってしまった事です。 今回質問したいのは、  ・手術中に側頭葉を傷付けた事  ・嘔吐する事は予想できたのにもかかわらず高血圧抑制の点滴を使用しなかった事 この場合は医療ミスになるのでしょうか。もし医療ミスならば病院側とどのように話をすればいいのでしょうか。 母の髄膜腫は病理検査の結果が予想以上に悪く、しばらくその事とリハビリに気を取られていましたが、やはり家族としてはどうしてこんな事になったのか納得出来ません。せめて謝ってもらってもいいのではないかと思います。 どなたか詳しい方がいらっしゃいましたら、教えていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 愛猫とシンクロする

    愛猫とのシンクロについて18歳のおばあちゃん愛猫がいます 私は生まれつき右目が涙目で、鼻血(右鼻)がよく出ます。鼻血は一昨年、軽い手術をしたのでもう出ることは無いのですが、鼻炎になると古傷が痛むんですよね。 それでなのですが、 私の涙目が酷くなる時、鼻が痛む時、 その時まさに愛猫も涙目、鼻血、と同じ症状になるのです。 そして、私が腹痛でくだしているとまさに愛猫も。 私の指先が火傷で負傷していると、愛猫の歩き方がぎこみなく、前足を見ると爪が伸びて刺さりそうになっていたり… 他の母や父といった家族ではなく、娘の私とだけシンクロしているんです。 それが私の症状が出てからか、愛猫の症状が出てからなのかは???ですが(^^;; こんなことってあるのでしょうか? 皆様はどうですか?ありますか? またなぜこのようなことが起きると思いますか??

  • 胃婁のメリット・デメリットは? 認知症で入院中の母のことで。

     88歳、認知症・寝たきり状態で入院中の母について、担当医師から、「胃婁」を勧められました。  母は、現在、鼻からの経管栄養と、口からの食事の混合になっていますが、鼻からの管は「喉に違和感があるから、抜いて欲しい」と訴えます。  本人の現状は、悪夢を見て独り泣いていることが多く、食事をシッカリ摂ることができません。母が言うには、「お腹は空いてはいるが、恐ろしくて、胸がいっぱいで、食事が少ししか食べられない」とのこと。摂取量は通常の大人の1/3~1/5といった状況です。身体状況は、心臓肥大・高コレステロールの脂肪肝・多発性脳梗塞などですが、意識はかなりハッキリしていて、自分の意志を伝えることはできています。  担当医師から「胃婁の方が、経管より本人の負担も少なく、口からも食べられるので良いと思う。手術も30分程度」と言われております。  このような状況の下、子供として判断に迷っております。スパゲッティー状態での延命処置は望みませんが、穏やかに天寿を全うして欲しいと願っておりますので。  このような状況で、胃婁にすることの、メリット・デメリットをお教えくださいませ。

  • 経鼻栄養剤一日400キロカロリー投与について

    以前、質問させて頂きました。その節は、大変お世話になりました。私の母(80代前半)がパーキンソン症候群の基礎疾患があり、嚥下障害が進行して飲み込みが悪くなっていました。そして、誤嚥から肺炎を起こしました。そのため絶食となり、点滴となりました、肺炎が落ち着いてきたため、経鼻チューブにより栄養剤を注入しています。(パーキンソンの薬も投与しています。)これで体力が回復すると希望的観測をもっていましたが、意識は一時的に回復するものの眠ってばかりいて、痩せてきました。看護師に一日の栄養剤のカロリーを聞くと450キロカロリーとのこと。通常は900キロカロリー注入だそうですが、母の場合は、胃腸の調子を見るため、半分の投与になっているそうです。1200キロカロリー位は投与されていると思っていましたので、かなり驚きました。母は元々は、胃腸は丈夫で他の内臓疾患は指摘されていません。点滴の時で一日300キロカロリーと低カロリー投与が10日間続きました。その後、点滴から経鼻栄養注入に切り替わりまして、一日400キロカロリーが10日間続いています。こういう低カロリー状態が、長く続いて(1)生命維持が可能なのか(2)他の疾患(例えば、血流が悪くなり脳梗塞を起こすなど)が合併しないのか、非常に心配しております。 これらにお詳しい方の回答を、よろしくお願い致します。