解決済み

このイジメをどう思いますか?4年生のクラスです。

  • すぐに回答を!
  • 質問No.7315477
  • 閲覧数473
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 78% (110/141)

子供のクラスであった遊びでは済まされない「タイマン」というイジメです。
内容は、誰かと誰かを喧嘩させてAという児童は見て楽しんでいます。
Aに命令された男子は喧嘩をしないといけません。それを断わる事が出来ないようです。
大概、喧嘩の負ける男子は決まっているようでH君という児童は、毎日のように暴力を振るわれ泣いているという事です。その事を先生はしらないようです。
その他に命令されて荷物を持たされたり、お菓子を持って来るように言われたり困っている子供さんもいるようです。

この事は先週、子供から聞かされて凄く驚きました。
このタイマンは、休み時間で教室のドアを締め切り男子が(A君が)やっているようです。
私の子供は女の子で、女子全員が喧嘩を恐れ、A君を恐れ先生に言う事が出来なかったようです。
私は学校にこの事を伝えました。教育委員会にも伝えました。
それで学校では一日で解決した事を子供から聞きました。
解決の内容は、休み時間に教室のドアを締め切らす開けておく。
それとクラス全員でA君の嫌なところや直して欲しいところを作文に書き、書いた本人の名前を言わずに全員の前で読み、今後気を付けてもらうということでした。

私はこのユルイ解決方法に愕然としました。
おそらく保護者に報告はないと思います。
私としては加害者であり被害者でもある喧嘩に加わった児童の保護者への報告やらA君やH君の保護者にも報告しないといけないと思いますし、
クラスのほぼ全員に近い児童はこのA君を怖がっています。
このよう状態で解決はないと思います。
それとこの普段より酷い暴力があった日にH君は脚の甲か脚の指の骨折をしていたようです。
しかし骨折の原因は階段の手すりを滑っていてこけた。という事になっているようです。
確かにこけたのを子供は見たようですが、ホントにそれで骨折したのか分からないように思うといってます。
この日の暴力の内容はいろいろとあったようですが、のどぼとけを拳で殴られて息が一瞬できなくなったようで、死んだかと思ったそうです。
子供はこんな教室に行きたくないと言い、私もこんな解決方法しかしない学校に行かせたくないです。
このイジメは無かった事にして隠したいんでしょうか?
子供の関係の同級生のお母さんにこの事を言っても、見守りましよう。とかうちは大丈夫だからといって関わりたくないような雰囲気です。
それにもびっくりしました。
私はどんな行動をしたらよいですか?出来たら学校側に父兄会などしてもらい説明やら今後の取り組みやらをして、命令しない、従わない、暴力を振るわない、皆がA君を恐れない学校生活をして欲しいですが・・・

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

よく判らないのは、そのA君を皆が恐れる理由です。
酷く暴力的なのでしょうか。

少なくとも、学校もPTAも父兄も全くアテには出来ません。
子供が自殺しても知らぬ存ぜぬ、可哀想だね、で何としても
終わりにしようとするのが学校だからです。
その責任を逃れようとする様は、事件がおきない限り
目にすることが出来ない信じられない醜いものです。

でも、孤軍奮闘しても誰も助けてはくれず、騒いでいる
親がモンスター扱いです。

実際、親が頻繁にクラスを偵察に行っても、被害者の
子供が保身のために加害者の子供に進言してたちまち
「何も起きていない」状態が演出されてしまいます。

残念ながら、子供とはいえ執拗な暴力が野放しになって
しまいがちですから、余程本気で取り組まなければ
解決は難しいでしょう。

毎日休み時間を監視するために学校に行く、A君の
親に直談判に行く、先生方と直談判して内容を録音し、
逃げるつもりならマスコミ関係者に話をして記者の
取材を受けてもらうなど、いずれ考え付く方法は
普通の生活をしていては無理なことばかりです。

確かに,A君の生育環境、つまり親にかなり問題が
あることもあるでしょうけれど、問題の解決という
一点に絞れば、モンスターと呼ばれることを恐れぬ
徹底的な攻撃が必要になるでしょう。 上に書いた
ようなことから、父兄会での吊るし上げまで含めてです。

その位、この問題は根が深いのです。
先生方、という日和見主義者達にとって、社会的責任、
というのは言葉の上だけのものでしかありませんし、
それを真面目に取り組もうとする教師は学校からも
父兄からも児童からさえもスポイルされて自滅していく。
そういう例が後を絶たないんです。

まずは、同じ被害を受けている子供の親といかに
ネットワークを造るかですが、誰も孤独な立場に
追いやられたくはありませんから、基本的に及び腰です。
そんななかで、ついていくリーダー、悪く言えば、あの人に
そそのかされたから、という言い訳が出来るような、
「首謀者」になれる覚悟があるなら、結束を固めて
上記に限らず様々な手が打てるでしょう。

ただし。

普通の親も先生も、児童さえも、小学校を卒業するまでの
辛抱だから、と思っています。
恐らく、その壁が一番厚いですよ。

モンスターになる覚悟。

私だったら・・・子供が自殺を考えるほどいじめられて
いたり、喧嘩を無理強いさせられるような事態になって
いるのなら、仕事を辞めてでもそういう行動をします。
でも、それは貯金その他で期限付き。
誰にでも出来る、お勧めできる方法ではありません。

覚悟を持って闘う以外に、私は方法を存じません。

答えとは言えないですね。

ごめんなさい。
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 38% (351/902)

読んでいて、幾つか不思議に思いました。
>大概、喧嘩の負ける男子は決まっているようでH君という児童は、毎日のように暴力を振るわれ泣いているという事です。その事を先生はしらないようです。
その他に命令されて荷物を持たされたり、お菓子を持って来るように言われたり困っている子供さんもいるようです

加害者はA君で被害者は多い、みんな恐がっている、ということですよね?
そのことを先生は知らないなら、なぜ被害者みんなで先生に言わないのでしょう?
「先生にチクった」とか言ってまたやられることを恐れているのでしょうか?
でもA君ひとりで、クラスみんなに立ち向かうことはできないはずですし、4年生ならその程度のことは理解できていると思います。
想像ですが、実は被害者面している子供たちの心にも、「いじめ」の加害者(A君と同じ)の気持ちの子がいるのではないでしょうか?(結構楽しんでいるような・・・・)
「恐がっている」ふりをしながら実は「楽しんでいる」男の子が意外に多いのではないのでしょうか?
だから、みんなで先生に言おうよ、という解決策になかなかつながらなかったのでは?
そういう子供たちは、親にもおそらく「A君ってひどいよ」みたいに言わないでしょうし、保護者も「他人事」なのか、あまり重く感じていないかもしれません。
あるいは保護者の何人かは、貴女のようには真剣に考えずに、「そのくらい子供同士のことだから・・・」みたいに軽く考えているのかもしれないです。

>おそらく保護者に報告はないと思います。私としては加害者であり被害者でもある喧嘩に加わった児童の保護者への報告やらA君やH君の保護者にも報告しないといけないと思いますし。
全体の前で名前を伏せて作文を読んだ、というのは、実はかなり学校にとっては勇気ある対処法だと思います。
今の世の中は、なんでも「個人情報保護」優先ですから、例えば学校からのお便りに「子供の名前を載せるな」とか、「子供の作文をお便りに載せるのはプライバシーの侵害だ」のように「けしからん!」と言う保護者は少なからずいるのです。(結構多いのですよ)
「父兄」という言葉にもクレームがきます。「なぜ、父とアニなんだ?」と。貴女が言うことは許されても、教員は「保護者」と呼ばなければいけないのです。下手すれば、そんな些細なことで訴えられることもあるのですよ。
なので、対象をA君に限って書かせたこと、そしてそれをみんなの前で読む、ということは「ゆるい」どころか学校側からすれば、保護者(A君絵)からのクレーム覚悟で思い切って行ったと思います。
または、A君の保護者に連絡してから行った対処策だと思います。

それから「ゆるい」と感じる保護者だけでなく、「一人の生徒をなんであれつるしあげるとは何事だ!相手は小学生じゃないか!」と、クレームする保護者もいるのです。(みんな同じ感覚ではないのです)
そしてそこまで行ったということなら、おそらくその担任の先生や学校は、少なくてもA君の親には連絡したと思いますよ。(ただこれは想像です。この手の保護者は、何度電話しても、訪問しても、手紙を送っても、連絡ができずに「不在」を決め込んでいる家庭もありますから・・・。また、さらには他のせいにするだけで何も改善しないどころか、逆に他の保護者を攻撃したりする場合もあります。色々な方がいますから・・。)

>子供の関係の同級生のお母さんにこの事を言っても、見守りましよう。とかうちは大丈夫だからといって関わりたくないような雰囲気です。
他の保護者の方々は、貴女と感覚が違うということですよね?前述のように、それぞれ感じ方、考え方は千差万別なのです。「ゆるい」と思う人、「やりすぎ」と思う人、世の中はさまざまなのです。
とりあえずご質問者さまが学校や教育委員会に報告したことで解決したなら(1日で解決した、いうことなので)、やはり「見守りましょう」がよいのではないでしょうか?

H君もH君のお母さんも、他の保護者の方々も、今後2年間はその学校で供にA君も生活するという現実を考えて、今回はこれ以上事を大きくしてほしくない気持ちかもしれません。
もしかしたら・・・ですが、A君は精神発達障害(一種の病気のような)をもっていて、親御さんも困り果てていることも考えられます。そのことを他の保護者もなんとなく気がついているのかもしれませんし。
色々なケースが考えられますから、とりあえず小康状態なら様子をみて、またA君(繰り返す可能性は高いと思います)のことが、目に付いた時点で、行動なさってはいかがでしょうか。

お嬢さんには、このタイプの子供はどこにも少数ながらいるので、うまく対応して被害に遭わないようにすること、我慢が必要だということを教える機会にしてはいかがでしょうか?
大人の社会でもいますからねえ。満員電車にのっても、道路を歩いていても、普通に買い物していても・・。子供の世界には限ったことではないと思います。大人になると警察に捕まり、そのために警察があるのだと私は考えていますが。子供は大人より未熟ですし、男の子は特に他人をバカにしたり乱暴だったりします。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 17% (1305/7303)

>確かにそれが出来ると良いです。

 何か人事みたいな、書き方ですね

行動を起こさない事には 何もはじまらないのに・・・

 一見 子供の事を思っているようですが
所詮 自分の子供のクラスとはいえ
アナタにとって親子だけど他人事なんでしょう

 本当に子供の事を思うなら 行動しないと・・・
  • 回答No.2

ベストアンサー率 17% (1305/7303)

>私はどんな行動をしたらよいですか?

 1番 ベストだと思える解決方法を
アナタが、レポートに書いて
学校に出向いて校長、担任に
「あなた達の解決方法は、<ユルイ!>
私の方法で解決して欲しい」とお願いする!

 「もし、出来ないのならこの足で 教育委員会に出向き
私の解決策を採用するように圧力をかける!」と校長、担任を脅す!

 この方法なら アナタの考えた
解決方法なので納得すると思いますが!
お礼コメント
kkk1234

お礼率 78% (110/141)

確かにそれが出来ると良いです。
しかしもう先生方は3学期は終わったような雰囲気かもしれません。
とりあえず今は「タイマン」はないようですが。先週あって今週ないだけのことかもしれませんので子供の話を聞きながら次の行動を考えたいです。
こういう学校に子供が通っている!のも不満ですが・・・ ご回答ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-02-23 15:23:59
  • 回答No.1

今の学校はそういう学校が多いんですね。うちの学校もそうでした。自分は小学校のときにいじめられていて、ドブに教科書やジャンパーなどを入れられたりしていました。そのイジメていたやつはみんなからも孤立していました。で、自分は力がないからだと思い筋トレに励み相手の力より強くなったらイジメられなくなりました。それから中学のときには友達になっていました。今はそうはいかないのですね。高校のときもそのようなことが女子の間であり、自殺してしまいました。本当に理解できないです
このようなことがあっていいのか
お礼コメント
kkk1234

お礼率 78% (110/141)

早々のご回答ありがとうございました。
いつも思うんですが、いじめている方は楽しいんでしょうか?
それと相手の気持ちを考えてみるといった普通の感覚は無いんでしょうか?
あればあなたが受けたイジメも無かったはずですよね。
イジメが無くなって良かったですが、同じ学校で自殺があるってショックなことですよね。
自殺があってもイジメはなかったって言っている校長をテレビでよく見かけます。
こちらの小学校の校長もその程度なんでしょうかね。
とりあえず「タイマン」という遊びは今はしていないという事ですが・・・先週していて今週はしていないだけかもしれません。
とりあえず様子を見ながら考えます。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2012-02-23 15:17:55
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ