• ベストアンサー
  • 困ってます

被災した消防車両達

東北大震災の津波に飲み込まれて被災した消防車両や昨年8月和歌山県や奈良県を襲った台風で水に使って修理不能になってしまった場合新車に買い替えるのに多額の予算がかかりますよね?こういった場合地方の消防本部で予備車としての役目を終えた消防車両達が被災した消防本部や消防団に無償で譲渡されるんですか?現職の消防職員さんか現役の消防団員の方教えて下さい。

noname#153123

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数370
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • trajaa
  • ベストアンサー率22% (2662/11921)

実際に数十台の車両が被災地の消防本部へ現物支援として送られています。 送った消防局で資料を探したけど見つからなかったので、コレで http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110510/dst11051017270015-n1.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

資料提供ありがとう御座います大震災で消防車両や消防団が所有している小型ポンプ車が被災したまた季節外れの集中豪雨で水没してしまい修理不可能になってしまって各都道府県議会や市町村議会に被災した消防車両に新車購入の要望を出しても消防予算が赤字予算になってしまいますものね最後の頼みは地方の消防本部から予備車として使用されていた車両や現役を引退した車両を無償で購入しなければなりませんね損害保険会社や地元農協(全農)から寄贈車両として購入することも可能ですよね。

関連するQ&A

  • 消防職員の方で他の消防本部に転職した方いらっしゃいますか?

    私は30代後半の消防職員(救命士)ですが、できたら他の消防本部に転職できたらと思っています。というのは、自分の住む地域の消防本部で働きたいと以前から思っていました。年齢から正規の採用試験は受験できないし、コネもありません。実際に他の消防本部に転職した方、もしくはそういう方をご存知の方がいらっしゃいましたら、どういう方法で転職されたのか教えてください。

  • 常勤の消防団員????

     常勤の消防団員の意味が分かりません。  かつて大阪府能勢町には、常備部と呼ばれる常勤消防団員を置いていたそうです。また、確かに消防組織法第十五条の六には、常勤の消防団員についての規定があります。 消防団員といえば、他に職業を持っているはずで、非常勤だと思っているから質問したのですが、市町村は、消防本部、消防署、消防団の一部を設ければよいから、要は名称だけで、実質、消防(官)吏員なのでしょうか?

  • 消防の広域化

    平成24年度をめどに消防の広域化が行われるようですが、県によっては一つの消防本部になると聞きます。 この場合、消防職員は今までのような市内のみの人事異動では済まなくなり、県内全域が人事異動の範囲になるのでしょうか?

  • 消防車の車検

    過去の質問で消防団の消防車車検についての 回答は見たんですが、消防署の消防車の 車検について知りたく、質問しました。 東京など都会であれば消防車、救急車の車検時にも代車や、 代替車両があることも考えられますが、 田舎に行けば行くほど、消防車、救急車の車両数は 少ないと思います。 ただやっぱり車検はあると思うのですが、 田舎など消防車、救急車が少ない消防では 車検時はどういう対応をされているんでしょうか? 自分の住んでいる所は田舎で1つの消防局、消防本部が 担当するエリアがかなり広く、 車検時車両がない時に近隣の消防署から 車両が出動しても遠い場合は早くても40分から50分は かかる場所があります。 また車両についても救助車は1台しかなく、 これが点検に入ってしまった場合は救助等に対応できないと 思うんですが。。。 長くなりましたがアドバイス等ある方はどんなことでも 構いませんので、よろしくお願いします。 長くなりましたが

  • 前から気になっていたんですが~!

    前から気になっていたんですが~! 緊急車両(消防車 救急車 パトカー 覆面パト等)がガソリンスタンドで 給油する時、ガソリン代は自腹で払うのでしょうか? それとも各消防署や消防本部、各交番や警察署に請求がいくのでしょうか?

  • 岩手大槌町の消防団11人死亡・不明について

    ヤフーの今日のニュースのところにこのニュースが載っていました。 大きな被害を受けられた大槌町の、消防団の方々のニュースです。 団員の方々は誰1人として津波から逃げず、町民の方々を何とか早く避難させたいと、半鐘を鳴らし続け、津波に飲まれた方もおられるそうです。 涙が止まりませんでした。 私の主人も、消防団の一団員です。 年度変わりということで、つい最近まで新団員の勧誘を、早めに仕事を切り上げることが出来た団員が集まって行っていました。 毎年のことで、聞くだけの私も腹立たしいのですが、大学を卒業する頃の年齢の若い子を勧誘に行くと、必ず親が出てきて、「留守です。」「仕事が忙しいので。」などと言われ、本人に会うことも出来ないまま仕方なく帰ってくることばかりだそうです。 それが何十軒も続くのです。 中には、「暇人が集まって勝手にやってるだけでしょ」と言われる方も少なからずおられるそうです。 しかも、以前火事を出し、消防団のお世話になった家の人でさえ、いやみを言ってきたそうです。 主人は市区町村役場勤務ということで、強制的に入ってるだけだよーとは言っていますが、団員としての責任感は強く、決して暇なわけではありません。 他の団員の方も、忙しい仕事を切りをつけて集まって、なんとか活動が成り立っているのです。 サイレンが聞こえれば、休みの日だろうが、仕事中だろうが、朝だろうが、昼だろうが、夜だろうが、夜中だろうが、食事中だろうが、お風呂中だろうが、何をも差し置いて、消防情報ダイヤル(どこどこで建物火災、などとアナウンスが聞けるダイヤルです)に電話し、自分の担当している地区の火事、事故などであれば飛んでいき、2次災害が起きないよう、消防署の方が帰った後も何時間も残って気を配らなければなりません。 何か行事(夏祭りや餅投げなど)があれば、警備として出ていき、全員が安全に帰るのを見届けてから片付けをし、やっと帰ってこられます。 台風などの災害時は、電線が切れたり、木が倒れて道路が不通になってしまうなど、予想もしない事態が起こるため、もちろん出動します。 火災予防運動の放送も、「うるさい!」と何度も言われるそうです。 家族を置いて、出動するのです。 家族の心配もしながら、任務に当たるのです。 自身の危険ももちろんあります。 前述のように、嫌なことも散々言われ続けます。 大変であることは確かです。 本当にお留守なのかもしれません。 お仕事がお忙しいのかもしれません。 それでも、何回お願いに上がっても、親しか出てこないというのは、おかしいとは思いませんか? 今年は、主人の弟と、はとこを何とか説得し、もう1人友人も入ってくれましたが、主人は「また幽霊団員かな・・・」と言っていました。 主人は、どの地区も、ちょうどゆとり教育が始まった頃の若い子だから、面倒なことはやりたくないんだよ、もう入ってくれる子がいなかったら、うちの分団も解散かな・・・と言っていました。 みなさんは、災害時の消防団の活動をご存じないのでしょうか? 消防署の方々だけで活動されていると、勘違いされているのではないでしょうか? 特に、若い男性の方々、消防団が勧誘に来たけど、めんどくさそうだし、断ったという方、恥ずかしくはありませんか? 自分の住んでいる地区を守るのです。 とても誇りに思うのが普通ではないですか? 私は病気持ちで、家事育児などはほとんどできませんが、消防団として任務を果たしにいく主人を、頑張って!と気持ちよく送り出します。 はっきり言って、不安です。 特に災害時、火事、事故など、もしものことがあった時、病気で何も出来ない私と小さな息子、どうやって生きていこう、と考えずにはいられません。 それでも、主人は困っている誰かのために1分でも1秒でも早く出動していくのです。  彼の背中を押すのは、妻である私の仕事です。 主人は私の誇りです。 皆さんはどう思われますか?

  • 自動車保険の地震・噴火・津波「車両損害」特約

    自動車保険の地震・噴火・津波「車両損害」特約について 地震・噴火・津波「車両損害」特約をつけようと思い 自動車保険の会社に電話したところ 断られました。「ご遠慮いただいております」とのことです。 東海地震が発生したら被災する地区ですが やはりこのことが影響しているのでしょうか?? いままで、全く説明してくれなくて 今回の東日本大震災で沢山の車が流されているのを見て 自分で調べて、電話。 挙句、断られる、という結果に ・・・・って感じです。 東海・東南海・南海地震の発生する地区以外ですと すんなり特約をつけられるのでしょうか? そんなに断るような特約ならば なぜ、存在するのでしょうか??? どなたかおしえてください。 よろしくおねがいします。

  • 比島台風被害は所詮他人事?

    フィリピンの台風被害は日本人にとっては所詮他人事でしょうか? 海外での地震や津波だと頼まれてもいないのに大々的に募金を募り、協力しないと非国民だとレッテルを貼られる 東日本大震災では自分の家のごみを処分するかの如く要らなくなった物を支援物資だと言って被災地に送りつけました。 しかし今回の事はそんな事は無い 台風と地震の違いだからですか? この差は何でしょう?

  • 役人は災害情報を誘導する

    2019年には、台風が普段来ない関東で被害が多くて  10月末の21号では「半日で一か月分の雨が降った」とNHKが繰返しました。  一食で一か月分の栄養素、みたいな、ネット広告のキャッチフレーズです。 「梅雨時期の二日分が半日で降った」と例えられた方が怖いイメージを持ちます。 さて 19号の前までの台風では、太平洋を北上する"予報"進路が  日を追うにしたがい、九州の西にそれました。 気象庁は、予報に脅し(最悪を想定した匙加減)を加えやがって、と思っていたら 19号は、逆に関東直撃となって  新幹線車両損害:360億円、農業被害:1000~億円、となってしまいました。 ヨーロッパ中期予報センターやアメリカ太平洋気象海洋センターには  匙加減が無いので、気象庁の進路予報の変化を比較すれば  匙加減度が判明するハズですが、分析済みなのでしょうか? また 昔のNHKは「地震で津波予報が出ました、海岸から離れて下さい」 のあと  緊急番組で「何処どこの港で 0.5mの潮位が観測されました」などに加え   消防団が防潮扉をチェックしている姿を放送していました。 オオカミ少年を何十回もやられた後の、東日本大震災では  津波到来まで10分以上あったのに津波にのまれた方々が多かったです。 311の後 「今の地震による津波の恐れはありません」の放送に急に変わったのは  既設の沖合海底の海面高さセンサーを津波予報に取り入れたから   と思っていますが、間違っていますか?

  • 義援金の募集

    東日本大震災で活動している消防の友人がいます。彼らは自分達が被災しているのにも関わらず、行政の立場からほとんど支援が受けられていません。また、聞くところによれば、彼らの行政のトップが建前を主張し、実際現場で活動している隊員は非常につらい思いをしているのです。彼らは活動服、ヘルメット、靴、手袋、ゴーグル、マスク等あらゆる物を津波で流され失っております。支援されたものは、ほとんどが中古です。着替えの活動服もない状態ですので、せめて、少しでも新品のものを着せてあげたい。そんなことから、この場をお借りして、義援金を集め支援をしてあげたいと考えております。募集の方法等をご教示してくれる方がいればよろしくお願いいたします。とりあえず、来週被災地を訪れ、さらに実態を把握して皆様にご報告します。