• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

老化は不可逆か

老化は不可逆現象なのでしょうか? その理由もあったら教えてください。

noname#2813
noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数696
  • ありがとう数22

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

すべての細胞は遺伝子をコピーして入れ替わって行きます。そして、コピーの際にコピーミスが数%~10%程度発生すると言われています。何代も何代もコピーをしつづけていくと‥本当のコピー機で何かをコピーしてください。そして、そのコピーをコピーし、また‥と繰り返して行くとどうなるでしょうか?字は崩れて読めなくなってしまいますネ。これと同じように細胞は故障してしまうのです。 また、血管の劣化が老化であるという説もあります。 実は若返り物質というのが発見されており、動物実験では有効性が証明されていますが、人体への応用はまだ行われていません(若返りといっても、現状維持という意味であり、決して若くなるのではありません)。 kawakawaでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 若返りの物質についてももっと研究が進めばいいですね。

関連するQ&A

  • 不可逆性問題について

    不可逆性問題は、もう解決しているのでしょうか? 分子や原子の運動における微視的可逆性から、巨視的現象(マクロ現象)における不可逆性のパラドックスがあるらしいのですが、 まだ未解決なのでしょうか?

  • 時間の不可逆性

    なぜ、時間は不可逆性なのですか? また、時間の概念を教えてください。

  • 不可逆? それとも非可逆?

    たとえば、DNAからRNAができるけれどその逆はできないという学説がありますが、その「逆ができない」ことを表す言葉は、「不可逆」か「非可逆」か、どちらが正当なのでしょうか。 分野は全く異なりますが、情報処理の分野、たとえば音声の圧縮に関するテキストを読んでいると、よく「一旦MP3で圧縮されたデータはWAVEに変換しなおしても音質が元のWAVEに還元できない」ことを示す言葉として、「非可逆」がよく用いられているように思います。 ですが、岩波の生物学辞典に当たれば、「不可逆」は載っていますが、「非可逆」は載っていないのです。 分野によって、「不可逆」が優勢なところと、「非可逆」が優勢なところがあるのでしょうか? お願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

【免疫機能のバランスをとればあるいは...?】  多細胞生物の細胞の一つが古くなり死んでいくこと、これも細胞レベルでは「老化」と言えますね。ですが、死んだ細胞のかわりに新しい細胞が生まれれば問題ないわけです。これは「代謝」ですね。  この「代謝」機能が加齢ともにうまく働かなくなり、やがて生物としての寿命を迎えること、これがご質問の「老化」にあたると考えてよろしいでしょうか。  これについては下記サイトが非常によくまとまっていましたのでご参照下さい。  免疫機能のアンバランスが老化を引き起こすわけですから、このアンバランスを解消する方法が解明されれば、あるいは老化も可逆現象となる可能性もあるかも知れません。  感覚的には、もし免疫機能のアンバランスが解消しても一時的なもので、ダイエットのようにリバウンドが来るような気がしてちょっとコワイですが。  余談ですが、アスキーが出版した『不老革命』という本では、テロメアを延ばすことで細胞の老化を防ぎ寿命を延ばす「テロメア治療」について解説していますが、そう単純に行くかどうか。個人的にはかなり眉唾だと思いますが、ご参考まで。

参考URL:
http://www.olympus.co.jp/Special/TecZone/vol33/3302.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#799
noname#799

短的に言います。 酸素を吸っていきてる限り無理です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#8250
noname#8250

細胞にはテロメアという部分があるのですが、 これは、染色体の維持、安定に寄与している ものです。 しかし、細胞分裂を繰り返すたびにこれは短縮を していきます。限界まで短縮してしまうと分裂が 止まってしまいます。 それが老化・死と深く関係しているようです。 しかしガン細胞などはテロメアの短縮がないため それを使って不死の研究が進められているようです。 確か昔NHKテレビでそんな特集をやっていました。 では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 NHKの特集ではたしかにテロメアのことが説明されてましたね。 うる覚えですが。

関連するQ&A

  • 不可逆変化!

    「熱いお湯は放っておけば冷めるが 冷めた水は勝手に温かくならない」 不可逆変化で思いつくことはこれしか出てこないのですがほかにはどのような不可逆変化がありますか?

  • 可逆過程と不可逆過程の違いについて

    20℃、2atmの定温定圧下で、0.5molの理想気体が1Lから4Lに等温膨張した。この時のΔS系ΔS外界ΔS全系を計算しなさいという問題が出されたのですが、ΔS系はnRln(V2/V1)から出せる答えで問題ないと思うのですが、この条件で可逆過程になるのか不可逆過程になるのかわからないので、他のふたつがわかりません。 わかるかたいましたら教えてもらえませんか?

  • 可逆変化と不可逆変化

    P-V図でPV=nRTに従って平衡状態を保って変化するのが可逆変化、そうでないのが不可逆変化という認識をしています。 でも、その場合不可逆変化ではPV=nRTが成立してないことになり納得できません。 例えば、等温変化を行う際に外圧(5atm)を一定にして変化させたとします。(気体(系)の圧力10atm→5atm) 問題の内容は重要でないので省略して要点のみ述べますが、 「温度変化ゼロよりΔU=0、外圧一定よりw=-PexΔVであるので、q=PexΔV」 といった流れでした。しかし、ここで疑問です。仕事を求める際に外圧を用いていますが、それでは気体(系)の圧力はどうなっているのでしょうか? Pexと同じ大きさなのでしょうか?でも、その場合だとPもTも一定となってVも変化しないと思うのですが・・・。PV=nRTが成立しないと言われればそれまでですが、それではPV=nRTが成立する条件とは理想気体であること以外に何があるのでしょうか? 疑問点をまとめると、 (1)不可逆変化ではPV=nRTが成立しないことがあるのか? (2)PV=nRTが成立する条件は何か? です。 ご協力よろしくお願いします。

  • 不可逆過程

    摩擦による熱の発生は不可逆過程であるといえるのですか?

  • 可逆機関と不可逆機関

    なぜ不可逆機関は可逆機関に比べて効率が悪いのですか?熱力学的に教えて下さい。

  • アミドの加水分解の可逆性

    アミドの加水分解に際し、塩基性条件では生成するカルボン酸がアニオンになり反応性が低くなるため、不可逆反応になると聞きました。 そこで疑問に思ったのが、酸性でも似たようなことで不可逆にならないのか、ということです。 具体的に言えば、加水分解によって生じたアミンが酸性条件ではアンモニウム塩になるため求核性を持たなくなり、これも不可逆になるのではないか、と考えました。 しかし実際は、酸性では可逆、塩基性では不可逆となっています。 このあたりの理由を教えていただけたらと思います お願いします

  • 熱力学第二法則と可逆変化・不可逆変化および自発的な変化

    熱力学第二法則およびエントロピー増大の法則において、 「○○のような変化は起こりえない」 「可逆変化だとエントロピーは変化せず、不可逆変化だとエントロピーは増大する」 のように、エントロピーという概念に基づいて不可逆的な変化の過程というものが特徴づけられています。 1つわからないのは、この不可逆変化という概念と、自発的な変化という概念との関連性です。確かに熱力学第二法則では低温物体から高温物体へ自発的に熱が移動する変化などは起こりえないということは原理として定められていますが、逆の変化が(外部からの介入なしに)自発的に起こりうる、ということに関してはどこにも述べられていません。もちろん、直感的・経験的にはそのような変化が自然に起こるのは明らかですが、科学理論の体系としては、 ある反応が起こらない、ということだけではなく、その逆の反応が自発的に起こる、ということも原理または定理の形で明言する必要があると思います。 上記の熱伝導や断熱自由膨張のような、エントロピーが増大する変化が「自発的に」起こる、ということは、熱化学においてどの原理に含意されるあるいはどの原理から導出される結論なのでしょうか。

  • 不可逆過程におけるPV曲線について

    不可逆過程において、PV曲線、PT直線、VT直線などはそれぞれ過程の途中においてはどのように変化していくのでしょうか? また、可逆過程とは、やはり変化の仕方が異なるのでしょうか?

  • 4次元時空間で時間の不可逆性と自由度がかけていることとの関係

    時間の不可逆性と、何かの保存量における時間の自由度が存在しないことと結び付けられるようなことはないのでしょうか。又時間と空間は相互変換は不可能なのでしょうか。

  • 赤いのは老化現象?

     先日皮膚科医に診察してもらったら、赤いほくろ?のようなものを見て「これは老化現象だ」と言われてしまいました・・・それは、赤ボールペンでちょっとミスしてついちゃったような赤い斑点です。なんでも血管の異常によってできるそうですが・・・友達は中学生の時にありました。本当に老化現象なのか教えてください。