• ベストアンサー
  • 困ってます

位相について

本の練習問題で命題を証明しています。 自信のない箇所があります。 「O_d=O_cを示せ」という問題の「O_d⊂O_c」の部分です。 記号の説明は下記の点線で囲んだ所を見てください。 その下に自分の証明を書きます。 (注)と記した辺りで、問題にあるヒント「R^nからR^mへの線形写像hはh(e_1),...,h(e_n)で一意に定まるという事実を使え」を参考にました。 使い方はこれでもいいでしょうか(他にもあるようです)。 他にも誤りや誤っていそうな所がありましたら、ご指摘、アドバイスください。 よろしくお願いします。 -------------------------------------------- Hを R^nからR^mへの線形写像全体の集合とする。 各h∈Hについて、hを表す(m, n)型実行列をf(h)と書くと、fは全単射。 h、l∈Hの間の距離をf(h)-f(l)の2-ノルムとして定める。 この距離により定まるHの位相をO_d(開集合系)で表す。 R^nからR^m(どちらもユークリッド位相を考える)への連続写像全体の集合C(R^n, R^m)にコンパクト開位相を定めることができる。 ここで、H⊂C(R^n, R^m)。 コンパクト開位相のHにおける相対位相をO_c(開集合系)で表す。 e_1,...,e_nをR^nの標準基底とする。 -------------------------------------------- 以下、O_d⊂O_cを示す。 U∈O_dを固定する。 S_i={h(e_i) | h∈U}(i=1,...,n) とおく。 全てのiについてS_iはR^mの開集合。 h∈U ⇔ [h(e_i)∈S_i(i=1,...,n), h∈H](注). ここで W({e_i}, S_i)={h∈C(R^n, R^m) | h(e_i)∈S_i} とおく。 (各A⊂R^n、B⊂R^mについての記法W(A, B)が前提としてあり、それに従っています。) すると [h(e_i)∈S_i(i=1,...,n), h∈H] ⇔ h∈H∩[∩_(i=1)^n W({e_i}, S_i)]. よって U=H∩[∩_(i=1)^n W({e_i}, S_i)]. ここで全てのiについて{e_i}はR^nでコンパクト、S_iはR^mの開集合。 よって全てのiについてH∩W({e_i}, S_i)∈O_cだから、 U∈O_c。 したがってO_d⊂O_c。

noname#148095

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数365
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.11

sup ||f(x)|| ||x||=1 で  ||f|| がもとまりますよね (いま有限次元ですから ノルムはすべて同値です) 単位球面をS、 原点のε開球をB_εとしたら W(S,B_ε)={f| ||f||<ε} 両者の 原点でも開近傍になっていて、関数列f_n が fに収束するのが同値になるから。。。 って感じなのですが。 厳密さにかけますが、 なんか出来そうに思うのですが。 まあ、かえって回りくどいのかなあ。(^^;

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

作用素ノルムで議論すればよかったのですのね。 勉強になりました。

関連するQ&A

  • 位相の問題です。

    位相の問題です。 X:位相空間 X^2:積空間 A:X^2の部分空間 A= {(x,x)∈X^2 | x∈X}とXは同相である事を示せ。 写像 f:X→A とするとf:x→(x,x) (x∈X) と置けば明らかに全単射なのですが fもf^-1連続写像である事をどう証明するのかわかりません。 分かる方いましたらよろしくお願いいたします <(_ _)>

  • 位相空間の本で

    読んでいてあまりわからない所が2点ありまして、 1.XにXのすべての部分集合を開集合とする位相を入れると、   Xの部分集合Cがコンパクト ⇔ Cが有限集合 という部分と、 2.Xをコンパクトハウスドルフ空間、Yをハウスドルフ空間とするとき、   写像f:X→Yが全単射連続なら逆像f-1:Y→Xも連続になる という部分に疑問が残りました。 1.については、コンパクト⇒閉集合であることや、Cが有限集合なら有限個の開被覆で覆えるからコンパクトである、ということが使える(?)のではじめの「XにXのすべての部分集合を開集合とする位相を入れる」部分が必要ないのではないかとも思うのですが・・・ 2.については、Xがコンパクトハウスドルフ空間ならその部分集合Cもコンパクトでその写像はやっぱりコンパクトで・・・その逆像もコンパクトで・・・・? どこから連続の議論に持っていけばよいのかが分かりませんでした。 「証明は読者に委ねよう」というお得意の言い回しで飛ばされてしまっていて、なんだか消化不良のままです>< ご返答よろしくお願い致します。

  • 開写像って、どんな写像ですか。

    開写像は、開集合を開集合へ写しますが、どんな写像といえるのでしょうか。 連続写像は「近くにあるものたちを近くに写す写像」ですよね。写像が全単射であれば、逆写像が連続写像であることと同値であるので、「遠くにあるものたちを遠くに写す写像」といえるような気がします。 位相の強弱を考えても、domainの開集合が多ければ、「近いものたち」が少なくなり連続写像になりやすく、domainの開集合が少なければ、「遠いものたち」が少なくなり開写像になりやすいため、直観にも合っていると思います。(恒等写像で、domainにtrivial topology、codomainにdiscrete topologyを入れる例など) (全単射だと開写像であることと閉写像であることは同値になるので、普通に考えると、これは閉写像のイメージかもしれません。) しかしながら、全単射でなければ、例えばRから円周への写像f(x)=exp(2πix)は開写像なので、上記のような解釈はできません。いったい、開写像とは、どういう写像なのでしょうか。 ご回答よろしくお願いします。

その他の回答 (10)

  • 回答No.10

||f(x)||≦ ||f||  ( ||x||=1 ) を使えばできるとおもいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

上記の回答でよくわかりました。 ありがとうございました。

質問者からの補足

Ano.8のお礼の文脈でいうと、O_dの基底として距離dに関する開球B_d(h, ε)の集まり、コンパクト集合AとしてR^nの(n-1次元)単位球を考える、ということでしょうか。 それでやってみましたが、分からなくなってしまいました。 例えば開集合BとしてR^mの中心0の開球を求めるとします(以下、ノルムは全て2-ノルム)。 f∈B_d(h, ε)について、 x∈Aなら||f(x)||≦||f||。 しかしこれだけからは、 全てのx∈Aで||f(x)||<δなら||f||<cのようには言えず、 「全てのx∈Aで||f(x)||<δならば||f-h||<ε」 となるようにδを見つけることができない気がします。 そうするためには、やはりR^nの基底ベクトルに注目せざるをえない気がしますが、どうなんでしょうか。 アドバイスを誤解しているようでしたら、すみません。

  • 回答No.9

>O_c⊂O_dを示すには、以下の定理を使えばよいと思っていました。 >「位相空間X、Y、およびH⊂C(X, Y)について写像Φ_H: H×X→Yを Φ>_H(h, x)=h(x) ((h, x)∈H×X) >で定義する。 >この時、H上の位相OとX上の位相との直積位相に関してΦ_Hが連続であれば、 >OはH上のコンパクト開位相よりも大きい。」 了解です。 修正した証明も大丈夫です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確認してくださりありがとうございます。

  • 回答No.8

たびたび失礼 N0。4 で 私の書いた 「両方共、開基になっているので、それで同相とは言えると思いますが。」 は間違いで O_d⊂O_c までですね。 勝手な W(A、B) に対して、これが O_d に含まれてるとはまだ言えてませんね。 従って 不備をなおせば O_d⊂O_c までは 主張出来ます。 逆を言うには、 こういう基底をとる方法では私は思いつかず。 ||h(x)|| ≦ ||h|| ||x|| とか hのノルムについての議論が必要に思いますが。 そうなると O_d⊂O_c も 基底を使わなくても ノルムの議論でも出来そうな気がするのですが。。。 |

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

O_c⊂O_dは確かに(ベクトル空間の)基底を使わずできそうですね。 Aがコンパクト(ここでは有界閉)、Bが開なら、h∈W(A, B)の周りの距離dに関する十分小さい近傍Uを取って、全てのl∈Uとx∈Aについてl(x)∈U、したがってU⊂W(A, B)というのは示せそう。 O_d⊂O_cについてはどうでしょうか。O_dの基底から開集合Uを持ってくる。各h∈Uについてh∈W(A, B) ⊂Uとなるようなコンパクト集合Aと開集合Bを探せばいいわけですが、(ベクトル空間の)基底を使わずにうまく見つけられるでしょうか?

質問者からの補足

ありがとうございます。 確かに不十分でした。 胸につかえていたものが取れたような気がします。 つまり以下のようなことですよね: 「全てのiについてh(e_i)∈S_iであるとする。 S_i={l(e_i) | l∈U}(i=1,...,n) であるから、全てのiについてl_i∈Uがあり、l_i(e_i)=h(e_i)。 しかし全てのiについてl(e_i)=h(e_i)となるl∈Uがあるとは限らない。 後者を保証するためには、Hをn個のR^mの直積と見なして、 Hの開集合としてU=U_1×...×U_n(各iについてU_i⊂R^m)の形のものを考えればよい。」 これに従い直してみます: U_i=(a_i1, b_i1)×...×(a_im, b_im)(開区間の直積) とし、 U=U_1×...×U_n とする。 すると確かに U=∩_{i=1}^n W({e_i},S_i)∈O_c。 上のような形のUの集まりはHの基底である。 よって任意のV∈O_dはこのようなUの和集合として表される。 従ってV∈O_cも成り立つ。 O_c⊂O_dを示すには、以下の定理を使えばよいと思っていました。 「位相空間X、Y、およびH⊂C(X, Y)について写像Φ_H: H×X→Yを Φ_H(h, x)=h(x) ((h, x)∈H×X) で定義する。 この時、H上の位相OとX上の位相との直積位相に関してΦ_Hが連続であれば、 OはH上のコンパクト開位相よりも大きい。」

  • 回答No.7

No6 は 片側も言えませんね。 失礼。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

他の方法も考えてくださり、ありがとうございます。

  • 回答No.6

あと、 片側だけなら  i を動かす必要がないと思いますが、 つまり h(e_1)∈S_1 for all f)∈U が言えれば U∈W({e_1},S_1} で十分なのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

間違いということですが、なぜそう思われたのか、少し気になるところです。

  • 回答No.5

No4 の 訂正 つまり、 h(e_i)h(e_i)∈S_i (i=1,...,n) なる線形写像は、つまり=W({e_1},...,{e_n}, S_1,...S_n) が U になるかは 主張していないし、一般に Uの形を特定してからでないと成り立たないでしょう。 ==> つまり、h(e_i)∈S_i (i=1,...,n) なる線形写像の集合つまり、W({e_1},...,{e_n}, S_1,...S_n) が U になるかは 主張していないし、一般に Uの形を特定してからでないと成り立たないでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧にありがとうございます。

  • 回答No.4

h∈U ⇔ [h(e_i)∈S_i(i=1,...,n), h∈H](注). ですが、 U ⊂ ∩_{i=1}^n W({e_i},S_i) (=W({e_1},...,{e_n}, S_1,...S_n) ) は、主張出来ますが。逆向きの包含関係は 成り立たないと思いますが。 つまり、 h(e_i)h(e_i)∈S_i (i=1,...,n) なる線形写像は、つまり=W({e_1},...,{e_n}, S_1,...S_n) が U になるかは 主張していないし、一般に Uの形を特定してからでないと成り立たないでしょう。 Uの方は R^mの n個の直積空間として、R^mにproduct topology 入れたとみれば、特定するのは簡単なはずです。 両方共、開基になっているので、それで同相とは言えると思いますが。 その部分が不十分だとおもいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 正しいご指摘だと思います。 上の回答に補足しましたので、見てくださると助かります。

  • 回答No.3
noname#152422

A.No.2の補足前段について、そうですね、あなたの言うとおりです。 追加質問の部分は知りません。ごめんなさい。 蛇足1) (注)の部分はトートロジーみたいですけど問題はないです。 蛇足2) 解き方とは関係ありませんが、標準基底というのが引っかかる。基底に依存しないようなきれいな問題設定ができないだろうかと思いました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もコメントいただき、ありがとうございました。

質問者からの補足

(1) 有限次元、線形写像だから有限個(n個)の条件で済むというのがミソなんでしょうね。 (2) 基底を選んで固定すれば、証明の大筋は変わらなそうですね。

  • 回答No.2
noname#152422

A.No.1です。 定義については参考URLを参照しました。 証明になっていないと書いたのは、定義と違うからという理由です。 あなたがいう定義はそうじゃないというのならそうじゃないのかもしれませんが、質問文だけからはそのように見えないので書き込みました。 もう1点気になっていたのは、 > 全てのiについてS_iはR^mの開集合。 の部分、証明が書かれてませんが大丈夫ですか?

参考URL:
http://www.math.sci.hokudai.ac.jp/~ishikawa/mapq/mapq2.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

長い補足に答えてくださり、ありがとうございました。

質問者からの補足

再度のコメントありがとうございます。 参考URLの文書を見ました。 そこでも、コンパクト開位相の定義は、先ほどの補足に書いたものと同じですね(演習問題2.3)? あなたが書いてくださったのはその文書でC^0位相として別に定義されているものだと思います。 演習問題2.3において、ユークリッド空間の場合に、コンパクト開位相との一致が示されています。 ちなみに、児玉・永見(1974)も、W(A, B)に相当する記号[A, B]を、写像の定義域の部分集合A、終集合の部分集合Bについて定義し、それに基づきコンパクト開位相を定義しています。 それがコンパクト開位相の定義だと私は思っています。 他に定義の仕方がないという確信はありませんが。 これに関連してお聞きしたいのですが、コンパクト開位相とC^0位相の一致はユークリッド空間の場合以外にも起きますか? S_iがR^mの開集合だというのは大丈夫だと思います。 省略してすみませんでした。 「差の2-ノルム」で与えられる距離dで定まる位相を(m, n)実行列全体の集合Mに入れると、Mの開集合Vがあって、 S_i={Ae_i | A∈V}. つまりAの第i列をa_iと書くと S_i={a_i | A∈V}. 今S_iの点a_i=Ae_iを固定する。 ε>0があって、中心A、半径εの距離dに関する開球B_d(A, ε)について B_d(A, ε)⊂V. 行列AとBについてd(A, B)<εなら、m次元ユークリッド距離d_mについて d_m(a_i, b_i)<ε. よってd_mに関する開球をB_m( , )で表すと B_m(a_i, ε)⊂S_i. よってS_iはR^mの開集合。

  • 回答No.1
noname#152422

証明になってないようにみえます。 W(A,B)の定義をもう一度確認して、S_iの作り方を考え直してみてください。 Bは(R^m)の開集合ではなくて、(R^n)×(R^m)の開集合とされているはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

長い質問に答えてくださり、ありがとうございました。

質問者からの補足

コメントありがとうございます。 質問でW(A, B)を定義なしに使ってしまいました。 手元の本(内田伏一, 1986)は位相空間X、Yが与えられた時、部分集合A⊂X、B⊂Yについて W(A, B)={ f∈C(X, Y) | f(A)⊂B} と定義しています。 C(X, Y)はXからYへの連続写像全体の集合です。 C(X, Y)のコンパクト開位相は、 {W(A, B) | Aはコンパクト、Bは開} が生成する位相として定義されています。 また、ざっと他の文献を見ても、この定義と本質的に変わらないようです。 私の質問の文脈ではX=R^n、Y=R^m(ユークリッド空間として)です。 以上から、「Bは(R^m)の開集合ではなくて、(R^n)×(R^m)の開集合とされている」は、どんな意味においても理解できません。 どうしてそうなるのか、ご説明お願いします。 また、「証明になっていないようにみえる」というのは、なぜでしょうか。 上記の点で定義が違うから証明になっていない、という意味でしょうか。 もう少し詳しく指摘してくださると助かります。

関連するQ&A

  • 集合と位相

    (問)fを集合Xから位相空間(Y,U)への全射とするとき、つぎを証明せよ。 ※Uは位相 (1)T={f^(-1)(V)|V∈U}のときTはX上の位相である (2)Tはfを(X、T)から(Y,U)への連続写像とするX上の最小の位相である。 (1)の答案 Yの任意の部分集合Bに対して、全射より f^(-1)(i(B))⊂i(f^(-1)(B)) になるので、fは連続写像である(手持ちのテキストにより)。よって題意がなりたつ。 (2)はまったくてがつけられません。 どなたか詳しい方教えてください。

  • 集合と位相の問題です。

    X の開集合系O1, O2 がO1  O2(つまりO1 はO2 より弱い位相) を満 たすとする。このとき恒等写像id : X ! X; id(x) = x, は(X;O2) から (X;O1) への連続写像であることを示せ。O1 がO2 より真に弱い位相のと き、id は(X;O1) から(X;O2) への連続写像ではないことを示せ。 どうかお願いします。

  • 位相幾何学に関連した証明問題です。

    X,Yを2つの位相空間とする。 写像f:X→Yが全単射で、連続であるとき、fが同相写像となるためには、fが開写像(または閉写像)となることが必要十分である。 これを示せ。 詳しい証明お願いします。

  • 位相空間の問題なんですが…

    (X,d)距離空間とし、X=A∪Bにおいて 連続写像 f:(A,d)→(Y,ρ)      g:(B,d)→(Y,ρ)であり 写像 h:(X,d)→(Y,ρ)       f(x) if x∈A h(x)={             と定義する。       g(x) if x∈B       このときA、B共に(X,d)の開集合(閉集合)ならば、hは連続であることを証明せよ。 という問題です。わかる方、証明のアイデアだけでも結構です。宜しくお願いします。

  • 同相の問題の考え方。

    [a,b]と(a,b)が同相であるか?という問題です。 これをときたいのですが証明の方法が分かりません。 今考えているのだと、 compact空間からHausdorff空間への全単射連続写像fは位相写像である という定理を使って同相を調べるのかと思ったのですが、そこから先へ進めません。 これをつかってというのは間違っているのでしょうか。 またチガウのであればアドバイスをお願いします。

  • 自身への写像が全単射となることの証明

    (1) 写像f:A→Aとする。Aが有限集合であるとき、写像fが単射ならばfは全単射である事を示せ。 (2) Aが無限集合であるとき、fは全単射か。そうであれば証明せよ。そうでないなら反例を示せ。 上の問題の(1)は以下のように考えました。 f(A) は A の部分集合。 f(A)≠A と仮定すると、A とその真部分集合との間に全単射が存在したことになる。これは、無限集合の定義であるため、有限集合は全単射である。 このような証明で十分なのでしょうか?また、上のように考えたのでAが無限集合であるときはfは全単射ではないと思うのですが、反例が思いつきません。 わかる人がいれば教えてください。よろしくお願いします。

  • 位相空間のコンパクト化の問題で困っています。

    最初に問題と回答を写します (X,〇)、(X',〇')、(X'',〇'') をそれぞれ 〇, 〇', 〇''を開集合系とする位相空間 f:X→X' g:X'→X'' を連続写像とする 問:Y⊂X がコンパクトであるとき f(Y) がコンパクトになることを証明せよ 答:ц={U(λ)|λ∈Λ} を f(Y) の開被覆とすると f が連続写像であることより ц'={f^(-1)・(U(λ)) |λ∈Λ} は Y の開被覆となる Y はコンパクトであるから,ある ц' の部分被覆 {f^(-1)・(U(λ1))、f^(-1)・(U(λ2))、…、f^(-1)・(U(λn))} が存在する。このとき {U(λ1)、U(λ2)、…、U(λn)} が ц の部分被覆になるのは容易に分かるので f(Y) はコンパクト ■ この最後のところで、どうして {U(λ1)、U(λ2)、…、U(λn)} が цの部分被覆になるのかが分からないので教えて欲しいです。 よろしくお願いします。別解などありましたら歓迎です。

  • 位相数学の証明問題です。

    位相数学の証明問題です。 以下の証明を,どなたか分かる方,お願いします。 R^2の3つの部分集合A = { (x,y) | (x,y) ≠(0,0) },B = { (x,y) | x^2 + y^2 > 1 },C = { (x,y) | |x| >1 or |y| > 1 } は,いずれも同相(※)であることを示せ。 ※2つの位相空間X,Yが同相であるとは,2つの連続写像 f :X → Y および g :Y → X で g o f = 1x , f o g = 1y となるものが存在することをいう。

  • 集合と位相

    位相空間X、Yの間の2個の連続写像が稠密な部分集合の上で一致すれば2個の写像は等しい。という命題なのですがYがハウスドルフ空間という条件がないので正しくないということまではわかりました。あと反例も探しているのですがイメージがよくわかなくて反例がわかりません。X、Yと二個の連続写像それぞれに具体的なものを当てはめるのですか?助けてください

  • 位相数学の証明問題です。

    直積集合では、2つの射影写像px:X×Y→Xおよびpy:X×Y→Yがpx(x,y)=x、py(x,y)=yで定義できる。 X、Yが位相空間(X、Ox)、(Y、Oy)であるとき、上に述べた直積位相は、px、pyの双方を連続写像とするようなX×Y上の位相のうち、もっとも弱い位相である ことを証明してください。 よろしくお願いします。