• 締切
  • 暇なときにでも

京浜急行2100形の座席について

  • 質問No.72618
  • 閲覧数94
  • ありがとう数4
  • 回答数2

お礼率 80% (64/80)

この前、京浜急行2100形に乗りましたが、終着駅での折り返しの際に車内整備をしました。このとき座席の向きが変わったのですが、あれはどのようにしてやっているのでしょうか?教えてください。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 35% (13/37)

東北・上越・長野新幹線の車両にも同様の機構が付いていますね。
終着駅での折り返し整備の簡略化のため、乗務員室からの遠隔操作で自動転換します。
クルマでいえばパワーシート?

似たような発想で、側窓を電動で閉める装置(209系で採用・車端部の小窓)もあります。
車庫で自動洗浄する際、スイッチ一つで開いている窓を閉められます。パワーウィンドウですね。
開けることはできませんが…。
お礼コメント
h_sato33

お礼率 80% (64/80)

ありがとうございました。
投稿日時:2001/05/08 12:55
  • 回答No.1

ベストアンサー率 35% (39/111)

運転席のところで一斉に遠隔操作で転換出来るようになっております。
昭和46年登場の京阪3000系ではじめて採用され(今も1編成あります)、その後阪急6300系などに採用されております。
お礼コメント
h_sato33

お礼率 80% (64/80)

ありがとうございました。
投稿日時:2001/05/08 12:59
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ