• 締切済み
  • 困ってます

食い込んだアルミ鍋

アルミ製のアウトドアクッカーの中鍋にアルミ製のゴトクがはまってとれなくなりました。厚みは1mmほどです。内径ゴトクは鍋の内径ぎりぎりで本来はきちんと収まるのですが、少し斜めになった状態ではまったらしく隙間もありません。ゴトクにはパンチ穴があいてます。 ゴトクのした、鍋とのそこには4cmほどの隙間があります。ここには薄いポリプロピレンの円形まな板が収まってます。まな板とゴトクとの間は2cmほどあいてます。うまく取る方法はありますか。

noname#616
noname#616

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数110
  • ありがとう数8

みんなの回答

  • 回答No.1
  • xaxa
  • ベストアンサー率14% (6/42)

ちょっと火にかけると緩むかも???

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

火にかけると中のまな板が解けてしまうんです。 やむなく中のゴトクの一部分を切り取りました。

関連するQ&A

  • アルミサッシの構造

    アルミサッシのコーキング不良が多く見られます。 当方は新築マンションで、アルミサッシはガラス一枚物です。 酷いところではコーキング部に穴が開き、コーキング下の空間に水が溜まっている箇所もあります。 昨日、施工業者が不良箇所の修理に来られ、窓ワク内の固定方法の説明を受けましたが、納得できません。 業者いわく、ガラスの固定は、外周に要所要所に固定ゴムベースを設置し、サッシとガラスの隙間に発砲樹脂を、これも要所要所に入れて、その上にシリコンのコーキング剤を塗りつけているとのことです。 このコーキング剤の厚みは薄い所では、1mmしかありません。 施工業者はメーカーの講習で、この処理方法を教わったとのことです。 ガラスの固定方法と、コーティング処理の基準を、お教え願います。

  • 25mm合板から円盤をくりぬく

    25mm厚の合板からを直径158mmの円盤をくりぬいて現物合わせのできない内径158mmのパイプに隙間なく表題の木材をはめ込みたいのですがコンパスでけがいたあとジグソーで切り取ったら大変な割にはうまくできませんでした。40mmくらいだとドリルで使える円形の歯があるのを知っていますが、この大きさで+-1mm程度精度をだすのはどんな道具が必要なのでしょう?

  • 正体不明の平面スピーカー

    BERTGNI ELECTRONIC SOUND TRANCDUCERS社のVT62Dです。45CmX60Cm、厚さは4Cmくらいです。アルミフレームに2Cm厚ぐらいの発泡スチロールが貼り付けてあります。 裏面のアルミフレームに、直径9Cmの円形のマグネットユニットが離れて2個と、ネットワークらしきコンデンサが見えます。ネットで調べてみましたが、良くわかりませんでした。どなたか性能と価値、接続方法など教えてください。

  • 1~2cm厚みくらいの薄い断熱材てないですか?

    1~2cm厚みくらいの薄い断熱材てないですか? 車内のルーフ裏や内装サイドパネル裏などに断熱材(デッドニング)したいのですが薄い断熱材が見つからず困っています。 4mm位のアルミシートも考えましたが効果にあまり期待できないようです。 旭ファイバーグラスのアクリアマットという商品の一番薄い4cm厚くらいのものは出荷時の縛った状態では潰されて2cm位なのでこれを仕込もうと思いましたが、徐々に膨らんでくるようで天井ルーフが膨らんでしまいそうです。 ごく一般的なチクチクする黄色いグラスウールは5cm位ありますかこれを1cm~2cmくらいに薄く切って使うしかないでしょうか? こちらは湿気を吸うようで車内にはあまり向かないようです。

  • 生爪成形の方法、チャック圧について。

    外径250mm、内径150mm、厚み10mmのアルミの加工をしています。 径に対して厚みが薄いので、全体を把握できる円形爪で以前加工したものが、またきたので、爪を取り付け、爪の底面をダイヤルで走らせると、最大で0.05mm程度の変化(歪み)がある。 厚みの精度は±0.05ではあるが、平行度は極力±0.015には抑えたいい品なので、再成形を考えているのですが、ここで疑問が。? 現状、生爪成形方法として、弊社では、爪を最大に開いた時に中心に適当な丸材を掴んで、チャック圧を約10kgf/cm2位で加工していますが、 物を挟んで削る必要あるの? チャック圧って気にしなくていいの? 実際削る、製品のチャック圧と同じ方がいいのでは。? 爪って、毎回仕上げ毎に再成形するのが当たり前。? など、色々と今までの生爪成形方法に疑問が出てきました。 この辺について、お詳しい方、アドバイスを下さい。 因みに、製品加工時のチャック圧は約2kgf/cm2位で加工します。

  • ローダウンの代わりにオーバーフェンダー?

    今乗っている車でアルミを履かせたのは良かったのですがタイヤハウスとタイヤまでの間がフロントで5センチ、リアで7センチ(アルミに変える前と変わらず)あり、締りが無いように感じられます。 そこでローダウンを考えたのですが、大き目のフルエアロ仕様なので、3~4センチローダウンすると車高が10~11センチ程になり、段差などで怖いので車高は今のままでもOKかと思っています。 ここで本題なのですが、ローダウンしない代わりにオーバーフェンダーのような物をタイヤハウスに取り付けてタイヤハウスの見た目を小さくし、タイヤハウスとタイヤの間を2センチぐらいにするのはありでしょうか?(有りとしても一般的に見れば変なドレスアップでしょうか?) また、車幅が片側分でもオーバーフェンダーの厚みで2~3ミリ広くなりそうですが、車検はそのままでもOKでしょうか? ご意見お待ちしております。

  • 薄型の卓上ガスコンロありませんか?

    ホームセンターで最新のカセットコンロで非常に薄いデザイン(鍋の下の部分が2~3センチ)のもの(Iwatani製)のをみました。たいへん好ましいです。我が家では、これの前のタイプで3~4センチほどのものを使っています。薄いほど鍋がのぞきこみやすく、いいです。 しかし、そもそも、カセットコンロは燃料代としては不経済ですので、リフォームしたときにLPガスが使えるように、食卓の下にまで配管をしてあり、いつでもホースをつないで卓上で安いLPガスのコンロを使える状態にしてあります。 ところが、LPガス用の一口コンロは、よく売られているものは、ずい分ぶ厚くて(総高10センチほど)私の希望に合わず、買わずにいます。(現在のものは自動点火装置内蔵なので、致し方ないと思います。) ここで、思い出すのが、昔、食堂などでよく見た、薄型の円形のコンロです。バーナー部分のみの構造で、レコード盤を2~3センチの厚みにしたようなデザインで、(もちろん黒くはありません、銀色です)ガスホースのつなぎ口にコックが付いているだけのシンプルなものです。点火はライターなどでします。 どなたか、このタイプのコンロにお心当たりありませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • アルミの鍋はアルミが溶け出している?

    アルミの鍋でラーメンとか作るとお湯沸かす時にアルミが溶け出していて体によくないと効きました。本当ですか?

  • アルミ鍋のくろずみ

    昨日普通のアルミ鍋でコンニャクのあく取りしたら湯の部分だけ黒くなり普通の台所野菜洗剤で取れません。とる方法を教えてください。何でこすったらいいのか?宜しくお願いします。

  • アルミの鍋は危険?

    よくアルミの鍋で料理をするのですが、アルミが体に入って何か影響出ることがあるでしょうか?