• 締切済み
  • すぐに回答を!

商業登記法 本店移転について

管轄外への本店移転の場合、この登記申請は旧本店所在地分と新本店所在地分を同時申請しなければなりません。 そこで、新本店「所在地」(「所在場所」でないから、これは新しく引っ越すところの管轄内ということでいいんですよね?)にその会社の既存の支店があるときの登記申請について質問です。 (例)本店を中野区○○から新宿区△△に移転する場合 【旧本店所在地(中野区)分の申請書の記載】  [本店] 中野区○○  →登記官が登記簿を特定するために記載する 【新本店所在地(新宿区)分の申請書の記載】  [本店] 新宿区△△  →この法務局にはこの会社の登記簿は存在しないため、新たにこの住所を本店とする登記簿を立 ち上げる ここで新本店所在地にその会社の既存の支店があるときには 新本店所在地(新宿区)分の申請書にも [本店] 中野区○○  と旧本店の住所を記載するのはなぜですか? 新宿区法務局にあるのは、支店についての『ミニ』登記簿で、この登記簿は結局のところ閉鎖されることになります。この新宿区で申請する登記申請書には会社法911条3項に挙げられている事項を記載しなければなりません。その記載を元にして新たに登記簿を立ち上げるのは支店があってもなくても同じことのように思うのですが…? 支店(新宿区××)と同じところに本店が引っ越してくるのなら、(かつ、その支店の登記簿は閉鎖されないで、本店のものに訂正されて、その後も利用されることになるのなら…) [本店] 中野区○○ と記載するのは意味があるかと思うのですが…もしかして、『新本店所在地にその会社の既存の支店があるとき』というのは、支店のある同じところに本店が引っ越してくることを言っているのでしょうか?? ご回答・ご教授よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数1896
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#149293

特に参考文献があるわけでもなく、かつ#1の回答でも十分だとは思いますが、少し自分なりに考えたので、回答します。 そもそも、登記申請書の記載事項として、「本店」は何のためにあるのか?それは、商号とあいまって、申請の対象となる会社を特定するためであり、言い換えれば、登記官が既にある登記簿を検索をするためです。不動産登記法上での氏名と住所の役割と等しいです。 そのため、商号変更の登記を申請する場合でも、本店移転の登記を申請する場合でも、旧商号、旧本店を記載するのが原則です。 本店移転において、新所在地に支店の登記記録が存する場合には、新所在地用の登記申請書の記載事項の本店は、原則どおり旧本店を記載します。(既にある支店の登記簿を、商号区の本店欄につき抹消する記号を記録し、登記記録区に本店移転の登記を行ったうえで、当該登記記録を閉鎖するために、検索する必要があるから) ところが、新所在地に支店の登記記録が存しない場合には、例外的に登記簿を検索する必要がないために、移転後の本店を記載する取扱いになっているのではないかと推察されます。(個人的には、むしろこちらの取扱い、つまり新所在地に支店の登記記録が存しない場合に、新本店を記載する取扱いの方が、多少釈然としませんが) >支店のある同じところに本店が引っ越してくることを言っているのでしょうか? 支店所在場所への本店移転、つまり既存の支店を本店とする場合の手続きは、また少し特殊な問題をはらんでいます。試験範囲から大きく逸脱するので、気にする必要はないと思いますが、興味があれば別途質問してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

nanbakenta様、ご回答ありがとうございます。以前もご回答・ご教授していただきました。 登記申請書に[本店]を記載する理由は、 『大原則』として『登記を申請する会社の登記簿を検索・特定するため』 であると今さらながら確認できました。 僕はこの本店移転の登記について、 「支店がない」場合に新所在地分の申請書に [本店] 新宿区△△ と記載することを原則として、「支店がある」場合を例外のように考えていました。 『大原則』を確認して考えると、「支店がない」場合に申請書の[本店]に新本店所在地を記載することが例外中の例外で、なるほど…おかしな感じがしますね。 今後もこちらで質問させていただきます。ご回答・ご教授していただければ幸いです。よろしくお願いいたします。 simis511

関連するQ&A

  • 商業閉鎖登記簿謄本について

    ある会社の商業履歴事項証明書(登記簿謄本)を見たところ、本店が1度変更してあり、旧本店所在地に下線が引いてありました。 しかし、この会社は過去に4度本店所在地変更しており、前々回の所在地がこの証明書に記載されないのかが知りたいです。 もちろん、閉鎖登記簿謄本を見ると記載されたのですが、なぜ法務局の管轄が変わっていませんし、前回の所在地は記載されるのに、前々回の所在地が履歴事項登記簿に記載されないのでしょうか? この会社の経緯を申しますと、 1. A市(A法務局管轄)に設立 閉鎖登記簿で確認 2. B市○○町(B法務局管轄)に移転 閉鎖登記簿で確認 3. B市△△町(B法務局管轄)に移転 履歴事項登記簿で確認 4. B市□□町(B法務局管轄)に移転 履歴事項登記簿で確認 上記の2が、なぜ閉鎖されているのかがわからないです。 私の認識では、管轄法務局が変わらなければ、履歴事項登記簿で確認できるのではないでしょうか? (旧所在地は下線を引いて記載されるように) よろしくお願い致します。

  • 商業登記法を勉強中です、、、わからないこと、、、

    商業登記法を勉強中です、、、わからないこと、、、 商業登記法を勉強中です。 わからないことが溜まってきました。 徹夜して調べて、たいていは解決したんですが、いくつか未解決です。 【1】商登法第12条の2 なんとか読み解きました。たぶん、電子署名の真正証明書の類についての規定なんだと思います(もしかして、ここからして間違っていますか?)。 でも、第1項ただし書「ただし、代表権の制限その他の事項でこの項の規定による証明に適しないものとして法務省令で定めるものがあるときは、この限りでない」のところだけ意味がわかりません。 関連する商業登記規則第33条の3を読むと、「代理権の範囲」「未成年者登記」「管財人」等について書かれていますが、なんのことやらちんぷんかんぷんです。 【2】商業登記法第48条第2項 「~~会社成立の年月日並びに支店を設置し又は移転した旨及びその年月日をも登記しなければならない」というのは「しなければならない」というだけに、必要的な登記なんだと思います。でも、会社法第930条第2項には「会社成立の年月日」等については書かれていません。どうしてですか? 【3】商業登記法第51条第1項 「本店を他の登記所の管轄区域内に移転した場合~~第20条第1項又は第2項の規定により新所在地を管轄する登記所にする印鑑の提出も、同様とする」……第20条の印鑑の提出は任意的ではなく必要的なものだと思います。 ということは、本店を他の登記所の管轄区域内に移転した場合の登記の申請では、「新所在地を管轄する登記所にする印鑑の提出」も必ず同時にしなければならないということでしょうか? 【4】支店を他の登記所の管轄区域内に移転した場合の登記 (1)本店所在地で登記→(2)支店旧所在地で登記→(3)支店新所在地で登記 当然(1)を第一にしますが、(2)と(3)の順序は逆(つまり(3)→(2))でも構わないのでしょか? まとめて山盛りでごめんなさい。 1つでもいいので、教えていただけたら助かります。 ああ、もう夜が明けます。みなさん、今日も一日がんばりましょう。。。

  • 商業登記法より質問です

    司法書士受験生です。 過去問解いておりまして、たくさんわからないところ出てきました。 一つでも結構ですのでどうかよろしくお願い致します。 1.H21-33 電子証明書の発行の請求は、重要性に鑑み、本人であることを確実に担保するため、オンラインでは請求できないとあります。が、印鑑証明書の送付の請求はオンラインでできるとあります 。同じように重要ではないんですか?印鑑証明書の送付の請求は、人にとられたりしないんですか? 2.H1-39 会社の支店の所在地においてする登記の申請書には、当該支店の所在地を管轄する登記所の管轄区域ないに支店が数個ある場合は、そのすべての支店を記載しなければならない。 →× 一つの記載で管轄登記所は迷惑となるので一つでよい。 これはなんのことをいっているのでしょうか。さっぱり場面が思い浮かびません。 3.H6-32 取締役2ひとがそれぞれ代表権を有する場合であっても、いずれかの代表取締役が印鑑を登記所に提出すれば足りる。 →○ 各自が代表権限を有するので、そのうちのひとりが印鑑の提出をすれば足りる。 代表権もってたら、絶対印鑑届けする必要あると思っておりました。現実的な商売ではもちろん代表できますよね。 こういった会社は、単に、商業登記申請をする上で、誰か1人が提出させといて、その人だけで商業登記を申請していくというイメージでしょうか。 4.H8-32 同一場所で同一商号されてしまった場合は、利害関係人は、利害関係を有することを証する書面を添付して、その商号の変更の登記の抹消を申請することができる。 →× 却下事由に該当するが、登記官が看過して登記した場合でも、抹消の事由には該当しない。 ではこれは放置なのでしょうか?つまらないことですみません。 なお、別の問題で、商人が同一の営業につき2個の商号の登記をしてしまった場合は、後の登記は申請により抹消できるとありました。 上と結論が何故違うかわかりませんが、これはもうこう覚えるしかないのでしょうか。

  • 回答No.1

>新宿区法務局にあるのは、支店についての『ミニ』登記簿で、この登記簿は結局のところ閉鎖されることになります。  おそらく、登記官が職権で閉鎖するミニ登記簿を見落とさないようにするためだと思います。ミニ登記簿に記載されている本店は当然、中野区なのですから。 >その支店の登記簿は閉鎖されないで、本店のものに訂正されて、その後も利用されることになるのなら…)  会社法施行の前は、支店所在地の登記簿は、ミニ登記簿ではありませんでしたので(目的欄、役員欄等もあった。)、閉鎖されないで、そのまま本店所在地の登記簿として利用されていました。先ほど理由らしきことを書いてみましたが、個人的には、その時代の書式を、そのまま踏襲しているだけの話だと思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

buttonhole様、ご回答ありがとうございます。いつもお世話になっております。 旧法下での手続きを踏襲しているだけなら、そうなんだと納得して覚えるしかないですね。 でも、支店がある場合、旧本店の住所を申請書の[本店]に記載して登記官が支店の存在を確認し、そのミニ登記簿を閉鎖するという一大事を見落とさないようにするためという理由づけがあれば、忘れることはないでしょうし、間違えることもないと思います。 今後もご回答・ご教授お願いいたします。simis511

関連するQ&A

  • 既存の支店の管轄区域内への本店移転

    既存の支店の管轄区域内への本店移転 お世話になっております。 会社の本店を、もともと支店の存在する管轄区域内へ移転した場合、旧本店宛の申請書と新本店宛の申請書を作成し、同時経由申請することまではわかりました。 しかし、もともと存在した支店宛に、さらに本店移転の申請をしなければいけないのか(新本店と支店の登記所が同じなのにさらに必要なのか)、それとも、その支店の登記は自動的に閉鎖されるのかが解りません。 どなたかお解かりになる方がおりましたら、教えてください。 よろしくお願いいたします。

  • 本店所在地の変更登記について質問します。

    とある会社の登記簿謄本を取って本店所在地に郵便物を送りました。 しかし、数日して「宛先にたずねあたりありません」との理由で戻ってきました。 登記簿記載通りの本店住所宛てに送付したはずなのに・・・と思い、その会社のHPを見ていたら おしらせ 当社は●月1日をもって、本店住所を変更しました。以下の通りです。 と表示されていました。 私が登記簿を取り寄せたのは●月6日の事です。 フリーターでその日暮らしの人や、派遣社員で、会社が用意した寮が住処、という人と違い、普通、企業の本店所在地を変更し、事務所自体も引っ越しをする場合、相当前から綿密に計画を練っているはずです。思いつきで変更したり引っ越ししたりはできません。 本店所在地変更登記についても、予めいつ引っ越しして、何時から新住所にて業務を開始するか、というのは決まっているはずですので、なるべく引っ越し完了日直後に登記変更しなければ・・・と思うのが普通です。(ですよね) そこで質問です。 Q1 本店所在地の変更登記については一般的に何日ぐらいかかるのでしょうか? Q2 本店住所変更、ほか、登記簿の内容を変更している場合というのは、ある程度の期間は猶予期間というか、 「現在、登記変更申請中なので、この登記簿の内容は必ずしも最新の内容ではありません。今回の登記変更完了は●月●日に完了します。」 というようなお知らせというか、注意喚起というのはされないのでしょうか? 登記簿謄本を取り寄せた時、法務局の人からは 「あー、この会社は現在登記変更中ですねー」 などとは言われませんでしたが。 Q3 このままこの会社が本社の実体のみ引っ越ししていて、登記簿上の本社住所を変更しないままだとした場合、何らかの罪になりますか? またそれは親告罪のように事件当事者とか、操作権力を持った者以外の、第三者が告発・指摘しても良いのでしょうか? 詳しい方、お願いします。

  • 商業登記簿に記載のない支店等について

    お世話になっています。 先日教えていただいたので、調べたい会社の商業登記簿を取り寄せてみましたが、A県に本店所在地が記載されており、支店等該当なしとのことでした。 ですがB県に会社と住居があると聞いています。 登記簿によれば、事業内容は多岐に渡っていて、支店等がないほうが違和感があります。 タウンページやインターネット検索では、その会社名の該当がありません。(客商売でこんなことあるのでしょうか?) 会社の名称と店舗等の名称が違うのかもしれませんが、会社名や代表者名で検索できない以上、これ以上個人では調べようがないのでしょうか。 何かいい方法がありましたら教えてください。

  • 本店住所表記の「字」の省略について

    初めて質問させていただきます。 会社の業務の関係で行政に申請する書類を作成していたところ、会社の登記簿謄本(商業登記関係)では本店所在地の表記で「字」が省略されており、会社建物に関する登記簿謄本(不動産登記関係)では「字」付の住所表記となっておりました。会社で登記を担当している方に話を聞くと、「商業登記を行う時に「字」は省略して記載していい、と法務局で言われた。」といっておりました。 そこで質問なのですが、商業登記上の本店所在地の記載において、「字」を省略してもいいということを規定した法律や決め事のようなものがあるのでしょうか?もしあればその内容を知りたいのです。 分かりにくい文章で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

  • 本店移転と定款変更について

    お世話になります。 株式会社で本店移転を行うのですが、法務局への提出物および記載方法に不明点があります。 名古屋市内での移転なので管轄法務局は変わりません。が、定款に最小行政区画までではなく番地も含めた全住所が記載されているため、定款の変更の必要性があります。 法務局内の相談窓口に入ったのですが、合資から株式への改組のときに相談を行ってOKをもらった書類が、かなりの量の記載不備とそもそも書式が違うという何のための相談窓口だかわからない結果に終わるという状況があったため、今回は窓口にいった後で自分で調べてみました。 相談窓口でいわれた書類は、移転登記申請書、取締役決議書、株主総会議事録ですが、WEBで調べたところ、OCRなども必要になるとありました。確かに窓口で言われた書類には定款の変更のための書類がないよう思えます。 また、今後のことも考え定款の本店の所在地についての記載を最小行政区画でとどめておきたいのですが、記載方法がわかりません。 ご存知の方いらっしゃいましたらご指導いただければと思います。

  • 株式会社の商号と本店所在地を変更する場合の手順

    株式会社の商号と本店移転を同時に行う場合に手順的にどのように行うのでしょうか。 本店移転のために旧本店の所在地を管轄している 登記所に本店移転登記申請を行うと思いますが、 その際に申請書に記入する商号は旧商号を 使用するのですか、また新本店の所在地管轄している 登記所への申請書の商号はどうなるのでしょうか。 それとも手続き上は、本店移転登記を旧商号で行い、 その後、新本店管轄の登記所で商号の変更を 行うという手順になるのでしょうか。 以上よろしくお願いいたします。

  • 支店の登記

    ある不動産会社はとても大きい株式会社で、全国に○○営業センターという名の事務所を多数設けています。 私はこの営業センターというものを「支店」だと思っています。 商法では「支店」を設けた場合は、登記をしなければならないようです。 本店の登記事項要約書・履歴事項全部証明書には、支店は載っていませんでした。(登記事項要約書交付の申請書で「支店・従たる事務所区」にはチェックを付けましたが、要約書には載っていませんでした。) 支店は、それぞれの所在地で個別に登記されているということでしょうか。

  • 登記上の本店所在地に事務所がない

    先日債務不履行についても質問させていただいたのですが 相手先の会社を調べるうちに、所在地について腑に落ちない点があり、会社の存在自体あるのかどうか確認のため登記簿を調べました。 結果登記はあったのですが、所在地は以前使われていた事務所の住所のままとなっていました。その所在地(ビルの一室)からは、昨年事務所を引き上げ移転したようです。 登記上の本店所在地が、実際の事務所所在地と異なる場合もありますが、この会社の場合、登記上の所在地はテナントで入るビルで、その会社の所有地ではないと思います。 つまり、登記上の所在地は、現在事務所のない住所で、その所有権があるわけでもないのですが、これは登記上問題ないのでしょうか?本店の所在地変更は原則2週間以内なので、もう何か月も変更申請をしていないことになります。 もしこのまま所在地を変更しないと、どのようになるか疑問に思いました。登記はそのままですか?

  • 支店の登記

    例えば東京に本店、横浜に支店で、この横浜で行う支店所在地での登記の存在意義がわかりません。 支店設置した場合支店の登記をし、変更があった場合も変更の登記をしますが、何のために支店所在地での登記をするのでしょうか。 ほとんどの事項が本店で登記され、本店所在地がわかれば十分で、本店所在地での登記で十分だと思うのですが。

  • 何度も本店移転登記を繰り返す意味は?

    仕事で取引相手を調べることがあるのですが 登記簿を取ってみると、 ほぼ一年おきぐらいで本店の移転を繰り返しています。 この会社はどのような意図でこのようなことをしているのか 判りません。 本店を何度も移転させる意図を教えて下さい。