解決済み

子供への自転車の教え方

  • 困ってます
  • 質問No.7114536
  • 閲覧数975
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 94% (18/19)

現在6歳になる男の子に補助輪無しで自転車の乗り方を教えています。
若干デコボコしてますが芝生の公園で転んでも痛くないところで乗らせてます。

だいぶ乗れるようになって最初の加速だけサドルをつかんで押してあげて
5~10メートルぐらいは行けるようになったのですがその後、必ずと言っていいほど
ふらついて左に転びます。どんな教え方をしても必ず左に・・・

何かいいアドバイスはありませんでしょうか?

ご教授よろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.8

ベストアンサー率 31% (281/897)

お子さんが自転車をこいでいるとき、後ろ重心になっていませんか??

姿勢が後ろに反り気味、とでも言いましょうか。

もしその姿勢ならば、まだバランスの取り方が出来ていない証拠なのです。

姿勢を、ハンドル側に前のめりで乗るよう教えてあげてください。
そして、足を回してこぐという教え方ではなく、とにかく足を・・・
うーんなんといったらいいのか・・・
踏み込むことだけに集中させる、とでも言いましょうか。
そうすると自然に体重が前にかかるようになり、バランスを取るのも上手になります。
右、左、右、左、でグイグイと踏み込むよう教える。
そのためには後ろ重心じゃ踏み込めない、でしょ?

また、最初に踏み込もうと思ったら、かならず最初にブレーキをかけて足の準備をする。
でなきゃグラグラ動いてできませんから。
ブレーキをかけてまず準備、そして楽なほうの足からぐいっと踏み込む。
それが出来たら、次の足でまたぐいっと踏み込む。止まったらまたブレーキから。
その繰り返しです。

そう一度教えたら、うちの息子は一人でそれを繰り返し練習して、1週間で乗れるようになりましたよ。
最初以外は私は一切手を出していません。ちなみに年長のときでした。

友達のところの子どもも同じように教えて、その子は驚きの3日で乗れるようになりました。(年中さん)
乗れないと子どもはイライラして、ブレーキを面倒がりますけど
焦らず、きちんと順序立ててやるようにするほうが、子どもも上達が早いと思います。

がんばってくださいねー
お礼コメント
yuupapa2005

お礼率 94% (18/19)

ご回答ありがとうございます。

前から確かに腕が伸び気味になって後傾になってるような気がしました。

「腕をもう少し縮めてみれば?」と教えてやらせてあげた時に

漕いでるペダルから足が外れちゃって漕げない状態になってたので少しぐらい・・・と

思ってたのですが、今度は前傾姿勢で乗れるように慣れさせてみたいと思います。

それと一回一回ブレーキを使いながらの練習方法も効果的そうですね!ぜひやってみます!

ありがとうございました
投稿日時 - 2011-11-06 17:00:59

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.7

ベストアンサー率 22% (283/1243)

私は小学2年生のときに親戚の家に行き、そこで従兄弟の自転車を借りました。
生まれて初めて乗った自転車でしたが、そのまま乗れてしまったので自分でも驚きました。

しかし普通の人は、そうは行きません。
近所の主婦が、お友だちに後ろを押さえてもらって練習している光景を何度も見ましたよ。
あるとき、後ろを押さえてもらうと、どんな感じなのだろうと思って友だちに押さえてもらいました。
すると、たちどころに転んでしまうのでした。
傾いて、そちらにハンドルを切っても後ろをガッチリ押さえられていて自転車本来の動きが出来ないので、たちどころに転んでしまいました。

ですから、私のお勧めは、安物の補助輪です。
安物ですと、使っているうちに少しずつ上に曲がって行きます。
そして知らず知らずのうちに自転車のタイヤだけで走っているのです。
近所の子供たちは、みんなこうして自然に乗れるようになりました。

今私が近所の子供たちに教えているのは、交通法規です。
特に『一時停止』です。
標識が無くても道交法で一時停止するところが決まっていますが、標識が有ったら絶対にしなければなりません。

しかし、「この標識が有ったら、必ず一時停止して左右を良く確認するんだよ」といくら言っても「そんなの、分ってるよー」と言って反発してくる子ばかりです。
そして、きちんと止まって見せて「ほら、ちゃんと出来るでしょ」などと言うのですが、10分もすると全速力で一時停止無視をします。

近所の交差点では、大人でさえも10人のうち9人は一時停止無視で突っ切って行きますから恐いです。
私が以前勤めていた会社では、自転車通勤の人が50人ほど居ましたが、毎年2人は通勤途中の交通事故で亡くなっていました。
25人中一人ですから大変な高確率です。

このように自転車は、大変に危険な乗り物です。
歩道を走っていて歩行者を撥ねてしまって、被害者が下半身不随になった事故も有りました。
被害者は3年間の入院とリハビリで歩けるようになり、大変に運の良い事故でしたが、それでも加害者は3千万円を支払いました。
買ったばかりのマンションを売りに出して支払ったのです。
もし被害者が治らなければ1億円以上の支払いになったでしょう。

この数年間で保険会社が、続々と自転車保険を止めています。
新規加入は募集しなくなり既存の人の継続のみとなりました。
これは、自転車の事故があまりにも多くて大赤字になってしまったためです。
お子さんには、是非安全な乗り方を教えてください。
それと、本人がどんなに安全に気をつけた乗り方をしていても自動車に追突される事故が多いですから、少なくともテールランプを装備し、目立つ服装をさせてやってください。
お礼コメント
yuupapa2005

お礼率 94% (18/19)

ご回答ありがとうございます。

回答文を拝見してうちにはフレームががっちりした補助輪しかないので「補助輪を上まで上げて練習させるのも効果的」と感じました。

ぜひ試してみたいと思います。

それとKowalski_Japanさんのおっしゃる通りルールは年齢に関係なく絶対に守らなければならないものだと

自分も思います。事故をおこしてしまってからでは遅いですからね!

「自転車は便利だか怖い乗り物だ」ということを乗り方指導と同時進行で教える必要があることを再認識できました。

乗れるようになればなるほど子供って遠くに行きたがりますし。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-11-06 16:53:04
  • 回答No.6

ベストアンサー率 9% (25/262)

うちの子は4歳で乗れるようになりました。

姿勢をまっすぐにして顔が下を見ないように正面を向いて、あとはスピードを上げると勢いでのれますよ。
うちはお下がりの自転車で大きめだったのでスピードが出たみたいです。
お礼コメント
yuupapa2005

お礼率 94% (18/19)

ご回答ありがとうございます。

4歳とは早いですね!「うちもそれぐらいの時にマジになって教えておけばよかったと」今に

なって後悔してます・・・下の2歳の子にはもっと早くから教えようと思っちゃいました

自転車のサイズはサドル一番下まで下げて足がぺったりつかないぐらいなので

ちょうどいいのかなと思うのでもしや漕ぐ力がたりないのか・・・んー・・・

サッカーやるときと自分とケンカごっこしてるときはとんでもない足の力なのに(笑)

押してあげてスピード出してあげたりして根気強くやってみます。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-11-06 16:38:46
  • 回答No.5

ベストアンサー率 18% (216/1186)

最初の数メートル乗れるのであれば、
自分が格好よくスイスイ自転車に乗っている姿をイメージさせてください。

イメージトレーニングの後、実際に乗せて見る。
それだけで上手くいくことが多いです。


子どもは、あれやこれや指導するより、
イメージさせることのほうができる確率が高いんです。


小学校の教師の指導で跳び箱を飛べない子ども達に、
イメージトレーニングをやった子どもと、
体操選手に指導してもらう子どもに分けた結果

イメージトレーニングは6割が飛べて、
体操選手の指導は4割しか飛べなかったと言う結果が出ました。


イメージトレーニングが専門家の指導を上回ったんです。

騙されたと思ってやって見てください。

格好よくスイスイと自転車に乗っている自分をイメージさせることが大切です。
お礼コメント
yuupapa2005

お礼率 94% (18/19)

ご回答ありがとうございます。

イメトレは正直思いつかない指導方法でした!今度ぜひやってみたいと思います。


それと回答文を見てびっくり!「ん?けど自分が何かやるときもイメージしてからかも」と

思い返しちゃいました。自分がなにかやるときはイメージしてからやるのに教えるときになったら

その方法が思いつかないとは・・・とても勉強になりました。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-11-06 16:30:48
  • 回答No.4

ベストアンサー率 22% (1812/8010)

 外せるならペダル外して、足で地面蹴って走らせる。バランスとって走れるようになったらペダルつけて漕がせる。一度バランス取れるようになればあとは楽なはず。
お礼コメント
yuupapa2005

お礼率 94% (18/19)

ご回答ありがとうございます。

おっしゃる通りいろんなサイトで調べてもやはりペダルを外しての練習方法は効果的みたいですね!

今度機会があったら外してやってみます。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-11-06 16:22:40
  • 回答No.3

ベストアンサー率 46% (2212/4799)

>だいぶ乗れるようになって最初の加速だけサドルをつかんで押してあげて5~10メートルぐらいは行けるようになったのですがその後、必ずと言っていいほどふらついて左に転びます。どんな教え方をしても必ず左に・・・

私の子供3人も、同じ様な時期があり、何度も転んでいました。
年齢から、もう、少しで乗れるようになります。

なお、最初はうしろでつかんで押していますが、離したときに、あなたは止まっていませんか?
子供は、つかんでいないで親が走らずに止まったと思ったときに、転ぶと思います。

私の子供の場合、うしろで自転車をつかんでいると、つかんでいる私の「ちから加減」で、もう少しだなと感じましたけどね。
私のつかむ「ちから」が強ければ、まだだと感じ、つかむ「ちから」が弱くなれば、もう少しだと感じました。
私のつかむ「ちから」が弱くなって、もう少しと感じた頃、途中で、つかんでいるそぶりてををして、自転車のうしろを一緒に走り、子供にはつかんでいると思わせるのはどうでしょう。
お礼コメント
yuupapa2005

お礼率 94% (18/19)

ありがとうございます。

そうなんです!サドルつかんでるときは自分だいぶ入ってます。そして離した後止まってます。

もう少し長くつかんで一緒に走ってあげられるように自分も努力せねば!

ありがとうございました
投稿日時 - 2011-11-06 16:19:15
  • 回答No.2

ベストアンサー率 13% (119/874)

最初の加速だけでなく、何回かコツを付けさせるために長いことサドルを掴んで押してあげて自転車を乗ることに恐怖を失くしてあげましょう。

手に力が入るのは何らかの形で恐怖が残ってる証拠。

まずは、ずっと支えてあげて押すべき!
お礼コメント
yuupapa2005

お礼率 94% (18/19)

ご回答ありがとうございます。

素手でサドル下を持ってたら指先が痛くなってきて親が途中で断念しちゃいました・・

今度はラバー軍手でもはめてサドルを支えねば!

恐怖心がなくなるぐらいまで根気強くやってみます

ありがとうございました。
投稿日時 - 2011-11-06 16:14:04
  • 回答No.1

ハンドルを握る手に力が入っていると思いますので、力を入れるな、とアドバイスしてはどうでしょう。
その上で、前輪と自転車の軸をまっすぐに保つように。

あと少しで乗れると思いますよ。
お礼コメント
yuupapa2005

お礼率 94% (18/19)

ご回答ありがとうございます。

ハンドルを軽く持つ・・・今度教えてみます。

ありがとうございました。

「あと少しで乗れると思いますよ。」←こう言ってもらえると非常にうれしいです^^。
投稿日時 - 2011-11-06 16:09:38
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
同じような状況になったことある!あなたの知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集

ピックアップ

ページ先頭へ