• 締切済み
  • 暇なときにでも

生物の総個体数は?

生物学に造詣の深い方に質問です。 地球上の生物の総個体数は幾つと推測されるのでしょうか? 私は、生物学・分類学等の知識はありませんので、乱暴な質問と思いますが、植物や、バクテリア・細菌・ウイルス等も、“生き物”と仮定した場合です。 要するに、地球上に存在されると思う“命”の総数を知りたいのです。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1013
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.3
  • campt
  • ベストアンサー率23% (17/72)

私もはっきり分かりませんが、総個体数とすると、そのほとんどは単細胞生物とバクテリアや細菌になります。これらの平均的な値(密度や平均炭素含有量など)と地球上の有機物量や炭素量などから計算・・・・やはり、できないかなあ。 その他のわれわれが目にするような生き物は誤差範囲になるので無視できると思います。 ウイルスは生物かどうか議論があるのでとりあえず無視。 答えになってませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

書き込み有り難うございます。 やはり難しいようですね。 統計学の分野でしょうか? 火星に探査機を送り、生命の痕跡を調べることも興味深いのですが、私たちの生活する“地球”を知ることの方が大事ではないかと思うんです。 「命は地球より重い」と、どこかで聞きましたが、生命の実体が分からないまま、様々な文化や、産業が発展していくことに、疑問を感じます。 ご回答、有り難うございました。

  • 回答No.2

地球上の生物の総個体数ははっきりしていません。まぁ膨大な数がいることだけははっきりしていますが…(汗) はっきりしていない理由の一つは、人間の把握しえない場所がこの地球上にまだたくさんあるからです。 人間の行ったことのない場所には人間の知らない生物が存在しているでしょう。  良い例として、この間発見された『インド洋海底で発見された謎の“硫化鉄の鱗状脚を持つ生物”』なんていうのもいますし… こればっかりは、はっきりとした答えは出ないのではないのでしょうか? 人間に把握できるほど地球は小さくないのですね(笑)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご意見有り難うございます。 硫化鉄の鱗状脚を持つ生物、テレビで見ました! 本当に信じられないですね~。金属の体なんて・・・。 おっしゃるとおり、地球は大きいんですね・・・。 人工衛星から地球を写した映像を見るたびに、「この丸い星の中で、生まれたり、死んだり、愛や恋や、地位や名誉や財産追い求めたり、いがみ合ったりしてるのか・・・」といつも思います。 この質問の発端は、“ダニ”(虫)は、地面1平方メートルの中に数万匹?(詳細は忘れました)いるという事も聞いて、「じゃあダニは地球に何匹いるのか」と空想したところかは始まりました。 有り難うございました。(^o^)

  • 回答No.1
noname#10263
noname#10263

「地球上の生物  数」で検索しましたが 、該当するものはでてきませんでした。 ホームページはたくさんでてきます。 種類はでてくると思います。 種類ごとにかけ算すると理論上はでてくるはずですが、 実質無類でしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のアドバイス有り難うございます。 私もいろいろと検索してみたのですが今ひとつ的を射る HPがありませんね。 生物学や分類学も、多岐にわたり総論的に算出するのは無理なんですかね・・・。

関連するQ&A

  • 地球の生物で最も数が多いベスト5は?

    素朴な疑問です。地球にはちょっと考えて、とても数の多そうな生物がありますね?例えば海の植物プランクトンとか、イネ科の草とか、嫌気性細菌とか、それぞれどのくらい個体数がいるのか、考えただけでも気が遠くなります。そこで質問です。地球で数が多い生物のベスト5は何でしょう?1位細菌、2位草、などのおおまかな分類でもかまいませんが、もう少し詳しい分類で分けられる方がいらっしゃいましたらどうかお教えください。

  • 哲学的な分類学ありますか?

    哲学的な分類学ありますか? あらゆる概念や物体や生物など存在するものすべてを分類するような学問は あるのでしょうか? 生物学なら生物分類学というものがあるのですが 例えば概念などの分類などは哲学以外でもいいのですがあるのでしょうか? 怒りと喜びは 感情のカテゴリで 歩く、乗車するは 行動のカテゴリなど 全ての存在するものを分類する学問があれば教えてください

  • 全ての生物に霊魂は宿っているのでしょうか?

    心霊写真、心霊動画などで人間の霊はよくありますよね。 その他に動物霊だと犬や猫、きつねなどが写りこむことがあります。 しかし、それ以外の霊はあまり聞いたことがありません。 例えば昆虫の霊や魚の霊などです。 それらの生物にも霊魂はあるのでしょうか? 例えば草や木などの植物や微生物や細菌などにも霊魂はあるのでしょうか? 命あるものには霊魂は例外無く宿っているものなんでしょうか? 命=霊魂でしょうか? それとも霊魂のある生き物は限られてくるのでしょうか? 分かる方がいましたら、ご回答、よろしくお願いします。 ※心霊否定派の方はスルーしてください。

  • 生物学について思う事

    生物学って、どのように皆さんは思いますか? 私は、生命現象の不思議を理解する学問だと思っています。 高校生物では、生命誕生から、体の恒常性、成り立ち、遺伝、 界による分類とそれらの差異、特徴を学び、 動物分野では、代謝では、化学的アプローチで生命活動を理解し、 行動に着目し、集団に着目し、地球に着目する。 地球に着目すると、現存する生命が生きていくには、 分解者、生産者が必要と分かる。そこで学ぶ植物分野。 植物は光合成をする事で、酸素を産生する。 この化学反応を学ぶ事で、酸素産生は副産物、と受け取る事が 出来るかもしれない。彼らにしてみたら、 二酸化炭素という炭素源が必要なのだから。 そして、この光合成は、エネルギーを獲得する代謝と、 似たプロセスである、電子の授受の機序が成り立っていると 分かる。 医学も、バイオテクノロジーも生物学。 医学では、ヒトを含めた動物の生理学を学ぶ。 バイオテクノロジーでは、 現代生物学の目覚ましい発展を学んでいく事になる。 高校生物では、DNAの情報を基に遺伝子が形成され、 その特徴を利用しての、医学への応用、食物利用などを学ぶ。 そして、遺伝は、メンデルが発見した法則で、 ある程度は説明出来る事を学び、数学的アプローチを行う。 これらを学ぶ事で、生物とは何かを学んでいく。 そう思っていますが、 皆さんにとって、生物学って、どのような学問だと思いますか? 中学生から、研究者の方まで、 色々な人から話を聞ける事を楽しみにしています。

  • 岩石地球または個体地球

    レポート課題の一部で、「現在の地球を構成している様々な要素、すなわち1,核、2,岩石地球または個体地球、3,気圏および水圏、4,生物圏、の起源を地球の生成過程や宇宙の物質構成の進化に関連させながら述べ、またそれらが行っている活動、現象の概要を述べよ」 というのがあるんですが、このうち、 3,岩石地球または個体地球 というのが何を指すのかが分かりません。他の3つについては幾つかの文献で調べて大体は分かるのですが、岩石地球または個体地球、というのが分かりません。 これは、地球のどの部分を指すのか教えてください。

  • 化粧品会社の研究職、開発職には不利ですか?

    突然、お邪魔します。来年度から院生になるものです。将来は化粧品会社の研究職または、開発職に就きたいと思っています。 大学院では生物学を専攻し、ある生物を扱って、その生物の構造を研究する形態学か、もしくは分類学を研究しようと考えています。 化粧品会社の研究職、開発職になるには、薬学系や理学部でも化学系の分野が有利だと思っています。 わたくしは、生物学系の分野の中で化学的な分野とはかけ離れた、形態学や分類学を専攻するため、これでは化粧品会社の研究職、開発職の就職を考える上で不利になりますか? 組織学や細胞学では多少有利だと感じていますがいかがでしょうか? ご意見をお待ちしております。

  • 地球は生物の密度が高すぎませんか

    今日、畑で雑草を抜いていました。雑草を抜くということは殺すということなんですが、できれば殺したくはありません。 雑草ももっと少なければ抜かずにほっとけるんですが、あまりに数が多すぎるために根絶やしにするつもりで対処しなければ作物に影響が出ます。作物を育てるということはその何百倍の数の生き物を殺すということでもあるのです。 そこで、 この地球は生物の密度が高すぎるのではないか。 なぜ殺さなければ生きていけないのか 生物学的、宗教的にはそれらしい答えもあるのでしょうが今ひとつ釈然としません。どなたか私を納得させていただけないでしょうか。 ちなみに、無除草栽培の方法を聞いているわけではありません。

  • 生物学?の本

    本を探しています。題名が思い出せません。 生物学か生物行動学の分類の本だったと思いますが、鳥や昆虫や哺乳類など色々な例を挙げて、生き物の利己的な行動の意味を解く、という内容のものです。 例えば子殺しをするサルについてや、出産制限をする鳥のことなどが書かれていました。 また、人間はそもそも他を攻撃する術(牙や爪など)を持っていないのに、武器などの巨大な力を身に付けてしまった…というようなこともありました。 タイトルに「利己的」という文字があった気がして検索してみると、『利己的なサル』『利己的な遺伝子』という本が必ず出てくるんですが、どちらも探しているものとは違いました。 心当たりのある方いらっしゃいましたら教えて下さい。

  • わかりやすい生物の本(教科書)を探しています。

    こんにちは。gedo-syosaと申します。4月から理学部化学科の大学生になったのですが、生物も少しは勉強しようと思って『生物科学概説』という講座を取っています。ですが、高校生のときに生物をやっていなかったためか、なかなか理解できません。しかも、その講座では教科書を使わないので、何を参考に勉強すればいいのかよくわからないのです。そこで、わかりやすい生物の教科書とか、そういうのを教えてもらいたいと思って、質問させていただきました。年間の授業内容を下に書きます。 ----------------------- 1)生態学  植物群落の成因と、人と植生の関係について概説する。 2)現代細胞生化学 ガン細胞や正常細胞の増殖・分裂のメカニズムを、最新のデータをそろえて解説する。 3)細胞発生生物学 細胞の構造と機能および発生・分化について解説する。 4)植物生理学 光合成のメカニズムと地球環境維持における役割について解説する。 5)動物生理学 動物体内における情報伝達の仕組みについて概説する。 6)植物地理学 地球上における植物の分布と種の多様性を解説する。 7)分子細胞構築学 DNAの構造、ゲノムの進化、生命の起源 8)拡散生化学 DNAの構造と遺伝情報変異機構 9)分子遺伝学 遺伝情報と蛋白質 10)トランスジェニク生物学 高等植物のトランスジェニク生物 11)海洋分子生理学 生物の分子生理機構 ----------------------- よろしくお願いいたします。

  • 「ケセランパサラン」って生物学的に見ると?

    昔話題になった「ケセランパサラン」っていう羽毛みたいな謎の生物。 あれは生物学上、何なのでしょう? そもそも生物学的に認められている存在なのですか? ネットで検索すると「飼ってます」という方がいるし、 「植物系」「動物系」と分類している人もいますが・・・ なにか釈然としないのですけど。 学術的に研究した人はいるのでしょうか?