• 締切済み
  • すぐに回答を!

円、おうぎ形の問題(難問です)

次の問題の解答がさっぱりわからなくて困っています。 よろしくお願いします。 長さ4の線分ABについて、2点A、Bを中心にそれぞれ半径4の円をかき、 交点の1つをPとする。 (1)△ABPに内接する円O1、BPを弧とするおうぎ形ABPに内接する円O2について (円O1の半径)=ア√イ/ウ、(円O2の半径)=エ/オ (円O1の面積):(円O2の面積)=1:カ/キ であり、 円O1の中心をO1、円O2の中心をO2とすると O1O2=ク-ケ√コ/サ である。 (2)線分AB、弧AP、弧BPのすべてに接する円O3の中心をO3とすると sin∠O3AB=シ/ス であり、 △O3ABの外接円O4の半径はセソ/タチである。 また、点A´が円O4の周上にあるとすると、△O3A´Bの面積の最大値は ツテ/トナ である。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

みんなの回答

  • 回答No.3
  • Tacosan
  • ベストアンサー率23% (3656/15482)

そうか, 同じ問題なのか.

参考URL:
http://okwave.jp/qa/q7077410.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

「難問」ってほどでもないなぁ。普通かな。 特にエ、オなんて小学生レベルでしょ。 というわけで(1)はそっくり省略。 (2)左図で、ABの中点とA、O3を結んで成る直角三角形で三平方の定理を使ってrを求める。     rが分かれば sin∠O3AB=r/(4-r) で求まる。   外接円の半径は正弦定理で出る。   、△O3A´Bの面積が最大になるのは、A'が右図Cの位置に来たとき。    CはO3Bの垂直二等分線と外接円の交点の内、O3Bから遠い方。    近い方の交点をDとし、CDとO3Bの交点をEとする。    CEを求めてEBを掛ければ ツテ/トナ が出る。    CE=x と置いて、△O3CE∽△DO3E を利用して2次方程式を    立てればいいけど、ちょっと複雑かも。    でも因数分解できるし、これが難しければ解の公式を使ってもいい。    もっと楽な解き方もあるかもしれないけど。    高校生でしょ? がんばって。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Kules
  • ベストアンサー率47% (292/619)

「問題の難易度を決めるのは回答者じゃないのか」とか 「円O1が本当にわからないのであればこの問題が難しいかどうか判断できないのでは」とか思いますが、 あんまり迂闊なことを書いて消されるのもなんなんでこの辺にして。 ・(円O1の半径) 三角形の内接円の半径を求める有名な問題です。三角形の面積を2通り(△ABPをそのままだすか、O1A,O1B,O1Pを結んで3つの三角形を作り、その和として出す)で表し、方程式を立てれば求まります。 ・(円O2の半径) AB,APに接することから、O2は∠PABの二等分線上にあります。弧PBとの接点をQとするなら、当たり前ですがAQ=4です。(Qは円A上の点です)またABとの接点Rとします。 O2の半径r2とするならば、AO2、RO2はr2で表すことができます。三角形O2ARは直角三角形で、∠O2ARがわかっているので三角比を用いてr2が求まります。 ・(円O1の面積):(円O2の面積) 半径がわかっていれば問題ないでしょう。 ・O1O2 A,O1,O2,Qは同一直線上にあります。AO2はわかっていますし、AO1を求めるのもそれほど難しくありません(∠O2ARがわかっているので) ・sin∠O3AB これだけちょっと難しいかも知れませんね。答えを求めるのが、ではなく記述式だったら、という話ですが。 O3はABの垂直二等分線上にある(これを説明するのにちょっと考えてしまうかも。まあ△O3ABが二等辺三角形であることを言えばよさそう)ので、円O3とABの接点をSとすると、AS=2です。O3の半径r3とするとO3S,AO3共にr3で表せるので三平方の定理からr3が求まります。r3が求まれば後は三角比の定義を使うだけです。 ・△O3ABの外接円O4の半径 正弦定理で終わりです。 ・△O3A´Bの面積の最大値 この問題は言い換えると、「半径r4の円の中にO3,A',Bがある。O3B=○○を満たす時、△O3A'Bの面積の最大値は?」という問題であることがわかります。さらに言い換えると、 「底辺の長さが○○の時、三角形の面積は何で決まる」とも言えます。当然「高さ」ですよね? じゃあO3Bを底辺と見た時高さはどこかと言えば、A'から直線O3Bに下ろした垂線の長さ、言い方を替えればA'と直線O3Bの距離です。ということで、A'をO3Bからもっとも遠いところにもっていけばいいですね。 記述式ならもっとまじめに考えないと答えが書けなさそうですが、マーク式なら雰囲気(AB,弧AP,弧BPからなる図形って左右対称だし、O3はABの垂直二等分線上じゃね?とか、A'はO3Bから遠いところにもっていけばよくね?とか)でいいでしょう。 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

丁寧な解説、ありがとうございます。 この問題は問題形式としてはマーク型ですが、 板書をしなければならないため、 記述をふまえながら解答する必要があり、 正確な答えを導く必要があります。 お手数をおかけいたしますが、 解答を書いていただけるとありがたいです。

関連するQ&A

  • 円、おうぎ形の問題(難問です)

    次の問題の解答がさっぱりわかりません。 よろしくお願いします。 長さ4の線分ABについて、2点A、Bを中心にそれぞれ半径4の円をかき、 交点の1つをPとする。 (1)△ABPに内接する円O1、BPを弧とするおうぎ形ABPに内接する円O2について (円O1の半径)=ア√イ/ウ、(円O2の半径)=エ/オ (円O1の面積):(円O2の面積)=1:カ/キ であり、 円O1の中心をO1、円O2の中心をO2とすると O1O2=ク-ケ√コ/サ である。 (2)線分AB、弧AP、弧BPのすべてに接する円O3の中心をO3とすると sin∠O3AB=シ/ス であり、 △O3ABの外接円O4の半径はセソ/タチである。 また、点A´が円O4の周上にあるとすると、△O3A´Bの面積の最大値は ツテ/トナ である。

  • 円、おうぎ形の問題

    次の問題の解答がさっぱりわからなくて困っています。 板書を任せられているので、正確な解答をしていただけるとありがたいです。 長さ4の線分ABについて、2点A、Bを中心にそれぞれ半径4の円をかき、 交点の1つをPとする。 (1)△ABPに内接する円O1、BPを弧とするおうぎ形ABPに内接する円O2について (円O1の半径)=ア√イ/ウ、(円O2の半径)=エ/オ (円O1の面積):(円O2の面積)=1:カ/キ であり、 円O1の中心をO1、円O2の中心をO2とすると O1O2=ク-ケ√コ/サ である。 (2)線分AB、弧AP、弧BPのすべてに接する円O3の中心をO3とすると sin∠O3AB=シ/ス であり、 △O3ABの外接円O4の半径はセソ/タチである。 また、点A´が円O4の周上にあるとすると、△O3A´Bの面積の最大値は ツテ/トナ である。 ちなみに、O1の半径→1/2・4・4・sinA=1/2r(4+4+4)よりr=2√3/3  までは求めました。

  • おうぎ形の内接円て・・・

    平面上に3点A,B,CがありAB=BC=CA=1である。点Bを中心に半径1の弧ACをかく、このとき線分BC,弧CA、線分ABに内接する円の半径を求めよという問題でおうぎ形の内接円の半径の求め方ってありますか? またさらに点Cを中心に半径1の弧ABをかく。 このとき線分BC、弧CA、弧ABに内接する円の半径を求める問題、そして点Aを中心に半径1の弧BCをかいてこのとき弧BC,弧CA,弧ABに接する内接円の半径はどうやって求めればいいでしょうか?できれば詳しく教えていただけるとありがたいです

  • 円についての問題です

    この問題の解法解説お願いします 半径2の円Oと半径1の円O´が点Pにおいて外接している。 共通外接線が円O、O´と接する点をそれぞれA、Bとするとき、次の問いに答えよ。 (1)線分ABの長さを求めよ (2)△PABの面積と求めよ 図を描いたときにどのような図になるのかも教えてください! 宜しくお願いします!

  • 線分ABは半径4cmの半円Oの直径である。点Cは弧AB上にあり、弧AC:弧CB=3:1である。この半円Oを、弦ACを折り目として折ったとき、弧ACが直径ABと交わる点をDとする。 (1)∠CABの大きさを求めよ。 弧AC:弧CB=3:1であるから、 ∠COB=180°÷4=45°ですよね。 よって、∠CAB=45°/2 だとおもいます。 (2)線分ADの長さを求めよ。 点Dの対称の点をD’とする。と考える。 点D’はABの垂直二等分線上にあると思います。(確信がないです。) そうすると△AOD'より AD=AD'=4√2となると思います。 (3)次の2つ線分AC、ADと弧CDで、囲まれた部分の面積を求めよ。ただし、円周率をπとする。 私の考えは点Cから線分ABに垂線を引き、交わった交点をEとする。 △CAEの面積からいらない部分を引くことを考えて行った。しかし、よくわからずに詰まっています。 すいませんが(2)、(3)の考え方、解説等をお願いします。

  • 扇形の弧の長さを教えてください!

    こんにちは。 タイトルの通り、扇形の弧の長さについて、 求め方が分からないため質問させていただきました。 考えているのは、添付画像の赤く色がついている弧ABの長さです。 ここで、O点は扇形を描く原点、線分OBは扇形の半径であり、 線分ACは線分OBから線分OCの長さだけ平行移動した線です。 なお、図に示してはいませんが、OBに対するOAの角度は分かりません。 まとめますと、OCとOBの長さしか分かっていない状態で、 弧ABの長さは求められるのでしょうか? また、よろしければ仮にOCの長さが4,5mm、OBの長さが54mmのとき、 ABの長さはいくらになるかお教えいただけると幸いです。 ご回答よろしくお願いします。

  • 詳しく答えられる方教えて下さい

    周上の 2 点 A、B があるとき、線分 AB を弦といい、弦 AB と表記する。特に円の中心を通る弦を円の直径という。直径の長さは半径の長さの 2 倍となる。円周の長さの直径の長さに対する比はどの円でも一定の値をとり、これを円周率といい普通 π で表す。円の半径を r とすると、円周の長さは 2πr で表される。また、円の面積は、πr2 で表すことができる。同じ長さの周をもつ平面図形のなかで、円がもっとも面積が大きくなる。(等周問題) 中心角と円周角弦によって円周は 2 つの部分に分けられる。このそれぞれの部分を弧(arc)または円弧という。弧のうち、長さが大きい方の弧を優弧(major arc)、短い方の弧を劣弧(minor arc)という。 弦 AB に対する弧は弧 AB と表記する。特に、優弧か劣弧かのいずれかを特定したい場合は、その弧上にある点 P を用いて弧 APB のように表記する。 O が弧 AB を持つとき、線分 OA、線分 OB と弧 AB とで囲まれた図形を扇形(sector)という。 また、扇形に含まれる側の円∠AOB を弧 AB に対する中心角という。中心角とそれに対する弧の長さは比例する。同様に中心角とそれに対する扇形の面積も比例する。 この文章から考えると矛盾が生じます。 が弧 AB を持つとき、線分 OA、線分 OB と弧 AB とで囲まれた図形を扇形(sector)というと部分の弧ABを優弧を考えると、 下の部分が扇形になりますよね。 よって扇形の∠AOBの中心角は赤部分ですよね。 1優弧または劣弧のどちらから見ても中心角とは同じなんですか? 2扇形に含まれる側の円とありますがどちら円も扇形ではないですか? 3同じであるならば、扇形の大きいほうは中心角が大きくなったら面積が反比例してしまいます。文章と矛盾していませんか?? 4なぜ弧ABといっても2つあるのに特定せずに弧ABというんですか?? 以上4つについてとても混乱しています。 何方か詳しく教えて下さい

  • 扇形と円の重なった面積

    半径R、Θが0からπ/2の扇形と、半径r0の円の中心がΘ=π/4軸上を移動するとき、 扇形と円の重なったところの面積を求める式がわかりません。 半径r0の円の大きさは扇形に内接する大きさです。 図では実践と点線の円の大きさは異なりますが同じ半径r0の円です。 半径r0の中心は扇形と重なりがなくなるところまで動きます。 扇形の原点から半径r0の円の中心まではrです。 よろしくお願いします。

  • 扇形の面積について

    第一象限において、 「単位円周上の点 A (cos θ , sin θ ) と x 軸上の点 B (1,0)、原点 O を考える。線分 AO、BO と弧 AB によって囲まれた領域の面積は θ /2 である。」 が、分かりません。すいません。なんで「θ /2」なんでしょうか。m(_ _)m

  • 数Iの問題です

    円Oに内接する⊿ABCがあり、AB=7, BC=5, cosB=1/7であるとする。また、直線ABに関して点Cと反対側の円周上に点Dをとり、線分CDと線分ABとの交点をEとする。このとき、 [1] AC=(1), sinB=(2)であり、円Oの半径は(3)である。 また、⊿ABCの内部(ただし、周上を含む)に円を作るとき、最大となる円の面積は(4)である。 [2]∠AEC=90°のとき、BD=(5)である。 自分で解いてみたところ、(1)は 8 、(2)は (4√3)/7 、(3)は (7√3)/7 、(4)は 3π と出たのですが(答えが無いので合っているのかはわかりません)、(5)の解き方がわかりません。 (5)の解き方を教えてください。 お願いします。