• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

株の評価

  • 質問No.7036055
  • 閲覧数4385
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 29% (14/47)

未上場の株の評価の計算で

【配当還元方式】
「直前期末の資本金等の額」を記載する項目がありますが

自己株がある場合はどう考えればよいでしょうか?

例えば、
・資本金    1000万
・資本準備金  500万
・利益剰余金 2000万
・自己株    △500万

  の場合は
(1)「直前期末の資本金等の額」は1500万と記載すれば正しいでしょうか?

(2)それもと、自己株を除いた 1000万と記載かるのが正しいでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 71% (1366/1910)

自己株を除いた 1000万と記載するのが正しいです。

国税庁HPに記載要領があります。
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hyoka/annai/pdf/1470-1_10.pdf

こちらの説明によれば、「1株当たりの資本金等の額、発行済株式数等」の「直前期末の資本金等の額」欄の(9)の金額は、法人税申告書別表五(一)((利益積立金額及び資本金等の額の計算に関する明細書))(以下「別表五(一)」といいます。)の「差引翌期首現在資本金等の額」の「差引合計額」欄の金額を記載します。」とされています。

自己株式は別表五(一)の後半「II」にマイナスとして記載しますので、資本金等の計算ではマイナスされることになります。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ