• ベストアンサー
  • 困ってます

GC-MSの入門書

 今回、日本電子の質量分析器が導入されることになりました。 マススペクトルの読み方を系統だって大学等で学んできたことがないので、適当な本があったらご紹介下さい。  主に測定対象物は食物中の残留農薬になると思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1312
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • rei00
  • ベストアンサー率50% (1133/2260)

天然物化学研究者の rei00 です。ここ15年ほど日本電子のマスを研究に使用しています。以下に本棚の目に付いたものを並べておきます。古いものが多いですが,基本的な事を学ぶ入門書としてはその方がわかりやすいと思います。 「医学と薬学のための マススペクトロメトリ-」  立松 晃・宮崎 浩・鈴木真言 著,講談社,1975年 「有機マススペクトロメトリ-入門」  中田尚男 著,講談社,1981年 「有機化合物のマススペクトル」  Herbert Budzikiewicz・Carl Djerassi・Dudley H. Williams 著,中川有造・池田正澄 訳  丸善,1973年 「マススペクトルの解釈と演習」  F. W. McLafferty 著,上野民夫 訳,化学同人,1978年 「GC-MS とその応用」  土屋利一 編著,講談社,1974年 「有機化学のためのスペクトル解析法」  M. Hesse・H. Meier・B. Zeeh 著,野村正勝 監訳,馬場章夫・三浦雅博・ほか 訳  化学同人,2000年 入門書よりは少しレベルが高いかも知れませんが,お役に立ちそうな本も2,3あげておきます。 「有機質量分析イオン化法」  Alison E. Ashcroft 著,土屋正彦・横山幸男 共訳,丸善,1999年 「有機質量分析法」  J. R. Chapman 著,土屋正彦・田島 進・平岡賢三・小林憲正 共訳,丸善,1995年 「化学増刊88 GC-MS の医学・生化学への応用」  立松 晃・土屋利一・山川民夫・山科郁男・山村雄一 共編,化学同人,1980年 「現代化学・増刊15 質量分析法の新展開」  土屋利一・大橋 守・上野民夫 編,東京化学同人,1988年 「現代化学・増刊31 バイオロジカルマススペクトロメトリ-」  上野民夫・平山和夫・原田健一 編,東京化学同人,1997年 その他,日本電子が行なっているユ-ザ-ズミ-ティングの資料が結構よく書かれています。日本電子の担当者におっしゃれば,手に入ると思います。なお,日本電子のペ-ジを参考 URL にあげておきます。ここから「技術情報」→「分析機器」と進むと「質量分析計 (MS:Mass Spectrometer) 」という項があります。ここの情報も役立つと思います。

参考URL:
http://www.jeol.co.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

本については、皆さんが書かれているので、測定の参考。恐らく、混合物でしょうから、出来るだけ純度を上げてからの分析をお勧めします。 練習として、 1)出来るだけ高純度のサンプルを見つける。 2)目的分子の分子模型を作ります。 3)目的分子が壊れてイオン化した時のフラグメントの構造を列記します。 4)その構造に各々の同位体の比率で分子量を計算します。 5)測定下サンプルのデータで、その同位体パターンをあてはめます。 次に他の測定方法で、同定された分子構造を確認します。こんなやり方を、大学で初めての時はさせてました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#211914
noname#211914

MiJunです。 追加(?)情報です。 Chemical Review Vol.?No.?、2001 でMSの特集が組まれてます。 この中で「US EPA」の研究者のReviewも掲載されてます。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
noname#211914
noname#211914

MiJunです。 ご紹介したものは「特許庁」から出版されている「パテントマップ」シリーズの1冊です。 >NDLC,NDCは? これは余分でした。失礼しました。 国会図書館の分類コードです。 その後、近くの図書館でたまたま関連(?)書籍を見つけました。 「FDA残留農薬分析マニュアル」(中央法規出版、2000.8) 中の少し覗いて見ましたが、MSが中心ではありませんが、「残留農薬分析」についていろいろな分析法が記載されており、その中でMSも紹介されてました。 ご参考まで。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#211914
noname#211914

以下の参考URLサイトは参考になりますでしょうか? 「環境測定」 「農薬」の項もあるようです。 蛇足ですが、 ==================================== これでわかる環境測定技術 もっと使おうもっと活かそうこんな技術 出版地 :東京 出版者 :特許庁 出版年月:2000.3 資料形態:12,310p  30cm   シリーズ名: 特許マップシリーズ  一般 12   注記  : 奥付・背のタイトル:環境測定技術 件名  : 特許―環境工学 NDLC: M351   NA217 NDC : 519.15 ============================================ ご参考まで。

参考URL:
http://www.chem.agilent.com/cag/country/jp/publication/shoseki.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

蛇足以下の内容がよく分かりません。一般書店などにある、成書なのか、特許公報の類なのか、もう少し詳しくお願いします。 後、NDLC,NDCは?

関連するQ&A

  • GC/MS前処理について

    GC/MS前処理について 学生でGC/MS初心者です。 今度研究で地下水に含まれる残留農薬を分析するのですが、前処理の方法が全くわかりません。 前処理に使う薬品などはどのように決めたら良いのでしょうか? 拙い質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

  • 一斉定量でのGC-MSとその他検出器について

    お茶(烏龍茶)の事業で茶葉を検体とした(抽出液でない)残留農薬の分析業務を行うことになり、ただいま前処理方法の検討などを勉強しております。 そこで質問なのですが、厚生労働省の残留農薬迅速分析法などの一斉定量の方法を見ると「ECD、FPD、NPDなど検出器で定性及び定量を行い、農薬が検出された場合は、GC-MSを行って確認することが望ましい」とされていますが、私の理解では多種類の農薬を一斉に定量するには、個々に得意とする対応範囲を持つおのおの検出器を使用するより、MSを使うことにより一度に多種類分析ができ、必要に応じてSIMモードで確認すれば良いと思っておりました。 検出器で定性定量のあとにMSで再度確認が必要なのはなぜでしょうか?むしろMSにより一斉定性定量を行い、農薬が検出された場合に それを得意とする検出器を用いて確認するものだと思っておりました。 この辺の相関関係を教えて頂けませんでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 質量分析法(MS)について。

    機器分析の一つで、質量分析なのですが、原子・分子の質量を測定する方法で、重力より強い力・・・電磁力を用いるとあるのですが、ここのところの原理が良く判りません。なぜ電磁力を用いるのか?など質量分析についての詳細をご存知の方、回答を宜しくお願いいたします!

  • 有機リン化合物について

    質量分析について勉強しているのですが、 なぜ有機リン化合物(サリンやメタミドホス)の分析にはガスクロマトグラフィーを用いるのでしょうか??直接質量分析計に入れるとなにかデメリットでもあるのでしょうか?? 質量分析計からでたマススペクトルが複雑になるから…以外に答えが思いつかないし、見つかりません。 なにか参考になるページがあればURLも教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 水トラップの選択

    質量分析器に測定測定するガスを連続的に入れる場合、液体が質量分析器に入らないようにトラップをつける場合があると思います。私が使っているトラップは水が100 mlくらい入るものですが、このトラップだと測定したいガスを測る前に、トラップに水がたまってしまいます。この問題を解決してくれる製品を教えていただけないでしょうか。できれば、気体は質量分析器に入るが、液体は連続的に取り除ける装置があれば良いと思っています。測定装置に関してかなりの初心者なので、わけのわからない質問になっているのかもしれませんが、よろしくお願いいたします。

  • 残留農薬分析クリンアップ

    残留農薬分析をこれからやっていこうと思っています。 素人ですので、本などを見て勉強していますが、 操作の意味などを教えてください。 残留農薬分析のクリンアップにおいて、 極性溶媒の抽出液をヘキサン等で精製する場合、 食塩水を加える理由は何ですか? また、液液分配の操作にでてくる塩析とはどいうった原理・現象ですか?

  • お茶の成分や残留農薬の分析を安くでやってくれる業者、ご存知ありませんか

    お茶の成分や残留農薬の分析を安くでやってくれる業者、ご存知ありませんか。情報お持ちの方、教えてください。お願いします。

  • LC/MSでの残留農薬の分析について。

    LC/MSを用いて、食品中の残留農薬を分析する事に対して調べたいのですが、自分はLC/MSを使用した事がなく、また、LC/MSに関する知識も持ち合わせておりません。 HPLC程度しか使用した事のない初心者なのですが、LC/MSを用いた残留農薬分析について、色々と調べたいと思うのですが、その様な事について解説しているサイトや本はないでしょうか? そもそも、LC/MSではどの様な成分を分析する事に優れているのか、GC/MSと比較してどの様な点が優れいてるのかなど、一切分かりません… どなたかご教授いただけると幸いです。 よろしくお願いします。

  • 残留農薬のGC/MSによる一斉分析について

    残留農薬のGC/MSによる一斉分析を立ち上げています。最初スキャン分析で感度がとれるものだけやって感度が低いモノはSIMでやろうと思っています。まずこの考えは正しいですか?スキャン分析でフタル酸エステルと思われるところに大きなピークが出て検出器とフィラメントを保護するためかフィラメントが切れます。バナナ、オレンジ、ぶどうで同じ場所に大きなピークが出るのですがこれらの中に多量にフタル酸エステルが含まれているのでしょうか。それともコンタミネーションでしょうか。どうすればフィラメントが切れないようにできますか。 基本的な知識がないので教えてください。

  • 残留農薬試験の費用

    このカテで良いのかわかりませんが、作物や生薬等の残留農薬試験を分析センター等へ依頼した場合の費用はどのぐらいかかるのでしょうか?