• ベストアンサー
  • 困ってます

今までの核実験で

1945年の広島、長崎の核爆発から現在に至るまで世界各地による核実験が2040回に及ぶそうです。。 以下は前の質問で回答者がそれを示してくれたURLです。(感謝します) http://www.youtube.com/watch?v=ykW_2YRQOpE&feature=related 今回の福島より大規模に空中に放射性物質が空中に散布されてきました。 あるものは地上に留まってその地域を汚染したが多くは多分海に落ちたものと想像出来ます。 海のプランクトンに吸収され、それが食物連鎖で大きな魚やクジラなどの体内に放射性物質が 取り込まれた筈です。 そこで質問です。 食物連鎖により大型の魚やクジラの中には放射性物質がどれ位蓄積されているのでしょうか? もしそれ程でもないならその理由は何でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数157
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • kenchin
  • ベストアンサー率56% (398/700)

>食物連鎖により大型の魚やクジラの中には放射性物質がどれ位蓄積されているのでしょうか? 過去の推移は以下のURLから検索できます。 http://search.kankyo-hoshano.go.jp/servlet/search.top 上のURLから入っていただき、画面中央の「詳細検索はこちら」→「詳細検索(データの検索タブ)」と進んでいただきます。 すると詳細条件の設定画面が開きますから、そこで詳細な条件を設定します。 >もしそれ程でもないならその理由は何でしょうか? それほどであるかないか?は、どの価値観を採るかによって変わるので回答しづらいのですが。 濃縮のメカニズムの基礎はご存知と拝察しますので、補足を少々。 濃縮による最大濃度については、当該物質が何か、当該物質が特定部位への蓄積性があるかどうか、蓄積される形態がどうかによって決まります。 例えばカルシウム。 魚類の大半はカルシウムの骨格を持ち、かつ骨が形勢段階である状態で放射性カルシウム(例えば47Ca)を取り込めば骨への集中蓄積が起き、かつ骨は代謝の少ない部位ですので、継続して濃縮が起きます。 ただし、当該物質が放射性物質の場合には半減期が存在しますので、物質濃度(放射能としても宜しいですが)はある一定値で頭打ちとなりますし、代謝が存在する部位では、代謝によって魚類体外への排出が発生しますから、やはりある一定値で頭打ちとなります。 これらを総合したデータとしてWeb上でも閲覧しやすいのは以下の資料ですかね? http://www.jfa.maff.go.jp/j/kakou/Q_A/pdf/110331_2suisan.pdf 魚の濃縮係数 セシウム  5~100 ヨウ素    10 ウラン    10 プルトニウム 3.5 水銀   360~600 DDT   12000 PCB 1200~1000000 上の係数、セシウムと水銀の差を具体的に説明するなら。 セシウムは特定部位への集中はなく、殆どが消化器を経由して血液に移行して尿として「排出」されます。 このために(半減期とも相まって)濃縮係数が比較的低くなっていると考えて宜しいでしょう。 それに対して水銀は、脊椎動物においては肝臓に多少多めに蓄積されるだけでなく、筋肉組織にも蓄積される性質があり(特にメチルい水銀は筋肉により多く蓄積される性質があります。)、代謝によって体外に排出されにくいという性質があります。 (加えて放射性同位元素ではないので、崩壊による減少=半減期も持ちません。) 過去の例で言うと、海洋生物の濃度(外部付着物を除く)は比較的低く抑えられているようですね。 というのも、過去の海洋核実験(加えるなら軍用原子炉の海洋投棄、核爆弾の海洋損失)を実施した地域は幸いなことに、大半が解放水域で行われたため、大量の海水(及び海流)による希釈効果が高かったのではないかという説を聞いたことはあります。 ただし、核実験直後に周辺で取った海産物の一部は高濃度で汚染されている可能性は高いでしょう。 第五福竜丸の場合は、水揚げした海産物に”死の灰”が付着したために相当濃度が上がりましたし、未分裂のウランを取り込んだ場合があれば、一時的に(代謝が起こるまでは)高濃度になることは考えられます。 蛇足ですが。 4月頭頃に広瀬隆さんが、この生体濃縮について間違った文章を週刊誌(週刊朝日)に掲載されていたんですが、他の方が引用されるかもしれないですし、氏と当該誌は訂正記事を出していないので、ここで訂正しておきます。 件の記事は「米国のコロンビア川で、ある科学者が調べた結果によると、川上に存在するハンフォード再処理工場の河川排水が原因で、工場から流れ出す放射性物質濃度を1とすると、河川プランクトンで2千倍、プランクトンを食べる魚で1万5千倍、魚を食べるアヒルの体内では4万倍に濃縮。そして川辺の水鳥の卵の黄身では100万倍もの濃縮が起きていた。」という物ですが、これは相当怪しい記事と考えてよろしいかと思います。 ○引用元が明らかでない。 この段階でおかしすぎます。 私が色々調べたんですが、学会誌や新聞では、そう言う物が発表された形跡がありません。 「圧力を掛けられてもみ潰されたんだよ。」という事ですが、これが正しいとなると市民団体も放っておけないので.....。 ○食物連鎖がおかしい。 アヒルは魚を食べません。(主として家禽ですし草食ですし。) また、河川の魚がプランクトンを主食としているとは思えない。 まずもって魚の消費カロリーを支えるだけのプランクトン量を河川が抱える事は困難で、当然ながら餌のかなりの部分を藻類が占めることになります。 これは河川調査の基本であって、だからこそ河川のアセスでは藻類に対する調査が欠かせないというのは、こういう調査を多なうイロハなんですが、氏が引用するデータにはそれが記載されていない。(つまり調査自体も疑われるし、少なくとも調査者が科学者であることは相当怪しい。) 記事中には「川の虫を与えられる燕の子云々」とありましたが、ここの段(水生昆虫をツバメがとる?等々)もオカシイ。 最後に私見と蛇足ですが。 今回の東電福島の事例でいうと、確かに海産物への影響は読み切れない部分もあるかと思います。 というのも、核実験のように海水表面への降下でなく、排水状態で直接に海域に放出された物がありますから、浸透厚の関係で瞬間的に上の数値を超える濃縮が起きる可能性は否定できなかったし、放流水に含まれる共存物質によっては、海域に放流された直後に沈殿が発生して放射性物質を取り込みながら枕積する可能性が否定できませんでしたから。 そして今の段階(事故後5か月が経過した段階)となると、現状以上に酷くなることは余り考慮しなくてよいのではないか?と考えます。 ただし、魚介類を陸揚げした後の取り扱いによっては、陸上で汚染が発生する可能性もアリ、その点についての取り扱いの注意が各漁港に徹底されているかどうか、汚染されたガレキの一部を今後海域に不法投棄する人間が出ないか等々の不安要素はありますので、少なくとも統計論に基づいたロット検査は1年程度続けた方が(理想を言うなら2~3年)良いだろうとは考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変有難うございました。 ご提示されたURLを印刷してもう一度詳しく読み返してみます。

関連するQ&A

  • 過去の核実験による放射能は?

    1945年から数えて核実験の回数は2040回に及ぶ事が分かりました。 福島の原発事故よりも多くの放射能が空中に撒き散らされそしてその多く は海に流れたものと推測します。 そしてそれがプランクトンに取り込まれ食物連鎖の果てに大型の魚やクジラ などに集積したと推測出来ます。 放射能が蓄積されて、或いはされ続けてきたとすれば今の大型の魚やクジラ など哺乳動物にはそれによる影響はどの程度出ているのでしょうか? 例えば奇形が出たとか個体数が減ったとかそういう現象は進行しているので しょうか? 確かアメリカでマグロは蓄積された水銀の為に摂取制限を勧告した話しを聞いた 事があります。 しかし残留濃縮した放射性物質を懸念した報告は聞いた事がありません。

  • 核実験の偽装

    核実験について素朴な疑問です。(どのカテゴリーにしようか迷いましたが) 北朝鮮の地下核実験の発表がありましたが、質問は「通常爆薬を使って、核爆発の偽装ができないか?」というものです。 発生する放射性物質の問題を除いて爆発力を考えます。 偽装しても、放射性物質を測定するとすぐばれるとは思いますが、放射性物質は地下なら外に出にくいし、遠くから測定するのは難しいでしょう、という考えで。 (放射性物質に関しての突っ込みもOKですが。) で、試算してみました、間違っていないですよね? 今回の北朝鮮の核実験の爆発がTNT換算で4ktonぐらいとすると,TNT爆薬をその量爆発させれば偽装できるわけで、 TNTの密度がρ=1.6g/cm3ぐらいとして、 重量(TNT)4kton=1*10^9 g→体積2.5*10^9 cm3=2.5*10^3 m3→(13.6 m)^3 (爆発力が倍になれば半分の容積ですみますが。) 爆薬が14m四方ぐらいの量になります。 これぐらいの量を入れる部屋だったら地下に作れると思います。 この量の爆弾を同時に爆発させることができれば偽装は可能なのではないでしょうか? これが難しかったりして??

  • 1960年代の核実験で日本人は被爆してますか?

    60歳近い母が福島原発のニュースをみて、1960年代の核実験を恐れてました。ニュースや池上さんの番組で「1960年代の米ソ核実験で日本にも放射性物質が飛んできていた」と知りました。その頃に飛んできた日本への放射性物質と現在の福島原発の放射性物質を比較するとどちらが悪い値でしょうか?東京、大阪、福岡など測定値が違うと思いますが教えて下さい。

  • 放射性物質の出処、処分について

    原子炉などに使われる放射性物質は自然界にあるウランなどを濃縮したものだと思うのですが、どのくらい濃縮されているのでしょう。 福島の原発で放射性物質の流出がありましたが、海水で希釈されて自然界と同じ程度の濃度にはならないのでしょうか。 もともと自然にあったものを濃縮して使っているだけなら、原発一つ分の放射性物質くらい海の希釈性をもってすればどうってことないと思われるのですが。 食物連鎖で大きな魚に蓄積される、とは言っても福島、日本近海程度では済まないのでしょうか? 日本だと人形峠、東濃鉱山など聞きますが、もともとあった場所の地下水等は危険だったりしないのでしょうか?

  • プランクトンから高濃度セシウム検出 魚の影響本格化

    【原発問題】プランクトンから高濃度セシウム検出・・・食物連鎖によって、スズキなど大型の魚への影響が本格化するおそれ ことし7月に福島県いわき市の沿岸で採取したプランクトンから、放射性セシウムが高い濃度で検出され、 調査を行った東京海洋大学の研究グループは、食物連鎖によって、今後、スズキなど大型の魚で影響が 本格化するおそれがあると指摘しています。 東京海洋大学の研究グループは、東京電力福島第一原子力発電所から流れ出た放射性物質の影響を調べるため、 ことし7月、いわき市の沿岸から沖合およそ60キロまでを調査船で航海し、プランクトンなどを採取しました。 このうち、沿岸3キロ付近で採取した動物性プランクトンを分析した結果、 放射性セシウムが1キログラム当たり669ベクレルの高い濃度で検出されました。 半減期が2年のセシウム134が含まれることから、原発から流れ出た放射性物質が プランクトンに蓄積したものとみられています。 動物性プランクトンは、さまざまな魚の餌になることから、研究グループでは、食物連鎖によって 放射性物質の蓄積が進み、今後、スズキなど大型の魚で影響が本格化するおそれがあると指摘しています。 研究グループのリーダーを務める石丸隆教授は「この海域では南向きの海流の影響で、 原発から高い濃度の汚染水が継続して流れ込んだためにプランクトンの濃度が高くなったとみられる。 魚への影響がいつごろまで続くのかさらに詳しく調べる必要がある」と話しています。 ソース:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111015/k10013279031000.html やっぱお魚はヤバイのかな? 政府の放射能汚染検査もちゃんとやってるのかな高い値はスルーして低い値だけ選別してそうじゃない? だいたいお魚は泳いで回遊してるんだから福島海域だけ禁止しても俺は不安だけど皆はどう思うかな?

  • 福島のミミズが汚染されてる?

    先日ヤフーニュースで福島のミミズが放射性物質で汚染されているという記事をみました。 もしほんとだとしたら、食物連鎖で他の動物が汚染されていくのではないですか?(最終的には人間も含め) このニュースの詳しいソースご存知ではないですか?

  • 自然放射性物質について質問です

    自然放射性物質とは、世界各地で核実験などが行われるずっと前から 本来食品が含んでいる放射性物質のことを指すのだと思いますが、 今、政府やその他機関が発表している食品の自然放射性物質の量は 福島原発事故以前の事なのでしょうか? それとも人類による核物質散布以前からの本来の数値なのでしょうか?

  • 放射性物質の処理

    まず今回に原発事故でヨウ素、セシウム以外にどんな放射性物質が問題となっているのでしょうか? ニュースなどで耳にする放射性物質はほとんどセシウムですが他にストロンチウムやイットリウムなど の物質の影響は少ないのでしょうか? 次にもし多いのがセシウムでありこれさえ除染出来れば安全な状態になると仮定した場合ですが、 水産庁の研究報告によりますと海に流れ出たセシウムは食物連鎖による濃縮は行われずに最終的 には海の底に沈んでしまうと言うものでした。 (取り込まれても排出され魚の中に留まらないとか) これが本当ならば除染した土などの処分として人間の環境外の海底投棄処理をしても構わないので はないかと思うのですがどう思われますか? いずれにせよ雨によって結局は海に流れていってしまうし除染した土等をブルーシートで覆って無害化するまで貯蔵しておくと言うのは結局長い期間セシウムを人間環境下に置くと言う事からなかなか「死の町」からの脱却出来ない様に思うのです。

  • 知ってました?核実験時の3倍の放射能が1日で東京

    知ってましたか?核実験時代の3倍の放射性物質(死の灰)が1日で東京に降下していたことを。 「放射性物質 核実験の3倍の降下量」  http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110325/dst11032519400078-n1.htm 「2011.3.25 19:38  福島第1原発事故で東京に降り注いだ放射性物質のセシウム137は、最大となった降雨の(3月)21~22日に、かつて行われた大気圏内核実験で1年間に降った量の3倍近くに達したことが分かった。  放射線医学総合研究所の市川龍資元副所長(環境放射能)の資料と、文部科学省の発表データを比較。市川さんは「早く原子炉を冷却し、沈静化させてほしい」と話している。  市川さんによると、昭和38年に東京で確認された放射性降下物のセシウム137は年間1平方キロメートル当たり52ミリキュリー。換算すると1平方キロメートル当たり1924メガベクレル。  文科省によると、今月18日以降、東京で降下物として検出したセシウム137は、24時間ごとの値で最大だった21日午前9時~22日午前9時は5300メガベクレルで、38年の1年間の約2・8倍になった。翌日以降は400メガベクレル以下に減少した。」 また、国会では小出氏が3月15日に都内に降った放射性物質について、パネルで示そうとしましたが、妨げられました。これがそのパネルです。今の内にコピーしておいてください。 http://tokyo-23.up.seesaa.net/image/20110523_01.jpg 1日で210マイクロシーベルトの放射性物質が、都内台東区で測定されています。 http://tokyo-23.seesaa.net/article/203471310.html 今は海洋の放射能汚染が大変心配です。地下水への浸透や、海洋生物への蓄積濃縮で海産物が食べにくくなるでしょう。 下のシミュレーションを参考にして、いざというときに備えましょう。 http://kurobee.moe-nifty.com/circus/simulation.html 明日の不信任決議案が可決され、国民の命・子供の命を守る内閣が出来ることを期待します。

  • 食物連鎖による有毒物質濃縮について

    食物連鎖による有毒物質濃縮について 食物連鎖の頂点にいる、我々人間や 哺乳類、や猛禽類などが食物連鎖の 下部にいる動植物の環境による 有毒物質を吸収することによって、 その食物連鎖の上位になればなるほど、 その有毒物質が濃縮される現象の 解決策はあるのでしょうか? 是非、教えて下さい。