• 締切済み
  • すぐに回答を!

化学の問題が分かりません

何回も解きましたが答えにたどり着きません(T_T) 分かる方教えて下さい! (1) 密度が1.84g/mlで硫酸を96%(w/w)含んでいる市販の農硫酸がある。 1)1.ON(N=規定)硫酸100ml作るにはこの農塩酸は何ml必要か。 2)1)で作った硫酸100mlは水酸化ナトリウム何グラムを中和するか 3)2)の中和によって生じた硫酸ナトリウムを組成Na2SO4・10H2Oの結晶として取り出すと何グラムの結晶が得られるか。 (2) 0.1mol/Lの炭酸ナトリウム水溶液を10mlとり 1)フェノールフタレインの変色点まで中和するのに0.2mol/Lの塩酸が何ml必要か 2)さらにメチルオレンジの変色点まで中和するのに同じ塩酸があと何ml必要か という2問です! 読みにくくてすみません** 分かる方お願いします(´>ω<`)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数91
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

揚げ足取りをすると、 >1.ON(N=規定)硫酸100ml作るにはこの農塩酸は何ml必要か。 塩酸から硫酸はできない。 冗談はおいといて、 1.0Nの硫酸100mL中に硫酸は何グラムありますか? それには硫酸の分子量(硫酸は分子)が幾らか知らねばなりません。wikiを見て下さい。 あとは、濃硫酸の濃度(w/w)から上記の体積を知ればいいのです。もちろん途中に密度を使います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました(^O^) わかりました★

関連するQ&A

  • 化学の実験

    炭酸ナトリウムを塩酸で中和滴定する実験で、フェノールフタレインをつかうのですが、普通は滴定に使用する酸性溶液にフェノールフタレインを加えてから、塩基性溶液を加えて色が薄いピンクになったら滴定終了なんですが、この実験では、炭酸ナトリウムにフェノールフタレインを加えてから塩酸を加えてピンク色が消えたら終点としているんです。この理由を教えてくれませんか? また、これ以外にもう1つ実験をしたんですが、上記の反応で生じた炭酸水素ナトリウムにメチルオレンジを加えて塩酸で滴定し、メチルオレンジが変色したところで滴定終了なんですが、メチルオレンジの変色域はPH3.1からPH4.4なんです。中和滴定は中性になったら終点のはずなんですが、これはあきらかに、終点が酸性です。この理由を教えてください。

  • 高校化学:二段滴定

    炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合溶液100mlある。 この溶液10mlをとり、フェノールフタレイン溶液を加えた。 そこに、塩酸2.0×10の-3乗モル加えると変色した。 さらにメチルオレンジ溶液を加え、塩酸3.0×10の-3乗モル加えると変色した。 もとの混合溶液の炭酸水素ナトリウムと炭酸ナトリウムのモル比を整数で表せ。 この問題の解き方教えてください!おねがいします。

  • 中和滴定の問題なのですが教えてください

    炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムの両方を溶かした試料水溶液10mLを0.1mLを0.1mol/L塩酸で中和 滴定する 指示薬としてフェノールフタレインを用いた場合、変色点(変色点A)までに要した塩酸の滴下量は8mLであった。一方指示薬としてメチルオレンジを用いた場合、変色点(変色点B)までに要した塩酸の滴下量は13mLであった。 ここで質問なのですが NaHCO3の中和に要した塩酸は13mL-8mL=5mLとあったのですがなぜでしょうか? そもそも変色点の意味は調べても分からなかったんですが

  • 化学の問題がどうしてもわかりません

    炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとの混合物がある。この2成分の含有量を決定するために次の滴定を行った。炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとの混合物を蒸留水に溶かし1lの試料溶液とした。試料溶液20.0mlをとり、0.1mol/lの塩酸で滴定した。 (1)まずフェノールフタレインを指示薬として用い、中和点まで塩酸を加えると15.0mlを要した。(2)これにメチルオレンジを指示薬として,同じ塩酸で滴定を続けると2.5mlを加えたところで中和点となった。 <1>(1)の滴定実験で起こった反応を化学反応式で記せ。 <2>(2)の滴定実験で起こった反応を化学反応式で記せ。 <3>炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムとは1lの試料溶液中にそれぞれ何gふくまれていたか。 答えは <1> NaOH+HCl→NaCl+H2O Na2CO3+HCl→NaHCO3+NaCl <2> NaHCO3+HCl→NaCl+H2O+CO2 <3> 炭酸ナトリウム1.33g 水酸化ナトリウム2.50g なのですがフェノールフタレインとメチルオレンジの使い分けがよくわかりません。 できればすべての問題の解説をしてほしいです。よろしくお願いします。

  • 中和滴定にて

    0.5モルの炭酸ナトリウムを規定度が大体0.5の硫酸に加えたときの半分中和したときのpHを求めようとしているのですが・・・半分中和という意味がよくわかりません。どういうことなのでしょうか・・・? さらにそこから完全に中和したときのpHを出そうとしたのですが、これは単純にPH約7を考えてよいのでしょうか? あと、指示薬溶液でフェノールフタレイン溶液とメチルオレンジ溶液がありますが、ある溶液の滴定でフェノールフタレインは使えてメチルオレンジは使えないというものでは色の変化が見られない以外に何か不都合なことでもあるのですか? わかりにくい質問かもしれないですが、お願いします。

  • 化学の混合溶液についての問題です

    次の問題が分からないので解き方を含め教えてください。 不純物として、炭酸ナトリウムと水を含む炭酸水素ナトリウム1.1gを水に溶かして25mlとした。0.25Mの塩酸で滴定したところ、5mlでPP(フェノールフタレイン)が、さらに50mlでMO(メチルオレンジ)が変色した。 (1)1.1g中に炭酸水素ナトリウムは何g含まれていたか。 (2)水酸化ナトリウムと炭酸水素ナトリウムの混合物を50mlの水溶液として、0.1Mの硫酸で滴定したら、同じ滴下量で指示薬が変色した。混合物は何gだったか。

  • 中和滴定の問題なのですが教えてください

    炭酸ナトリウムと水酸化ナトリウムの両方を溶かした試料水溶液10mLを0.1mLを0.1mol/L塩酸で中和 滴定する 指示薬としてフェノールフタレインを用いた場合、変色点(変色点A)までに要した塩酸の滴下量は8mLであった。一方指示薬としてメチルオレンジを用いた場合、変色点(変色点B)までに要した塩酸の滴下量は13mLであった。 変色点Aにおいて完了する化学反応を、化学反応式をかけ。 解答には、変色点AではNa2CO3+HCl→NaHCO3+NaCl NaOH+HCl→NaCl+H2Oの両方の反応が起こる とあるのですが なぜNa2CO3とNaOHが変色点Aで両方中和するとわかるのですか? (Na2CO3とNaOHが反応が起こるところは異なると思ったんですが)

  • 現在、高校生です。化学問題なんですが、少しわからないので教えていただき

    現在、高校生です。化学問題なんですが、少しわからないので教えていただきたいです。 ・ここに、炭酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウムの混合物質がある。 この混合物質16.9gを純水に溶解させて1000mlの溶液にした。次に、この溶液20.0mlをビーカーにとり、0.100mol/lの塩酸で滴定した。指示薬フェノールフタレインが変色するのに、塩酸16.0ml要した。また、さらに塩酸36.0ml加えたところで、指示薬メチルオレンジが変色した。この混合物中に存在する炭酸水素ナトリウムの質量パーセントはいくらか?小数第1位で答える。 この問題なんですが、僕は、とにもかくにも、2段階の滴定なので、ひとます、炭酸ナトリウムと炭酸水素ナトリウムのモル濃度をAmol/l、Bmol/lとしました。 そして、1段階目では ・20/1000×A+20/1000×B=0.1000×16.0/1000・・・(1)ができたんです。 2段階目では ・20/1000×A=0.1000×36.0/1000・・・(2)ができました。 (2)を解くと、A=0.18になりました。 (1)に代入すると、B=-0.1になります。 どこで間違えたのかわかりません。マイナスってなんで出てくるか考えてたら、この式が間違っているとしか考えられないんですが、どこを間違えているのかわかりません。 しかも、この時点で悩んでいるので、答えまでたどり着きません。 どうか、なぜこれではダメなのかの間違いの指摘をしていただけないでしょうか? そして、正しい考え方を教えてください。 申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  • 二段階中和

    水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合溶液を正確に10ml採取し、数滴のフェノールフタレインを加えた後、0.1mol/lの塩酸で滴下したところ、指示薬の変色までに20.00mlを要した。次にこの溶液にメチルオレンジを加え~… という問題についてなのですが 参考書の類題を見ると、ほとんどの問題には【水酸化ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合溶液を水に溶かして○○mlとした。】と補足が付いています。 ですが、この問題にはついていません。 この場合、混合溶液は1Lとして考えてしまってよろしいのでしょうか? お願いします!

  • 炭酸ナトリウムの中和滴定

    中和滴定において、濃度0.1mol/lの水溶液の酸および、その塩基とそ の際に用いる指示薬の適否を答える問題で、次のような解説がありました。 「塩酸は強酸、炭酸ナトリウムは強塩基なので、強酸と強塩基の中和となり、メチルオレンジ、フェノールフタレインとも使用可能」 何かのテキストで、炭酸ナトリウムについては、別の解説があったように思うのですが、この解説は、このままで正しいのでしょうか? それとも、別の解釈で理解すべきなのでしょうか? よろしくお願いいたします。