• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

リコールと販売店

  • 質問No.6848054
  • 閲覧数2552
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 48% (146/304)

車を買う際に、修理工場で販売もしているのをA、メーカー直営(ディーラーって言われるところ)をBとします。
調子が悪く、修理してもらう、その後修理箇所がリコールだと分かった場合。
自分も含めて知り合いや、親戚でリコールの経験した方にきいたら、Aの場合はメーカーと交渉してと言われて、メーカーはリコールに合った、修理をしていないとなり結局、修理代金の返済されない、Bの場合はリコールだからと修理代金を返却してくれます。
販売店により、同じリコールなのに対応が違うのは仕方ないことでしょうか?

Aの場合はやはり修理代金の返済は諦めるしかないのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 37% (1071/2822)

Aの民間整備工場の問題と言うか考えた遺憾でしょう。

解りやすく解説すると

ワイパーアームが リコールで 問題が有った不具合
A整備工場で ワイパーアームとワイパーブレードも交換した。
後に ワイパーアームのリコールが発表されたが ワイパーアーム代しかメーカーから保障されず
ワイパーブレード代金が返還されない。

不具合の要因と関係ない分部の部品までは メーカーもディーラーであっても 無償供給はしません
Bのディーラーでは、 客商売なので ディーラーでワイパーブレード代金を肩代わりする のでしょう。

Aの整備工場は 零細企業で メーカーが持ってくれない部品代金は 客に請求 懐の小さい整備工場と思います。

自分の新車購入先 民間整備工場は、リコール発表されると 顧客登録データーから 該当ユーザーが居ないか 検索し メーカー(ディーラー)より早く 連絡が来ます。
で 今回の様に 修理後 リコール発表となった場合 リコール範囲外の部品代でも 貸してくれますねー 何故か? 客商売だから 交換しなくて良いとメーカーは判断した範囲まで交換してしまってるから 民間整備工場が 責任持って自腹切ります。
万が一 リコール範囲外部品でも 交換が必要なら 仕入先ディーラー 業販部を通し メーカーへ整備工場工場長当たりが 講義します。
何はともあれ 客に 余分な負担を 強いるような 民間整備工場では、有りません。

仕入先ディーラーと 整備工場との 上下関係や 仕入れ台数にもよるのでは?


Aの場合 整備工場の 判断ミスで 余分な部品まで交換したのでは?と 交渉するしかないです。
整備工場の プライドを傷つける事にも なりかねません 喧嘩別れ覚悟なら 交渉してみては?
今後も 付き合いたい整備工場なら 払ってあげて 何も言わないこと。

ディーラーだって 返金しない所は しませんよ
こちら 地元T社ディラーなど 酷いもの  天狗なってる!!

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 30% (478/1582)

まず初めに
>メーカーはリコールに合った、修理をしていないとなり
と言うことはその車はリコール未対策です、リコール対策を取らないとなりません。

>その後修理箇所がリコールだと分かった場合
修理後にメーカーからリコールの届けが出されたのですか?それともリコール対象なのに有償で修理したのでしょうか?

前者の場合と仮定して、ディーラーでも一般の整備工場でも、修理当時リコールで無かったので遡って修理代を支払う事はあまり無いと思います、ただし前の回答であるように、現在は1年遡って…という事はありますが。

リコール対処の方法はいろいろあります、調整で対策とするもの、現車の部品を加工の対策、部品を対策部品と交換で対処とするもの、対策品と交換する事が多いとは思います。
リコール届出の前の修理だと対策品が出ていない場合があります、その場合には不具合があって修理したとしても、リコール未処理となります。

この対策品との交換ですが、リコールの場合にはその部品の不良によって仮にAと言う症状が出るために交換します、リコール対策後に、たとえばその部品が原因でBという症状が出たとします、この場合には有償の修理になる場合があります。 
>その後修理箇所
場所が同じでも、症状が違うとリコール対象の事象での修理とはしない事があります。

修理代金ですが、リコール対策部品は安く仕上がるように出来ている事が多いです、たとえば実際に昔日産のディーラーにいましたが、燃料計の不具合でメーターを交換した事があります数万円の修理費です、その後その症状がリコールとなりました、対策品はメーター裏の小さな部品を交換するだけです、修理費は数千円です、リコールになる前はメーターはAssyの部品しか出ませんでした。

もしかしたら質問者さんが支払った修理代とリコールの修理費には大きな差があるかも知れません、もし修理代の返金があったとしてもリコール修理費相当額だけしか返金にならないかもしれません。


>Aの場合はやはり修理代金の返済は諦めるしかないのでしょうか?
リコールに関してはディーラー以外での修理も可能ですので、全く同じ修理内容で、リコール対策したしないや、料金の発生の差が出る事は無いと思います。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 24% (3207/12948)

勘違いされて回答している方もいらっしゃるようで・・・・・
    
つまり
   
1.不具合が起きて自費修理した。
2.その後、その項目に対してリコールが発生した。
   
この場合、先に支払った修理代の返還が、ディーラーと、小さな販売店で異なる。
(ディーラーは返還してくれたが、小さな販売店では返還されなかった)
    
以上のような状況でしょうか?
   
以下のような記事があります。
http://japanese.joins.com/article/539/113539.html?servcode=300&sectcode=320
記事が2009年4月ですから、これ以前は支払われる事はなかったがこれ以降は支払われる。
   
でも、「修理したのがリコール届出より1年以上前であれば返還されない」との事ですから、この辺の経緯はどうなのでしょうか?
  • 回答No.3
車に対しては、素人です。ですから回答に絶対的な自信がある訳でありません。こう思う程度に聞いてください。
電気製品にしろ、車にしろ、故障の場合は、販売者責任、製造者責任、使用者責任に分類されます。

リコールは、製造者責任で、「使用し続けると人命に重大な危険を及ぼす恐れがある場合にメーカーが改善します。」ということです。
従って、リコールの場合はメーカー責任で、費用その他を負担しますと考えるのが常識です。
時々勘違いするのは、不具合(故障)とリコールを混同していると、ご質問のような疑問がでてきてしまいます。

ただし、メーカー側で、逆輸入者とか平行車は、リコールの対象としないと発表する場合がありますので、ご質問がの対象が輸入車であった場合は、正規品(ディーラー車)と平行車(輸入販売店)とわかれ、部品および工賃の料金は請求されます。
また三菱自動車が過去に、リコールになるべきものを隠して、途中から路線変更した場合も、同じような現象が起こると思われます。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (130/458)

 ディーラーは決してタダで修理するわけではありません。ディーラーの無償修理分の損失はメーカーが補います。結果的にユーザーにとっては無償修理となります。このようなやり取りがディーラー以外ではできないのです。言ってみればメーカーと何の関係もない会社が「ご迷惑をかけました!無償で修理します!」なんてやる義理はまったくありません。A工場が言うようにメーカーに問い合わせるしかなかったでしょう。

 あとはメーカー次第です。質問者様のように返金されないこともあれば、部品代だけでも返金される例はあるようですが、それはあくまでもメーカー側の好意であると見るべきでしょう。
  • 回答No.1
リコールの場合、修理工場が直接メーカーとやり取りすることから、オーナーから修理代金を頂かないはずですが。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ