• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

交通事故で労災を使った場合の過失相殺について

私がバイク、相手が車で交通事故を起こし現在治療を行っております。 過失割合は15:85ということです。 治療費を労災で支払うことになったのですが、その場合過失相殺はどこにかかってくるんでしょうか? 例えば治療費50万その他もろもろで150かかり、計200万かかったとします。 1.200×15%=30万円がこちらの負担額になる 2.(200-50)×15%=22.5万円ががこちらの負担額になる 3.(200-120)×15%=12万円がこちらの負担額になる 1は合計損害額の15%、2は合計損害額から労災分を引いた残りの15%、3は合計損害額から自賠責分を引いた残りの15%ということです。 1.2.3のどれになるんでしょうか?それとも別の計算が適用されるんでしょうか? ちなみに、相手保険屋は治療費のみを労災でその他は自賠責・任意を使用すると言ってます。 また諸事情でこちらの任意保険はありません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数7
  • 閲覧数1402
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7

恐らく理解できない回答者もいると思いますから追記補足しておきましょうか この方は自己負担額を知りたいと質問されています、また任意保険が対応しています そうなると任意一括対応ですから自賠責保険云々は関係なくなりますね、ここに自賠責の枠はどうこう、自賠責に労災が求償どうのは論じる事事態本末転倒です しかも労災は自賠責保険に求償する際は症状固定後しかも、立場的に被害者請求扱いなので任意保険の加害者請求には対抗できません、従ってこの場合労災は第一に任意保険に対し求償を掛けます 実際にこの方の負担額を計算するには労災は労災内で過失相殺しますから、本人過失に対する負担はゼロ、従って労災負担部分は控除しなくてはなりません すると1)は労災相殺分まで計算式に入っていますから間違い 3)は大元から間違っているので除外 2)は自己負担額のない労災負担部分を控除して、過失相殺される部分で計算してあるから正解 と言う事ですよ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 過失相殺について。〔長文ですがよろしくお願いします。〕

    こんばんわ。 任意保険の過失相殺について質問があります。 先日、接触事故に合いまして整形外科と整骨院に通院しているのですがこちらにも過失が出た場合についてお聞きします。 自賠責で120万までは重過失がない限り減額がないのは調べて分ったのですが120万を超えて任意保険に切り替わった場合の事がいまいちよく分かりません。 (1)任意保険の過失相殺は自賠責の120万を超えた分から相殺されるのでしょうか?それとも120万を超えた場合、自賠責の120万分も相殺されるのでしょうか? 〔例えば割合が5:5の場合で治療費100万 休業補償60万 慰謝料40万で合計損害額が200万円の場合、120万を超えるので任意保険に切り替わると思うのですがこの場合、200万から自賠責分の120万を差し引いて80万円を過失相殺し半分の40万が相殺されるのでしょうか?それとも任意保険に切り替わった時点で200万から過失相殺され100万が相殺されるのでしょうか?〕 (2)車の修理代は自賠責保険や任意保険の損害額にプラスされるのでしょうか?こちらにも過失があった場合、自賠責以内に収めたいのですが修理代も損害額に含めて計算したほうがよいのでしょうか? (3)相手の保険屋〔多分、自賠責と任意が両方同じ会社〕から治療費は一括払いでと言われているのですが、この場合120万を超えていなくて自賠責以内の損害額でも相手の任意保険会社が窓口ということで過失相殺されてしまうのでしょうか? (4)健康保険で通院すると自己負担が掛かるのですが通院毎に領収書をもらって相手の保険会社に添付すればよいのでしょうか? (5)自分の加入している生命保険からもお見舞金がでるのですが診療報酬明細書というのは交通事故の治療を健康保険で通院しても病院から貰えますか?? 長文で見にくいと思いますがどうかよろしくお願い致します。

  • 交通事故による治療費の過失相殺

    私の母は交通事故により健康保健を使って治療、入院をしていますが、事故の本を見ると、健康保健の療養の給付は被害者の過失の割合に応じて保険会社に求償するので、損害額から健康保健の給付を控除した残りの部分が過失相殺されると書いてありました。これは、例えば、損害額全体が1000万円でそのうち治療費が100万円であり過失割合が1(被害者):9(加害者)であるなら、健康保険組合が保険会社に90万円求償し、被害者は実質810万円を受けるといった計算になるということでよろしいでしょうか?そうでないなら、治療費の過失相殺分の10万円は被害者側の負担となり、実質的な受け取りは800万円になってしまうと思うのですが。勘違いしている部分があるかも知れませんが、ご回答よろしくお願いします。

  • 人身事故の過失相殺

    先日人身事故を起こしてしまい、自分自身と相手の搭乗者にケガを負わせてしまいました。過失相殺はたぶん7:3で相手方の過失が大きいと思われます。現在私も治療中で相手方の自賠責で診察費を全て立て替えているのですが、治療が終わったら3割は自己負担になるのでしょうか? 任意保険の搭乗者で500万でその費用はまかなえるのでしょうか? それと相手方の治療費に関しても自己負担になってしまうのですか? 保険のことが分からないので教えてください。 現在物損に関しては事故を起こしたことがあるので分かるのですが人身に関して初めてなのでパニックになっています。お金もあまり持っていないのでこれから行政処分や刑事処分がどの様な物なのか不安です。 どなたか教えていただけますでしょうか?

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

一寸的外れな回答が多いので 一般的には2の計算式です、間違いを正解のように1と答えている方もいますが、労災保険は労災保険に貴方の過失相殺を行います、実質貴方の自己負担分は過失分も含め治療費では有りませんので、従って計算式上は2番に成ります 貴方にヒントです労災は総賠償額の求償方法です、従って過失事案でどんのように対応したら自分に一番有利かは自分で考えて下さいね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

>もし今回の事故の損害額が全て込みで140万円で済んだ場合、自賠責保障分から20万円超えているけど、120万円を相手から支払ってもらえ、尚且つこちらが負担する分はないと考えてよろしいのでしょうか? 120万円は治療費を含んだ額です。労災は治療費全額を自賠責に求償しますから、質問者様の手取り額は120万円から治療費を除いた額となります。 たとえば、治療費70万円、休業損害10万円、慰謝料60万円であったとすると、過失相殺の結果120万円を下回るため、良心的な損保であれば質問者様への賠償金を120万円としますが、治療費は労災が求償するため示談金は50万円という提示になります。 すなわち、質問者様の慰謝料が20万円目減りしたことになります。 また、労災と健保では診療報酬点数の単価が異なるため、健保使用の場合より労災の治療費は2割高くなります。(労災で治療費60万円だと健保では50万円) 従って、自賠責限度額を超えそうな場合には、交通事故の場合は労災保険より健保を優先する方が被害者にとってはメリットがあるのです。 労災へは相手と示談後に申請しても、相手からの賠償と重複しない部分についての給付は受けられます。 休業(補償)給付の対象になる場合であれば、給付基礎日額(自賠責の休業損害基礎日額と同額)の20%が支給される特別支給金はその好例です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • simotani
  • ベストアンサー率37% (1864/5030)

総額30の内22.5を先方に支払い、7.5を監督署(労働局)に支払います。 この内監督署宛ての7.5は自賠責負担です(賃金補償も3割及び差額分は自賠責負担で、合計120迄) 差額分とは、労災では休業補償が8割しか出ない為残りの2割と最初の3日間(待期)が無過失責任で来ます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

計算方法としては、1です。 ただし、内訳は変わります。 きちんと説明を入れるとややこしい話になります。 その他もろもろの内容がさっぱりわかりませんので、要点部分のみで書いていきます。 治療費に対しては、50万と言う事ですので、これは全額労災が支払います。 あなたの負担はありません。 ただ、この中から、相手の過失分の85%を加害者や自賠責保険に求償されます。 その他もろもろと書かれている部分に対てが内容が判りませんが、 労災には慰謝料、物損はありませんので、その部分は別扱いになります。 総裁で支払われる休業給付は、治療費と同じ扱いです。休業特別給付金は全く別なのであなたに支払われるだけになります。 残った物は、過失割合を掛けて、お互いで保証する事になります。 また、諸般の事情は全く関係なく、貴方は相手に15%の過失責任がありますので、相手の自動車の修理代の15%、治療があるならその治療費の15%(自賠責ほ範囲内であれば大丈夫ですが)の支払い義務があります。 車の修理代の15%を結構忘れがちになったりすると思いますが、これはあなた側のミスの部分であり、その部分に対して諸般の事情などとかっこを付けているだけで、結果的に単に払いたくなかっただけの話になる訳で、リスク管理を怠っただけですから(忘れてた、期限が切れて板も同じです)、その支払いは免れないとなります。 あなたの治療費は労災と言っても、きちんと労災からさらに求償と言う形で相手側(自賠責、保険会社、相手本人)へ請求される事になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • ag0045
  • ベストアンサー率33% (815/2413)

他の回答通りですね。 よく2.3と誤解されている人がいますが、過失相殺は使う保険とは 関係なく、損害額全体に掛けるのです。 なお、労災による治療費も後日相手の自賠責または任意保険に対し 貴方の過失分を引いた85%が求償されます。 蛇足ですが、貴方にも15%の過失があるのなら相手の車の修理代 の15%は任意保険なしなら、貴方の自腹ですよ。 せめて対人・対物ぐらいは今後の事故のためにも任意保険に加入 してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 ちなみに蛇足の部分については私のみ、バイク破損・怪我を行っています。 また任意保険に加入してはいたのですが、事故を起こすつい数日前に免許が失効しており保険が使えなくなっていました。

  • 回答No.1

1です。 過失相殺は、治療関係費、休業損害、慰謝料の合計額に対して行います。 労災適用のメリットは、診療報酬が1点12円で自由診療に比べて安くなること、加害者側から休業損害の補償を受けても、休業特別支給金(基礎日額の20%)が労災に請求できる点にあります。 なお、過失相殺された結果、自賠責限度額の120万円を下回る場合、つまり質問者様の損害額が1,200,001円~1,411,765円の場合は賠償金は120万円となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 やはり1が適用されるんですね。 労災を使用すると治療費が少なくなるから結果として多く受け取ることができるってことですね。 ちなみに>失相殺された結果、自賠責限度額の120万円を下回る場合、つまり質問者様の損害額が1,200,001円~1,411,765円の場合は賠償金は120万円となります。 なのですが、もし今回の事故の損害額が全て込みで140万円で済んだ場合、自賠責保障分から20万円超えているけど、120万円を相手から支払ってもらえ、尚且つこちらが負担する分はないと考えてよろしいのでしょうか?

関連するQ&A

  • 交通事故 2箇所で仕事 労災か自賠責か

    先日、通勤途中で交通事故に遭いました。2箇所で仕事をしていたため、一方からは労災になります。労災申請はまだしていませんが、労災から休業補償してもらう場合、もう片方の仕事の休業補償は相手方の自賠責(120万以内)ではなく、任意保険になるのでしょうか。その場合、過失相殺(わたし:相手 3:7)されて休業補償されるのでしょうか。過失相殺されるのであれば、自賠責で両方の仕事の休業補償をしてもらうほうがいいでしょうか。治療費は120万ではおさまるか分かりません。現在は相手の保険から治療費を払ってもらっている状況です。休業補償については、これから保険会社と交渉予定なので、労災に切り替えるべきか迷っています。

  • 自賠責と過失相殺

    ご教授ください。バイクで車と事故にあいました。過失は1:9で私は1です。損害賠償金の支払い方につき教えてください。  自賠責保険のみで支払われるときは120万円まで過失相殺に関係なく100%支払われる事は理解しています。しかし実際は自賠責で支払われる項目以外にお金はかかっていますので相手保険会社に請求しています。(領収書なしのタクシー代、入院時にかかった雑費で自賠責の対象外のもの等々)  さて、相手保険会社の提示賠償は自賠責対象のものと、それ以外の任意保険で出される補償の合計(私のかかった費用のすべての総計)の90%で提示されました。それでも自賠責のみの金額よりもわずかですが高く、自賠責のみと比較して高額の方を採用していると言っています。  私の考えは違っていて「自賠責の対象金額には過失相殺は関係なく100%出て、それ以外の任意保険対象項目の費用のみに90%がかかる」と理解していましたが違っているのでしょうか。自賠責以外の費用も任意保険で保障されると聞いていたのでその支払い方法に疑問がわきました。よろしくお願いします。

  • 過失相殺と任意保険、教えてください。

    過失相殺1:9と仮定します。(当方、歩行者) 事故が9月に起き、4ヶ月経過し、あと3ヶ月くらいで医師の最終判断がなされ、示談となりそうです。 さて、保険会社の対応は今ひとつというところで、教えてください。 任意保険がどうとかで健康保険を使ったほうが良いと保険会社から話がありました。 現在、治療費¥1,400,000、その他(通院交通費・休業損害・諸雑費)¥600,000となっております。当方の過失が1ですので、¥2,000000×0.1=200,000円が慰謝料から今現在引かれると考えるのでしょうか?その場合、自賠責保険というのはどうなったのでしょうか?また、確かに自分の健康保険を使って(保険会社負担)、治療費を節約した方が良いと思うのですが、いかがなものなのでしょうか?保険会社の企てなどあるのでしょうか。 アドバイスなどありましたら宜しくお願いいたします。

  • 交通事故による治療費は、労災?任意保険?

    家族が通勤途中に交通事故に遭いました。 スクーター(こちら)対 自動車で、こちらが被害者。 過失相殺は、少なくとも20:80で向こうの過失になりそうです。 こちらのみ足を怪我をして、現在手術のため入院中。 もしかしたら後遺症が出るかもしれません・・・ この場合、治療費は、 1:労災で支払い、あとで相手方の任意保険(保険会社)に請求? 2:治療費は最初から相手の任意保険で支払ってもらうべき? どちらが良いのでしょうか? 相手の保険会社は 「過失相殺があるなら、まず労災で払うべき。 そのほうが被害者の受取額も結局は多くなる」と言ってきました。 (でも当方の会社の顧問者社労士は否定・・・) 一方、こちらの勤務会社(派遣会社に勤務)の顧問社労士は 「治療費は加害者側の自賠責・任意保険で払うのが普通」 と、双方の言い分が異なるので悩んでいます。 また、過失相殺の割合による こちらのデメリットには、どのようなものがあるのでしょうか?? 専門家または経験者の方がいらっしゃいましたら、ぜひともアドバイスよろしくお願い致します。

  • 過失相殺分について

    先日交通事故にあいました。 私が被害者で過失割合は1:9になりそうです。 こういった知識が全くなく分からないのですが、過失相殺分についての1割は、私が加入している任意保険や自賠責から出してもらえるんでしょうか?

  • 交通事故による治療費は、労災?任意保険?どちらを先に使うべき?

    家族が通勤途中に交通事故に遭いました。 スクーター(こちら)対 自動車で、こちらが被害者。 過失相殺は、少なくとも20:80で向こうの過失になりそうです。 こちらのみ足を怪我をして、現在手術のため入院中。 もしかしたら後遺症が出るかもしれません・・・ この場合、治療費は、 1:労災で支払い、あとで相手方の任意保険(保険会社)に請求? 2:治療費は最初から相手の任意保険で支払ってもらうべき? どちらが良いのでしょうか? 相手の保険会社は「過失相殺があるなら、まず労災で払うべき。そのほうが被害者の受取額も結局は多くなる」と言ってきました。←でも当方の会社の顧問者社労士は否定… 一方、こちらの勤務会社(派遣会社に勤務)の顧問社労士は「治療費は加害者側の自賠責・任意保険で払うのが普通」と、双方の言い分が異なるので悩んでいます。 この場合、どちらが有利なんでしょうか? 専門家または経験者の方がいらっしゃいましたら、ぜひともアドバイスよろしくお願い致します。

  • 交通事故の時の健康保険と労災保険

    何度も質問すみません。 業務中に交通事故に遭い、治療費や休業損害等が発生して、 過失がこちらに20%ある場合、出来るだけ治療費等の総額を 自賠責の120万円以内に抑えたいので、 治療費=健康保険使用で金額を抑える 休業補償=先に労災に請求して、 労災60%+残り40%を自賠責から+労災特別給付金20% 上記の様にする事は可能なのでしょうか? それとも、 上記の様にしたら通院慰謝料が貰えない。とか、 治療費で健保を使用すると休業補償で労災は使えない。とか、 休業補償で労災を先に使うと自賠責からは残り40%は貰えない。とか、 とかがあるのでしょうか? 宜しければお願いします。

  • 交通事故の過失相殺の割合について

    先日自転車での交通事故の過失相殺割合ついて 質問した者ですが引続き質問します。 事故のの相手の保険会社が示す 過失相殺の割合などが納得できない場合は 保険会社と交渉して下げてもらう事は可能 でしょうか。また示談に応じないでいると 何か不利益はあるのでしょうか。

  • 交通事故で、労災と健康保険と自賠責保険の併用はできるのでしょうか?

    夫が会社の帰りに事故に遭い怪我をして、現在治療費は100万位になっていますが、相手の任意保険会社は過失が少ないとのことで2ヶ月以上経った今でも払ってくれません。払うのは裁判等をやって決着がついてからになると言っています。 そして、その保険会社のほうから、労災か健康保険を使うか、自賠責の被害者請求をするように言われました。 そこで質問です。 (1)次のようなやり方はできるでしょうか? まず、国民健康保険を使って病院に治療費を払い、次に自賠責保険に請求をし、自賠責で足りない休業損害の分を労災でもらう、という方法です。 (2)それから、自賠責の支払いの優先順位は、1治療費、2休業損害、3慰謝料、といった順番でしょうか? もしこの順番で、治療費と休業損害で120万を超えて慰謝料をもらえなかった場合、労災は慰謝料は払ってくれないから、その分損することになるのでしょうか? 以上ですが、分からなくて悩んでいます。 よろしくお願いします。

  • 交通事故の過失相殺について

    お笑い芸人でありバンドマンでもあった桜塚やっくんが37歳の若さで交通事故でなくなりました。 ほかにもこの事故で1人なくなり、2人が軽傷を負っているようです。 かく言う私も33歳の時に右直事故で健常者から不倶者の気違いに転落してしまい、その後社会復帰をしては体を壊しの繰り返しで10年間定職にもつけないままふらふらしただらしない生活をしております。わたしが直進、相手が右折でしたけどね。 私のことはさておいて、今日の質問は桜塚やっくんの事故についてです。 彼は自損事故を起こした後、路上に投げ出されそれを避けきれなかった後続車両が撥ねたために死んだということになっています。 質問は次のとおりです。 1.自損事故を起こした車から投げ出された人間を後続車が撥ねた場合の過失相殺。 2.運転者がこの車の所有者、使用者として任意保険に登録していなかった場合、 任意保険でどこまで対処してもらえるのでしょうか? 3.自賠責保険以上に治療費や賠償金がかかった場合、 事故を起こした当人は死亡しているものの その遺族に対して損害賠償請求をすることは可能なのでしょうか? 亡くなられた桜塚やっくんにはご冥福をお祈りするとともに、やっとこれからという時に 本人もわけがわからないうちに他界されたことをお悔やみ申し上げます。 ただ、亡くなってしまった本人が残した負の遺産についての処分がどのように 行われるのかが非常に気になりました。 ご結婚はまだのようですので、 ご本人の親などがおそらくは負の遺産を継承する羽目になるだろうと思います。 本人だけが死んでほかに誰も市にもしないでけが人も居なければ 後に負の遺産を殆ど残さなくても済んだのですが 同乗者の方で一人お亡くなりになり、お二人怪我をされています。 ある意味後続車についても被害者と言えなくはありません。 このように交通事故に拠る負の遺産を運転者が残したまま 死亡した場合の後片付けは遺族に当然責任が転嫁されるものであることは 間違いありません。遺族は身内の死にショックを受けながら さらには金銭的な負担も強いられるという二重の苦しみに 遭うはめになりますが、実際がどうなのかがよくわかりません。 それでふとお尋ねしたく思いました。