• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

起業に際する資本金

  • 質問No.6741945
  • 閲覧数459
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 85% (6/7)

これから、輸入会社の起業を考えているものですが、資本金をいくらにするか基準がわかりません。
なるべく低く設定した上で、ビジネスが軌道にのった後、増資を考えています。いずれにしろ、設立当初1年くらいは、銀行からの借り入れ自体を考えておりません。
資本金を低くした場合のメリット、デメリットと適正額(10万円~100万円を考えてます)に関するアドバイスを頂けますと幸甚です。
当方で思いつくメリット・デメリットは以下です。宜しくお願い致します。

メリット (1)初期投資が抑えられる
     (2)資本金ではなく、(当方個人口座からの)貸付金とすれば、役員報酬の対象にならない。
     (3)助成金に影響する?

デメリット (1)銀行の信用力(当面必要ないが、、)
       (2)増資の際に0.7%費用がかかる。
       (3)決算時に債務超過となるリスク。

以上

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 62% (5/8)

資本金は事業を行うために必要な資金ですので、本来、事業を行うのにどのくらいの資金が必要かでその額が決まります。
そして資本金で足りない部分を借入で賄うのです。
 
どんなものを輸入販売するのか分かりませんが、100万円程度では仕入れにも限界があるのでは?
事務所は借りないのですか・・・

資本金を低く抑えるメリットは何一つありません。(1000万円を超える場合は別ですが・・・)

個人的に貸付できる資金があるのなら、資本金として投じるべきです。

>メリット 
>(1)初期投資が抑えられる
抑えられるのでは、初期投資が必然的に少額になる。(デメリット)

>(2)資本金ではなく、(当方個人口座からの)貸付金とすれば、役員報酬の対象にならない。

資本金は元々報酬ではありませんので意味はないです。

>(3)助成金に影響する?

これも関係ありせません。

>デメリット 
>(1)銀行の信用力(当面必要ないが、、)

銀行だけではなく取引先の信用にも影響します。
      
>(2)増資の際に0.7%費用がかかる。

そのとおりです。
      
>(3)決算時に債務超過となるリスク。

その通りです。
お礼コメント
199520

お礼率 85% (6/7)

ご回答有難う御座います。
非常に参考になりました。
投稿日時:2011/05/19 10:33

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 30% (77/252)

そこに書かれたことは 全部 無関係だと

基本、新しい事業に幾ら必要なのですか??
店舗?事業所?設備?商品?運転資金?
それらの合算が 必要資金。それが初期投資。

それを全部、資本金で行なえば、それが、資本金の必要額。

それに対して、必要資金の用途から考察。上記の逆から 運転資金は借り入れ(銀行でなくても、貴方からでも)とし(それも、長短に分解可能)、あとを資本金とする・・・・

いずれにしろ、必要金額があるわけで、それを 資本金か借り入れか その線引きでしかない。

一般論として、財務諸表上、借金がないほうが、一般受けする。その借り入れが 社長個人からであっても。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ