• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

布基礎の配筋・型枠検査のチェックポイントについて

戸建住宅の布基礎(コンクリート打設前)の配筋・型枠の出来形について、第三者機関(評価センター)の検査が近々あります。 検査の立合いでどの辺りをチェックすれば良いのでしょうか? 特にココは見落としがちな箇所で要確認など…ございましたら併せてご教授頂ければ幸いです。 以上、よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数4399
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • gonba
  • ベストアンサー率49% (375/765)

また、お会いしましたね、gonbaです。 >検査の立合いでどの辺りをチェックすれば良いのでしょうか? 1、図面通りの太さの鉄筋が使用されているか?特に主筋、ベース筋。 2、たて筋と横筋の交点が、しっかり結ばれているか? 3、アンカーボルトが鉄筋(横筋)にしっかり結ばれているか? 4、型枠の内法が規定通りの寸法か?ジョイント部のズレは? それよりも、一番大事なことは、コンクリートの打設の時です。 生コンを入れるのに、邪魔になる為、検査が終わるとアンカーボルトを一度取ってしまう「バカ」が非常に多くおります。 そして、固まらない内に、田植え式に埋め込むのです。 この様な場合、アンカーは効いておりませんので、絶対にだめです。 打設の時は、必ず立ち会って確認をした方が良いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

gonbaさん、前回の質問の節は大変お世話になりました。 今回もご回答頂きまして、ありがとうございます。 ご教授頂いたチェックポイント、了解しました。 非常に簡潔で分かりやすいです。 基礎と建物を繋ぐアンカーボルトは要注意ですね。私自身、頭に無かったです。 アンカーボルトを田植え方式にされたらたまったもんじゃないですよね。 鉄筋の結束線もやはり重要なのですね。 一つお聞きしたいのですが、全ての鉄筋の交差部に結束線をする必要はないですよね? 何より私自身が仕事で直接、立合えないのが正直不安です。 身内に立合いしてもらう予定ですが、全く知識がないもので…。 チェックポイントをメモ書きして渡そうと思います。 メモを見ながら工事担当者と一緒に確認してもらうようにしてもらいます。 今日、強雨の中の鉄筋組み施工になりますが、職人さんの施工を信じます。 かなり細かくうるさい施主と思われているので大丈夫かとは思いますが、工事担当者に連絡して釘を打っておこうと思います。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 布基礎下の捨てコンクリートの必要性の有無について

    戸建住宅の布基礎の下について、捨てコンクリートは打設しなくても大丈夫でしょうか? 今回の施工では、根切り後、砕石をひいて直接、布基礎の型枠を組んでいる形になっており、砕石と布基礎の間に捨てコンがありません。 コンクリート打設時に型枠と砕石の隙間からコンクリートが漏れださないか心配です。 工事担当者に確認したところ当社(大手HM)では捨てコンは打ちませんと言われました。 ネット等で調べると捨てコンを打っている写真なんかも拝見したので、経費を浮かせる為の手抜きではないかと少々不安です。ただ契約図面には捨てコンはなかったです。 建物は軽量鉄骨、布基礎の下は柱状改良(タイガパイルΦ400)が施工済みです。 以上、捨てコンクリートがなくても大丈夫なのかご教授の程、よろしくお願いします。

  • 雨天時の布基礎の施工について

    戸建住宅の布基礎の施工につきまして、雨天時に施工しても問題ないでしょうか? 先週末に丁張り、根切りを終え、今日から施工が始まりました。 明日から雨の予報で、配筋、型枠設置等、肝心な施工が雨天施工になりそうです。 雨天時に施工しても施工精度等、大丈夫なのでしょうか? 気分的に家を支える基礎工事だけにとても気になります。 以上、よろしくお願いします。

  • 布基礎の下部にフーチング部がない+水たまり問題

    自分で自宅リフォーム中です。  床下を点検したところ、 なんと、布基礎にフーチング部がありません。  そこで、自分で補強することにしました。 幸い、車庫をつくるために、床下が1500mm程度あり、作業は半素人でも できそうです。 自分で考えた手順 1)布基礎のしたを掘る 2)掘った部分をつき固める 3)型枠をつくる 4)ビニールシートを敷く(防水のため) 5)グリ石を入れる 6)鉄筋、ワイヤーメッシュを入れる 7)コンクリートを流し込む 8)養生をする 問題は、布基礎の下を掘ったところ、 水が、出てきて、基礎の下端から20cmのところあたりが、 水面になってしまいます。 くみ出しても、10分もするとたまります。  つき固める作業は、水をくみ出しながらの 困難なものになりそうです。 セメントには、防水剤(マノール)を入れようと思います。  河川敷を固めるコンクリートのようなものが いいように思うのですが、、、  アドバイスよろしくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

北国の設計屋さんです。 長年の工事監理経験から 配筋検査の最も重要な部分 布基礎のL・T字等交差部分の鉄筋定着長さです。 基礎伏図・基礎詳細図の図面に記載されている鉄筋口径、本数、間隔は、余程酷い業者出ない限り誤魔化しようが無く守られているが、上記については不十分な場合が多いですから。 下に参考図手書きで書きますから参考にしてください。 なお定着長さは、フック無しの場合、鉄筋口径の40倍の長さ以上ある事。 参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

river1さん、ご回答頂きましてありがとうございます。 図解入りの説明でとても分かりやすいです。 施工が不十分になりやすいポイントなのですね。勉強になります。 大方は手抜きができないとの事で安心しました。 「鉄筋定着長さ」もチェックポイントに加えたいと思います。 どうもありがとうございました。

関連するQ&A

  • 布基礎フーチング部の施工が乱雑で悩んでいます

    はじめまして。 ハウスメーカーで新築中で現在布基礎のコンクリート打設後 シート養生中(約1週間)です。 配筋および打設には立会えなかったのですが、後日現場を 見に行ったところ下記写真のとおりフーチング側面の 型枠があまりに不ぞろいなため、メーカーに連絡して この週末(2/17)に型枠をはずした状態で立会いの上 今後の進め方を決定する段取りとしました。 写真(アクセスコード 123123) http://www.dpegg.com/eggsite/album?url=qJOXrJK2uw8WoXV4CENQlmp2RG1U72CVvD このような施工であっても、寸法としては施工誤差の 範囲内で問題とならないレベルなのでしょうか? また強度が出ているのか大変心配ですが、現地でチェック すべき項目とハウスメーカーに対し確認を要求すべき項目は 何があるのでしょうか? 正直とても乱雑な仕事ぶりで、鉄筋の状態など 見えない部分がちゃんと図面どおり出来ているのか 不信感がつのるばかりです。 ご教授よろしくおねがいします。

  • 布基礎 ジャンカ・気泡について

    布基礎 ジャンカ・気泡について 5月12日(水)の午前中、立ち上がり型枠にコンクリ打設を行いました。 5月14日(金)型枠を外すと聞いて、中1日は早いのではと問い合わせしたところ          この時期の温度であれば問題ないと回答をもらいました。 そして14日夕方見に行くと、非常に荒れた基礎表面で驚きました。 気泡が多発し、基礎底盤と立ち上がりの間にジャンカが見られます。 また一部木枠との間に欠損もありました。 どのように対応するか聞いたところ 「強度には問題ないので、表面をモルタル補修する」とのことでした。 このような状態はよく起こることなのでしょうか? とても雑な工事に見えますし、今後の強度にも影響するように思うのですが・・・。 是非今後の対応、修復方法、処置等について教えて頂けませんでしょうか? よろしくお願いします。

  • 柱状改良する場合、基礎は布基礎?ベタ基礎?

    木造2階建の住宅の新築にあたり、柱状改良による地盤改良をする予定です。 この場合、建物の基礎は布基礎とベタ基礎のどちらが良いのでしょうか? 表層改良なら荷重を全体で支えるベタ基礎が良いのでしょうが、柱状改良なら荷重を柱部分の基礎で支えるので布基礎で十分のような気がします。 また、ベタ基礎だと全面に配筋しコンクリートを打つので重量が増えるし、杭の本数も増えコストアップにつながるのではないでしょうか? 木造2階建で1階の床面積が17坪ですが、ベタ基礎から布基礎に変更すると、どれくらい建築費が安くなりますか?

  • 布基礎と独立基礎?

    布基礎と独立基礎? 農村地帯の広めの土地に戸建住宅を計画しています。 現在のところ、木造平屋建て、高床式、切り妻屋根の軽量屋根材葺きで、ウワモノ重量を軽量化し、ローコストで耐震性を確保する計画です。 この上物に対する基礎としては、「コンクリートから人間へ」という時代に、べた基礎で大量のコンクリートを流し込むのは気に入りませんので、上物と同様、軽量化、ダイエットし、大地への負荷を軽減し、資源を節約し、耐震性を確保したいと考えています。(できれば私の予算も削減したい!) そこで、布基礎か独立基礎かの選択となるのですが、建築数年後の床下乾燥に期待して高床式を採用するわけですから、布基礎の立ち上り部(GL+450mmぐらい)が床下通風をじゃまするのが気に入りません。 かといって、人通口のように、布基礎でありながら基礎の一部をカットしてしまう神経も理解できません。 「傾斜地に建っている別荘」などに使われている独立基礎は平地の平屋住宅では使えないのでしょうか? ボイド管で柱の数だけ独立基礎を立て、その上に柱直建てができないかと考えています。 そこで、木造住宅の基礎の専門家に質問です。 1.平地の平屋建てに独立基礎が使われていない理由は何でしょうか? (「基礎屋さんの売り上げ確保」って答えは無しですよっ!) 2.軽量住宅の基礎に独立フーチング基礎を使う場合の注意事項は何でしょうか? 3.土台無しの木造建築の建築確認を取るにはどうしたらよいでしょうか? 4.「傾斜地に建っている別荘」は次回の大地震の際に崩壊するのでしょうか? 追加の質問ですが、 5.梅雨時に工事されたべた基礎で、そのべた基礎に覆われた土中の水分は、その後、乾燥期になってもべた基礎の下や、防湿シートの下でウジウジしているのでしょうか?

  • 基礎配筋における建築基準法って・・・

    いつもお世話になっております。 教えてください。 現在、新築を建設中(一般的な4LDKで軸組工法、べた基礎)で、ベース基礎が終了した段階です。 立ち上がり基礎の型枠(基礎幅は150mm)が完成し、アンカーボルトなどの設置も終わり、コンクリートを打設する前に、配筋を確認した所、これで良いのかという点がありましたので、皆さんのご見解をお聞かせ下さい。 人通口付近の配筋についてです。 連続した立ち上がり基礎の型枠の中に基礎幅と同じ幅(150mm)の木の板(厚さ10mm程度)を2枚500mmの間隔で入れ込み、空間を開け、人通口を作っている状態です。 その連続した立ち上がり基礎の型枠内の配筋は、人通口を作るために切断され、補強などは何もされていないようでした。 配筋が切断され、その配筋の切断面と人道口を作るための木の板とのかぶりが非常に狭く、ひどい所は木の板とほぼ接しています。 たまたま、同じ業者が近所で建設中の物件があり、そこの基礎を見たところ、我が家と同じような基礎の施工がされており、完成した立ち上がり基礎の人道口の側面から鉄のサビがにじみ出ていました。 工事監理の方に上記の事項を報告しました。 その回答は以下のとおりです。 ・人道口付近の配筋の補強は、その上に柱などが来ないような設計になっているので、必要ない。 ・配筋と木の板とのかぶりは、建築基準法では30mm以上とされているが、外気にあまり触れない箇所であり、問題にならない。また、基礎配筋を設置するのが困難な箇所であり、この位は黙認する箇所と言える。 ・現場では、なかなか教科書(建築基準法)とおりには出来ないものである。 だそうです。 その回答を私に告げ、そのままコンクリートを流す作業へ進んでいきました。 これって、普通ですか?

  • 基礎コンクリートの打ち継ぎ

    みなさんこんにちは。このサイトのお力を借りて無事我が家も竣工となりました。ありがとうございました。 いろいろな質問/回答を読んだ上で未だに疑問に思うことがあるのですが、例えば布基礎を、底盤→立ち上がり部の2段階で作る場合、最初に打設する底盤コンクリートの養生期間は十分確保するのが理想なのでしょうか。打設直後に立ち上がり部型枠設置作業を開始すると何だか立ち上がり配筋の根元あたりと底盤コンクリートの間に隙間ができそうな気もしますし、逆に底盤コンクリート打設後のんびりと3-4日の養生期間をおいてから型枠を外して立ち上がり部の作業に移ると、時間があきすぎて底盤と立ち上がり部との打ち継ぎ部の接着不良が生じやすい、と理解できる回答も見受けられました。 理想的にはどうするべきと思われますか?底盤コンクリート打設後は型枠を外さないままコンクリートがある程度硬化したらすぐに立ち上がり部の作業を開始すべきでしょうか?

  • 布基礎の型枠

    お世話になります。DIYで小屋を作成中です。 遣り方等が一通り終わり、布基礎部分の生コン型枠を作っています。 建設場所の都合上、一辺が既存の建物の基礎に数センチしか余裕がありません。 ここに型枠を収めると、要請後にこの部分のみ型枠を外すことができなくなりますが、そのままでも大丈夫でしょうか? 素人質問で申し訳ございません。宜しくお願い致します。

  • 夏場のコンクリート打設の時間帯について

    いつもお世話になります。 現在基礎工事が始まり、今週木曜の午前11~12時に 工務店と第三者機関の配筋検査が行われる事となりました。 両検査ともOKであれば、その日の午後1時くらいから 土間コンを流したいと言われてますが、ここ数日の猛暑続きで その時間帯に行う事で、強度等に問題ないのかが気になります。 現場監督の意見としては「午前中に打設すると、午後いっきに 乾燥してしまうので、午後打設する方が良いのでは」と・・・。 正直、この時期のコンクリート打設は早朝行うものと思って ましたので、一番暑くなる時間帯に行うという事に混乱しており ます。 そこでもし土間コン打設の日程を変更して貰う場合、時間帯は 午前と午後、どちらが良いのでしょうか。 当方千葉県在住です。天気予報は暫く晴れマークが並んでます。 ちなみに養生については土間部分は特になにもせず、2日後位に 立ち上がり部分のコンクリート打設(こちらはシートを被せる) を予定しているそうです。

  • 基礎の外壁に基本形のレンガを張りつけたい

    布基礎の外壁(高さ1200ミリ)に基本形のレンガを張りつけたい と思っています。 19日に基礎の立ち上がりの部分の打設が終わりました。 型枠解体を11月1日(打設から13日目)を予定しています。 型枠解体が終わったらすぐ基礎の立ち上がりの部分(高さ1200ミリ)に基本形のレンガを貼り付けたいと思っています。(貼り付けると言うより積み上げると言った感じ・・・) 当方、北海道です。 最近は朝夕の気温がめっきり下がり 最低気温がマイナスになる事もあります。 GOOさんでも色々教えて いただきましたが・・・ 生コンの場合はマイナスになるとコンクリートにはあまりよくはないようで。。。打設後の養生の管理など必要になってくるようです。 お聞きしたいのですが。。。。 布基礎の立ち上がりの部分に基本形のレンガを貼り付ける場合(貼り付けると言うより積み上げると言った感じ・・・)はこの時期どうなんでしょうか? 日増しに朝夕の気温が下がっている中でレンガ積は出来るのか心配しています。 張り終えた後の養生とか管理はやはり生コンと同じ考え方なのでしょうか? 生コンと同じ考え方であれば今年は諦め来春にしたいと思っています。 予定としては型枠解体したら直ぐに作業に取り掛かりたいと思っています。 セメント&砂利&水だけで張っていきます。 また、参考ULRがございましたら あわせてお願いいたします。 当方素人です。 やることなす事初めてなので・・・  宜しくお願いします。

  • 雨天時のコンクリート打設後の対応について

    某大手HMで一戸建てを建設中のものです。 今朝、コンクリート打設(布基礎)がありました。 天気予報では降水確率30%で、前日にHMの現場責任者に確認したところ、’小雨だったら大丈夫です’と言われたので、気になったけど、予定通りとなりました。 今朝は仕事を休んで最初から打設に立会いました。曇り空のもと、打設が始まったのですが、ベースが終わり、立ち上がりが4分の1ほど終わった頃に、ポツポツと雨が降って来て、10分ほどで本降りとなりました。どのくらいの雨かというと、’傘が必須なくらい’です。慌てて業者さんは、立ち上がり基礎の部位にシートをかぶせたのですが、ベースの部分は雨ざらし状態。表面はもちろん水溜りが出来ました。現場の雰囲気から、’中止してください’とは言えず、HMの現場責任者(現場に不在)に電話したのですが、連絡はとれず、そのまま作業を見守りました。10分ほどで小雨になり、作業が再開されたのですが、しばらくして、さっきほどではないのですが、また雨がひどくなったのですが、そのまま最後まで、作業は行われました。 HM担当に後から連絡すると、5日後のテストを待ってくれとの一点張りです。 過去ログを参照し、自分が出来ることは第三者による検査(シュミットテストハンマーテストらしいです)と判断し、第三者機関に有料でお願いすることにしました。この費用は6万ほどかかるそうです。 そこで質問なのですが、 1)このような状況ではまず、HMに基礎のやり直しをして貰うべきなのしょうか? 2)第三者機関による検査(シュミットハンマーテスト)で問題なければ、このまま上棟に持っていってもよろしいのでしょうか? 3)第三者機関による検査の費用は、当方負担するべきなのでしょうか? 専門家の方や、過去に同じような事例があった方などありましたら、教えてください。 長文・乱文、失礼しました。