• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

デジタルカメラと撮像素子の大きさついて

フィルムの時代、35mm一眼レフも、コンパクトカメラ、はては、「写るんです」も、フォーマットは36×24でした。 デジタル時代になって、一眼レフの主流はAPS-C(フィルムのハーフサイズ)、コンパクトカメラにいたっては、5mm四方ともいえる小さい撮像素子になってしまいました。 写真表現が絵画と違うところのひとつにボケがあると考えていますが、5mm四方にも満たない撮像素子では、ボケ表現もかないません。また、焦点距離の短いレンズを使うため、パースペクティブ(遠近感)が異様に強調され、被写体のプロポーションが崩れます。 撮像素子が小さいことによるデメリットに何故多くの人が気づかないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数12
  • 閲覧数1334
  • ありがとう数13

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.11

> 勉強不足ではありませんか?撮像素子が小さいと言うことは、標準となる画角の焦点距離が短くなります。たとえば、1/2.33型の素子では、素子の対角の長さは7.7mmになります。そうすると、標準45°の画角のレンズは、7.7mmになりますね。 いいえ、対角長と同じ焦点距離レンズの対角画角は、正接(タンジェント/tangent)で計算すると約53°になります。 > 7.7mmもの広角レンズで遠近感の誇張が起こらないわけはないでしょう。被写体と、ほんの数メートル後ろにある別のものの距離感は、当然目視によるものよりも距離が離れて写りますよね。これが、「遠近感(パースペクティブ)が強調される。」以外の何とお考えですか? 焦点距離も画角にも関係なく、前後の位置関係にあるものは、撮影距離の比が実像の大きさの比になります。 例えば、同じ長さの棒を、撮影距離が1mと2mの位置に置くと、写る大きさは、後方の棒は手前の棒の半分になります。 では、何故、画角が広いとパースペクティブ(遠近感)が誇張されるか? それは、手前の棒を大きく写すため、手前に寄るからです。 例えば、50cm前に寄ったとします。そうすると、手前の棒までの撮影距離は0.5m、後方の棒までの撮影距離は1.5と言う位置関係になります。 どうでしょうか? 写る大きさは、後方の棒は手前の棒の3分の1ですね。 要するに、フォーマットサイズで左右される焦点距離は、無関係。 あくまで、画角がパースペクティブを左右すると言う事です。 >画素競争に大衆の興味をひかせて、撮像素子サイズというハンデについて特に知らせることも無く、多くの人を狭い世界に追いやったメーカーに少々苛立ちを感じています。 工業製品は、すべからくそう言えます。 方や、それを便利と感じて、求めるユーザーが多くいます。 再度言いますが、カメラは一部の人にのみあるのではありません。 その為に、多様なカメラが販売されているのです。 どのクラスのカメラを求めるかは、消費者の自由。 消費者が求めないものは、自然淘汰されます。 工業製品とは、そう言うものではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変、失礼な物言いで申し訳ありませんでした。反省しております。 しかし、そのかいあって、新しい知識を身に付けることが出来ました。 ありがとうございます。 実際に試してみました。 20mmと40mmで同じ距離の被写体を撮影し、20mmで撮影したものを、40mmで撮影したものと同じサイズになるまで拡大すると、おっしゃる通り、遠近感はどちらも同じであることを確認しました。 遠近感の誇張は、焦点距離が作り出すものではなく、画角が生み出すものだと言うことを改めて知りました。 つまり、小さい撮像素子も、ボケに関しては大きい撮像素子に及ばないものの、遠近感の誇張はなく、近づいてはっきりと撮影するにはむしろ向いていることを理解することが出来ました。 本当に、ありがとうございます。

関連するQ&A

  • ボケ味、明るさ出すには撮像素子とF値どっちが重要?

    カメラのボケ味、明るさを出すための性能面の要素として、撮像素子と絞り値があることを学んだのですが、この二つの要素ではどちらが重要なのでしょう。 例えば、ソニーのミラーレス「NEX-5」(標準ズームレンズキット)とデジタルスチル「DSC-QX100」とを比較すると、ボケ味、明るさを出すという点で、NEX-5は撮像素子が有利、QX100は絞り値が有利という互い違いの性能となっています。 【NEX-5】撮像素子:APS-Cサイズ、絞り値:F3.5-5.6 【QX100】撮像素子:1.0型、絞り値:F1.8 この場合、どちらのカメラがボケ味、明るさを出せるのでしょうか? ※NEX-5はレンズが交換できるので、拡張的要素を含めると断然有利なのですが、今回はあくまで上記スペックでの比較をお願い致します。

  • 撮像素子サイズについて

    最近ミラーレスでも撮像素子サイズが大きくなっていってます。 撮像素子が大きくなると、ボケを生かした撮影では有利になりますが、 被写界深度を深く撮りたい撮影では不利になります。 何よりも問題は、撮像素子を大きくするとレンズを含めたシステムの サイズ・重量が大きくなるということです。 フィルムカメラであれば、ハーフサイズや110サイズでは35mmに較べて、 同サイズまで伸ばした場合、明らかに画質低下がわかるのですが、 最新の撮像素子では、A1程度ではマイクロフォーサーズとフルサイズの 差は区別できないとも言われます。 そうした現状を踏まえて、なぜコンパクト・軽量・携帯性を重視すべき ミラーレス一眼の撮像素子を大きくする必要があるのかわかりません。 ニコン1やマイクロフォーサーズのサイズでレンズを充実させる方が ミラーレスの良さが活きると思います。 ミラーレス購入者の多くを占める「初めて一眼を買うジーサン」に対して 30万円の機種と同じ大きさの撮像素子だからよく写りますといって 買わすことができるからなのでしょうか? ミラーレスの撮像素子サイズの在り方についてお教えください。

  • 撮像素子と焦点距離の表現について

    初心者です。 デジタル一眼レフの焦点距離について検索していたら、「焦点距離は変わる。」と言う表現には、必ず、「焦点距離は変わらない。」と言うチェックが入りますね。 販売店や、メーカーに問い合わの際に、普通に会話のやりとりに使われていて、意思伝達できる言葉なのに、また、初心者向けのマニュアル書籍にも、撮像素子と焦点距離の解説に太字でしっかり、同じ言葉で記されてる物が有ります。 では、撮像素子のサイズに応じて焦点距離が違ってくる事を、どういう言葉の表現を使えば正しいのですか? 撮像素子のサイズによって画角は違いますとか、画角によって、焦点距離は違いますとか、長い短いなら良いのでしょうか? 色々見てる内に逆に混乱してきました。

その他の回答 (11)

  • 回答No.12
  • ayacbm
  • ベストアンサー率20% (35/170)

>撮像素子が小さいことによるデメリットに何故多くの人が気づかないのでしょうか? 小さい撮像素子は、ある人にとってはデメリットでも、ある人にとってはメリットです。 被写体まで1~2cmまで寄れて被写体のほとんどにピンがきている写真は、 36×24や6×6、6×7のフォーマットのカメラではそう簡単には写せないでしょう。 接写する人にとっては、それこそ待っていたカメラで、 大きなメリットです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

近づいてはっきりと撮影するにはむしろ向るんですね。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.10
noname#142908
noname#142908

デメリットについてはおっしゃる通りで依存は有りません ただすべてのユーザーがそれもを止めている訳では有りません 撮像素子が小さい理由はただ一つ価格です すべてのカメラが35mmフルサイズの撮像素子になり価格もコンパクトカメラで数十万になったら売れないでしょう 写ルンですでも良かった人はそんな物求めていませんからね

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにフルサイズCCD高いですよね。 でも、フィルムに戻ってもフルサイズ買うと思えば安いと思っています。 フィルムユーザーも増えるといいのすが。 回答ありがとうございます。

  • 回答No.9

ご質問者は多分高品質の写真を追及されてるのでしょうが、デジカメの売り上げの多くはそのような目的ではなくて、とにかく写真が取れれば良いという需要です。 その需要には、今のサイズでなんら不足はないと思います。 撮った写真の鑑賞は、パソコン画面やサービスサイズのプリントでしょう。 その目的に35mmフルサイズなどの高価な製品が必要とは思いません。 >焦点距離の短いレンズを使うため といいますが、画面サイズにあった焦点距離を使う限りは画角は一定ですから、撮像素子の大小とパースペクティブは関係ありません。サイズにあった焦点のレンズを使えばよいだけです。 ほとんどの安いデジカメでもズームが付いていますから長めの焦点ならばこれも問題ないと思います。 もっとも安価なデジカメはレンズもそれなりですから、大型の高価なカメラと比較するのが無意味という気もします。 一般的な目的にはご質問者が考えるデメリットは大して問題ではなく、それよりもポケットに入る軽量小型、かつ安価という大きいメリットもあります。 失礼ながら、ご質問の趣旨は一方的な観点のような気がします。つまり悪いところばかりを過大に言って、よいところは無視しているという意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

>撮像素子の大小とパースペクティブは関係ありません。  勉強不足ではありませんか?撮像素子が小さいと言うことは、標準となる画角の焦点距離が短くなります。たとえば、1/2.33型の素子では、素子の対角の長さは7.7mmになります。そうすると、標準45°の画角のレンズは、7.7mmになりますね。  7.7mmもの広角レンズで遠近感の誇張が起こらないわけはないでしょう。被写体と、ほんの数メートル後ろにある別のものの距離感は、当然目視によるものよりも距離が離れて写りますよね。これが、「遠近感(パースペクティブ)が強調される。」以外の何とお考えですか? 一方的な観点は、よく理解しています。 画素競争に大衆の興味をひかせて、撮像素子サイズというハンデについて特に知らせることも無く、多くの人を狭い世界に追いやったメーカーに少々苛立ちを感じています。 一方、フィルム時代の写真人口に比較し、デジタルになって写真人口が増えたことも事実で、これは、評価に値します。 しかし。最終的な結末は、価格競争のるつぼに巻き込まれ、収益を得るにも苦労しているのが実態でしょう。 私は、フルサイズフォーマットのデジタルを進めているわけではありません。何故に、こうも早く、フォーマットの大きかったフィルムが、捨てられたのか憂いているだけです。

  • 回答No.8

悪貨が良貨を駆逐する 鳥亡き里の蝙蝠 状態だからです、本物を知らない人は、まがい物との違いを見分けられません これはディジカメに限ったことではありません 身の回りのほとんど全てに当てはまります(人物も含めて)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

経済性、効率がすべてに優先される。 世知辛い世の中です。 回答ありがとうございます。 PS:漢字は、からきし駄目です。コウモリ読めませんでした。

  • 回答No.7
  • demio
  • ベストアンサー率13% (199/1472)

フィルムカメラ時代でも6x6や6x7が同じ画角でも焦点距離が長くなるので写りが違うのをフィルムが大きいからとかレンズが良いからと思っている人がいましたから、35mmフィルムを使っていてもきちんと理解して見分けられるひとはあまり居なかったとおもいます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。

  • 回答No.6

写歴40年、色々なフォーマットのフィルムを使ってきましたが、基本は35mm判。 デジタルに変えても、基本は35mm判(EOS5D・5DM2)です。 何故なら、銀塩時代に体で覚えた、焦点距離に対するパースペクティブ・絞りと被写界深度の関係が保てるからです。 これが、APS-Cセンサーでは、35mm判画角と被写界深度換算の絞り値に置き換えるのが面倒と言うか直感的ではありません。 被写体と対峙した時、何mmで写そうか絞りやシャッタースピードはと考えます。24mmなら、こんな表現が面白いとか、圧縮効果を狙って100mmで行こうかと思考する過程でテンションも上がります。 ちなみに、私が好むのは、17・24・35・100・200mm辺りですね。 その点、コンパクトデジの電動ズームは何mmで写しているのか分かりません。ステップズームが利くカメラもありますが、それでも画角に対するパースの意識は希薄になります。 液晶モニターによるライブビューでは、ファインダーの中で構図を考え作画するなんて芸当も不可能です。 ですから、銀塩歴の長い人は、とっくにコンパクトデジのデメリットに気付いている筈。 とは言え、写真人口が増えれば、そんな難しい事はゴメン。簡単に綺麗に撮れれば満足と言う人も多いのではないのでしょうか? どのような分野でも、裾野が広がると言う事は、そう言う事だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とかく、世の中は、経済性、効率が一番のようです。 写真を撮るなら、安くてお金がかからないほうがいい。 車なら、たくさん乗れて、荷物もたくさん載る車。 車にも、他の楽しみもあったはずなんですけどね。 趣味に、お金をかけられるのは、贅沢なんですね。 回答ありがとうございます。

  • 回答No.5
  • demio
  • ベストアンサー率13% (199/1472)

フィルムカメラでもハーフサイズやポケットフィルムカメラも有りコダックディスクカメラもありました、大きい方ではブローニーもあり、基本を理解しているひとは解っていたはずです、 解っている人はボケだけが写真表現とは考えずにそれなりに撮影すると思いますが小さいカメラを使うひとは写ればそれで良いと思っている人が多いので昔から問題にもならなかったと思います ハーフサイズのオリンパスペンは固定焦点でピンとあわせをしなくても写りましたからこれがメリットでしょうね デジタルのコンパクトカメラでピント精度がどうこうの話がよくでますが、ハーフサイズでも無限と中間、近くの三段階あれば充分なのに、無駄な話だと私は思っています 今のデジカメでのメリットはコストとカメラが小さく出来ることが一番でしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ボケだけが写真じゃないですよね。 PENを今でも使っています。 トローンとした写りが、今っぽくなくて好きです。 そういう、余裕が今の社会にもほしいものです。 回答ありがとうございました・

  • 回答No.4
  • 4500rpm
  • ベストアンサー率51% (2313/4492)

>撮像素子が小さいことによるデメリットに何故多くの人が気づかないのでしょうか? 撮像素子が小さいことによるメリットの方が多いからです。 普通の人は、そこそこピントがあってLサイズで被写体の顔がわかればOKです。 記念写真なのでボケなどは関係ありません。逆にパンフォーカスの方がいいんです。 撮像素子が大きくなれば、歩留まりが落ちてコストがかかります。 撮像素子が大きいとレンズも大きくしなければなりませんので、携帯性が落ちます。 普通の人は、それなりに撮影できてコンパクトで安価な方がいいのです。 フィルムしか無かった時代でも、レンズ付きフィルムで十分だった人も多かったでしょ。 普通の人は、その程度です。 ボケなどが必要な人は、高価なフルサイズの撮像素子を使ったカメラを使えばいいのです。 でも、一般人は必要ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

小さいことは確かにいいことなのでしょう。 でも、私は、4×5をがんばって使おうと思います。 回答ありがとうございました。

  • 回答No.3
  • coxym
  • ベストアンサー率25% (192/764)

5年前にMF銀塩から、デジタル(APS-C)にシステムを完全移行シタ際に、ボケはさほど感じませんでした(撮り方で)が、画角に違和感がアリました。ただ、当時手持ちのAFデジタル対応レンズが2本しかなく、ソノ単焦点(50mm/F1.4)・広角ズーム(12_24mm/F4)で撮影を重ねるうちに、カラダが画角を覚えるので、今はホトンド違和感は感じません。 ソレより、歪曲/色収差等、カメラ内画像エンジン・raw現像・レタッチで、自分の撮影シタ画像をコントロールできる、高感度画質がよくなったなどの、メリットの方が大きいか?!と思いマスよ。 >撮像素子が小さいことによるデメリットに何故多くの人が気づかないのでしょうか? 昔からのカメラファンは分かってルし、フルサイズ機を欲しいと思ってル方は、多い!と思いマスが、フルサイズ機最大のネックは、ボディ・レンズ等が高価になる、ボディがデカく重くなるコト! 現在、個人的には、APS-Cデジ一ボディ3台・新旧レンズ9本・スピードライト4台etc.所有。オールドレンズも使えるAPS-Cデジ一で、さほど不便は感じません。が、価格が同じ位になれば、一度は、フルサイズ機を所有したいと思いマス (~~ヾ 逆に、デジタルでカメラを始めた方は、全く違和感はナイと、思いマス。 気づかないのではナク、私のように「慣れと工夫でほぼOK?!と、思おうとシテる」でも、機会がアレばフルサイズ機を所有したい?!と思ってル方が多いのかな?と思いマス。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 ボケなければ、近づけばいいじゃんという感じでしょうか・・・ ようは、慣れですかね。 使いこなしが大事なのでしょう。

  • 回答No.2
noname#211632
noname#211632

フィルム時代から写真をやってる人は気が付いてるでしょう。 撮った写真を良くチェックしてる人も気付いているでしょう。 写真で表現したい人も気付いているでしょう。 気付いていないのは、単に写っていればいい人くらい? ま、素子が小さいと言う事は超望遠レンズが安く手に入ったり、逆に画角なら焦点距離が短くなるので、パンフォーカス撮影などでは便利では?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 単に写っていればいい人が多いのですね。 でも、最近流行りの「ゆるかわ」写真のポワーンとした感じ撮りたくてカメラを買おうと思った人たちは、ちゃんと目的の撮影が出来るカメラを手にしているのでしょうか? チョッと心配になっちゃいます。

関連するQ&A

  • 撮像素子が大きくなるとレンズも大きくなるのに?

    撮像素子サイズはフルサイズが正しくて、それ以外はダメな子って カメラ界の流れができているようですね。 ただ、フルサイズにするとそれと組み合わせるレンズも大きくならざるを 得ないわけですから、ミラーレスにフルサイズなんてのは、間違ってる ように思えます。 現役プロさんでもフォーサーズやAPS-Cサイズのカメラを使ってらっしゃい ますので、フルサイズじゃなきゃ困る写真の時以外は、1/1.7程度の小さい 撮像素子でもいいんじゃないとの思います。 実際、一般の人は、パンフォーカス写真が好きなのですが、 狭い画角でパンフォーカスしようと思っても、フルサイズじゃ無理です。 ちょっと前までは画素数を競ってましたが、さすがに意味がないことが 一般人にもばれたので、今度は撮像素子サイズで差別化しようという のでしょうが、かえってカメラ業界の首を絞めているように思います。 本当にフルサイズへの流れは正しいのでしょうか?

  • デジカメ撮像素子(センサー)が大きいことによる「ボケみ」とは

    デジカメ撮像素子(センサー)が大きいことによる強みとして 「ぼかす」とか「ボケみ」が表現できるとか、言われていますが「ぼけみ」とはどういうことでしょうか。 絞りを開放にして「被写界深度が浅い」こととは違うのでしょうか。

  • 携帯電話カメラの撮像素子について

    最近は携帯電話にも1000万画素超えのカメラがついてたりして カメラ機能をウリにしてる製品が増えてますが、 製品の仕様書・マニュアルを見ても、撮像素子についての記述があまりないですね。 CCD/CMOSいずれも撮像素子のサイズが記載されてなかったので各キャリアに問い合わせてみたのですが、メーカ側で非公開情報になってるらしく回答をもらえませんでした。 僕は趣味でデジ一眼レフを愛用してまして(APS-C1020万画素CCD)、カメラとしてのレベル・性能に撮像素子のサイズは結構大事だと思うんですが、 なぜ携帯電話のカメラでは非公開情報になってるんでしょうか? なぜカメラ機能をウリにしてるのに公表してないのか、ご存知の方いらっしゃいましたら御教え下さいませ。

  • 2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探してい

    2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探しています。 現在、販売されているレンズ一体型のコンパクトカメラで、撮像素子の 大きさを見ていると1/2.3型や1/2.4型が主流で、ハイエンドモデルでは 1/2型や1/1.7型、1/1.6型なども見かけますが、2/3型(=1/1.5型)の撮像素子を 搭載したカメラは見かけません。 以前はDSC-F828, COOLPIX 8400, DiMAGE A200など数機種みられましたが、 2/3型の撮像素子を搭載した機種で、多分これが一番最新だろうと 思われる機種が有りましたら教えてください。

  • デジカメの撮像素子とボケ

    こんにちは、いきなりですがなぜ撮像素子のサイズが大きいとピントの合う範囲が狭まるのでしょう? メカニズムが知りたいです。 またそもそも開放と最小絞りでの撮影ではどういった作用が働いてボケ味がちがうのでしょうか? わかる方がいらっしゃいましたら、論理的な説明でお願いします。

  • デジタル一眼レフカメラの撮像素子が小さいと被写界深度は深くなる?

    キーマンズネットの「被写界深度」の記事で下記の表記を見つけました。 > デジタルカメラでは撮像素子(CCDなど)のサイズが大きいほど、被写界深度は浅くなる。 http://www.keyman.or.jp/search/tango/4566.html?vos=nkeyadww20004566 ここで疑問なのですが、Nikon FマウントやCanon EFマウントなどのレンズは35mmフィルムカメラとデジタル一眼レフで共用できます(デジタル専用のレンズもありますが)。 そこで同じレンズ(例として、50mm/f1.4を挙げます)を35mmフィルムとAPS-Cサイズのデジタル一眼で使用して撮影した、とします。 撮像素子が135のサイズより小さいのですから、焦点距離が75mm相当に長くなる(≒トリミングされる)というのは分かるですが、被写界深度についてはどうなるのでしょうか? 同じF値(ここでは開放のF=1.4としましょう)で撮影した場合、冒頭の記述のとおりだと、デジタル一眼で撮影したものの方が被写界深度が深くなる(F1.4よりも暗くなる)ということなのでしょうか? またOlympusのフォーサーズ用ズームレンズにf/2.0通しのものがあり、その明るさから魅力を感じていたのですが、35mmフィルム換算だと実質はf/4.0(焦点距離が2倍になるため)という話も聞きました。 ここで質問です。 Q1. フルサイズより小さい撮影素子を持つデジタル一眼で、同じ焦点距離(35mm相当換算後)で同じF値で撮影した場合、ボケはデジタル一眼の方が少なくなるのでしょうか? Q2. 上記のフォーサーズ用レンズの様に、フルサイズより小さい撮影素子を持つデジタル一眼で使用する場合、開放F値も焦点距離同様換算する必要があるのでしょうか?あるのならその計算方法は? 以上、疑問に思っています。 お知恵を拝借できると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 撮像素子のサイズに応じた画角について

    デジタル一眼レフは、メーカーや機種によって撮像素子サイズが違います。 同じ焦点距離でも、撮像素子のサイズに応じて、画角サイズが変わりますね。 標準から望遠に関しては、問題無いと思います。 広角から超広角撮影に関してはどうでしょう。 撮像素子のサイズが小さくなるにつれ、画角も応じて小さく成ります。 レンズの焦点距離は変わらないので、撮像素子が小さく成っても、写るのは真中の部分ですが、小さくなるほど、周辺に生じる収差の影響も、トリミングの様に、画角が小さくなる事で、影響を、あまり受けなく成るのかも知れませんが、この質問では、フォーサーズ(14mm→28mm 2倍)、APS-C(18mm→28mm 1.5倍)、フルサイズ(28mm)を比較して、レンズの性能条件を、レンズキットレベルとし、撮影者は初心者、被写体に向かい正面からの撮影だとして、広角から超広角に生じる歪みの影響は、同じ画角でも、それぞれ結果は、違うと思うのですが? 愚問かも知れませんが、広角撮影を楽しむに辺り、28mmが撮れたら十分なのかも知れないですが、同じ14mmを楽しむなら、少しでも画角は広い方が良いと考えたので質問しました。 撮影初心者です。 実際に撮影した経験では17mm F2.8で景色を撮ると左右の端部分に傾斜が見られたのと、フォーサーズ14mmサンプル写真の建物の傾斜が強く感じたので、14mmとも成ると、やはり中心部分まで、影響有るのかなと考えました。 広角20mm以下から超広角に向かい傾斜や歪みは増して行くと聞きます。 販売店のサンプル写真でも、その経過を順に示した物を見ます。 画角の小さなフォーサーズは、歪みの酷い部分は、殆ど、写らないから、大差無い事なのでしょうか? 歪曲収差等、収差についての用語の意味を知ってるだけで、撮影体験としては実感出来てません。 (経験値乏しいです。) 性能(収差補正)の優秀なレンズで撮影したら、この結果も、違ってくるのですか?

  • 撮像素子とF値(APS-Cとフォーサーズ)

    現在一眼レフの購入を検討しています。 撮像素子の広さが違う場合、同じF値で同じ焦点距離の場合でも 実際の写真の明るさは結構違うものでしょうか? FINEPIX6900Z、EPSONL500V、FX30の 3つを持っています。子供の撮影が主体ですが、写りは 一番古い6900Zがいいのですがメディアがスマートなので 思い切って一眼レフにトライしてみたいと思っています。 被写体は自宅では、家族や集合写真中心ですが、保育園に勤めて いるため発表会や誕生会の記念写真など屋内での利用も 想定しています。運動会もあると思います。 ですので、キットでいけるか不安なのです。 そうすると明るめのレンズを最初から準備していくのも いいかもと思っています。 F値が同じなら、そんなに変わらないですか? フォーサーズのF2.8とAPS-CのF3.5と同じ くらいなのでしょうか? 一応候補は520かKISS2ですが、 オリンパスの明るめレンズが値段が安そうなので・・・。 迷っています。予算は15万までです。

  • 撮像素子のサイズ表示について

    撮像素子(CCD,CMOS)のサイズは、一眼レフを除き、インチで表示されていますね。 それも、対角線の長さと思いきや、さにあらず、サチコンの缶径に由来するとか。 これは、業界内での表示に関する統一基準のようなものが有るのでしょうか? 一般ユーザーには、ストレートに有効長を何ミリ×何ミリと表示して貰う方が分かり易いと思うのですが、それとも余にもサイズが小さいので、一種の誤魔化しかとも疑いたくなるのですが・・・

  • 一眼レフの1000万画素とデジカメの1000万画素では撮像素子の大きさ

    一眼レフの1000万画素とデジカメの1000万画素では撮像素子の大きさが全然違いますが、ファイルの容量があまり違いません。 情報量が同じ程度と言うことでしょうか? 色再現などは一眼の方が上?なはずなのにどうして同じ情報量なのでしょう?(うまく表現できませんが) 同じ画素数のカメラがないため、正確ではありませんが最高ですべて保存していますが、2倍とは変わらないように思います。 違っていたら指摘して下さい。 よろしくお願いします。