• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

撮像素子サイズについて

最近ミラーレスでも撮像素子サイズが大きくなっていってます。 撮像素子が大きくなると、ボケを生かした撮影では有利になりますが、 被写界深度を深く撮りたい撮影では不利になります。 何よりも問題は、撮像素子を大きくするとレンズを含めたシステムの サイズ・重量が大きくなるということです。 フィルムカメラであれば、ハーフサイズや110サイズでは35mmに較べて、 同サイズまで伸ばした場合、明らかに画質低下がわかるのですが、 最新の撮像素子では、A1程度ではマイクロフォーサーズとフルサイズの 差は区別できないとも言われます。 そうした現状を踏まえて、なぜコンパクト・軽量・携帯性を重視すべき ミラーレス一眼の撮像素子を大きくする必要があるのかわかりません。 ニコン1やマイクロフォーサーズのサイズでレンズを充実させる方が ミラーレスの良さが活きると思います。 ミラーレス購入者の多くを占める「初めて一眼を買うジーサン」に対して 30万円の機種と同じ大きさの撮像素子だからよく写りますといって 買わすことができるからなのでしょうか? ミラーレスの撮像素子サイズの在り方についてお教えください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数707
  • ありがとう数19

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • demio
  • ベストアンサー率13% (199/1472)

ミラーレス一眼を売るにはこれでしょうね >30万円の機種と同じ大きさの撮像素子だからよく写りますといって > 買わすことができるからなのでしょうか? 写真テクニックの一つに過ぎない「ボケを生かした」写真がレンズやカメラの性能の一番のように騒ぐのもコンパクトカメラとの違いを出したい戦略を鵜呑みにしている方々ですね、充実したレンズを使いたいなら一眼レフが必要でステップアップしたい人に売るためでしょう コンパクトカメラは携帯電話類に押されているのでカメラ業界の営業的には仕方ないことだとおもいます フィルム一眼レフは長くつかっていましたが被写界深度をふかくするために困るのは接写ぐらいですし、背景をぼかした写真ばかり撮っているとワンパターンになってしまいます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>背景をぼかした写真ばかり撮っているとワンパターンになってしまいます その通りですね。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 撮像素子が大きくなるとレンズも大きくなるのに?

    撮像素子サイズはフルサイズが正しくて、それ以外はダメな子って カメラ界の流れができているようですね。 ただ、フルサイズにするとそれと組み合わせるレンズも大きくならざるを 得ないわけですから、ミラーレスにフルサイズなんてのは、間違ってる ように思えます。 現役プロさんでもフォーサーズやAPS-Cサイズのカメラを使ってらっしゃい ますので、フルサイズじゃなきゃ困る写真の時以外は、1/1.7程度の小さい 撮像素子でもいいんじゃないとの思います。 実際、一般の人は、パンフォーカス写真が好きなのですが、 狭い画角でパンフォーカスしようと思っても、フルサイズじゃ無理です。 ちょっと前までは画素数を競ってましたが、さすがに意味がないことが 一般人にもばれたので、今度は撮像素子サイズで差別化しようという のでしょうが、かえってカメラ業界の首を絞めているように思います。 本当にフルサイズへの流れは正しいのでしょうか?

  • デジタル一眼レフカメラの撮像素子が小さいと被写界深度は深くなる?

    キーマンズネットの「被写界深度」の記事で下記の表記を見つけました。 > デジタルカメラでは撮像素子(CCDなど)のサイズが大きいほど、被写界深度は浅くなる。 http://www.keyman.or.jp/search/tango/4566.html?vos=nkeyadww20004566 ここで疑問なのですが、Nikon FマウントやCanon EFマウントなどのレンズは35mmフィルムカメラとデジタル一眼レフで共用できます(デジタル専用のレンズもありますが)。 そこで同じレンズ(例として、50mm/f1.4を挙げます)を35mmフィルムとAPS-Cサイズのデジタル一眼で使用して撮影した、とします。 撮像素子が135のサイズより小さいのですから、焦点距離が75mm相当に長くなる(≒トリミングされる)というのは分かるですが、被写界深度についてはどうなるのでしょうか? 同じF値(ここでは開放のF=1.4としましょう)で撮影した場合、冒頭の記述のとおりだと、デジタル一眼で撮影したものの方が被写界深度が深くなる(F1.4よりも暗くなる)ということなのでしょうか? またOlympusのフォーサーズ用ズームレンズにf/2.0通しのものがあり、その明るさから魅力を感じていたのですが、35mmフィルム換算だと実質はf/4.0(焦点距離が2倍になるため)という話も聞きました。 ここで質問です。 Q1. フルサイズより小さい撮影素子を持つデジタル一眼で、同じ焦点距離(35mm相当換算後)で同じF値で撮影した場合、ボケはデジタル一眼の方が少なくなるのでしょうか? Q2. 上記のフォーサーズ用レンズの様に、フルサイズより小さい撮影素子を持つデジタル一眼で使用する場合、開放F値も焦点距離同様換算する必要があるのでしょうか?あるのならその計算方法は? 以上、疑問に思っています。 お知恵を拝借できると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 撮像素子のサイズについて

    ハンディカムでの動画撮影時の撮像素子のサイズ (縦と横がそれぞれ何mmか or 縦横比率)が知りたいです。 説明書等の使用には下記のように書いてありました。 撮像素子:3.6mm(1/5型)CMOSセンサー この3.6mmは撮像素子のどこのサイズでしょうか?(横幅??) また、動画の縦横比は16:9ですが、撮像素子の比率もそうなのでしょうか? 仕事でこの情報がどうしても必要です。 ご解答どうぞよろしくお願いいたします。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

>ニコン1やマイクロフォーサーズのサイズでレンズを充実させる方が >ミラーレスの良さが活きると思います。 ヘビーユーザーはコンパクト・軽量・携帯性よりも画像素子に余裕のある35mmフルサイズ、APSーCサイズを利用するでしょう。 したがってレンズの開発は35mmフルサイズ、APSーCサイズ用が重視されてもしかたが無いでしょう。 ニコン1用レンズ、マイクロフォーサーズレンズを見るとそこそこ揃っていると思います。 http://www.nikon-image.com/products/camera/acil/ http://www.four-thirds.org/jp/microft/lense.html 超望遠レンズは無いですね、超望遠レンズは大きくコンパクト・軽量・携帯性はそれほど重視されなくなりますから 現段階ではアダプターで既存の望遠レンズを使えると言う考えでしょう。 ユーザーがさらに増えメーカー間の競争が進めばレンズのライナップはさらに増えるでしょう。 >なぜコンパクト・軽量・携帯性を重視すべき >ミラーレス一眼の撮像素子を大きくする必要があるのかわかりません。 SNOY、CANONはミラーレス一眼の撮像素子を大きくしたわけでなくAPSーCサイズのミラーレスを作ったのでしょう。 そのほうがレンズ開発費用を削減できるようにおもえます。 私は1型を採用したニコンの政策が以外でした。 APSーCサイズでも35mmフルサイズのシステムより小型軽量ですね。 マイクロフォーサーズシステムはフォーサーズシステムもそうですがオリンパスとパナソニックが採用している規格ですね。 規格が複数あり面倒なような気もしますが、自動車のタイヤの規格よりは少ないかなと思ったりもします。 >「初めて一眼を買うジーサン」に対して >30万円の機種と同じ大きさの撮像素子だからよく写りますといって >買わすことができるからなのでしょうか? でかくて重くても良いと判断しお金がある方は買うでしょう。 人生経験豊富なジーサンでも購入後でかくて重くて使い方も面倒だから使わなくなる人もいるでしょう。 >撮像素子が大きくなると、ボケを生かした撮影では有利になります >被写界深度を深く撮りたい撮影では不利になります。 背景をボカス撮影は流行りですね。 昔、オーディオ業界は「ピュアな高音」と歌って高音重視のシステムを流行らせ、しばらくすると「迫力の重低音」と低音重視のシステムを流行らせました。 写真は一般的には旅行の記念写真に望まれる 何処でもピントが合った失敗の少ない深度の深い写真が主流ですから、 深度の浅い写真の良さ、また誰でも撮れることを多くの人がしることは良いことだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>写真は一般的には旅行の記念写真に望まれる >何処でもピントが合った失敗の少ない深度の深い写真が主流 仰せのとおりですが、ぼけ写真を撮ると本気で怒るのですよ 一般の方々も、そんなカメラを買ったジーサンも・・・・ ありがとうございました。

  • 回答No.5

 ちまたの広告によれば、スマートフォンのカメラのセンサーは大変技術が向上して、もう一眼レフで撮った写真と区別がつかないそうです。  なんで、ミラーレスだの一眼レフだの、あんなに重たいカメラを担いで撮影しようと思うんですかねぇ・・・・  と思う方には、もう専用のカメラは必要ないです。事実、そう思っている方は多いですね。かくして、低価格帯のコンパクトカメラは売り上げががた減り。生産撤退の声もちらほらと。  それで、ちゃんと自分が気に入る写真が撮影できているなら、それはそれでいいです。何も悪いことではありません。単体のカメラでは手に入らない、写真の使い方においての手間に関しては、すぐれるところも多いですし、何より荷物が減る。これは助かります。  でも、高価格帯コンデジ以上、もちろん、ミラーレス・一眼レフユーザーで、冒頭の宣伝を真に受ける人はいません。だって、現実に区別つきますもの。  そして、センサーの大きさに関してもしかり。どこぞの広告では、フルサイズ一眼レフを凌駕するそうですが・・・これも、現実に差が見られます。  私、オリンパスのマイクロフォーサーズとニコンのフルサイズ一眼レフと両方使っていますが・・・RAWの現像をする際には、あまりにも違いすぎて調整の度合いどころか手順さえ変えるはめになっています。そのくらいやっぱり差があります。  でも、これも、自分の使い方で差が無ければ、先のスマートフォンの話と一緒。小さいことはいいことですよね。    ただ、差が無くなったとか、区別がつかなくなったとかいう話と事例を見る時には、注意が必要ですよ。例えば、極めて条件の良いところで撮ったピカイチの写真一枚で比較すれば、スマホでも充分一眼レフと喧嘩できますから。そして、そういう議論をしているところでは、条件の悪いところではどうなのかは話として出てこないことが多いです。ましてや、宣伝なら悪いことは決してだしません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 もはや、コンデジ業界は画素数勝負から、撮像素子サイズで 勝負するようになりました。結局撮像素子が大きくて、 ズーム倍率が小さくレンズのでかくて重たい機種が もてはやされるのでしょうね。 プリントをA3以上に引き伸ばしたことのない人が、 kissユーザーの大半であることを考えれば、 スマホで十分が正しいのかもしれません。

  • 回答No.3
noname#193792
noname#193792

大きくて重いのが嫌ならコンパクト、少しでも高画質を望むなら小型ミラーレス。 一眼レフは大袈裟って人に大型センサー搭載ミラーレスやコンパクトと、それぞれに選択肢がありますが……。 単に自分の好みと予算で決めれば良いことです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですよね、でかくて重くてもいいならフルサイズあるいはそれ以上の 光学ファインダーのカメラを、交換レンズの便利さは欲しいけど重いのが 嫌な人はマイクロフォーサーズ以下のミラーレスを選べばよいのです。 そういう意味で、APS-Cのミラーレスってレンズがでかいので本体小さくても 意味ないじゃんって思うのです。 レンズと本体のバランスがおかしいんですよ、特にNEXとEOS-Mは・・・

  • 回答No.2

>A1程度ではマイクロフォーサーズとフルサイズの差は区別できないとも言われます。 貴方、ネットの情報を真に受けてるの? APS-Cとフルサイズでも、その差は解りますよ。 解像感は、アンシャープマスクなど画像処理で誤魔化せても、諧調性は誤魔化せません。 その差が解らなければ、フルサイズは高い重いの二重苦になるだけです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

失礼とは存じますが、貴殿のご意見は全く役に立たないと 常々感じております。今後は私の質問にはご回答されないよう お願いいたします。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • Lupinus2
  • ベストアンサー率26% (1802/6710)

だったら最初からコンパクトカメラを買えばいいのでは? パンフォーカスにしたければ絞ればいいのでは? 一眼レフからミラーを外したものがミラーレスなのだから、一眼レフと同サイズのセンサーサイズに近づくのは当然の流れでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

レンズ交換の便利さは享受したいけど大きくて重いのは嫌って人は 結構多いと思いますよ。ミラーレスってそういう人に向けた 製品だったはずだと思うのですが・・・ ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 撮像素子の使われ方

    撮像素子の使われ方で質問です。 たとえば1000万画素のデジカメで、画質モードを5Mに設定した場合、 撮像素子を全部使い切って撮影されるのでしょうか。 それとも、一部しか使われず撮影されるのでしょうか。

  • デジタルカメラと撮像素子の大きさついて

    フィルムの時代、35mm一眼レフも、コンパクトカメラ、はては、「写るんです」も、フォーマットは36×24でした。 デジタル時代になって、一眼レフの主流はAPS-C(フィルムのハーフサイズ)、コンパクトカメラにいたっては、5mm四方ともいえる小さい撮像素子になってしまいました。 写真表現が絵画と違うところのひとつにボケがあると考えていますが、5mm四方にも満たない撮像素子では、ボケ表現もかないません。また、焦点距離の短いレンズを使うため、パースペクティブ(遠近感)が異様に強調され、被写体のプロポーションが崩れます。 撮像素子が小さいことによるデメリットに何故多くの人が気づかないのでしょうか?

  • 撮像素子のサイズに応じた画角について

    デジタル一眼レフは、メーカーや機種によって撮像素子サイズが違います。 同じ焦点距離でも、撮像素子のサイズに応じて、画角サイズが変わりますね。 標準から望遠に関しては、問題無いと思います。 広角から超広角撮影に関してはどうでしょう。 撮像素子のサイズが小さくなるにつれ、画角も応じて小さく成ります。 レンズの焦点距離は変わらないので、撮像素子が小さく成っても、写るのは真中の部分ですが、小さくなるほど、周辺に生じる収差の影響も、トリミングの様に、画角が小さくなる事で、影響を、あまり受けなく成るのかも知れませんが、この質問では、フォーサーズ(14mm→28mm 2倍)、APS-C(18mm→28mm 1.5倍)、フルサイズ(28mm)を比較して、レンズの性能条件を、レンズキットレベルとし、撮影者は初心者、被写体に向かい正面からの撮影だとして、広角から超広角に生じる歪みの影響は、同じ画角でも、それぞれ結果は、違うと思うのですが? 愚問かも知れませんが、広角撮影を楽しむに辺り、28mmが撮れたら十分なのかも知れないですが、同じ14mmを楽しむなら、少しでも画角は広い方が良いと考えたので質問しました。 撮影初心者です。 実際に撮影した経験では17mm F2.8で景色を撮ると左右の端部分に傾斜が見られたのと、フォーサーズ14mmサンプル写真の建物の傾斜が強く感じたので、14mmとも成ると、やはり中心部分まで、影響有るのかなと考えました。 広角20mm以下から超広角に向かい傾斜や歪みは増して行くと聞きます。 販売店のサンプル写真でも、その経過を順に示した物を見ます。 画角の小さなフォーサーズは、歪みの酷い部分は、殆ど、写らないから、大差無い事なのでしょうか? 歪曲収差等、収差についての用語の意味を知ってるだけで、撮影体験としては実感出来てません。 (経験値乏しいです。) 性能(収差補正)の優秀なレンズで撮影したら、この結果も、違ってくるのですか?

  • 撮像素子は撮影サイズの事ですか?

    カメラの性能を見るとき、撮像素子の大きさを調べたいけどその項目は見当たりません。撮影サイズのことですか?

  • ボケ味、明るさ出すには撮像素子とF値どっちが重要?

    カメラのボケ味、明るさを出すための性能面の要素として、撮像素子と絞り値があることを学んだのですが、この二つの要素ではどちらが重要なのでしょう。 例えば、ソニーのミラーレス「NEX-5」(標準ズームレンズキット)とデジタルスチル「DSC-QX100」とを比較すると、ボケ味、明るさを出すという点で、NEX-5は撮像素子が有利、QX100は絞り値が有利という互い違いの性能となっています。 【NEX-5】撮像素子:APS-Cサイズ、絞り値:F3.5-5.6 【QX100】撮像素子:1.0型、絞り値:F1.8 この場合、どちらのカメラがボケ味、明るさを出せるのでしょうか? ※NEX-5はレンズが交換できるので、拡張的要素を含めると断然有利なのですが、今回はあくまで上記スペックでの比較をお願い致します。

  • 異なる撮像素子サイズのレンズ画角の比較方法について

    今度、一眼を購入予定で、下記の3メーカで検討しております。 ・キャノンの「APS-C」 ・オリンパスの「フォーサーズ」 ・Panasonicの「マイクロフォーサーズ」 そこで、レンズの画角の比較方法について教えてください。 撮像素子の大きさが違くと、レンズの画角を単純に比較できないということを知りました。 どのような比較を行えば、同じ条件で画角を比較できるのでしょうか? 例えば、35mmフルサイズ換算で20mmの広角レンズが欲しいと思っております。 その場合、どのような(何mmぐらいの)レンズを購入すれば範囲内となるのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 被写界深度 撮像素子 の関係

    被写界深度は撮像素子が大きいと浅くなる、小さいと深くなることがわかったのですが、どうして深くなるかがわかりません。 教えてください。URLでも構いません。

  • 2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探してい

    2/3インチサイズの撮像素子(CCDなど)が搭載されたカメラを探しています。 現在、販売されているレンズ一体型のコンパクトカメラで、撮像素子の 大きさを見ていると1/2.3型や1/2.4型が主流で、ハイエンドモデルでは 1/2型や1/1.7型、1/1.6型なども見かけますが、2/3型(=1/1.5型)の撮像素子を 搭載したカメラは見かけません。 以前はDSC-F828, COOLPIX 8400, DiMAGE A200など数機種みられましたが、 2/3型の撮像素子を搭載した機種で、多分これが一番最新だろうと 思われる機種が有りましたら教えてください。

  • デジカメ撮像素子(センサー)が大きいことによる「ボケみ」とは

    デジカメ撮像素子(センサー)が大きいことによる強みとして 「ぼかす」とか「ボケみ」が表現できるとか、言われていますが「ぼけみ」とはどういうことでしょうか。 絞りを開放にして「被写界深度が浅い」こととは違うのでしょうか。

  • 大きな撮像素子用のレンズは大きい

    ソニーのα7なんか本体のコンパクトさを自慢してますが 大きな撮像素子用のレンズは物理的に大きくならざるを 得ないわけです。 ということは、本体をコンパクトにしてもそれほど意味の あることではないと言えます。 にもかかわらずなんであんなのを出すのでしょうか? そういう意味ではNEXも変ですよね。PentaxのQ○や Nikon1が正道だと思うのですが