• 締切済み
  • 暇なときにでも

被写界深度 撮像素子 の関係

被写界深度は撮像素子が大きいと浅くなる、小さいと深くなることがわかったのですが、どうして深くなるかがわかりません。 教えてください。URLでも構いません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1342
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.8

被写界深度が浅い=ボケが大きい ということですね。 さて、ボケを作る三つの要素は、わかりますか? (1)絞りを開ければ開けるほどボケる。 (2)被写体に近づけば近づくほどボケる。 (3)焦点距離の長いレンズを使うほどボケる。 撮像素子の大きさと被写界深度の関係に影響するのは、上に書いてある(3)です。 焦点距離の長いレンズを使うほどボケる。 APS-Cサイズの撮像素子は、24mm×18mm程です。対角線の長さは、30mmです。 一方、35mmフィルムと同じフォーマットの35mmフルサイズは、36×24mmです。対角線は43mmです。 カメラの標準レンズは、撮影フォーマットの対角線の長さと同じ焦点距離のレンズを使うと、標準画角を得られることになっています。 つまり、APS-Cの素子に対する標準レンズは、30mmです。フルサイズは、43mmです。 どうですか、同じ画角を得るためには、撮像素子の大きさに合わせて、より焦点距離の長いレンズを使う必要があることがわかりますか? そこで、撮像素子を大きくすると、同じ画角を得るために、より焦点距離の長いレンズを使うため、ボケをつくる三つの要素の(3)「焦点距離の長いレンズを使うほどボケる。」から、APS-Cに比較し、フルサイズの方がよりボケを得やすいということになります。 あくまでも、同じ画角というところがポイントです。 APS-Cでも、50mmのレンズを使えば、フルサイズで50mmを使用したときと同じボケを得られます。しかし、切り取られる絵の範囲は、狭くなってしまいます。 余談ですが、フィルムの中判カメラでは、60×45mm、60×60mmというフォーマットがあります。これらの標準レンズは80mmです。60×70mmだと、105mmです。また、大判になると、101mm×127mm(4×5inch)というフォーマットもあります。これの標準レンズは、150mmです。もっと大きいカメラ8×10inchは、300mmが標準です。これらのカメラは、35mmフルサイズよりもさらに、大きなボケを得やすいカメラになります。 でも、ボケを作る要素に(1)と(2)もありますよね。つまり、APS-Cサイズでも、ボケを作る要素の(1)と(2)を活用することで、(3)をリカバリーすることも出来るという事です。 要するに、「物は使いよう」ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 撮像素子サイズについて

    最近ミラーレスでも撮像素子サイズが大きくなっていってます。 撮像素子が大きくなると、ボケを生かした撮影では有利になりますが、 被写界深度を深く撮りたい撮影では不利になります。 何よりも問題は、撮像素子を大きくするとレンズを含めたシステムの サイズ・重量が大きくなるということです。 フィルムカメラであれば、ハーフサイズや110サイズでは35mmに較べて、 同サイズまで伸ばした場合、明らかに画質低下がわかるのですが、 最新の撮像素子では、A1程度ではマイクロフォーサーズとフルサイズの 差は区別できないとも言われます。 そうした現状を踏まえて、なぜコンパクト・軽量・携帯性を重視すべき ミラーレス一眼の撮像素子を大きくする必要があるのかわかりません。 ニコン1やマイクロフォーサーズのサイズでレンズを充実させる方が ミラーレスの良さが活きると思います。 ミラーレス購入者の多くを占める「初めて一眼を買うジーサン」に対して 30万円の機種と同じ大きさの撮像素子だからよく写りますといって 買わすことができるからなのでしょうか? ミラーレスの撮像素子サイズの在り方についてお教えください。

  • 撮像素子の使われ方

    撮像素子の使われ方で質問です。 たとえば1000万画素のデジカメで、画質モードを5Mに設定した場合、 撮像素子を全部使い切って撮影されるのでしょうか。 それとも、一部しか使われず撮影されるのでしょうか。

  • 撮像素子のサイズについて

    ハンディカムでの動画撮影時の撮像素子のサイズ (縦と横がそれぞれ何mmか or 縦横比率)が知りたいです。 説明書等の使用には下記のように書いてありました。 撮像素子:3.6mm(1/5型)CMOSセンサー この3.6mmは撮像素子のどこのサイズでしょうか?(横幅??) また、動画の縦横比は16:9ですが、撮像素子の比率もそうなのでしょうか? 仕事でこの情報がどうしても必要です。 ご解答どうぞよろしくお願いいたします。

  • 回答No.7
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)

#4です。 #4で使った式で若干違う説明方法をしてみます。 焦点距離/被写体までの距離=像倍率(=撮像素子上での像の大きさ/被写体の大きさ) ですので 被写界深度は F値*許容錯乱円の径/(像倍率)^2 に比例します。 (像倍率を使うと、話が非常に簡単になります。) 同じ被写体を同じように撮るときには像倍率は撮像素子の寸法に比例し、許容錯乱円も撮像素子寸法に比例するので、被写界深度は(F値が一定なら)撮像素子の寸法に反比例します。 もうひとつ、焦点深度(撮像素子が前後した時に、ボケが許容範囲内に収まる範囲)から 「被写界深度は F値*許容錯乱円の径/(像倍率)^2 に比例」  を導く方法もありますが、割愛します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

ANo.1です。 >撮像素子が大きいほど錯乱円が大きくなるというのがイマイチ理解できません。 「同じ画素数なら、撮像素子が大きいほど、一つの画素(ピクセル)サイズが大きくなる」という前提で回答しましたが、質問の意図を勘違いしていたかもしれません。 他の方たちが回答されているように、「撮像素子が大きくなると、焦点距離が長くなる」が適切な答えになるでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • bardfish
  • ベストアンサー率28% (4700/16554)

同じ画角(写る範囲)を得るために必要な(レンズの)焦点距離はセンサーサイズによって変わります。 だからAPS-Cよりフルサイズのほうが被写界深度が浅くなる。 わかりますか? APS-Cでは「換算焦点距離」という計算で35mm版に換算した場合の焦点距離をもとめますよね。 フルサイズの50mmと同じ画角をAPS-Cで撮影しようと思ったら約30mmのレンズを使用する必要があります。 絞り値が同じでも焦点距離が短いほうが被写界深度は深くなります。 あとは、他の方の回答と合わせて考えてみてください。 ちなみにコンパクトタイプのデジタルカメラのレンズの焦点距離はものすごく短いんです。5mmから始まる機種も珍しくないですね。むしろ普通? フルサイズ一眼レフで5mmと言ったら超々広角で自分の足が写るくらいになります。魚眼レンズなら360度全て写るでしょう。 そういうレンズはピントなんて気にしなくてもピントがあっているように見えてしまいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • foobar
  • ベストアンサー率44% (1423/3185)

「被写界深度」は被写体の前後でボケの大きさが所定の大きさ(許容錯乱円)より小さく収まる範囲です。 撮像素子上でのボケの大きさは概ね、(焦点距離/被写体までの距離)^2*(ピントがあっている位置からの移動量)/F値 に比例します。(条件によっては、(焦点距離/被写体までの距離)^2の部分が若干変わりますが、今回はそこは割愛します。) これから、被写界深度(許容できる移動量)は(被写体までの距離)^2*F値*許容錯乱円の径/(焦点距離)^2 に比例します。 また、撮像素子上での許容できるボケの大きさは、同じプリントサイズで見るとすると撮像素子の寸法に比例し、同じ距離で同じ範囲を写すときに必要な焦点距離は撮像素子の寸法に比例します。 これらを放り込んで、ある撮影距離である範囲を写した時の被写界深度を計算すると、被写界深度はF値/撮像素子寸法 に比例することになり、撮像素子が小さいほど被写界深度は深くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

こんにちは センサーサイズ=イメージサークルの大きさ なので サイズの異なるイメージサークルを同じ画角に揃えると 焦点距離が変わります。 APS-Cサイズで35mmの画角をフルサイズで確保するには50mmの焦点距離がいります。 同じ水平39.6度の画角でも APS-Cでは35mm、フルサイズでは50mmのボケ量になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#146302
noname#146302

撮像素子の大きさに合わせて使われる レンズの焦点距離の違い。 あとは自分で調べてみてね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

撮像素子の画素が大きくなると、許容されるボケ量(錯乱円の径)が大きくなるためです。 錯乱円が大きければ、ピントが合っていると見なされる範囲(焦点深度)が深くなり、それと共役な被写界震度も深くなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

撮像素子が大きいほど錯乱円が大きくなるというのがイマイチ理解できません。 撮像素子が大きくなれば画素数は数値的に大きくなりますが、 ドットひとつひとつの大きさって大きな撮像素子自体を切り分けているわけだからいくら撮像素子のサイズが違えど、ドットの大きさが変わらないのなら、錯乱円の大きさも変わらないのでは?

関連するQ&A

  • 撮像素子が大きくなるとレンズも大きくなるのに?

    撮像素子サイズはフルサイズが正しくて、それ以外はダメな子って カメラ界の流れができているようですね。 ただ、フルサイズにするとそれと組み合わせるレンズも大きくならざるを 得ないわけですから、ミラーレスにフルサイズなんてのは、間違ってる ように思えます。 現役プロさんでもフォーサーズやAPS-Cサイズのカメラを使ってらっしゃい ますので、フルサイズじゃなきゃ困る写真の時以外は、1/1.7程度の小さい 撮像素子でもいいんじゃないとの思います。 実際、一般の人は、パンフォーカス写真が好きなのですが、 狭い画角でパンフォーカスしようと思っても、フルサイズじゃ無理です。 ちょっと前までは画素数を競ってましたが、さすがに意味がないことが 一般人にもばれたので、今度は撮像素子サイズで差別化しようという のでしょうが、かえってカメラ業界の首を絞めているように思います。 本当にフルサイズへの流れは正しいのでしょうか?

  • 撮像素子とは数が多い方がきれいなのですか??

    Everio GZ-MG47 撮像素子 1/5型CCD Everio GZ-MG67 撮像素子 1/3.9型CCD 「 1/5型CCD 」というのは何ですか????? 数が多い方がきれいなのでしょうか???それとも画質が悪いのですか。 教えてください。よろしくお願い致します。

  • 撮像素子って何で高いの?

    デジカメ購入に伴い、色々勉強しました。 そして諸悪の根源は高コストな撮像素子にあると断定しました。 なんで高いんですか?原料も製造コストも高いんですか?

  • デジカメ撮像素子(センサー)が大きいことによる「ボケみ」とは

    デジカメ撮像素子(センサー)が大きいことによる強みとして 「ぼかす」とか「ボケみ」が表現できるとか、言われていますが「ぼけみ」とはどういうことでしょうか。 絞りを開放にして「被写界深度が浅い」こととは違うのでしょうか。

  • 撮像素子の大きなデジカメを捜しています、ご存知の方助言よろしくお願いします。

    デジカメの購入を考えています、撮像素子の大きなカメラが良いとききました、撮像素子の数の多さではなく大きさが大切だとか! ご存知のかたがいらっしゃいましたならアドバイスお願いします。

  • 撮像素子って・・・?

    デジカメの撮像素子ってどういう意味ですか? 1/2.5と1/2.7はどちらがいいんですか? 今使っているカメラは1/2.7型CCD総画素数200万画素で買おうか迷っているやつが1/2.5型CCD総画素数710万画素なんですがどう違うんですか?教えてください。

  • デジタルカメラと撮像素子の大きさついて

    フィルムの時代、35mm一眼レフも、コンパクトカメラ、はては、「写るんです」も、フォーマットは36×24でした。 デジタル時代になって、一眼レフの主流はAPS-C(フィルムのハーフサイズ)、コンパクトカメラにいたっては、5mm四方ともいえる小さい撮像素子になってしまいました。 写真表現が絵画と違うところのひとつにボケがあると考えていますが、5mm四方にも満たない撮像素子では、ボケ表現もかないません。また、焦点距離の短いレンズを使うため、パースペクティブ(遠近感)が異様に強調され、被写体のプロポーションが崩れます。 撮像素子が小さいことによるデメリットに何故多くの人が気づかないのでしょうか?

  • ボケ味、明るさ出すには撮像素子とF値どっちが重要?

    カメラのボケ味、明るさを出すための性能面の要素として、撮像素子と絞り値があることを学んだのですが、この二つの要素ではどちらが重要なのでしょう。 例えば、ソニーのミラーレス「NEX-5」(標準ズームレンズキット)とデジタルスチル「DSC-QX100」とを比較すると、ボケ味、明るさを出すという点で、NEX-5は撮像素子が有利、QX100は絞り値が有利という互い違いの性能となっています。 【NEX-5】撮像素子:APS-Cサイズ、絞り値:F3.5-5.6 【QX100】撮像素子:1.0型、絞り値:F1.8 この場合、どちらのカメラがボケ味、明るさを出せるのでしょうか? ※NEX-5はレンズが交換できるので、拡張的要素を含めると断然有利なのですが、今回はあくまで上記スペックでの比較をお願い致します。

  • デジタル一眼レフカメラの撮像素子が小さいと被写界深度は深くなる?

    キーマンズネットの「被写界深度」の記事で下記の表記を見つけました。 > デジタルカメラでは撮像素子(CCDなど)のサイズが大きいほど、被写界深度は浅くなる。 http://www.keyman.or.jp/search/tango/4566.html?vos=nkeyadww20004566 ここで疑問なのですが、Nikon FマウントやCanon EFマウントなどのレンズは35mmフィルムカメラとデジタル一眼レフで共用できます(デジタル専用のレンズもありますが)。 そこで同じレンズ(例として、50mm/f1.4を挙げます)を35mmフィルムとAPS-Cサイズのデジタル一眼で使用して撮影した、とします。 撮像素子が135のサイズより小さいのですから、焦点距離が75mm相当に長くなる(≒トリミングされる)というのは分かるですが、被写界深度についてはどうなるのでしょうか? 同じF値(ここでは開放のF=1.4としましょう)で撮影した場合、冒頭の記述のとおりだと、デジタル一眼で撮影したものの方が被写界深度が深くなる(F1.4よりも暗くなる)ということなのでしょうか? またOlympusのフォーサーズ用ズームレンズにf/2.0通しのものがあり、その明るさから魅力を感じていたのですが、35mmフィルム換算だと実質はf/4.0(焦点距離が2倍になるため)という話も聞きました。 ここで質問です。 Q1. フルサイズより小さい撮影素子を持つデジタル一眼で、同じ焦点距離(35mm相当換算後)で同じF値で撮影した場合、ボケはデジタル一眼の方が少なくなるのでしょうか? Q2. 上記のフォーサーズ用レンズの様に、フルサイズより小さい撮影素子を持つデジタル一眼で使用する場合、開放F値も焦点距離同様換算する必要があるのでしょうか?あるのならその計算方法は? 以上、疑問に思っています。 お知恵を拝借できると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 大きな撮像素子用のレンズは大きい

    ソニーのα7なんか本体のコンパクトさを自慢してますが 大きな撮像素子用のレンズは物理的に大きくならざるを 得ないわけです。 ということは、本体をコンパクトにしてもそれほど意味の あることではないと言えます。 にもかかわらずなんであんなのを出すのでしょうか? そういう意味ではNEXも変ですよね。PentaxのQ○や Nikon1が正道だと思うのですが