• 締切済み
  • 困ってます

登記上、故人が所有者の所有者責任に関して

息子が自宅からは通えない大学に合格したので下宿を探していたところ、妻の姉から実家が空き家になっているのでそこから通えばよいと提案されています。 そこでその家の安全性(耐震性や耐火性)を確認するため登記情報を調べると、どういう事情か分からないのですが二代に渡って相続登記がおこなわれておらず、所有権は妻の祖母(故人)が3/6、妻の母(故人)・妻の姉・妻が各々1/6となっていることが判明しました。 建物は昭和42年(築40年以上)の木造です。 登記情報にはありませんが妻には兄(存命)もいます。 この状態で息子がその家から大学へ通うことになり、万一その家の瑕疵でトラブルになった場合(例えば息子が建物の老朽化に起因する事故で怪我をした、あるいは息子が招いた友人が建物の老朽化に起因する事故でより怪我をしたなど)、民法717条[土地工作物責任]の占有者・所有者責任が問題になると思われます。 このケースの場合、占有者及び所有者は誰になるのでしょうか? またリスクを回避するためには誰がどのような保険に加入しておけばよいのでしょうか? よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数97
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.3

要は妻と妻の姉・兄が相続人ですね。妻の母に兄弟がいない、養子縁組していないと仮定してです。 占有者は息子です。 問題が起きたときは所有者に責任がおよびますが、相続放棄しない限りこの責任からのがれることはできません。 たとえ遺産分割協議で一人が所有者と定めても債権者は法定相続割合で三人に請求できます。 遺産分割は内部でしか効力がないからです。 保険は 賃貸住宅と同じように損害保険(二万円くらい)にはいっとけばいいでしょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 登記簿上の所有者と実際の所有者について

    只今ビジネス法務検定を受けるべく勉強中の身です。 過去問でひとつ分からないことがあります。 不勉強で恐縮なのですが分かる方いらっしゃったら教えて下さい。 【問題】 登記簿上の所有権者は甲で、実際の所有者は乙だとすると この建物を購入したい丙は、甲から所有権移転登記を受ければ 所有権を乙に請求できる。○か×か。 解答は×なのですが、解説書には甲が無権利者であると 記載がありました。 登記簿に記載があったのなら無権利ではないのでは?と 思うのですが。私の中では登記するという行為=登記した 内容について何らかの権利を主張できるようになる、こと だと解釈したのですが、違うのでしょうか。 本当にド素人でお恥かしい限りですが ご助言いただければ助かります。

  • 故人の名前で登記されたままの土地の所有権

    Aさん(夫)とBさん(妻)とCさん(息子)とDさん(娘)の家族が いて、その家族の住んでいる家は、土地建物ともAさんの名前で 登記されていました。 Aさんが5年以上前に病気で死んでしまったのですが、 そのとき土地建物については何の手続きもせずに放置してしまいました。 そのため登記上持ち主は、故人のAさんになったままです。 固定資産税はBさん宛てに請求が来ておりBさんが支払っています。 この場合、この土地は誰のものになるのでしょうか? 妻のBさんのものでしょうか?

  • 所有者不在の未登記物件

    現在、土地の購入を考えておりますが、本物件(購入予定物件)に未登記建物があります。地主さんが、遠方の方で以前に購入されたらしいのですが、建物の所有者がわからない状態です。建物は建築確認も出しておらず、納税もされていないので、納税台帳等からは、所有者は分かりません。  (1)上記の場合所有者は、どうしたら分るのでしょうか?  (2)建物所有者不明の時の解体はどうしたらいいのでしょうか?  (3)本物件購入後、建物所有者が名乗りでたら、建物所有者はどのような権利を持っているのでしょうか?

  • 回答No.2

占有者の管理責任、所有者の管理責任については条文通りです。 また、今回の場合占有者は契約の如何(無償で借りる=使用貸借、 賃料を払う=賃貸借)に関わらずあなたの息子さんです。 所有者は母相続は法定相続でも共有と見做され、祖母相続人、 母相続人全員と姉、妻の共有です。 権利関係が未整理で複雑ですから、何かあった時には簡単には 解決できないと考えておいたほうがいいと思いますし、あなたの 妻と子の利益相反の可能性もあります。 実際に何かあれば、姉に相談や了解は受けるものの、実際の解決 はあなたの家族で解決しなければならない事になると思います。 リスクを回避するのであれば、先ずは契約書を作成するというの が定法ですが、妻の姉の好意からでた話でしょうから、事故等の 責任について特約するというのも現実的ではないかも知れません。 保険については、 ・息子さんのけがなどへの保障・・・医療保険 ・他人への賠償の備え・・・損害賠償保険 ・自分の家財道具への備え・・・家財保険 などがあります。 奥さんが共有所有者ですから、建物に対して火災保険や地震保険 をかけることも考えられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 「妻と子の利益相反の可能性」が今一歩理解できません。 例を交えて具体的に説明いただけるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。

質問者からの補足

ありがとうございます。 「妻と子の利益相反の可能性」が今一歩理解できません。 例を交えて具体的に説明いただけるとありがたいです。 よろしくお願いいたします。

  • 回答No.1

個人の所有分は相続登記されるまでは、相続人が法定割合で相続しているとみなされます 奥様の持分も1/3以上あるのですから、瑕疵によるトラブルなどと第三者的な見方をするのはいかがなものかと 質問者の想定するようなトラブルが発生すれば、奥様も1/3以上の責任を追及されます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 建物の登記簿上の所有者と実際の所有者が違う?

    民事裁判内で登記簿上はAの所有となっているのに、火災時に保険金支払い額が、使用している会社Bの資産台帳により算定されているから、Bの所有だということを言われました。 Bの資産台帳には、Bが営業する上で必要となる工事類が資産として登録されています。たとえば、シャッターが壊れたので、新しく付け直した、電気工事をしたなどです。 私としては、登記簿上はAのものになっているので、所有者はAであると、単純に考えるのですが、裁判官はBが工事を行って建物を修復しているので、所有はBのものだというのです。 判決はまだ出ていませんが、裁判官はBの所有を認めないのが不満なようで、私にそんなこともわからないのか・・といった口調で話します。 どう考えても、所有権を決定するのに、登記よりも保険会社の査定方法が優先するという話はおかしいように思いますが、ご意見を聞かせてください。

  • 所有者不明の未登記の土地

    大変ややこしいお話ですが 今住んで居る所ですが、 建物は祖母の持ち物で亡くなった後、 子供は母一人でしたので相続して 今、建物は母の名義で登記してあります。 土地は隣町の方から借りているのですが 契約書がその借りている方の祖父の物で その本人が亡くなっている事と50年程前の物で紙切れに筆で契約内容が書いてあり 5年ほど前に契約しなおして欲しいとお願いした所何も音沙汰がありませんでした。 又、祖父母の代から100年近く住んでいるので 愛着もあり土地を購入したく法務局で登記簿を取り寄せた所、登記簿も土地も存在しなく2時間程調べてもらいましたが(昔の地図まで取り出して懸命に調べてもらいました) 母の建物の登記はありましたが 土地はありませんでした。 又法務局の方は建物の固定資産税の欄に 所有者の名前があるというのですが 固定資産税の通知は来た事はありません。 土地も25坪程で建物も2部屋程の平屋でしたので 固定資産税は無いものだと思ってました。 (すいません。無知です。) そして貸主に聞きに行った所 逃げている一方で話になりません。 家と同じ様に近くにその貸主の方から土地を借りて 建物を建て居る人に尋ねた所 やはり幽霊土地でした。 その方が言うにはその土地は 実際は貸主の土地ではなく 所有者が不明の土地らしいのです。 その方はもう何年も地代は払って居ないそうですが 貸主は所有を証明する物も登記簿も無いので 何も言って来れないそうです。 又、その方は住んでいればそのうち 自分の物になるよと言うのですが意味が良く分かりません。 とにかくその土地を自分の物にするには どの様に調べて手続きをすれば良いのでしょうか? 分かりづらい文章で申し訳ありませんが ご回答お願いします。

  • 建物の所有者

    建物の所有権について悩んでおります。経緯は以下の通りです。 詳しい方や同じような経験をした方、回答頂けますと助かります。 ・前所有者が、金融機関から借金をしたが借金を返済でき無かったため、土地と建物を代物返済する形となった。その土地と建物を現所有者が金融機関より購入した。 ・土地については登記してあったため、所有者が変わっているが、建物は未登記のため、現在も登記上誰かの物となっているわけではない。 ・27年前の話で、土地建物の売買契約書の原本は見つけることが出来ず、見つけたのはそのコピーでした。 ・契約書の中身は、土地と家屋と明記されていましたが、契約者は「金融機関と、現所有者」となっていました。 ・建物について現所有者は購入時に何も手続きをしていなく、役場や登記もしていません「土地と建物を買った」と言っており、建物も自分の物と主張しています。 ・今になって、前所有者が権利を主張してきたのですが、話を聞くと「27年間ずっと固定資産税を払ってきた。建物は自分の物だから出ていけ」と言われたようです。 ・役所で調べたところ、実際にその建物の固定資産税を支払っているようでした。 以下の点が疑問点です。  1 手続きをしていなかった現所有者にも問題がありますが、借金を返せず全てを失ったはずの人間が、固定資産税を払っていたから建物は自分の物と主張できるものなのでしょうか?  2 前所有者は今までの建物の使用料も請求してきています。年数が年数ですので4百万を超える額です。支払いに応じなければならないのでしょうか?  3 万が一建物が前所有者の物とした場合、逆に土地代の支払いを要求できるものなのでしょうか?  4 固定資産税を前所有者が払い続けていたと思うのですが、この点はどう清算すべきでしょうか? 現所有者が私の叔父にあたるのですが、高齢の部類に入る年齢になり、話を聞いた私が動かなければならない状況です。 最悪の場合、弁護士も視野に入れておりますが、相談に行く前の段階での知識として質問させて頂きます。 よろしくお願いいたします。

  • 所有者がなぜ賃借権設定仮登記を行ったか

    土地建物の所有者が息子と、平成30年までの10年間、建物の賃借契約をし、転貸可能特約付の賃借権設定仮登記をしました。 その後、差押があり、抵当実行による競売になっています。 現在の居住者は息子に家賃を払っているとのことです。 ただし、不動産登記情報を見ると、どこにも、そのようなことは書いていません。 これは、競売を妨害しようとしているのではないかと感じますが、裏でどのようなことが起こっていると考えられますか? この場合、競売物件を落札した買受人は、平成30年まで息子に建物を貸さないといけないのでしょうか?

  • 建物・表題登記の所有者について

    建物・登記事項証明書の表題部の所有者と甲区欄の権利者が、異なることはあり得ますか? あるとすれば、どのようなケースですか? また、表題登記の段階において、所有者に記載する人の印鑑証明などを添付するのですか? よろしくお願いします。

  • 所有者が亡くなっている建物の滅失登記の相続人

    所有者がすでに亡くなっている建物を滅失登記するとき、 相続人が申請する形になり、 所有者が亡くなっていることがわかる所有者の戸籍謄本と、 所有者と相続人の関係がわかるもの(相続人の戸籍謄本など)が 必要になるようですが、 質問1 相続人に子供が複数いる場合、 申請者(相続人)は子全員でなくても大丈夫ですか? また、一人でいいなら、どの子でも大丈夫ですか? 質問2 所有者と同じ戸籍に入っている子(つまり未婚の子)が 申請人となれば、 戸籍謄本は所有者のものだけで済みますか? 質問3 未婚の子が遺産相続では相続放棄している場合、 それでも相続人として申請人になっても大丈夫ですか? 登記してあったことを知らなかったため、 所有者が亡くなったあとも所有者の変更をしないまま、 兄弟の了解の下その建物に住み続けていました。

  • 建物の登記の所有者について

    建築確認申請の建築主イコール,建物の登記の所有者でないといけないのでしょうか? こちらの都合で,他人の建物を別の場所に新たに建設しなければなりません. 建築基準法で,建築主は工事の請負契約の注文者とあります. 当方が建築主となって,建物を建設し,役所検査終了後に,登記の段階で所有者を 他人に移すのが,一般的なやりかたなのでしょうか? 他のやり方や,上記のやり方をした場合に摘要になる法や,この法のこの条文を見た ほうがいいといったアドバイスを頂けたらと思います. よろしくお願いします.

  • 初めて競売に入札しようと思っています。所有者でない占有者がいます。所有

    初めて競売に入札しようと思っています。所有者でない占有者がいます。所有者の弟で賃貸契約はなく無償でで住居しています。無償は権利としては非常に弱く、立ち退きには問題ないと聞いたことがあります。また建物は特に問題ないのですが建蔽率オーバーと市街化調整区域です。近隣に聞き込みをしようと思っていますがどのようなことを聞けば良いのでしょうか。占有者本人に会っても問題ないでしょうか。購入できたら賃貸で貸家にしようと思っています。アドバイスよろしくお願いします。

  • 区分所有不動産の所有者相違

    ・区分所有建物の所有者がA ・区分所有建物に相応する土地持分の所有者がB ・区分所有建物の使用者がC とします。 この場合、BはCに地代請求できるでしょうか? Aが所有者ということは登記簿謄本から判明しましたが、商業登記簿を調べると既に2年前に解散している為に存在しません。 CはAの関係者と思われますが、詳細はわかりません。 区分所有建物といいましても単に地下一階の建物の基礎部分というだけで造作物もありません。  区分建物の謄本を見ると解散前から公的機関の差押が登記されていますが、公売の予定などは未だ判然としません。

  • 所有者が既に亡くなっている物件の売買・登記について

    表題の通りですが、土地を購入しようとして現地を視察しましたら その土地に古家が有ります。謄本を調べると所有者が既に50年以上前に 亡くなっている建物です。 資産価値が無いという事なのか相続もしなかったので名義はそのまま 故人となっております。 それ程昔の話なのでその故人に沢山いた子供も亡くなっている状況で かなり調べるに困難な状況です。この場合この建物は価値が無くても 勝手に取り壊したり改装したりする訳に行かないのでしょうか? 又、正規の手続きで売買する為には生存する遺族の方に一旦 名義変更をする必要が有るでしょうか?