-PR-
解決済み

事故後の修理について。

  • 困ってます
  • 質問No.6578
  • 閲覧数495
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 46% (6/13)

いつも、御世話になっております。
早速ですが、先日追突され相手側保険を使用して板金修理
をしていただいたのですが、修理からあがってきた後に、
ATミッションの不調が発生しました。(Dレンジからのス
タートがセカンド発進になってしまう。1速にレバーを入れ
ると1速からスタートできる。)

このような場合、再度修理工場へ入庫させ、相手側保険で
対応していただくことは可能なのでしょうか?

確かに不調の原因が今回の事故にあるということを証明
するのはむずかしいかとは思いますが、私の当てになら
ないカンでは追突時になんらかの大きな衝撃などがミッ
ションに影響を及ぼしているのではないかと思うのです
が。

どなたか、よいアドバイスを頂ければと思います。
よろしくお願い致します。
通報する
  • 回答数6
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 37% (35/94)

始めに入庫したのがディ-ラ-なので、多分再入庫して今回の不具合の対応をしてくれると思います。
この程度の故障分なら保険会社も対応がアジャスタ-止まりのはずですから、街工場よりは強く出られるディ-ラ-ならば保険扱いに持ちこめると思いますよ。
まただめだった場合、メ-カ-のお客様相談室に強く抗議すると多分圧力がかかってなんとかなってしまいます。
後はみなさんが言ってるように少しでも早く持ち込む元ですね。
故障の原因ですがFRとはいえ後ろからの衝突でATまでイッテしまうことはあまり考えられません。(トランクが全部なくなるほどの事故であった場合は分かりませんが)デフとミッションをつなぐプロペラシャフトは軸方向に数センチの余裕が設けてあり、これを伝って衝撃がミッションに入るとはあまり考えられません。そのため、修理時に何らかのセンサをはずしたもしくは取れてしまったことによる故障という線が強いです。
これらからもそれほど再修理に関してkawaseさんが修理代金を持たなければならない状況にはなりにくいと思います。特にトヨタのディ-ラ-はサ-ビスにかんしての意識が高いですから。

ちなみに懇意にしてるところがあれば別ですが、一般に自腹の修理は街工場、保険扱いの修理はディ-ラ-のほうが有利なようですよ。
補足コメント
t_kawase

お礼率 46% (6/13)

すいません。ご指摘頂いたようにセンサー等とのことで、先程もしやヒューズではと思い、確認したところちゃんと
切れていました…。交換したら何もなかったかのように元に戻ってしまいました。お騒がせして申し訳ありませんでした。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2000-08-19 15:24:02
お礼コメント
t_kawase

お礼率 46% (6/13)

ありがとうございます。保険屋のほうに連絡はしたのですが、週明けに回答すると言われた為、連絡待ちの状況です。今後の対応の参考になりました。
なるほど、センサ等とのことで、少し安心しました。
また、ご相談させて頂くこともあるかとは思いますが、その際は宜しくお願い致します。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
-PR-
-PR-

その他の回答 (全5件)

  • 回答No.1

正確には事故との因果関係を立証しないといけないですが、まあダメもとで修理業者と保険会社に言ってみればどうでしょう?
 ここで心配しているよりはとりあえず言ってみたら。
お礼コメント
t_kawase

お礼率 46% (6/13)

そーですよね、とりあえずダメもとでも問い合わせてみます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00


  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 17% (17/98)

とにかく、早い段階で、工場に持ち込むことをお勧めします
事故との因果関係の話になりますから
事故後に車に乗っていれば、故障することもあるということで、「事故後車が帰ってきた時点でおかしい」「発見後即工場入りすることでそれ以上の走行をしていない」ということをとっととしておきましょう
あとは、保険屋と事故処理の終了の手続きをしていないこともいるんじゃないでしょうか?
すんません・・・専門家じゃないもんでこんなもんで・・
お礼コメント
t_kawase

お礼率 46% (6/13)

症状が出てからは走行していないのですが、すでに修理完了してからなので、どうすれば良いのかと思ってます。

因果関係の証明が難しいとは思いますが、とりあえず相手保険屋に問い合わせてみます。

ありがとうございました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.3
レベル9

ベストアンサー率 23% (22/95)

mo-さんもおっしゃってるとおり取り敢えずは話をしてみる事です。 でもトランスミッションをやってしまうなんてかなりきつい当たりをしたんですね。
泣き寝入りはいけません。 もし向こうの責任が無いと分かればトランスミッションに異常が出る時期だったのか、
何か原因があったのかが分かると思えばいと思います。
でも僕の思うには、事故相手じゃなく修理工場に原因があるのではとも思います。 僕は以前軽トラックが突然発進不能になった時、修理に出しましたが、帰ってきたときになぜか点火時期が狂っていてアイドリングが定まらず、エアコンを入れたりなんかすると常にアクセルを軽く踏んでいなければならないといったことになってしまった事があります。このときはその修理工場に行って直してもらいました。勿論ただで・・・
こういう例もありますのでできるだけ早く、できれば今日にでもクレームを出してみてください。
こういうものは遅くなれば遅くなるほど言いにくくなりますよ。
お礼コメント
t_kawase

お礼率 46% (6/13)

ありがとうございます。そうですね一度聞いてみないと始まりませんので聞いてみます。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
  • 回答No.4
レベル9

ベストアンサー率 41% (44/107)

お車は何でしょうか?
一部の車では、雪道やぬかるみなどの安定した発進のために、Dレンジでセカンド発進からスタートする為のスイッチが付いているものがあります。
自動のものもありますが、そのようなスイッチがONになっていないでしょうか?ONになっているとt_kawaseさんがおっしゃるような状況になります。
今一度ご確認ください。

修理なさった工場が民間工場ならば、そこらへんは知らないかもしれません。もし判らなければ、ディーラーに問い合わせてみてください。専門ですから。

事故による破損状況がわからないので何ともいえませんが、追突事故でそのような状況になるのはちょっと考えづらいですが…。

htokitaでした。
補足コメント
t_kawase

お礼率 46% (6/13)

ありがとうございます。
snowモードとかですよね?残念ながらそのような便利な機能はついてません。修理もディーラー経由で板金のみの修理でしたのでミッション等には手を入れてないと思います。車は'94Cherokeeですので追突時に後輪車軸からミッションに衝撃が加わることも考えられるかなと、素人考えで思ったんですが。確かに因果関係を立証するのは困難かとは思います。
投稿日時 - 2000-08-18 12:32:14
  • 回答No.6
レベル13

ベストアンサー率 30% (565/1854)

あまり詳しくはないので、回答があてにならないので御勘弁を。
ATでしたら、衝突の衝撃で、電気系になんらかの影響があり、
それが元で1速に入らないとかもあるかも知れません。
あるいは、板金の程度によっては、ミッションを降ろして、
その際に・・とか。
追突される前にはその症状は無かったんですよね?
追突されてから修理に持ち込むまでの間はいかがでしたか?
それとも、修理から戻って来てからですか?
その辺がわかれば、事故が原因なのか、作業中のミスなのか、
判断できると思います。
いずれにしても早めに修理工場に相談しないと・・・ですね。
原因がどちらであれ、恐らく相手の保険か工場のクレーム扱いで
処理できるとは思うのですが、時間が経ってからだと
それもできなくなってしまいますからね。
お礼コメント
t_kawase

お礼率 46% (6/13)

ありがとうございます。
さきほどふとオートマチックトランスミッションのセンサーなどのヒューズを確認したら切れていたので交換した所、何もなかったかのように症状が治ってしまいました。
お騒がせ致しました。
投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
購入や整備のポイント。車好きだから知ってる豆知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ