-PR-
解決済み

セー法則って?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.65692
  • 閲覧数1616
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 100% (2/2)

ケインズ経済学を学んでいます。
セー法則について詳しく教えて下さい
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 50% (173/345)

以下は、私のHPの「用語集」の解説文です。
ご参考になれば幸いです。

-------------------------------------
セイ(Say, Jean-Baptiste, 1767-1832)=フランスの経済学者。
アダム・スミスの理論を発展させた古典派経済学の代表的理論である。経済活動の水準を決定するのは「供給」である。なぜならば、価格が伸縮的である場合、供給者が価格調整を行うことにより、供給がそれ自身の需要を創り出すからである、とする理論。セイの法則の背後には、貨幣は交換の媒介手段にすぎず、所得は必ず支出されるという考えがある。これに対して、ケインズ理論では、「需要」が供給を生み出すと主張し(有効需要の原理)、「セイの法則」を否定した。
お礼コメント
sachiyan

お礼率 100% (2/2)

どうも有り難うございます。とても助かりました。
先生のHPを、これからの勉強に役立たせて頂きます。
投稿日時 - 2001-04-20 23:21:13
-PR-
-PR-

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1
レベル12

ベストアンサー率 32% (130/406)

簡潔に言えば、
■ケインズの法則が、需要が供給をつくるという「有効需要の原理」なのに対し、
■セーの法則は、供給が需要をつくるというものです。

セーの法則が成り立つのは、生活必需品が不足しているとき、あるいは需要が十分強い商品の市場においてです。

時代的には、セーはケインズよりも約100年前の、1800年前後の人で、イノベーションで有名な、ケインズの向こうを張ったシュンペーターによって、再発見された経済学者です。

小難しい経済書よりも、小室直樹『資本主義のための革新』日経BP社、p252以下に、分かり易く書いてあります。(いまでも本屋においてあるはず)

ヤフーで検索すると22件もヒットしますが、まともなのはないようです。
お礼コメント
sachiyan

お礼率 100% (2/2)

どうも有り難うございました。
助かりました、今後も何かわからないことがあったら
助けて下さい。よろしくお願いします。
投稿日時 - 2001-04-19 18:41:44


このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ