• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

被相続人の遺産について

被相続人の遺産(主に土地・建物の名義など)の法定相続人への相続権や、その法廷相続人たちが相続するはずだった分の持分権(言い方が合っているかはわかりませんが)について 被相続人の遺産について、本来法定相続人たちが相続するはずだった権利の移り方について、ご教授いただきたく、質問いたしました。 少しでも回答者様たちにわかりやすくするため、下記に系図のような形で、画像として貼り付けています。 その図の中で、Aさんという被相続人がおり、タイトル通りのような相続が発生していたにも関わらず、そのまま何十年も相続手続き(遺産分割)が成されないまま、現在にまでいたってしまったとします。 その場合、 Aの相続(遺産)はまず、法定相続人のB・C・Dにいくかと思います。 そのうち、Bの分については、相続手続き(遺産分割)が成されないままBも死亡してしまったので、BがAの遺産に対して有していた持分権(?)はBの法定相続人であるEに移行すると思います。 C・Dの分については、すでに両者とも亡くなっていることから、Aの兄弟であるF・Gに移行すると思います。 そのうち、Fの分については、Bと同じ理由で、Iに移行すると思います。 一番よくわからないのはGの分なのですが、Gの分については、B・Fと同じ理由で、Hに移行すると思いますが、Hも死亡しているため、Jに移行し、同様にKに移行する、ということで正解でしょうか? (本来Aの遺産については、代襲相続が次々に発生していったとしても、「被相続人の兄弟の子」までで、「被相続人の兄弟の孫」にまではいかないと思いますが、これは「Aの遺産を受け取る権利」をGが持っていることから、【Aの遺産の持分権を持っていた被相続人Gの相続】と考えればいいのでは、と思っています) JはHよりも先に亡くなっているのですが、それはこの件については関係ないでしょうか? 少し複雑なケースかと思いますが、何卒よろしくお願いいたします。 不明な点や、「ここがどうなっているか判明しないと答えられない」みたいな点がありましたら、併せてご指摘ください。 また、画像の文字はできるだけ大きく書いたつもりなのですが、ここに載せられる画像サイズがもともと小さいため、見づらい点も申し訳ありません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数246
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • dayone
  • ベストアンサー率79% (360/452)

先ず初めに… 法定相続分や兄弟姉妹相続における代襲相続などに関しましては、 昭和55年12月31日と昭和56年1月1日とを境にして、 大きな差異がありますので注意が必要です。 兄弟姉妹相続が甥・姪までと限定されたのは、 昭和56年1月1日以降発生した相続に関して適用されるお話ですから、 今回の事例の基点となる昭和38年時点の相続では再代襲など無限に続く時代でしたし、 下記の新たに発生した相続の「H-J-Kの直系尊・卑属間内の話」としての代襲相続はありますが、 被相続人Aと直接的に代襲関係になる相続人はいませんから、 代襲相続が甥・姪まで限定という事は考慮する必要はありませんよ^^ 被相続人A死亡により開始した相続の法定相続人は、 (尊属たる両親は被相続人A死亡時点で、 既にそれ以前に死亡しているので法定相続人にはなり得ませんので) 昭和38年死亡時点で配偶者B、兄弟F、兄弟Gの3名で、 「配偶者&兄弟姉妹相続」となりますから、 民法旧規定(昭和23年1月1日~昭和55年12月31日)が適用され、 http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2418/hotei.html 遺言、遺産分割、相続放棄、家裁調停・審判などに基づく手続など 特に何もしていない場合には、 法定相続分は配偶者B持分2/3、兄弟F持分1/6、兄弟G持分1/6で、 共同相続したものと見なされます。 そのうち、 「B持分2/3」については、 被相続人B死亡により新たに開始した相続の法定相続人は 昭和49年死亡時点でBに配偶者やE以外の子がいない限りは Eが持分2/3全部を相続。 「兄弟F持分1/6」については、 被相続人F死亡により新たに開始した相続の法定相続人は 昭和61年死亡時点でFに配偶者やI以外の子がいない限りは Iが持分1/6全部を相続。 「兄弟G持分1/6」については、 被相続人G死亡により新たに開始した相続の法定相続人は 昭和42年死亡時点でGに配偶者やH以外の子がいない限りは Hが持分1/6全部を相続。 「H持分1/6」については、 平成10年J死亡時点でJにK以外の子がいない限りは KがHに対する推定代襲相続人の地位いることとなり、 (この部分の代襲相続は、H-J-Kの直系尊・卑属間内の話で、 A→G→Hの流れで上記のとおり既にHは存命時点の昭和42年に 持分1/6を相続済と見なされます) 被相続人H死亡により新たに開始した相続の法定相続人は 平成14年死亡時点でHに配偶者やJ以外の子がなく、JにK以外の子がいない限りは Kが持分1/6全部を相続。 以上のとおり、 B・F・G・Hにそれぞれ配偶者や親族関係図以外の子がいない限りは、 被相続人Aの死亡により開始した相続の現在の法定相続人はE、I、Kの3名、 その法定相続分はE持分2/3、I持分1/6、K持分1/6。 (ただし、B・F・G・Hのそれぞれの死亡時点で新たに発生した相続に関して、 配偶者や親族関係図以外の子が存在する場合には、 それぞれの法定相続分の持分内で法定相続人が増加することになります。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

多少見づらい・わかりづらいところがあり申し訳ありませんでしたが、皆さま御親切にかいとうしていただきありがとうございました!

関連するQ&A

  • 遺産分割前に相続人の一人が死亡した場合について

    被相続人Aの遺産を妻B、子C、D2人で相続するのに、遺産分割前に妻Bが死亡しました。妻Bの遺産は子2人で相続します。 1.最終的に被相続人Aと妻Bの遺産を子2人で相続する事になりますが、全部まとめて子2人で遺産分割協議を行い相続する事はできるのでしょうか。先にAの遺産相続を行い、名義変更を行った上でBの遺産相続を行うことになるのでしょうか。 2.この場合、被相続人Aの遺産は法定相続されたと見なされて妻Bに1/2の相続が発生するのでしょうか。妻Bをのぞいた子2人で相続することにはならないのでしょうか。 3.相続人の一人が死亡した場合、残った相続人(C、D)だけで遺産分割協議書は作成できるのでしょうか。それとも死亡したBの分も含めて遺産分割協議書を作成するのでしょうか。 4.被相続人から最終的に相続する子へ直接名義変更することは可能でしょうか。 ただ並べてしまいましたが、よろしくお願いします。

  • 遺産分割と被相続人の預金引き落とし、そしてその期限

    父親が亡くなりました。 幾つか質問があります。 質問1 遺産分割に期限はあるのでしょうか? 「被相続人死亡後、何ヶ月以内」など、、。 質問2 被相続人には預金がありますが、 その引き出しに期限はあるのでしょうか? 質問3 遺産分割および預金引き出しには 書類や子らの実印等が必要だと思いますが、 遺産分割と預金の引き出しは別の作業となるのでしょうか? 例えば、 遺産分割の方法が決まっていないが、 預金の引き落としは可能かと言うことです。 質問4 遺産分割は公共機関への手続きは必ず必要でしょうか? 例えば相続人の間での口約束だけで親の遺産分割を 決定し、 役所に無断で分割することは可能でしょうか? 口約束で分割した場合、後々になって相続人の1人が 遺産分割を正式に行うことを要求することも可能でしょうか? 以上、長くなりましたが、 質問のうち幾つかでもよいので 教えてください。 なるべく専門で詳しい方の回答を歓迎します。

  • 遺産相続登記について

     被相続人の死亡前に、法定相続人以外の孫一人に土地建物を口頭により贈与すると伝えられていて、法定相続人も了解している場合の土地建物についてだけの遺産分割協議書には、その孫を{受遺者」誰々の記載でいいと思いますがどうでしょうか。 相続税が課税されるほどの遺産ではありません。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5130/11372)

#4の回答を見て気がついた。 Aが死亡した時点では,Aの親はすでに死亡しているのね。 それなら財産の分割割合は#4に書いてある通り。 > また、画像の文字はできるだけ大きく書いたつもりなのですが、ここに載せられる画像サイズがもともと小さいため、見づらい点も申し訳ありません。 これはあなたのせいじゃないのだけれど,必要な情報は文字で書いてほしいなと。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

多少見づらい・わかりづらいところがあり申し訳ありませんでしたが、皆さま御親切にかいとうしていただきありがとうございました!

  • 回答No.3
  • hata79
  • ベストアンサー率51% (2555/4940)

「JはHよりも先に亡くなっている」?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

多少見づらい・わかりづらいところがあり申し訳ありませんでしたが、皆さま御親切にかいとうしていただきありがとうございました!

  • 回答No.2

質問のことは 代襲相続 では無いはずです 被相続人が死亡した時点で相続人(のどなたか)が死亡していて、その死亡した相続人に相続人が存在する場合にのみ代襲相続になります 被相続人が死亡した時点で存命の相続人は、その時点で相続したことになります その後死亡した場合は、その人の相続になります(遺産分割協議が成立しなくても・相続登記がなされていなくても、代襲相続ではない) 遺産分割協議の場合には、相続を相続した者として参加することになります 複雑と思われるケースでも、上記のように分離していくことで相続権が明確になります (まとめてしまうと訳がわからなくなります)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

多少見づらい・わかりづらいところがあり申し訳ありませんでしたが、皆さま御親切にかいとうしていただきありがとうございました!

  • 回答No.1
  • f272
  • ベストアンサー率45% (5130/11372)

F,G,Hの配偶者や,H,I,J,Kの兄弟はいるのかいないのか,いたけれども既に死亡したのか? その辺のことが分かりませんが,利害関係者が図にのっている人だけだすると,ご賢察の通りでしょう。 Eが1/2で,I,Kがそれぞれ1/4。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 相続での遺産分割で困ってます。

    現在相続で遺産分割手続き中です。分割協議は法定相続分で行うことで話を進めています。しかし非相続人が過去に相続人の借金の肩代わりをしている場合はその分を考慮して遺産分割するのが当然だと思います.そこで何千万かの相続人の借金の肩代わりを非相続人がしていた場合、それを調べる手段があるのでしょうか。税務署で非相続人から相続人に譲渡があったかの確認はできるのでしょうか。非相続人は死んでしまっているのでなにも話をしてくれません。肩代わりをしてもらった相続人は黙っています。良きアドバイスがあれば宜しくお願いします。

  • 法定相続人は誰になりますか?(被相続人死亡後に相続人の一人が死亡)

    こんばんは。初めて質問させて頂きます。 春頃、主人の祖母が亡くなり、現在主人の両親の代で相続協議中ですがもめているらしく全く解決しなそうです。そこで、相続について調べていたらそもそも「法定相続人」で1つ疑問が生じました。自分でいくら調べてもわからないので、どなたかご回答をよろしくお願いいたします。 被相続人:祖母(A)  相続人:祖母の子(3人)→長男(B)、長女(C)、次男(D) (1)祖父は15年以上前に亡くなっています。 (2)相続人の3人は、各自、配偶者と子供がいます。 (3)【相続人の次男(D)】は、【被相続人の祖母(A)】が死亡した2週間後に死亡しました。 この場合の法定相続人は誰になりますか? 『B、C、Dの子供』の3分割でしょうか? 私がネットで調べて気になっているところは「被相続人の死亡前に相続人が亡くなっていた場合、相続人の子が相続できる」と書いてあったところです。 今回のように「被相続人の死亡後(遺産分割前)に相続人の一人が亡くなっていた場合」はその子も法定相続人になれますか? またなれた場合、遺産相続の協議にその子ではなく母(死亡した相続人の妻)が参加して口を出す事はできますか? 少し複雑なのでうまく説明できているか不安ですが、よろしくお願いいたします。

  • 遺産分割協議書の作成について

    被相続人の遺産は現預金のみです。現預金は遺産分割の対象ではないようですので、遺産分割協議書は作成しなくても法定相続割合に応じて各相続人が相続することになると考えます。今のところ、法定相続分割合に応じて配分することに関して異論を持っている相続人はいません。 しかし、預金の解約手続きをスムーズに運ぶためや、後日の分け方(相続)トラブルを避けるために、法定相続割合に応じて配分した(そのことに相続人各人が合意した)ことを記録として残すために遺産分割協議書を作成しようかと考えています。 このために遺産分割協議書を作成することは良いことでしょうか?。または、他に記録として残す方法はあるのでしょうか?

  • 相続財産管理人 遺産分割協議

    お世話になります。 A平成24年死亡 | | |    |             婚姻 B(被相続人)   ーーーーーーC 平成20年死亡 この場合に、Bの財産はAが3分の1、Bが3分の2を取得しますが、Aには相続人が居ません。 とすると、特別縁故者が居ない限りAの持分はCが取得し、遺産分割協議は行われないということで合ってますでしょうか? このように考えた場合、相続財産管理人が遺産分割協議に参加することは理論上ありえないことになると思いますが、相続財産管理人が遺産分割協議に参加することは絶対に無いのでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 被相続人の甥姪の子に相続権があるかどうか。

    被相続人Aが亡くなり、子供は無く親も居なかったので配偶者と兄弟が相続人となりました。 その後、遺産分割協議書を作る前に相続人である兄弟が亡くなり、更にその後その兄弟の子(被から見て甥姪)も亡くなりました。 質問: (1)その場合、甥姪の配偶者と子供からも遺産分割協議書をもらう必要があるのでしょうか? (2)そして、甥姪のことは「相続人」と呼べるのでしょうか。それとも相続人の代わりに協議書を書くだけで「相続人」とは呼べないのでしょうか? (3)代襲相続は甥姪までと聞きました。それに対して今回のような場合(数次相続というのでしょうか)は相続人に限りがなく理論上は延々と続くのでしょうか? 回答宜しくお願い致します。

  • 遺産分割協議中に法定相続人が死亡した場合についてお教えください

    遺産分割協議中に法定相続人が死亡した場合についてお教えください。 被相続人Xには二人の息子(長男Aと次男B)がいます。法定相続人はこの二人だけです。 遺産分割協議がまとまる前に、長男Aが死亡した時の以下の例について お教えください。 1、長男Aには妻がいるのですが、この妻は結果的に被相続人Xの遺産の半分   を相続することになりますか?  (遺産分割協議がまとまる前に長男Aが死亡したとしても、自動的に長男A   は被相続人Xの遺産の半分を相続したことになり、更にその後死亡した長   男Aの遺産をその妻が相続することで、この妻は結果的にXの遺産の半分   を手にすることになりますか?) 2、上記1が成立する場合の質問です。もし被相続人Xが長男Aに財産の全て   を与えるという遺言書を残していた場合、長男Aの妻は結果的にXの遺産   の何割くらいを手にすることになりますか?   (通常は次男Bには遺留分が保障されると思いますので、結果的に長男A    の妻にはXの遺産の何割くらいを手にすることになるのでしょうか?) 3、上記2が成立する場合の質問です。もし被相続人Xの『長男Aに財産の全   てを与えるという遺言書』が長男Aの妻が偽造した遺言書だった場合はど   うなりますか?   (法定相続人遺言書を偽造、変造すると相続欠格事由により相続権を失い    ますが、長男Aの妻はXの法定相続人ではありません。この場合、相続    欠格事由に該当せず、単純にXは遺言書を残さなかったとして長男Aと    長男Bは通常の法定相続分としてXの遺産の半分づつを相続し、長男A    が死亡したことで結果的にやはり長男Aの妻がXの財産の半分を手にする    ことになるのでしょうか?) ※上記は実際に直面している問題ではなく、創作物を制作中に疑問に思ったこ  とであり恐縮なのですが、お教えくださる方がおられましたら幸いです。  どうぞ、宜しくお願いいたします。

  • 遺産額の「相続分割の実施有効期限」はありますか?

    相続税を払うまでの遺産額ではないのですが 「法定相続人」に被相続人が死んでから遺産分割協議に基づく 相続分割の「実施有効期限」はありますか? 又相続分割を実施した後の「届出書類」は必要ですか?

  • 遺産分割協議書について

    Q1.遺産分割協議書は、被相続人が死亡する前に作成しておかなければならないものでしょうか? Q2.相続が発生した場合、遺産分割協議書は、必ず作成しなければならないものでしょうか?単に相続人の口頭での合意で足りるでしょうか? Q3.遺産分割協議書は、どこで作成するのでしょうか?相続人だけで作成することができますでしょうか? 以上、よろしくお願いします。

  • 遺産分割と相続

    父の死亡により相続が発生しました。 相続人は母親と子供(長男・長女)の3人ですが、母親は再婚で連れ子の長女のみ養子縁組が行われております。 総額は6000万の遺産の分割協議を母親の意思により次の通う予定です。 (母4500万・長男500万・長女500万・長男の子2人に各100万・長女の子2人に各100万・被相続人の妹に100万) そこで質問ですが。 (1)上記の遺産分割内容(法定相続人以外にも遺産分けを行う)で、法的に問題はありませんか。 (2)法定相続人以外の遺産の取得は税法上は贈与ですか。 (3)法定相続人である長女の取分が、法定分を下回った場合は、不足分は「放棄」となりますか。 (4)長女が法定相続分での配分を主張した場合、生計を共にした長男の権利はあるのですか。 以上、ご回答をよろしくお願い致します。

  • 遺産相続

    被相続人の遺言書が見当たらず、被相続人の実子、養子、養女などがいない場合に、法定相続人が被相続人の遺産を相続することになりますが、法定相続人ではない者はこの被相続人から遺産相続を受けることはできないのですか?法定相続人ではない者は遺産相続をできず、法定相続人が相続して、相続した者からもらう、即ち、贈与をして、もらうということになるのですか?そうなると、もらう金額が数百万円単位でも贈与税を納めなければなりませんね?相続を受けることができるのは、あくまでも法定相続人ということになるのですね?