• ベストアンサー
  • 困ってます

前科について

例えば結婚の際などに、興信所などで相手に前科があるか また、その罪状や刑罰について調べられるのでしょうか? 裁判記録は公開されているそうですが、そこから実名で 調査できてしまうんでしょうか?

noname#364
noname#364

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2153
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • kawakawa
  • ベストアンサー率41% (1452/3497)

前科・前歴についての調査は法律で禁じられています。就職や結婚の際の出身地調査なども同様に禁じられていますが、これらを非合法的に請け負う興信所があることも、残念ながら事実です。 裁判記録は一般に閲覧できるものは被告名などについては伏字としていますので、そこから実名調査をすることはできません。また、その裁判や取り調べなどに関与した者は「公務員の守秘義務」に基づき、第三者に対して告げることは許されていません。けれども、これも悲しいことですが、何らかのルートで情報を入手する興信所などが存在することも事実です。 現在の法体系は完全なものではありませんが、裁判の結果として有罪となり、そして、収監されたり過料処分を受けて判決内容をまっとうした場合、その罪は消えたものとされています。従いまして、そういった過去に対する調査はあってはいけないものです。 犯罪歴だけでなく、病院への入院歴などについても、その道のプロにかかると調査されてしまいます。 kawakawaでした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • tomoka
  • ベストアンサー率9% (18/183)

興信所に頼めば手痛い電話の番号から10分ほどでおじいさんの名前まで分かるそうですので前科などは簡単に分かるのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#1986
noname#1986

本来ならば調査できないはずです、プライバシー保護の観点から。 けれど、どうやってやるのかは専門家じゃありませんので判りませんが、調査できてしまうみたいですね… 先日もある興信所から前科記録のある名簿が流出したとかでニュースになっていたようですし(芸能人の名前もあったとかで結構大騒ぎしていました)。 ま、我々一般人にしても調べようと思えば、近所の噂を聞き込みしたり、昔のニュースをインターネットで検索したりすれば調べられるわけですから、ましてやそれを商売にしている興信所などは我々の知らないノウハウや情報ルートを持っていると想像するに難くないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 前科について

    前科について 質問なのですが、人身事故の場合の罰金は刑罰(罰金刑)となるので前科がついてしまうと聞きました。 人身事故の罰金の前科は一生ついたままなのでしょうか? また人身事故の罪状は道路交通法違反、業務上過失至傷罪、自動車運転致傷罪のいずれに該当するのでしょうか? 教えていただければと思います。よろしくお願いします。

  • 前科を詳しく調べるには…。

    友人が今度結婚する相手に過去窃盗の前科があるそうです。 初犯で懲役5年だったらしいのですが、どうも本人の言っている罪の内容と刑罰の程度が一致しません。 友人の為にも真実を調べたいと思うのですが、そういうことはどうやったら調べられますか?

  • 前科前歴調査について

     私は小学生のころに一度万引きで補導されたことがあります。(写真は撮られませんでした)興信所では前科前歴調査をすると聞きますが、補導歴も、この調査に含まれるのでしょうか。

  • 前科前歴の照会について

    同様の質問もある中で大変恐れ入ります。 一般に警察や行政などの特定機関、弁護士等限られたものしか前科を照会できないはずであったと記憶しておりますが、 1.大企業では採用時にそのような調査を依頼しているのでしょうか? 2.それは中途採用時の場合のほうがされる確率がより高いのでしょうか? 3.調査方法は興信所等に依頼するようですが、興信所であれば前科照会が可能なのでしょうか? 4.企業の中でも監査法人や会計士事務所、弁護士事務所、などは特にそのような調査を確実に行っているのでしょうか?

  • 祖父に前科があった場合、孫が受ける影響は

    こんにちは。30代、既婚で子供が2人おります。 少し重い質問になりますが知り合いには相談しにくいのでこの場をお借りしたく思います。 私には30年以上前に生き別れた実父がおります。 実父とはいっても一緒に暮らしたことはほとんどないようで、その記憶もありません。 大病を得て現在はどこかの病院か施設で暮らしているらしいのですが直接連絡を取る術がありません。実父には兄弟がおり、だいたいの住所も分かってはいるのですが私とは疎遠であり、わざわざ連絡を取って確認するには心理的な抵抗があります。 実父は、状況的にかなり長い間服役していたのではないか?と推察される事柄がいくつかあり、気になっています。 あくまでも推察であり、誰かにきちんと確認できたわけではありません。 もし前科があるとすれば、一応は孫にあたる私の子供達には就職の際に若干の影響があるかと思うのですが具体的にどういったことが考えられますでしょうか。 特定の職業に就けないなど、ハンディキャップを背負う事がありますか? 実父が実際に刑罰を受けていたかどうか、またそれがどのような罪状であったかを実の娘である私が確認する手段はありますか? また、私の周囲では結婚の際に興信所を使うといったことが稀に行われているのですが、いざそのような場合に興信所はそこまで調べ上げるものでしょうか? 子供達には私の実父の存在を伏せており、おじいちゃんは亡くなったと嘘をついて育てています。 その嘘がいつか露見してしまう可能性はありますか? 私自身は特に何かの咎を追うこともなく就職も結婚もできましたが、それらが身上調査などの特に必要のない種類のものであったためかもしれません。 ただ、自営業立ち上げの際の与信調査や身上調査では私どもの時だけ不自然に時間が掛かり、もしやこの件では?と戦々恐々とした記憶があります。 将来子供達が他の職業に就きたいと言い出した時に、上記の理由からそれが不利だったり不可能な種類のものだと最初から分かっているならば折を見て嘘をついていたことを詫びて打ち明け、諦めさせたいと思います。 まだまだ先の話ではありますが、子供達もだんだん物心がつき、「将来●●になりたい」などと言い始めているのを耳にしてふと不安になってしまいました。 お知恵を拝借できますと幸いです。

  • 裁判記録って誰がどのような場合に閲覧するのです0か

    原告として、通常裁判を起こしました。 上申書を提出したいのですが、 絶対に被告には見られたくない書類です。 しかし書記官に「裁判記録には載ってしまいますよ」 といわれました。 それはかまわないのですが・・・ 裁判記録って、被告がもしあえて 見ようと思うような時は どういうときですか?(理由) あえて裁判記録を見る被告って一般的に多いですか? 裁判記録を見るときは直接裁判所に出向く しかないのですか? 裁判記録を見ることでどんなメリットがある のですか? 教えて下さいm(_ _)m

  • 興信所って?

    1.今でも、結婚(や就職)に際し、興信所を使って相手のことを調べるのは普通なのでしょうか? 2.興信所って、本当に相手のことが全てわかるものなのでしょうか?   (実際の国籍とか、帰化した形跡があるとか、同〇出身とか、前科があるとか。) 3.そういうのって普通、調査期間や調査料はどれくらいなのでしょうか? 4.そもそもですが、興信所って、マトモな業界なんでしょうか?   調査員って、どういった経歴とかの人なんでしょうか?   カタギの人たちなんでしょうか? 5.調査を依頼して、逆に興信所から、調査依頼したことをバラすぞと脅迫されたりということはないのでしょうか?

  • 前科者になるとまずいことって...?

    刑事事件の前科者になるとまずいことって何が考えられるでしょう? 初犯は執行猶予が付くとして、殺人以外のけっこうヘビーな罪状(例えば暴力振るったとか)が付いてしまった場合、その人の今後の人生はどうなるのでしょうか? 指紋は一生警察に残ると聞いたことはあるけど、ふつうはそんなの関係ありませんよね。 履歴書には刑事罰を受ける、など必ず書く必要があるんでしょうか? 就職、結婚、兄弟の縁談とか、同窓会や近所で「あいつは前科者だ」という風評が消えないとか? これって、一生大変なこと背負うってことですね。 でもその割に犯罪者そのひとを見掛けたことないのですが、これだけ犯罪が蔓延していると、身の回りにひとりくらい犯罪者がいてもいいですよね。 つまり、それは前科を持っていても意外と普通に生活できるって事ではないかと思うのですがいかがでしょうか?

  • 前科について

    交通事故を起こしてしまいました。 相手にけがをさせたので,私に前科がつきそうです。 前科がつくと、戸籍に記録されるそうですが、そのような場合,就職などにひびくのでしょうか? せっかく,夢に向かって努力しているのに、台無しになるとしたら,ショックです。よろしくおねがいします。

  • 他人の前科を調べる方法は?

    他人の前科を調べる方法はありますか? 会社で雇用の際、また結婚相手の身元調査など 必要なことは多い気がします。