• ベストアンサー

レイリー散乱

レイリー散乱の効率は、波長の4乗の逆数に比例するといわれていますが、その導出過程を分かりやすく式を使って説明してほしいです。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • siegmund
  • ベストアンサー率64% (701/1090)
回答No.1

導出過程をここで全部記すのは無理です. かなり程度の高い(大学物理学科の2年か3年くらい)電磁気学あるいは光学 のテキストの1節(あるいはもっと),または講義1コマ分くらい, になってしまいます. ここでは,式を書くのは(読むのも)非常に苦労するし(^^;) アウトラインは以下のようなことです. (A) 誘電性をもった散乱体を双極子とみなす. 入射電磁波の波長λと散乱体の大きさ(直径a)が問題で, λ>>aなら散乱体に働く電場の大きさはどこでも一定と見なせる レイリー散乱はこちらの場合. (時間変化するのはいうまでもない). λ<<aだとミー散乱になる (B) 電場のかかった双極子の強制振動方程式を解く. 振動する双極子は電磁波を放出するが,それが散乱される光に相当する. (C) 散乱断面積を求める. (D) 電磁波のωと双極子の固有振動のω0の関係を検討 (d1) ω<<ω0 がレイリー散乱 (d2) ω>>ω0 がトムソン散乱 (d3) ω~ω0 が共鳴散乱 今,手許の本では適当なものが見あたりません. 図書館などで,電磁気学あるいは光学の本を探してみてください.

kamumu
質問者

お礼

大学の図書館にレイリー散乱に関するいい本がないので困ってました。 回答を参考にしてがんばっています。ありがとうございます。でも、正直よくわかりません。ミー、ラマン散乱を質問するかもしれません。そのときはよろしくお願いします。

kamumu
質問者

補足

siegmundさん、くだらない質問と思うかもしれませんが(A)の誘電性をもった散乱体を双極子とみなし何をすればよいのですか. もうひとつすみません 原点にある P(t)=(0,0,P0sin(α-ωt)) という振動をする電気的双極子 この式だけでもしわかってもらえるなら答えていただきたいのですが、 sin(α-ωt)てのは何なのでしょうか. 自分の参考文献   光学 (石黒浩三著)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (1)

  • guiter
  • ベストアンサー率51% (86/168)
回答No.2

siegmund さんではありませんが、困り度3になっているので。 (今の時期なら大学のテストではないですよね) >(A)の誘電性をもった散乱体を双極子とみなし何をすればよいのですか. とありますが、(A)では双極子とみなすだけです。 補足では散乱体を大きさP0の双極子としています。 それでOKです。 >sin(α-ωt)てのは何なのでしょうか. 大きさP0の双極子の電場による振動を表しています。 時間tが動くと角振動数ωで sin の値が周期的に動きますね。 kamumu さんの参考文献を見ていないのでわかりませんが、αは任意の定数だと思います。 時刻0が重要なわけではないので cos(α-ωt) でもsin(ωt+α)でもかまいません。 混乱しそうなら最後は無視してください。

kamumu
質問者

お礼

こんな初歩的な質問に答えていただきありがとうございます。 なにかあったらまたお願いします。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • レイリー散乱とトムソン散乱などの違い

    レイリー散乱とトムソン散乱などの違い こんにちは! 機器分析を勉強しているのですが、 レイリー散乱とトムソン散乱などの違いが分かりません。 簡単な認識としては 入射光と励起光の波長が等しいものがトムソン散乱で 入射光と励起光の波長が違うものが(アンチ)ラマンストークス散乱 入射光と反射光(回折光)の波長が等しいものがレイリー散乱、 入射光と反射光の波長が違うものがコンプトン散乱という認識でいいでしょうか? それと、コンプトン散乱は運動量が一定という解説がされていましたが、 入射光と反射光との波長が違っているという、これはどういうことでしょうか? 簡単でいいので説明してください。

  • やっぱりレイリー散乱

    レーザ光の波長と散乱粒子の大きさに関わる粒径パラメータ α=πD/λ λはレーザ光の波長、Dは粒子の直径 レイリー散乱はα<0.4の範囲とされているようですが,なぜに0.4なのでしょうか?α=0.4は何散乱になるのでしょうか?

  • ミー散乱、レイリー散乱について

     「ミー散乱により雲は白く見える」などと「ミー散乱、レイリー散乱」という言葉が出てきました。そこでは、ミー散乱、レイリー散乱はぶつかる物質の大きさによるとありました。そこで、  【疑問1】なぜ、物質の大きさによって、ミー散乱のように全波長が反射されて白く見えたり、レイリー散乱のように短い波長から散乱されていろいろな色に見えるのか?  【疑問2】雲は非常に小さな水滴からできていますよね。つまり、雲が白く見えるということは光がその非常に小さな水滴にミー散乱しているということですよね。水溜りや海などが白く見えないということはミー散乱していないということですよね。では、なぜ、同じ水滴からできている水溜りや海などではミー散乱していないのでしょうか?  【疑問3】光が非常に小さな水滴に当たる時に、なぜ光の一部が吸収されないで、全反射するのでしょうか?光が水に当たる時、一部は吸収されたりしますよね。  以上、大変申し訳ございませんが、高校レベルで教えていただければと思います。どうぞ宜しくお願い致します。

  • No.85432のやっぱりレイリー散乱について

    レーザ光の波長と散乱粒子の大きさに関わる粒径パラメータ α=πD/λ λはレーザ光の波長、Dは粒子の直径 レイリー散乱はα<0.4の範囲とされているようですが,0.4はどこからでできたのですか。 α=0.4 は何散乱かという意味がないといっても0.4になったらどう考えるべきでしょうか? そもそも粒径パラメータとは何でしょうか?

  • 散乱光

    レイリー散乱、ラマン散乱について なぜ、散乱光強度は入射光の電場強度の2乗に比例するのですか。 詳しく教えて下さい。お願いします。

  • レイリー散乱・散乱した太陽光が目に届く過程

     空が青い理由がレイリー散乱だということを知りました。太陽光が大気中で散乱され、波長の短いものほど散乱されやすいので青色となって空は見えるというものでした。  「人間の目に見える」ということは、見えているものから光が出ている、又は反射された光が目に入ってきてそこで初めて見えるそうです。散乱するということは、文字通り散らばるということですがそれならば人間の目に入らない光が出てきてしまい、むしろ波長の長い赤色の光がより目に入り赤い空として見えるのでは?と思ったのです。  また上の疑問と矛盾しますが、昼間の太陽を直接みると太陽は白いですよね。あれは青の光ががたくさん散乱された光を見ているということでしょうか?

  • レイリー散乱

    角振動数ω0の弾性力によって、原点に束縛された荷電粒子(質量m,電荷q)に、ω=c|k|とし定ベクトルE0で与えられる平面電磁波(ω≠ω0) E(t,x)=E0*e^[i(kx-ωt)] B(t,x)=k/ω*E(t,x) が入射している。この時、荷電粒子の運動を「磁場からの力が無視できる位、その速度が十分遅い」という近似のもとで、荷電粒子の運動を求めよ。 という問題なんですが、回答を教授からもらったのですが、レイリー散乱をそれまでならったことがないのにも関わらず、本当に答えしか書いてなくて途中の式などがほぼ全て省かれてしまっています。自分の勉強だけでは足らないとこだらけなので、よければ、途中式も含め最初から最後まで教えていただけないでしょうか?? こんな質問ですいませんが。。。

  • レイリー減衰について

    ただいま数値計算にて構造解析をやっています。 その際によく出てくるレイリー減衰がよく分かりません。 式までならば様々な文献で載っているのですが、なぜその式になるのか、どのように導出されたのかが記述している文献が見つけられず、いまいち本質が分かりません。 記述されているような書籍や論文があるならば、どなたか紹介して頂けると幸いです。 よろしくお願いします。

  • レイリー・ジーンズの式からプランクの式を出すには?

    レイリー・ジーンズの式は、振動数が小さいときにしか成り立たないと習いました。 プランクの式において振動数が小さいときに、レイリー・ジーンズの式が成り立つことを、レイリー・ジーンズの式をマクローリン展開をすることで近似したいのですが、その方法がわかりません。 プランクの式:(8πhν3/c3){exp(hν/kT)-1}‐1←マイナス一乗です レイリー・ジーンズの式;(8πkT/c3)ν2

  • X線の散乱(回折)について

    ブラッグの式の説明でよく見る図で散乱角(回折角?)はθで表されていますが、ブラッグの式の説明では光路差がちょうど波長の整数倍となって強め合っている場合を図示しているだけであり、実際にはθ以外の角度にも散乱しているという認識であっているでしょうか? また、ブラッグの式の図では入射角と散乱角が等しいような書き方がされていますが、様々な方向に散乱しているとしても入射角と散乱角が等しくなるときのみブラッグの式が成り立つためにあのような書き方をされているのでしょうか? ブラッグの式のθは散乱角を示していますが、入射角でもいいんではないかと不思議に思っています。 もう一つお願いします。 X線散乱法では広角散乱と小角散乱に分けられていますが、小角と広角の違いは散乱角の違いであり、ある角度で入射したX線の散乱角が小さい部分を見るのが小角、散乱角が大きい部分を見るのが広角で正しいでしょうか? 例えば一つの試料に対してX線を入射した際に小角と広角を同時に測定する場合はどのように測定しているのでしょうか?

MC側面加工で円弧で進入する理由
このQ&Aのポイント
  • MC側面加工で円弧で進入する理由を教えてください
  • MCで丸物をDの様な形状に片側取り代0.1付けて荒取りした際に、当たっていないはずの円部分が0.03ほど倒れてしまいました。進入の形状によって、ワークに対する負荷が変わるのですか?
  • 進入を直線で入った場合と円弧で入った場合で、ワークに対する負荷の違いについて教えてください
回答を見る