• ベストアンサー
  • 困ってます

同軸ケーブルと測定器のインピーダンス整合

お世話になります。光センサーがあり、そこから50Ωの同軸ケーブルを介して入力インピーダンスが1MΩの測定器(オシロまたはデータロガー)で計測する場合、正しい測定をおこなうにはこれらをどのようにつなぐのがよいのでしょうか。もし中継に必要な部品があればそれもご紹介いただければありがたいです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4382
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • tadys
  • ベストアンサー率40% (856/2135)

光センサーの出力インピーダンスは何Ωですか? 光センサーから出力される信号の最高周波数は何Hzですか? 同軸ケーブルの長さは何メートルですか? ケーブルによる精度の低下はどれぐらいを許容できますか? これらが分からないと的確なアドバイスができません。 例えば、光センサーの出力インピーダンスが50Ωであれば、そのままでも大丈夫でしょう。 あるいは、測定器の入力に50Ωの“フィードスルーターミネータ”を接続してもいいです。 オシロスコープの場合、入力インピーダンスを50Ωの物や、50Ωに切り替えられるものが有ります。 (大抵は高価なものになりますし、高い電圧は測れません) ケーブルの両端で50Ωにマッチングしていないと気になるというのであれば 光センサーの出力に適切な“抵抗パッド”を挿入し、測定器の入力に50Ωの“フィードスルーターミネータ”を接続します。 ただし、信号のS/Nが低下するので、それが問題になる場合は増幅器を挿入するなどの対策が必要です。 あるいは、最高周波数が100kHz程度でケーブルの長さが数メートル程度であれば インピーダンスマッチングを気にする必要は有りません。 普通の場合、ケーブルの長さが信号の波長の1/20程度より短ければインピーダンスマッチングを気にする必要は有りません。 ただし、出力インピーダンスが高くてケーブルの容量が大きい場合は信号の高域成分が減衰するので問題になります。 その場合は低用量のケーブルを使用するとか、バッファアンプを使用して出力インピーダンスを低くします。 信号周波数が 数百MHz以上で精度を追求する場合は特別な注意が必要ですので、別途相談したほうがいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

tadys様 早速のご回答ならびに専門的なご指摘ありがとうございます。 >光センサーの出力インピーダンスは何Ωですか? 50Ω >光センサーから出力される信号の最高周波数は何Hzですか? 50kHz >同軸ケーブルの長さは何メートルですか? 2mくらい >ケーブルによる精度の低下はどれぐらいを許容できますか? 5%くらい ですが、’最高周波数が100kHz程度でケーブルの長さが数メートル程度であればインピーダンスマッチングを気にする必要は有りません’という点、参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 熱電対の測定器について

    今回、実験でダンパー(円筒形)の部分の表面温度を測定する実験を考えております。 そこで、温度センサーにはバンドを締めることによりでダンパー部分に固定して温度測定が可能な熱電対を考えております。 実験は、ダンパーを加振した際に生じる温度測定を行います。 また同時に、ロードセルより復元力をレーザー変位計より変位をパソコンにA/D変換機を経由してある時間刻みでデータとして保存しております。 温度も同様にリアルタイムでパソコンにデータを送り、なおかつリアルタイムで温度が知りたいと考えております。 熱電対→零点補償(室温補償)→A/D変換機→パソコン(測定器) という流れだということはわかりますが、データロガーなどは零点補償機とどういった面で違うのでしょうか? また、上記のような内容に合いそうなデータロガーもしくは補償機はありますでしょうか? 初心者な質問で申し訳ありません。どうか宜しくお願いします。

  • 電力測定とインピーダンス

    高周波発生装置(と言っても周波数は500kHz程度ですが)と負荷抵抗をつなぎ、負荷抵抗で消費される電力をパワーメータで測定したいのですが、パワーメータの入力インピーダンスが50Ωで負荷抵抗が100Ωの場合、正確に電力を計測できるのでしょうか? 個人的には入力インピーダンスが50Ωの場合は、ラジオ等の送信機の電力を測定する為の物で抵抗の消費電力を測定するには不向きだと考えているのですが、間違っていますでしょうか?

  • 同軸ケーブルによる挿入損失の計算方法

    発振器と測定器を同軸ケーブルで接続した場合の損失の計算方法と考え方がよくわかりません。条件は以下のとうりです。誰か教えてください。 発振器:10kHz,1Vを出力、出力インピーダンス50オーム ケーブル:RG58/Uを使用、長さ1メートル 測定器:入力インピーダンス:1Mオームに100pFが並列に接続

その他の回答 (2)

  • 回答No.2
  • KEN_2
  • ベストアンサー率59% (930/1576)

普通50Ωの同軸ケーブルを介して波形解析などの測定する場合は、測定器側にHi/LOWの入力切替SWが行いていてLOW;50Ωにして測定します。 こうしないと、高速・高周波成分の信号に反射波が発生し、波形が歪み測定結果が異なってくるからです。 入力インピーダンスが1MΩの測定器の場合は、50Ωの終端抵抗を介してから入力に接続します。 オシロなどの場合はBNCの終端抵抗器があり、高周波系はN型の終端抵抗器や3dB/6dBのアッテネータを介して測定します。 各測定器の取り扱い説明書に記載があるはずですので、参照してください。 下記はオシロなどの場合BNCの終端抵抗器です。 http://www.keisoku.co.jp/pw/oyakudachi/s-guide/cat140/syutan.html  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

KEN_2様 早速のご回答ありがとうございます。 やはりそのようなマッチングが必要ということですね。 オシロ以外の計測器を想定しているのですが、マッチングの方法は’各測定器の取り扱い説明書’を見てみます。

  • 回答No.1
  • joqr
  • ベストアンサー率18% (742/4026)

何が聞きたいんだろう? 何が分からないのか、ちゃんと整理した方が良いよ 読む限り何の問題も無いのでは??? 普通そのまま繋ぐけど・・・ 電圧を測定したいだけなんでしょ??? 意味無いデータ取っても仕方ないでしょ???

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 測定器の名前が分かりません

    こんにちは。ある自動車の部品メーカーで見たのですが、自動車の内輪や外輪のサイズを測ったり、ピッチ、偏角、直角度などといった値をミクロ単位で測る計測器がありました。 その内輪の幅や直径などはノギスで測っていたのですが、ノギス以外にも様々な測定器を使用していて、その測定器そのものの名前が分かりません。大学の研究室などに置いてそうな気もするのですが・・・ 文書で説明するのが難しいところなのですが・・見当がつく方いらっしゃいますか?

  • 抵抗の熱雑音の測定実験で謎のピークが出たり、雑音レベルが思い通りに変化しない理由がわかりません。

    抵抗の熱雑音の測定実験をしているのですが、以下の3つの現象が理解できません。 (1)0Ω(ショート)、10Ωの抵抗の熱雑音測定時に27MHz付近に大きさ-63dBm(0Ω)、-68dBm(10Ω)ほどのピークが現れる。10Ωのピークの方がブロードなピークである。 (2)プリアンプの入力インピーダンスが1MΩであるのに、50Ωの抵抗を繋いだときに一番雑音レベルが高くなるのはなぜか?抵抗の大きさが1MΩの時に一番高くなるのでは? (3)プリアンプの入力インピーダンスは1MΩであるが、何も考えずそこに50Ωの同軸ケーブルを繋いで良いのか?インピーダンス整合はとらなくて良いのか?取るとしたらその方法は?これが(1)のピークと何か関係しているのでは? 回路としては同軸ケーブル(長さ1m)の片方の先っぽを剥いで、外側の網状になっている線(アース線?)と中心の線(信号線?)を抵抗で繋ぎ(半田付け)、その同軸ケーブルの反対側ををプリアンプ(NFのSA-220F5)につなぎ、プリアンプとスペアナを同軸ケーブル(長さ0.5m)でつないでいます。抵抗とアース線?をつないでいる部分をアースしています。 このときにスペクトラムアナライザに表示される雑音を0Hz~100MHzまでの範囲で見ています。 抵抗は0Ω(-79dBm)、10Ω(-77dBm)、50Ω(-73dBm)、100Ω(-76dBm)、330Ω(-77dBm)、12kΩ(-80dBm)、1MΩ(-80dBm)の大きさのものをそれぞれ測定しました。括弧内は測定した熱雑音レベルの平均的な値です。 プリアンプは入力インピーダンス:1MΩ、出力インピーダンス:50Ωで、スペアナの入力インピーダンスは50Ωです。 詳しい方いらっしゃいましたら是非お教えください。 3つの内1つだけであっても全く構いません。 今のところ見当がつかないので少しでもヒントをいただけると大変助かります。

  • 深穴用測定器

    お世話になります。 ドリルやエンドミルで加工した深い止め穴(例えば金型にあけた冷却穴、φ8.0×200)の底の径や形状を測定したい時、どのような測定方法が一般的なのでしょうか? 精度は0.05~0.1mm単位でわかればそれほど問題ないですが、形状を確認したいときに、現状の弊社の測定器では対応できません。 三次元測定器や3点マイクロは底に届かないですし、ワイヤー加工機などで切断すると取り返しがきかないです。何か樹脂等をながして型取りすればとも思いましたが、穴が詰まりそうな気がします。 超音波測定器やレーザー測定器なども検索してみましたが、ヒットはしますが逆に計測できる幅が広すぎてわからなくなってしまいました。 精度や測定物に違いがあっても構わないので、どなたか情報をいただけないでしょうか お礼に書いた内容と重複しますが、追記させていただきます。 金型や金型部品を加工するときに、冷却用に深い穴をあけるのですが、加工の段取りの関係で底にエッジが残っていて、不具合(破断等)の原因になることが稀にあって困っています。 理想としては、穴の底形状をレントゲンのように透視できればいいのですが、それ以外でも穴形状や底付近の穴径を確認できる手段があれば、教えてください。 現在はワイヤーを使って切断してしまうか、細い棒で手探りして確認するくらいしか方法が無く、困っています。

  • 熱ノイズ測定についてです。

    熱ノイズ測定がうまくできません。 測定法は、スペアナ(35670A)に同軸ケーブルをつなぎ、その同軸ケーブルの先をひん剥いて抵抗(それぞれ1MΩ、10MΩ)を中心の信号線と外側のGND線に半田付けしています。アンプは使っていません。すべてシールドルーム内で行っています。 100Hz~100kHzの周波数帯を見ていて、もともと何もつないでいないときのノイズフロアが10^-15~10^-16[Vrms^2/Hz]くらいで、1kHz以下からは1/fノイズが効いているような感じです。 私の予想では1MΩの抵抗をつないだ場合では熱ノイズの式から大体10^-14[Vrms^2/Hz]、10MΩの抵抗をつないだ場合では大体10^-13[Vrms^2/Hz]くらいにノイズフロアが上がるようなイメージを抱いていたのですが、結果はそのような感じではなく、どちらの抵抗をつないでも元の波形より少し汚い感じになり、ノイズフロアが予想どおりに上がるというわけではありませんでした。そこで質問です。 (1)私の考えではスペアナの入力インピーダンスが1MΩであることと何か関係があるのかと思いましたがよくわかりませんでした。どうなのでしょうか? (2)シールドを同軸ケーブルに施すときはアルミホイルを巻こうと考えているのですが、(抵抗の信号線にふれないようにして)コネクタのGNDの部分まで覆って良いのかどうか? (3)そもそもこの計り方はあっているのか?熱ノイズは私の予想どおりに見えるのかどうか? その他なにかアドバイス等があれば教えてほしいです。すいませんおねがいしまっす!!

  • インピーダンス整合について

    ご質問させていただきます。 インピーダンスの違う経路を接続すると、反射が起こり、 最大電力を取り出せないとありました。 ある文献に、添付図のような絵がありました。 この図からすると、経路1の進行波+反射分が経路2に流れて、 反射分があるほうが、電圧が高くなってしまって、 インピーダンスが同じ=最大電力を取り出せるにならない と思うのですが。 どなたか回答いただけると幸いです。

  • インピーダンス整合

    ファンクションジェネレータから電子回路に信号を入力する場合、 インピーダンス整合が必要であると聞きましたが、 どのように整合をとるのでしょうか。 ファンクションジェネレータには50Ωと表記があります。  FGからの信号⇒○-----------⇒回路                 |                 く 抵抗                 く 50Ω                 く                 |                 GND    というふうに50Ωの抵抗を回路側に並列に接続すればよいのでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 絶縁測定器の法的効力?

    数年に一度宅内調査に来て、○○MΩ以上で異常ありません。と言われるのですが、計測器の取扱を見る限り、それほどの精度の測定器とは思えません。それって、信用できるの?そこで質問ですが、測定会社において所内規定などで、計測器の精度の記録・管理ってされているの、また、法的効力はあるの?(測定会社が測定器の精度の記録・管理を怠ったとき行政から罰則あるの)異常ないと言われてもそれって信用できるものなのでしょうか。ちょっと不安です・・・

  • インピーダンスブリッジって何?

    タイトルそのものです。 高周波回路用の部品でインピーダンスブリッジなるものがあることを知りました。 1)何に使うのか(Webで調べて計測用らしいということはわかりましたが単に50Ω、75Ωを測定するためのもの?) 2)どのように使うのか(スペアナ等と接続するの?) 3)同等の働きをする部品は他にあるのか(インピーダンスブリッジを使わないと測定できないのか)? ご教示ください。

  • パルス信号測定のためのインピーダンスマッチング

    0-2V、300nsのパルス信号を同軸ケーブルで15mほど引っ張ってきて、 カウンターやレートメータで測定を行っています。 このカウンターの入力インピーダンスは3kΩ、 信号の特性インピーダンスは75Ωです。 信号を直接つなげると当然反射が起きるので、 75Ωの終端抵抗を付けていますが、 パルス波高は半分の1Vに下がってしまいます。 現状SCAやアンプで増幅させていますが、 信号の遅れ、計器誤差、機器較正等を考えると、 あまり余計な機器を経由せず直接測定したいと考えています。 ただし、所有のカウンターは1.5V以下のパルス信号は 測定できないので増幅なしで測定できず困っています。 単純に100Ω等、75Ω以上の終端抵抗にすれば、 パルス波高は半分より大きくなると思うのですが、 検索すると増幅させるにはそういう方法もあると書いてあるサイトや、 マッチングさせる場合は同じインピーダンスにするのが 基本と記載されているものがあり、難しくてよくわかりません。 100Ωの終端抵抗をつないで反射やパルス波形の歪みが 起きなければOKなのでしょうか? それとも他に良い方法があればご教示いただけるとありがたいです。

  • インピーダンス整合ができない

    PCB基板上に作成したデバイスを実装しインピーダンスをインピーダンスアナライザで測ったら、20+j30Ω程度でしたので、並列に10-120pFのトリマコンデンサを挿入しました。 計算上はトリマコンデンサを回せば、レジスタンス成分が20-70Ωの範囲で変化し、約60Ωのときリアクタンス成分がゼロになると思います。 しかし、実際はレジスタンス成分が5-20Ωの範囲でしか変動せず、リアクタンス成分もj20Ω程度を示し変動しません。 何が起こっているのでしょうか。 周波数は50MHz程度です。 PCB基板上の信号が通る線幅は5mm程度です。 トリマコンデンサ単体をインピーダンスアナライザで測ると正しく動作しているようです。 トリマコンデンサを回すと値が変動しますし、テスターでトリマコンデンサの端子と基板の導通を確認していますので、トリマコンデンサが正しくはんだ付けされていないということはないと思います。 よろしくお願いします。