• ベストアンサー
  • 困ってます

インピーダンスブリッジって何?

タイトルそのものです。 高周波回路用の部品でインピーダンスブリッジなるものがあることを知りました。 1)何に使うのか(Webで調べて計測用らしいということはわかりましたが単に50Ω、75Ωを測定するためのもの?) 2)どのように使うのか(スペアナ等と接続するの?) 3)同等の働きをする部品は他にあるのか(インピーダンスブリッジを使わないと測定できないのか)? ご教示ください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2020
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

インピーダンスブリッジは部品ではなく測定器です。 回路素子(抵抗・キャパシタ・インダクタ・その他の部品)のL・C・R成分を測定するものです。 (注 「抵抗・キャパシタ・インダクタ」といっても、これらが純粋なR・C・L成分だけでできているものでないことはご存知と思います) [測定原理] 図4がインピーダンスブリッジの測定原理です。 図5の自動平行ブリッジ(LCRメータ)も参考にしてください。 http://www.orixrentec.jp/cgi/tmsite/knowledge/know_impe1.html 上図はちょっとわかりにくいので、概念的に理解するには、この方が良いかと思います。(図7) http://hr-inoue.net/zscience/topics/impedance/impedance.html (注 L・C直列素子値は、L・C並列素子値に置き換えることが出来るので、測定器回路構成の直列・並列はどちらでもよい) [市販品外観] http://www.mitamusen.co.jp/main/h_t_06.html [自作例] http://www7a.biglobe.ne.jp/~tad8877/7l4wvu/impbridge.jpg こちらは、ちょっと複雑ですが丁寧な解説が入っています。 全部を見たければ、一番下の「top menu」をクリックしてください。 http://homepage3.nifty.com/ja9cde/page26.htm [スペアナについて] スペアナでは、未知のLC成分を測定することはできません。 トラッキングジェネレータ付きのスペアナと、リターンロスブリッジを組み合わせれば、そのスペアナ(およびリターンロスブリッジ)の特性インピーダンス(例えば50 or 75Ω)に整合しているか、外れているか(どの程度外れているか)の判定はできますが、L・C値そのものを知ることはできません。 http://www.cqpub.co.jp/toragi/TRBN/trsample/2003/tr0307/0307sp8.pdf [ネットワークアナライザ] インピーダンスブリッジやLCRメータは高い周波数の測定ができないので、マイクロウエーブではネットワークアナライザと「方向性結合器」を組み合わせて、L・C・R成分を測定します。 http://www.orixrentec.jp/cgi/tmsite/knowledge/know_impe2.html 以上、内容がバラバラですが、一応3項目のご質問にお答えできたかと思います。 なお、不明な点がありましたら再質問してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも回答ありがとうございます。各測定器の違いがわかりました。まだ紹介いただいたURLの内容すべてが理解するには時間がかかりそうですがまたよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • インピーダンス

    【問題】 RとCの並列回路にRとLの並列回路を直列に接続したときの、インピーダンスZ=R(R-ω^2*L*C*R+j*2*ω*L)/{R-ω^2L*C*R+j(ω*L+ω*C*R^2)}であるが インピーダンスが周波数に無関係となるRはいくらか? 【解答】 オメガに無関係にするには、虚数部が等しくなければならないからj2ωL=j(ωL+ωCR~2)でR=√(L/C)。 【疑問】 なぜ 、オメガに無関係にするには、虚数部が等しくなければならないのですか? 厄介な問題ですがお願いします。

  • LC並列回路のインピーダンス

    理想的なLC並列回路の場合、共振周波数においてインピーダンスは無限大になるという文を見たことがあるのですが、LとCの定数がどのような場合にでも当てはまるのでしょうか? 実験的に4.7uHのコイルと20nFのコンデンサを並列につなぎに、周波数特性を測定したところ、共振周波数はある程度計算通りになったのですが、インピーダンスが150Ω程度になりました。 もちろん、理想的なLC並列回路ではないのである程度誤差があるとは思っていたのですが、インピーダンスがこんなに小さくなるとは予想していませんでした。 4.7uHと20nFでは、実際はこのくらいのインピーダンスになるのでしょうか?それとも周波数特性をもっと細かく見ていけば、インピーダンスがかなり高くなる周波数が存在するのでしょうか?

  • インピーダンスの計算について

    インピーダンスについての計算なのですが、 オシロスコープなどを使い電圧などを測定したのですが、計算してみると 測定値と理論値が合いません。 というか理論値での計算があまりわかりません。 回路は交流電源に1KΩの抵抗器とL=1mHのコイルを直列に接続し、1KHzの周波数をかけた回路です。 実験では、1KΩの周波数でVpp10Vの電圧を発振機から流したときに 抵抗にかかる電圧は9.83V、コイルにかかる電圧は81.2mVという測定結果が得られました。 また抵抗器にかかる電圧を抵抗器の抵抗値(Vr/R)で割って、電流が9.8*10^-3Aという値が得られました。直列接続をしているので、コイルに流れる電流も9.8*10^-3Aということがわかりました。 ここからコイルのインピーダンスを求めるために、コイルにかかる電圧をコイルにかかる電流で割りました。(0.0812/0.0098) 計算したらコイルにかかるインピーダンスZm=8.26Ωとなりました。 ここで、理論値による計算もしてみました。 コイルのインピーダンスはZ=jωL=2πfLとかけるので、2*π*1000Hz*0.001*jと計算し、 そしたら、6.3jΩとでてきました。 しかしjという虚数がついていますので、やはり測定値から得られた8.26Ωと合いません。 どうやったらjを取り除いて計算できるのでしょうか? 一応、虚数を取り除くために次のような計算もしてみました。 抵抗の値が1KΩ、コイルのインピーダンスの値が6.3jなので 三平方の定理で、合成インピーダンスの大きさを計算してみました。 合成抵抗=√(1000^2+6.3^2)=1000.0197という値がでました。 合成抵抗から抵抗器の値を引けば、コイルのインピーダンスの値が得られるはずだと思って 計算したら19.7mΩとなりました。 しかしやはり測定値の8.26Ωとはまったく違います。 いったいどのような計算をすればよいのでしょうか。 ちなみに位相差は実験では108度という値が得られました。 位相差は実験値はだいたいあってますでしょうか? ご教授お待ちしております。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

インピーダンスブリッジって最近聞いたことがないんですが, 大昔はこの「General Radio」が有名なメーカーでした. http://www.teradyne.com/corp/grhs/products_impedance-bridges.html 簡単な説明は,ここの第2章インピーダンス測定器のところにあります. http://cp.literature.agilent.com/litweb/pdf/5950-3000JA.pdf 今時の測定器だと,低周波(約1MHz以下)はLCRメーター 高周波はインピーダンス・アナライザです.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。添付資料参考となりました。

  • 回答No.1

あなたの言うインピーダンスブリッジの現物が分かりませんが、 もしかしたら、 インピーダンスの大きさのダイヤル(複数桁)と偏角のつまみ(1個)を 手で調整して、インピーダンスの絶対値と偏角を読み取れる ブリッジのことかもしれませんね。 これですと、スペアナに接続したりしません。 部品ではなくて、測定器です。 かつて、電話の受話器のインピーダンス軌跡(共振特性)を測定する ために周波数ごとに、インピーダンスを測り、円形グラフにプロット したことがありました。 交流ブリッジでも測定可能でしたが、こちらは、抵抗分とリアクタンス 分に分けて測定します。リアクタンスの正負により組み換えが必要 だったかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。現品も仕様書も残ってないのでイメージがつかめなかったのです。

関連するQ&A

  • インピーダンスの絶対値|Z|。

    ちょっと、回路学の問題をしていて、|Z|を求めよ。とういう問題でつまづいてしまいました。 問題はですね、普通の交流回路で、Rと、(C//L)が直列につながれている回路で、以下の問いに答えよ。という問題です。 (1)インピーダンスZを求めよ。 (2)インピーダンスの絶対値|Z|を求めよ。 (3)電流の実効値|I|(縦軸)と角周波数ω(横軸)との関係を図示せよ。 (4)電流|I|が最小になる周波数fを求めよ。 (5)この回路に、周波数50Hz、振幅10Vの交流電圧を加えるとき、流れる電流(実効値)を求めよ。(ただし、R=5Ω、L=1/(20π)H、C=1/(250π)F) (1)のインピーダンスは、Z=R+j{(ωL)/(1-ω^2LC)}で良いと思うのですけども、(2)の|Z|は実部と虚部をそれぞれ2乗して、和をとれば良いのでしょうか?その場合、計算はどこまでやるべきなのでしょうか? (4)は(2)で求めた|Z|が最大になるときなのでしょうか? 困っていますので、よろしくお願い致します。

  • インピーダンス整合とハイ受けロー出しについて

    現在、高周波回路を勉強している者です。  (1) インピーダンス整合  (2) ハイインピーダンス入力・ローインピーダンス出力 の使い分けについて教えて下さい。 例えば低周波回路でエミッタ接地アンプ + エミッタフォロア出力の形式をよく見ますが、これは (2) に相当しますよね? しかし周波数が上がると、ハイインピーダンスによる反射波が無視できず、定常波が発生するなどの不都合が起きると思います。 この場合はバッファで受けることはせず、(1)の形式をとるのでしょうか? 同じような質問も調べましたが低周波回路の経験しかないため、 いまいちわかった!という気がしません。 以上、よろしくお願い致します。

  • インピーダンス測定

    チップ上でカスコード接続回路の出力インピーダンスを向上させる研究を行っており、その出力インピーダンスを測定することを目的としています。そのためにVoutに流れる電流量を測定したいです。 シミュレーション上ではVoutに流れる電流は300uA±1uA未満となっています。周波数は10MHz以下を想定しています。 R=Vp-p/Ip-pでは約300kΩとなる計算です。 問題点としては ・周波数が低いのでインダクタを使えない ・直流電流300uAを流す必要がある ・グラウンドに接続する これらの問題を解決して電流を測定する、もしくはインピーダンス値を測定する方法をご教授いただきたいです。よろしくお願いします

  • インピーダンスのθの角度が違うようなんですが・・・

    回路の端子a-b間のインピーダンス の複素数表示及び局表示を求めよ。 R=20[Ω] L=0.05[H] X=ωL 周波数f=60[Hz] 式: Z=R+jX=√R^2+X^2∠ tan^-1(ωL/R)≡Z∠θ [Ω] =20+j2π×60×0.05 =20+j18.84[Ω] =√20^2+18.84^2=27.476 =∠tan^-1(18.84/20) =0.942 =27.476∠0.942[Ω] なんか、∠の方のθの値が、違うようなんですが、 webを参考にしてもいいのがありません。 式が違うのですか、 よろしくお願いします。

  • 抵抗測定_ブリッジ法と並列共振法の違い

    高周波高インピーダンスの片面接地のDUTの出力インピーダンスを測定したいです。 シミュレーションでは出力インピーダンスが約300kΩ、並列に寄生容量が30fF程付くと予想しています。 本当にこのインピーダンス値となるか実測で確かめたいと考えています。 測定方法としてブリッジ法と並列共振法を考えています。 並列共振法の方が今回の測定に向いていると言われているのですが、違いがよくわかりません。 確かにブリッジ法の方が精確なZ1,Z2,Z3を用意するのが難しそうです。また交流なので位相も含めて検流計を精確に測定するのが難しいと考えられます。 この考え方で合っているでしょうか。 違うようでしたら理由などをお教えいただきたいです。 よろしくお願いします。

  • スピーカーのインピーダンス

    スピーカーユニットの裏にインピーダンス4Ωと書いてありますが、実際測定すると、一番低くなる周波数で、3.2Ωしかありませんでした。こういうものなのでしょうか? インピーダンスの公差は一般的に15%と聞きましたが、そうなると一般的な規格から外れてるわけですが・・ちなみに車用のトレードインタイプです。

  • RLC直列共振回路のインピーダンス

    LC直列共振回路のインピーダンスがあります。 その回路を使って周波数特性を実測します。 その実測値の結果が 周波数10Hzのとき インピーダンスは1598Ω 100Hzのとき 151Ω 200Hzのとき 62.8Ω 500Hzのとき 7.43Ω 1020Hzのとき 59.1Ω 3010Hzのとき 204Ω 5180Hzのとき 356Ω 9890Hzのとき 714Ω となりました。 その実測値を周波数に対してインピーダンスの実測値を両対数グラフに描きます。 それから理論値として インダクタンスL=10mHで、その巻線抵抗R=5Ω、静電容量C=10μFを使って (1)RLCを直列接続した回路のインピーダンス|Z1| (2)LだけのインピーダンスZ2 (3)CだけのインピーダンスZ3 を求めて実測値の曲線を描いた両対数グラフに理論曲線を重ねて描きます。 その実測したインピーダンスと計算した理論値のインピーダンスはわずかにずれているので 計算で用いたLの値(10mH)、Cの値(10μF)のどちらかを 大きめ か 小さめ に修正して理論値を実測値によりよくあわせたいのですが、どちらをどうずらせばいいのかわかりません。 できるだけ早い回答をお待ちしております。

  • ケーブルのインピーダンスに関する質問

    ケーブルのインピーダンスマッチングをとるために、 例えば25Ωの回路に対して25Ωの抵抗器を直列に繋ぎ、50Ωとし、マッチングを行うということは一般的に知られていますが、もし回路がインピーダンスが100Ωでこれを50Ωに下げたい場合にはどうすれば良いのでしょうか? これは最近知ったことなのですが、ケーブルには最大可能上限周波数が決まっているようなのですが、もしこれを超えて使用するとどうなるのでしょうか?私の見た本ではSMAやBNCなどについては載っていたのですが、 http://www.suzuden.co.jp/shops/sh/uboncable/uboncable.htmlこういった普通のシールドケーブルはどれくらいが最大可能上限周波数なのでしょうか? 何卒よろしくお願い致します。

  • RF - いまさら聞けない、 スペアナ!

    電子部品(高周波回路製品)の営業をしていますがお客さんから商品(発振器、フィルターなど)をスペアナで解析した図を渡され「ここの数値がこうおかしいだろう」というような説明をされ、そのときはわかったような気になるのですが正直知ったかぶりです。 1) そもそもスペアナとは何か、がよくわかっていません。オシロスコープとどう違うのか? 2) スペアナで出力されたグラフ等の見方をわかりやすく教えているサイト等はありませんか? よろしくお願いします。

  • 自作回路のマッチングに関する質問

    高周波回路において、インピーダンスマッチングは重要なことですが、 同軸ケーブルなどインピーダンスが書いてあるものは分かりますが、 自作回路のインピーダンスはどうやって求めれば良いのでしょうか? また、どうやって自分の回路のインピーダンスマッチングをとれば良いのでしょうか? よろしくお願い致します。