• ベストアンサー
  • 困ってます

軌跡の問題に関して質問です

座標平面上の半径r(0<r<1)の円盤Dが、原点を中心とする半径1の円に内接しながら滑らずに転がる。そのときのD上の定点Pの動きを調べる。ただし、Dの中心は原点の周りを反時計回りに進むものとする。初めのDの中心とPは、それぞれ(1-r,0)(1-r+a,0)の位置にあるものとする。 (1)Dが長さαだけ転がった位置にきたとき、Pの座標(x,y)をαを用いて表せ。 (2)Dが転がり続けるとき、Pがいつか最初の位置に戻るためのrの条件を求めよ。 (3)r=1/2のとき、点Pの軌跡を求め図示せよ。 (2)、(3)について方針、解答までに何を示せばこの問題を解くことが出来るのか詳しく教えていただけないでしょうか? よろしくお願いします。

noname#230052
noname#230052

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

 これは内トロコイドの問題になり、設問(3)では特別な場合で楕円を描きます。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%85%E3%83%88%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%82%A4%E3%83%89#.E5.86.85.E3.83.88.E3.83.AD.E3.82.B3.E3.82.A4.E3.83.89 (1) 質問されていませんので、次の式が導かれたものとします。   x=(1-r)cos(α)+a*cos{α(1-r)/r},   -r<a<r   y=(1-r)sin(α)-a*sin{α(1-r)/r} (2) いつか最初の位置に戻るということから 周期性がある と考えます。  cos(α),sin(α)の周期は2π、cos{α(1-r)/r},sin{α(1-r)/r} の周期は2πr/(1-r) です。  これらの和や差をとったものも周期をもつためには、m,nを自然数として次式が成り立つことが必要十分です。   2πn=2πmr/(1-r)  ∴r=n/(n+m)  n,mは任意に選ぶことができますので、このことから r は有理数(ただし0<r<1)である ことが示されます。 (3) 設問(1)の式が得られていれば、r=1/2 で次式が得られます。   x=(1/2)cos(α)+a*cos(α) =(1/2+a)cos(α),   -1/2<a<1/2   y=(1/2)sin(α)-a*sin(α) =(1/2-a)sin(α)  この形を見れば、cos(α)^2+sin(α)^2=1 を利用して三角関数を消去すれば   x^2/(1/2+a)^2+y^2/(1/2-a)^2=1 という楕円の方程式が得られますので、これを図示するとよいです。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Ellipse_as_hypotrochoid.gif # ちなみに、この質問は「数学カテ」の方が良いと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい解説ありがとうございます!理解できました!

関連するQ&A

  • 座標平面上の半径r(1>r>0)の円板D

    が原点を中心とする半径1の円に内接しながら滑らずに転がるとき、D上の定点Pの動きを調べる ただし、Dの中心は原点の周りを反時計回りに進むものとする 始めにDの中心と点Pはそれぞれ(1-r,0)、(1-r+a,0)(r≧a>0)の位置にあるものとする Dが長さθだけ転がった位置に来たときの点Pの座標(x,y)をθを用いて表せ 解き方を教えてください!

  • 軌跡に関する問題

    平面上において、2定点A、Bを両端とする任意の円弧の3等分点のうちA点に近い方の点の軌跡を求めよ。という問題です。自分は限られた値域において双曲線になると予想しました。円弧の中心角をθ、半径をr、A、B点を原点対象X軸上の点(a,0),(-a,0)としました。円の中心P(0,k)(勝手においた)の座標は常にY軸上にあることは自明なので、三角形AOPに着目して条件を出しました。これでkとrはaとθで表されました。 またベクトルで追っていって三等分点Q(勝手においた)の座標をθ、r、kを用いて表しました。 この時点で自分が何をやっているのかわからなくなってしまいました。 助けてください!

  • 3次元空間の軌跡の問題です。

    平面z=1上に点Qがあり、平面z=2上に点Pがある。直線PQとxy平面の交点をRとする。 1、点Qが平面z=1上で点(0,0,1)を中心とする半径1の円周上を動く。点Pの座標は(0,0,2)である。点Rの軌跡を求めよ。 2、平面z=1上に4点A(1,1,1,) B(1,-1,1) C(-1,-1,1) D(-1,1,1)をとる。 点Pが平面z=2上で点(0,0,2)を中心とする半径1の円周上を動き、点Qが正方形ABCD上の周上を動く時、点Rが動きうる面積を求めよ。 導出方法まで丁寧に教えていただけるとありがたいです。

  • 軌跡とその応用問題

    軌跡の問題です 座標平面上の2点Q(1,1)、R(2,1/2)に対して、点Pが円x^2+y^2=1の周錠を動くとき、次の問いに答えよ。 (1)△PQRの重心の軌跡を求めよ。 (2)点Pから△PQRの重心までの距離が最小となるとき、点Pの座標を求めよ。 (3)△PQRの面積の最小値を求めよ。 (1)は解けました。 (x-1)^2+{y-(1/2)}^2=1/9:中心(1,1/2)、半径1/3の円 すいませんがお願いします

  • 分からない問題があります、教えてください

    xy座標平面上の原点を中心とする半径7の円と (-10、0)を中心とする半径1の円があります。 この2つの円に外接するように円Pがうごくなら Pの中心(a,b)の軌跡を求めなさい。 という問題です。 このとき、 Pの半径をrとして a^2+b^2=(7+r)^2 (a+10)^2+b^2=(1+r)^2 となりますよね。 ここからrを消去すれば、軌跡の方程式が出来ると思います。 ここからが分かりません。 範囲を求めるときに、 5a+37=4r となるので(2つの式より) 5a+37>0 として範囲を決めようとしたのですが、解と一致しません。 どのようにすればいいのでしょうか? bとrだけの式もつくって、範囲をしらべる必要があるのでしょうか? つまり、一般的に、こういった範囲を調べるときに どのようにすれば漏れのない(回答として不備のない)範囲を求めることが出来るのか知りたいです。 どうぞよろしくお願いします。

  • 軌跡の方程式に関して

    数学の問題です. xy座標に点P(p,q)を中心とする半径rの円があるとします. この円周上の点A(a,b)と原点(0,0)との長さがLである場合,円の中心P(p,q)が描く軌跡の方程式はどのようになりますか? よろしくお願いします.

  • 楕円に関する問題で質問です。

    oを原点とする座標平面上において、2定点F(c、0)、F`(ーc、0)からの距離の和が2aであるような点Pの軌跡をEとする。(b^2=a^2-c^2とする) F、F`から、E上の任意の点PにおけるEの接線lに下ろした垂線の足をそれぞれH、H`とするとき、 (1)Pでlにそれぞれ垂直な直線は∠FPF`と2等分することを示せ。 (2)H,H`はOを中心とする定円上にあることを示せ。 (1)は方針がまったく立ちません。どのように解いていくのか、過程などを詳しく教えていただけませんか?

  • 軌跡の基本

    xy平面上に原点O(0,0)を中心とする半径1の円Cとその円周上の点A(1,0) がある。円C上を動く点Pに対して、3点O,A,Pが三角形を作るとき、その三角形の重心をGとする。この時、Gの軌跡を求めよ。 この問題の答えは 円(x-1/3)^2+y^2=1/9      ただし、(0,0)、(2/3、0)を除く  なんですが、どうやって除く分の座標を出すのか分かりません。式と説明を入れて教えて下さい。円の方程式は出せました。よろしくお願いします。    

  • 軌跡の問題の解き方教えてください

    座標平面上に定点A(6,0)、B(3,3)と円C X&sup2;+Y&sup2;=9がある。 (1) 点Pが円C上を1周するとき、点A,B,Pを頂点とする三角形△ABPの重心Gの軌跡の方程式を求めてください。 (2) (1)の軌跡上を動く点の座標(X,Y)に対して (ⅰ) X&sup2;+Y&sup2; の最大値と最小値を求めてください。 (ⅱ) Y-1/X の最大値と最小値を求めてください。 解き方わかる方教えてください。

  • ベクトルの軌跡の問題

    ベクトルの軌跡の問題の解き方を教えてください。 (1)は解けましたが、(2)、(3)がわかりません。 平面上に2つの動点P、Qと1辺の長さが1の正三角形OABがあり、 OA→・OP→= − OA→・OB→ (OQ→ − OA→)・(OQ→ − OA→ − 2OB→)=0 を満たしている。このとき、 (1)動点Pの軌跡を図示 (2)動点Qの軌跡を図示 (3)|PQ→|の最小値を求めてその時のOP→とOQ→を求める (3)は解答だと(1)と(2)の結果を利用して図で考えるという方針ですが、もし他に解き方があれば教えていただきたいです。