• 締切済み
  • すぐに回答を!

木造(在来工法)2階建て、瓦葺のベタ基礎について

木造(在来工法)2階建て、瓦葺のベタ基礎について 「スラブ配筋D13@250(シングル)・スラブスパン3.0m以下」と 「スラブ配筋D13@150(シングル)・スラブスパン3.0を超え4.0m以下」のどちらにしたら良いか悩んでおります。 工務店の標準仕様が以前は後者でしたが、今は前者に変わりました。 拙宅は打ち合わせを以前からしていたのでどちらでも希望の方にしますと言われたのですが、困っております。 前者の方は鉄筋のピッチは少なくなりますが、立ち上がりの数が多くなるのですよね?前者と後者ではどちらが地震などに強いでしょうか? 「丈夫な方が良い・・。」とお聞きしても答えにくいのか、どちらとも言えないのかで工務店の方からは どちらがお勧めとは言ってくださいません。 一概にはどちらが良いとは言えないのかもしれませんが、ご自身だったらどちらにするかなど個人的なご意見でも構いませんので皆様のご意見をお聞かせください。 特に建築の専門の方よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1274
  • ありがとう数5

みんなの回答

  • 回答No.4
  • river1
  • ベストアンサー率46% (1254/2672)

北国の設計屋さんです。 強度的には、どちらも同じ程度です。 「スラブ配筋D13@250(シングル)・スラブスパン3.0m以下」は、部屋広さ4.5帖間の構造仕様です。 「スラブ配筋D13@150(シングル)・スラブスパン3.0を超え4.0m以下」は、部屋広さ8帖間の構造仕様です。 計画建物の一階平面図を良く見て、決めましょう 所見 工務店の標準仕様が前者に変更した理由として考えられるのは、使用鉄筋量の軽減の為ですよ。 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

間取りを見ていたら、意味がようやく解ってきました。 拙宅の間取りには後者の@150の方が合うように思います。(多分・・。) 文章だけ見ていた時は、前者の仕様の方が立ち上がりの数が増えて良さそうに思えていまして、質問の様な文章になってしまいました。 標準仕様を変更した理由は使用鉄筋量の軽減のためなのですね。 プロの方のお話を伺えて大変参考になりました。 稚拙な質問に丁寧に答えて戴きましてありがとうございます。 これですっきりした気持ちで次回の打ち合わせに臨めます。ありがとうございました。

  • 回答No.3

そんな事を言われても困っちゃいますよね。 その基準は、たぶん「瑕疵担保補償」ノ設計基準からきていると思われます。従ってどちらも基準に達しています。 通常は工務店が施工し易い方法で選んでいます。スラブスパンの短辺方向が3m以下なら@250、3~4なら@150と言う感じで。 例えば8帖間を設けるならスパンが3.6mなので、@150になります。@250でやろうとすると、真ん中に立ち上がり基礎を設けないといけなくなります。私だったら@150を選択するかな? ちなみに瑕疵担保補償が始まる前は、スパンが3~4でも@250で施工している工務店もありました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

『例えば8畳間を設けるなら~』  間取りによって考えなければいけないことだったですね。まだあまり理解出来ていませんが・・・(汗) 個人的なご意見もありがとうございます。大変参考になります。 瑕疵担保補償が始まる前には、このような基準はなかったのですね。 貴重なお話しありがとうございました。ご回答に感謝いたします。

  • 回答No.2
  • qwe2010
  • ベストアンサー率19% (1813/9280)

今の木造2階建てをのせるためのベタ基礎はとても丈夫に作られています、どちらの方法でも必要以上の強度があります。 (前者と後者ではどちらが地震などに強いでしょうか?) どちらも地震では基礎は壊れないでしょう、それを、どちらがよいかと聞かれても返答のしようがないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どちらがよいかと聞かれても返答のしようがないのですね・・・。 ただ、どちらでも充分強度があるとのことで安心いたします。さてどうしましょうか。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1

こんなことを施主に決めさせる工務店もどうかしていると思うが、 これは工務店にそれぞれどういう特徴(長所短所)があるかを聞いて判断すればよいでしょう。 いいこと悪いことはそれぞれあるはずなので。 それも説明しないようなら今後もめますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

迅速なお答えありがとうございます。

関連するQ&A

  • 瑕疵担保のおける基礎配筋について

    瑕疵担保責任保険の基礎配筋について質問です。 弊社の地域は積雪200cmの区域で雪下ろしを条件に150cmまで低減でき、 この場合、木造2階建ての住宅で、まもりすまい設計基準のスパン表より 軽い住宅の短辺3.0以下の条件でスラブ厚150 D13@200シングルの配筋となるのですが、 同じ地域に建設した とある個人工務店の配筋はD10@300シングルで検査を通った との話を聞きました。 地耐力などから構造計算してもここまでの鉄筋にはならないでしょうし、不思議でならないです。 この個人工務店は、実際に検査は受けていないのかもしれませんが、どなたかこのような配筋にできる方法を知っていらっしゃる方、ご教授お願いいたします

  • ベタ基礎について

    シングル配筋のベタ基礎なんですが、 立ち上がりの配筋をするときに、スラブ筋の上に 乗る場合は立ち上がりの下の主筋は要らないのでしょうか? またスラブ筋から外れた場合は、別に主筋を入れなければならないのでしょうか?

  • 木造(在来工法)で考え中

    色々と回りましたが、結局木造が一番いいと思って再検討始めました。 大手で行くと住友林業かな?と思うのですが、値段が高いし(値段の 割りに国産材じゃない)ので他も色々見てみようと思っています。 三重県に住んでいますが、他にお勧めメーカーあれば教えて下さい。 2X4、鉄骨系は考えていません。 お勧めする理由があれば、理由もお願いします。

  • 在来工法について

    絵図板を詳しく解説してあるサイト又は書籍ありませんでしょうか?

  • 在来工法とは??

    家を建てるときのいろいろな工法があるようですが 在来工法ってなんですか。 大工さんが行う普通の木造建築のことですか? この他にもなにか工法があるのでしょうか。 どなたか教えてください。

  • 木造在来工法で質問があります

    木造在来工法で質問があります 無柱空間で8mx5.5m 平屋建てを考えているんですが 梁を5.5mとばす場合、梁を集成材に変更しないとだめでしょうか その他問題がありますでしょうか

  • 木造在来工法による工期について

    新築の木造2階建てを計画しております。 現在の状況を説明しますと、 新築を考えた時にHMと地元設計士さんとで悩んだ結果、地元設計士さんに設計を依頼して地元工務店に工事をお願いすることとなりました。そこで少しお尋ねしたいことがあり投稿させていただきました。 1点目の質問は、HM(セキスイ)でお願いした場合の工期は、およそ2か月くらいと言われましたが、今回お願いするところは、工期が5、6か月かかると言われました。確かにHMの工法と木造在来工法では工期に差があると聞きましたがここまで違いがあるものなのでしょうか? (工務店に確認すると、「建築自体は基本的に2名で行い、必要に応じて外部を雇うとのことで時間もかかるし、また、在来工法自体が時間をかけて建てるものだからこんなものでしょう。」とのことです。) 2点目の質問は、工期が6か月かかることについての良い点と悪い点を教えていただければ安心します。 自分なりにいろいろ調べては見るものの、まだまだ勉強不足で分からないことばかりです。お力をお貸しいただければ助かります。 何卒よろしくお願いします。

  • 木造在来工法+パネル工法ってどう。

    現在土地を購入して家を建てようと考えています。そこで木造在来工法+パネル工法(HPパネル)で考えています。そこで上記の工法もしくは近い工法で建てた方の意見を聞きたく質問させてください。ちなみに鹿児島県でパネル工法(HPパネル)で+3.5万(坪単価)するというのですが妥当でしょうか。

  • ベタ基礎の配筋

    お世話になります。 最近では一般的になっているベタ基礎の配筋について質問いたします。 1 スラブ筋について シングル配筋の場合の端部処理の仕方です。スラブ筋の端部は、立ち上がり部の横筋(主筋など)にフックにして引っ掛ける。または、90度に曲げて下方向に縦筋などに定着(定着長は?)する。もしくは、そのまま何もせずに配筋。  スラブ厚150mmの時のスラブ筋の位置ですが、60mmのサイコロ状のものを置きますが、これで土被りは問題ないですが、配筋のしかたとしては、スラブ上に近い側に配筋するのがいいように思うのですがいかがでしょうか。 2 継手位置 最近は加工済の鉄筋が多いようですが、加工や運搬を考慮してなのか継手位置のことは考えていないようです。つまり主筋などの継手部位置が上下とも同じ場所に集中しますが、補強筋を入れれば問題はないのでしょうか。 3 縦筋の定着 縦筋を断面で見ると、基礎上からペンで書くと 上→下→横→斜め→横 のような絵柄になると思います。この最後の横の部分なのですが、ちょうどスラブ筋と同じレベルに位置すると思います。この部分の定着40dは必要なのでしょうか。それとも、スラブ筋とは別に考えるため特に40dは必要ないとかんがえるのでしょうか。 4 ベタ基礎内部の立ち上がり部 縦筋の下部の端部の処理のしかたなのですが、もちろん90度に曲げてスラブ内部に配筋されることになりますが、この90度に曲げたところからの端部の定着長の決めはあるのでしょうか。 以上4点の回答、参考文献などをお待ちいたします。

  • 日照について困ってます(長文ですみません)

    新築して12月に引っ越しました。住宅は建築条件付の更地の状態で購入しました。西道路で東西に長い長方形です。同じ工務店で3区画が隣あわせにあり、一番南側(南西角地)を希望しておりましたが、予約が入っているということで、一番北側で契約しました。拙宅と南側の家は建築して、真ん中の土地は売れずに残っていたのですが、工務店が建売にするために建築が始まりました。(売主は決まっていません)今は上棟して屋根の板を貼っているところです。(在来工法) その屋根が片流れの屋根で拙宅側(北側)が高くなっています。そのため、拙宅の2階にはこの時期ではまったく日が当たらなくなってしまい暗くなって、洗濯物も乾きません。1階はしかたないと思っていましたが2階まで日が当たらないとは思いませんでした。 工務店に言いましたが、もうどうしようもないという回答です。(工務店からの事前の説明はまったくありませんでした) 図面をもらって、家の距離と窓の高さから太陽の角度をおおまかに計算すると10~2月の5ヶ月は日が当たりそうにありません。 通常の切妻屋根で過程すると年間とおして日が当たりそうです。ちなみに拙宅も一番南側の家も普通の切妻屋根です。建築中の家は拙宅より屋根先端が拙宅よりも90cm程度高くなっています。家との距離は300cm離れています。 法的にはどうすることも出来ないとは思っていますが、工務店も拙宅が日当たりをかなり気にしていたことは知っていますので、どうしても納得できません。片流れの屋根にするとしても南側を高くすればあまり影響はなかったと思います。 このような場合は泣き寝入りをするしかないのでしょうか?良いアドバイスがありましたらよろしくお願いいたします。