• 締切済み
  • 暇なときにでも

木造在来工法+パネル工法ってどう。

現在土地を購入して家を建てようと考えています。そこで木造在来工法+パネル工法(HPパネル)で考えています。そこで上記の工法もしくは近い工法で建てた方の意見を聞きたく質問させてください。ちなみに鹿児島県でパネル工法(HPパネル)で+3.5万(坪単価)するというのですが妥当でしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5626
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.2

私も在来軸組み工法とパネル(2×4)工法で最後まで悩んだ者です。 在来工法の長所としては、自由設計(梁を太くしたりする事で間取りを自由に変えられる事)が可能な事と、大きめな窓や間口が取入れる事が出来るという事です。 但し、設計の段階で構造を守る筋交いや火打ち柱などが適材適所に配置されていなければならない事や、やはり各施工の際、金物(プレート・羽子板)が使用される事が重要で、おのずとコストを落とすと、そういった箇所に影響が出ると思われます。 短所としては、気密性が劣っていている事でしょう。    さらに、施工する大工さんの腕次第と言う事もありますが・・・。 パネル(2×4)工法の場合、壁で部屋を組む形になるので家としての気密性は高いと思われます。 地震にも在来と比べパネル工法のほうが優れていると聞きました (ちなみに火災保険も在来よりパネル工法のほうが安いとも聞いた事があります。) 但し短所としては、壁で家を支えるため、在来に比べ大きめな空間や、窓、間取りを取るのは難しくある程度の制限が課せられてしまうという事です。 また、パネル工法の場合、大工さんの熟練した腕もあまり必要とせずとも、経験の浅い大工さんが行っても施工しやすい工法のため、一番の決め手は壁の貼合せ時の、釘の位置・間隔・圧力がもっとも重要の為、メーカーさん選びは慎重に行う事をお勧めします。 我が家は、地震にも強いパネル工法を優先的に考えていましたが、間取りを仕切る壁を出来るだけ少なくしたかった事と、広めのLDKがどおしても取り入れたかったので、最終的に高耐震性の在来軸組み工法を選びました。 もし、間取りがある程度固まっているようであれば双方のHMさんへ持っていかれ、自分の理想がかなう業者さんを選ばれてみてはいかがでしょうか? 同じ様な工法でもメーカーさんによって思い入れが異なったりしていて、結構、楽しいと思いますよ!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 在来工法とは??

    家を建てるときのいろいろな工法があるようですが 在来工法ってなんですか。 大工さんが行う普通の木造建築のことですか? この他にもなにか工法があるのでしょうか。 どなたか教えてください。

  • 在来工法の坪単価について

    1.在来工法で40坪ほどの家を建てようと考えております。そこで一般的な平均坪単価について教えてください。 (1)大手ハウスメーカー (2)地元建建設会社 (3)地元工務店

  • ユニットバスか在来工法か

    ユニットバスか在来工法のお風呂にするかで迷っています 意匠面では在来工法に魅力を感じますが、冬の寒さやカビ、防水面(シロアリなど)はどうなのでしょうか また費用はどうですか ちなみに木造で新築計画中です

  • 回答No.1
noname#39684

「在来工法+パネル工法」は家の強度は増しますので、それ自体はよい工法です。 けれども、ほんとうに「通常の在来工法+パネル工法」としているのかどうかはよく注意しなくてはなりません。見分けるのは「価格」です。「通常の在来工法+パネル工法」であれば、在来工法と同様なあるいは安い価格にはなりません。パネル工法の手間と材料分だけ高くなって当然です。 多くの場合「“安い在来工法”+“安いパネル工法”」となっており、トータルの強度は普通の在来工法と同様、という帳尻あわせになっていて、「同じ価格で」というような具合になっているのです。 パネル工法を加えてはいるものの、在来工法部分の柱や梁を細くしたり、筋交いを省いたりすることがよくあるのです。そうなってしまうと、ただの在来工法や2×4よりも弱くなったりすることがあります。 業者は「パネル工法を加えていることで、在来工法部分の材料を節約できている」というような説明をするかもしれません。逆です。「在来工法の材料を省くために(安くて施工が簡単な)パネル工法を加えた」というのが本音であることが多いのです。 通し柱や筋交いの本数が、在来工法より劣ったものになっていないかどうかは注意して聞いてください。聞いても業者はボロを出しませんけれど。 悪く考えた際の手口は、在来工法よりも細い部材を使い、パネルは2×4で用いる構造用合板より劣るものを使い、どっちつかずの「木造在来工法+パネル工法」とする方法です。強度は通常の工法に比較して減りこそしないけれども増さないだけではなく、1つ1つの部材が安いものですので「家の寿命が短い」ということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 木造在来工法で質問があります

    木造在来工法で質問があります 無柱空間で8mx5.5m 平屋建てを考えているんですが 梁を5.5mとばす場合、梁を集成材に変更しないとだめでしょうか その他問題がありますでしょうか

  • 在来工法と2×4について

    いつも皆様には助けられてます!ありがとうございます。 色々な方の意見やサイトなどからですがお互いの長所・短所は理解できました。 今回は感覚的な事をご教授いただきたいと思います。 日本は湿気が多いから在来工法が良い・2×4より在来工法の方が『木材』を多く?使っているので健康に良いとか見かけますが、実際のところどうなのでしょう? 私自身、よく分からないくせに日本人は在来工法だ!なんて思っているので・・・ 在来・2×4のどちらも住んだ事のある方やどちらかに迷った方などのご意見を頂ければと思います。

  • 在来工法と2x4

    在来工法の物件で気に入った建売物件がありますが、 立地条件が残念ながら合いません。 しかしその物件自体はとても気に入っているので 土地を買ってそこにその家を建てたいなと思うようになって来ました。 そこでいろいろ考えているのですが実際可能なのかわかりません。ご助言お願いします。 土地を買って、今気に入っている、この在来工法の建売物件の様な物件を、注文住宅で2x4または、2x6で建てることが出来るのでしょうか。立てられるのであればそちらのが良いでしょうか。2x4は耐震的にいいと聞くので。 もし出来るとしたら、物件の価格はどのくらい高くなるのでしょう。(2階建てで95m建物面積です) 又このような場合、造った工務店を調べて直接頼むのが良いのですか。それともどこの工務店でも同じようなものが出来るのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 2×4と在来工法

    一軒家を購入することとなりました 予算の都合で建売です まだ基礎も造っていない段階なので内装の色やドアなどは選択できますが、基本設計や構造にまでは注文はできません 建築会社は2×4も在来工法も施工実績があるのですが、今回の物件は在来工法です 建売を建設する側としては在来工法を選択する理由にどのようなことが考えられるのでしょうか?

  • 在来工法と2×4

    実家の建替えを検討中です。 在来工法のローコスト住宅か2×4工法で悩んでいます。 静岡という土地柄2×4の耐震性と出来上がりに差がつきにくいという点で とても魅力的なのですが、どうしても湿気が心配です。 在来工法は、ローコストでしか建築できそうにないので 大工さんの力量によるのかなぁと不安があります。 どちらにも長所・短所があるのはわかっているのですが、 いろいろ見ているうちにわからなくなってきてしまいました。 住宅に詳しい方、アドバイスをお願いします。

  • 木造在来工法による工期について

    新築の木造2階建てを計画しております。 現在の状況を説明しますと、 新築を考えた時にHMと地元設計士さんとで悩んだ結果、地元設計士さんに設計を依頼して地元工務店に工事をお願いすることとなりました。そこで少しお尋ねしたいことがあり投稿させていただきました。 1点目の質問は、HM(セキスイ)でお願いした場合の工期は、およそ2か月くらいと言われましたが、今回お願いするところは、工期が5、6か月かかると言われました。確かにHMの工法と木造在来工法では工期に差があると聞きましたがここまで違いがあるものなのでしょうか? (工務店に確認すると、「建築自体は基本的に2名で行い、必要に応じて外部を雇うとのことで時間もかかるし、また、在来工法自体が時間をかけて建てるものだからこんなものでしょう。」とのことです。) 2点目の質問は、工期が6か月かかることについての良い点と悪い点を教えていただければ安心します。 自分なりにいろいろ調べては見るものの、まだまだ勉強不足で分からないことばかりです。お力をお貸しいただければ助かります。 何卒よろしくお願いします。

  • 木造住宅の外壁について(ALC)

    木造住宅(木造軸組在来工法)を建てようと計画しているものですが、外壁についてALCと普通のサイディングとではどちらがよいのでしょうか。個人的にはALCがいいのかなと思っているのですが。皆さんの意見を聞かせてください。 ちなみに鹿児島県です。

  • 在来工法での気密値について

    現在、一戸建ての購入を検討している者です。 そこで、疑問に思った事があったのでご質問させて頂きます。 宜しくお願い致します。 先日、建売住宅を見学しに行ったのですが、その建物は在来工法との事で、仲介業者に「気密値」について尋ねた所 「高気密、高断熱の2×4なら気密値が大事で24h換気も必須だが、在来工法と言うのは通気性が良いので気密性は必要ない。換気システムも本来ならいらない位だ。気密値と言うのは2×4の為のもの」 との事でした。 しかし、後でよく考えたらそんなに風通しが良かったら、真冬はものすごく寒いのではないか?と疑問におもいました。 ほんとの所、どうなのでしょう?お詳しい方の情報をお待ちしております。 宜しくお願い致します。

  • 木造枠組壁工法の住宅に在来工法で増築

    木造枠組壁工法の2階建て117m2の住宅に、在来工法の木造平屋建て13m2ぐらいを増築しようと考えているんですが いろいろ検索してみても エキスパンを入れないとだめだということなのですが どうなのでしょう? もしもエキスパンを入れるなら 既存の建物と増築部分との間隔は どのくらい空いてしまうのでしょうか?

  • 木造在来工法充填断熱の納まりについて

     木造在来工法の充填断熱についての質問です。 10年くらい前に木造の工事をやっていた頃は、間柱間に断熱材を入れて、その室内側の間柱に防湿気密フィルムを張ってからボードで塞ぐことが標準納まりだったと思いますが、最近、久々に木造をやっているのですが、廻りの人が最近は結露するから防湿気密フィルムを入れない傾向だと言っている人が複数いましたが、本当でしょうか。 気密・断熱が不十分だから、結露するのだと思っているのですがどうなんでしょうか? 最近の傾向に詳しいかた教えてください。