• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「ギルティ」

「ギルティ」 過去の事件に関わっていた二人の人物を自殺に追い込む、菅野美穂。 自殺をした二人にとっては、奥さんとおなかの子供や孫との命の交換であるが、 どうしても解せない。 自分が死んだ後、奥さんとおなかの子供や孫の保障もない。 奥さんには、事件の真相を知らせることなく あたかも過去の過ちをすべて知られてしまったと思わせる。 巧みに奥さんの言葉をつなぎ合わせ既婚の言葉を引き出させ、知らせる。 架空の離婚届を突きつけて、絶望の窮地にたたせた上 さらに命の交換を要求。 会社に事件の真相を知らせることなく あたかも過去の過ちをすべて知られてしまったと思わせる。 巧みに重役の言葉をつなぎ合わせ、自分の地位や名誉が崩壊したと知らせる。 架空の懲戒解雇通達や架空の週刊誌の原稿等を突きつけて、絶望の窮地にたたせた上 さらに命の交換を要求。 殺人事件の時効が過ぎてしまったが、 真実が公表されることと命の引き換えを要求するのであれば リアリティがあると思う。 あのシチュエーションで自殺はあり得ないと思うのですが、 皆さんは、十分自殺の動機になると思いますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数109
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • adb1990
  • ベストアンサー率63% (263/412)

録画していたのを今日見ました。 >あのシチュエーションで自殺はあり得ないと思うのですが、 皆さんは、十分自殺の動機になると思いますか? 自殺の動機にならなくはないと思いましたが、 それよりもあの2つのシーンを見て思ったのは、 駅のホーム: 奥さん側のホームの方の電車がくるまでの間には、 夫が大声を出すなどして妻に危険を気づかせられるぐらいの充分な時間があったように思えたので(瞬時に突き落とされたとしても救出可能なぐらいの時間があったような気が・・・)、切迫感というところでのリアリティはあまり感じられませんでした。 屋上: 人形て。。。距離はまぁありましたが・・・でもおじいちゃん気づかなかったの??と・・・。 泣き声がどの方向から発せられていたかイマイチ覚えてませんが、ベビーカーからだったら気づくんじゃないかと・・・。それとも手元で流していた・・・? ・・・この辺りがもっとリアルに切羽詰まってる感が漂っていたら、 自分が死ぬしかない、と思ったとしてもうなずけます。 >真実が公表されることと命の引き換えを要求 自己の名誉を守るために自ら命を絶つということでしょうか? すみません。。ちょっとよくわからなくて・・・。 思うに今回のあのシチュエーションは、 悩む猶予も与えないぐらいのわずかな時間で、究極の選択を突きつける、 というものだったのでしょう。 自分が死んだ後、家族の命の保障もないかもしれないけれど、 言う通りにしなければ、今この瞬間にもその命が失われる、ということが 彼らの脳裏を瞬時によぎってのあの行動だったのだと思います。 極限の状況に陥った時、その人が一番守りたいものは何か、ということを あのシーンで暗に伝えたかったのかもしれませんね。 この辺りのことも、これからのこのドラマのテーマの一つになっているのかも・・・ まだ一話目なので全くわかりませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>極限の状況に陥った時、その人が一番守りたいものは何か、ということを >あのシーンで暗に伝えたかったのかもしれませんね。 なるほど・・。 ただ、 菅野を陥れたヤツらでも、 守らなければならないのは、家族だったということ。 そんな彼らを死に至らしめる必要があったのか。 最後の最後、やはり自分の地位保身や名誉が大事で、 家族を見捨てるような人間であれば、死で償うってもらうとしたら頷けるが。 そもそも菅野は、妻子、孫を殺害する気はないわけで、 その彼女の行動を見破るヤツらを 事故もしくは自殺に見せ掛け殺害するほうが納得です。 自分を陥れた真犯人を殺害した菅野役する主人公を 捜査官玉置が真相究明するが、 最後は温情で逃がすか、主人公自殺で終わりにするのだろうか。 もう一話みて、先が見えたらもう見ません。 回答ありがとうございました。

質問者からの補足

やはり、先が見えてしまったので やめることにします。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 「命の大切さ」を教えるには

     未成年者の殺人事件や自殺事件が起こるたびに、関係する学校では、翌日全校集会を開いて命の大切さを説きます。  教育として最も大切な「命の大切さを教える」にはどのようすればよいのでしょうか? 「学習指導要領」にはどのような内容が書かれているのでしょうか。   そもそも言葉で伝わるものでしょうか?言葉で伝えなければならないとするとどう言えばいいのでしょうか?  わたし自身は、親や教師から教わった記憶はありません。  ただ小学校のときに飼っていた犬やペットが死んだときに、死というものを知り、その後祖父を亡くしてほんとうの死というものを実感しました。  一方で虫やカエルを捕まえてきては殺していましたし、級友たちと一緒になってイジメもしていました。  もしイジメた子が自殺でもしていたら、心に重い荷物を背負って生きてゆくことになったでしょう。  そんなわけで、自分の子供に命の尊さを教えたことがありません。ただ、なるべく自然の中で一緒に遊んであげるように努めているだけです。心を豊かにすることが生命を大切にすることとつながると漠然と考えているからです。

  • 洋画のタイトル、教えてください

    思い出せない、もう一度観たい映画があります ご存じな方、よろしくお願いいたします ラッセルクロウ主演だったと思います 病気か何かで、余命宣告をされた奥さん(?)の残りの命をかけての、冤罪の怖さが、テーマでした 奥さん(?)が自殺するシーンをビデオ撮影し、それを殺人事件として捜査する警察、犯人とされる無実の・・誰か(?)、そして、そのビデオを警察へ渡し冤罪だったと・・・ 主演すら不確かですが、よろしくお願いいたしますm(__)m

  • 子どもの脳死移植がありましたが、

    週刊文春によると、自殺との情報が出ているそうです。 http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/ なんだか複雑な気持ちになりました。 交通事故との報道だったので、中々親としては受け入れがたい話、普段から情に流されない科学的なご両親かなと思っておりましたが、もし、それが事実なら、うーん、子どもは命を懸けて何を伝えたかったのかなと思わざるを得ません。 「彼を失ったつらさや悲しみから少し救われるような気がしています」 この言葉も受け止め方も随分違ってきます。 勿論、法律的には不備はないのでしょうし、新潟県での鉄道自殺を図った中学生と噂されていますが、その真贋はこういう制度上絶対肯定も否定もされませんから、あくまで、噂であり、また、善悪を問う性質のものでもありません。 自殺なら、その本人の死にたいという意思を、一刻も早く認めるほうが肉親は精神的に楽でしょうし、その後も誰かの役に立っている、どこかで彼の一部が生かされているということは、確かに「救われる」思いでしょう。 残されたものが持つ、なぜ子どもは死を選んだのかという辛い辛い問いかけも「少し救われる」でしょう。「良いことをした、彼らしいと思う」ことができる、通常の自殺者の親とは異なる地平を得たわけです。なんとも複雑です。 しかし、利用できるものは生きているものに利用したほうがいいとの合意の脳死移植ですから、そのパーツのみならず、自死の動機すらも生きている者が利用していいのでしょう。 私は、別にこの親御さんを批判しようと思っているのではないのです。我が子の突然の出来事、死が目前。誰だって正常ではおれません。受け入れがたい現実を前にして、選んだ判断が正しいかどうか誰も自信もてません。 ところで、自分の場合に当てはめて考えてみました。幼い子ということで、孫を対象にします。小学生の孫が2人おります。憎たらしいことも言いますが、やはり孫は孫です。そして、嫁が疑惑の(つまり浮気をしていた)3人目をお腹に宿しております。上二人だと、決心がつかないです。でも、今度の子なら、ああ、どうぞどうぞと脳死前から言ってしまいそうです。人間なんてそんなものです。 私が言いたいのは、遺族のほうではなく、周りのほうです。 初の子どもの脳死移植です。もう少し慎重でも良かったのではないか?肉体的に虐待がなかったとしてそれでよかったのか? 私が、3人目の孫をこれから精神的に苛めて自殺に追いやっても、人の役に立ったと私は救われるんでしょうね? 札幌医大で心臓移植があった事件では、医者の功名心があぶりだされました。 この移植も、なんだか移植をしたいほうばかりの思惑が優先しているようで、手放しで良かったと思えません。 しかし、この少年は多くの善を与えたんですね、臓器以外にも。それだけは認めないといけません。 今後、死後の臓器移植を希望する自殺少年が続かないように願うばかりです。 皆様はどう思われますか?

  • 死にたいを止めたい※長文

    うつ病です。 歴はすごく長いです。 何度か死にたい、死にそうになって、時期がすぎて また平穏な日々、もう治ったような錯覚になり、 しかし何年か過ぎ、なんでもないことからふと死にたくなり、止まらなくなります。 最近は震災です。私は現地の内陸です。 親戚や知り合いはまだまだ停電の中、必死に頑張っています。 私にはなんの取り柄もありません。かといって何もする気にもなりません。 資格をとるとか、習い事をするとか、考えはしますが、結局なんの努力もしたくありません。 こんなロクデナシが生きているのは、災害で亡くなった方々に、とても申し訳ないです。 できる事なら私の命を差し上げたい。 病気になる前は、どんな仕事をまかされてもやりこなす自信がありました。 今では信じられません。 過去を振り返っても、悲しいこと、つらかった事ばかりです。 今、仕事もやめて、長いこと実家にお世話になって、辛いことも大分減りました。 だから今が調度いいんです。思い残すことはありません。 こんな時になんて不謹慎な!と思われる方もいるかと思います。 誰に聞いても「死ぬのは駄目」 「みんなが悲しむ」 「生きていればいつかはきっといい事がある」 もしくはうちの父親のように、「死ねばいい」 というか、どちらかです。 とにかくこれから先、生きていくのは、私にとって、とても辛い事です。 だけどみなさんが言うように、自殺は悪い事、というのも、どこかで感じています。 しかも最悪な事に、私は生命保険にも入っていません。だから生きていても、死んでも、家族に迷惑をかけてしまうんです。 死にたいのに、死んじゃいけない。とてもつらいです。 家族の為に生きて。 たくさんの人が悲しむから生きて。 被災地の方々に失礼だと思わないのか! いつかは必ずいい事があるから ・・・なにひとつ心に響きません。 自殺防止の薬も飲みたくないです。飲むのがくるしいです。それでも、逃げてはいけないのでしょうか。 すぐそこで、大切な命がたくさん亡くなりました。 私の命を差し上げたい。 だれか助けて下さい。 同じ想いから立ち直った方はいませんか? 前文に書いた言葉は、なんにも心に響きません。 父は死んでみろと言います。母は気絶するほど落ち込みます。だから心配です。 だれか納得のいく、生きる意味を、方法を教えて下さい。 とにかく、これ以上、つらい想いをしたくありません。 被災地の方を見るたび、もいし分けない気持ちになります。 しかし体も思うように動かず、なんの支援もできませんし、何かに向かって努力する気もありません。 長々すみません。 絶望です。 でも生きなくてはいけないと分かっているから、つらすぎます。 だれか、なにか納得のいく言葉を下さい。 わがままは重々承知の上です。ごめんなさい。

  • ワールドカップ開催のブラジルで

    ワールドカップが開催されるブラジルでの治安の悪さが報道 されています。 強盗やスリ、殺人事件など日常茶飯事だそうですか。それを ただ気をつけてとか言うだけの解説者は信用できませんね。 金を要求されたら出せ。言う事を聞くだけなら命は助かる。 これっていつも正義を言っている解説者の言う言葉ですか? 私なら殺されてもいう事は聞きません。普段正義を言うならリ スクも覚悟すべきなのです。それが本質ならいじめやDVの被 害にあっている人たちに言うべき言葉を失いますよ。 そういう危険な所なら空手など格闘技をやってから行くべきだと 言えば良い。一発で相手を倒してしまえば強盗もなにも起きま せん。 皆さんはどう思います。

  • メメントの謎(ネタバレ有り)

    「メメント」に関しては、過去にもたくさんの質問と回答がありました。 私は、どうも」皆さんの解釈に賛成できません。以下、私の意見を御批判願います。  1.レニーが、前向性記憶障害のために奥さんにインシュリン注射を打ちすぎ、殺してしまったのだとすると、レニーが記憶障害になったのは奥さんが死んだショックかたではなく、奥さんが死ぬより前ということになります。「奥さんがレイプされた」という程度のショックで発症したのでしょうか? 奥さんがショックで自殺したというならともかく、その後夫婦仲良く暮らしていた様子なのに…。  2.奥さんの死亡時にレニーがすでに記憶障害だったとすると、自分が奥さんに注射をしたことも、奥さんが死んだことも全部忘れてしまうはず。なぜ、サミー(保険調査員時代に扱った、詐欺だったという男)の記憶とすり代わっているにせよ、しっかり記憶しているのでしょうか。  3.以上の事柄は全部テッドがレニーに語ったことです。これが真実だとしても、その後テッドはレニーに嘘をついて利用しまくっているわけですから、テッドが「嘘ツキ男」であることだけは確かです。テッドが嘘ツキとわかっているのに、なぜテッドの言葉を「真相」と考えなければならないのでしょう。それも嘘かもしれないじゃないですか。  証拠写真らしきものもありましたが、あの程度は何とでも説明できます。  結局、やっぱりテッドが奥さんを犯し、殺した真犯人なのでは。「俺もジョン・Gだ」というのはうっかり漏らした自白なのでは。

  • 自殺・いじめ・報道

    例えば、学校でいじめられたことを苦にいじめられた人間が自殺したとします。 テレビではどのような報道がなされるでしょうか 僕の覚えている範囲で書き起こしていきます (VTR) ・どのようにいじめられていたのか ・同級生の証言 ・デリカシーのないインタビュアーが遺族に質問し、遺族が涙 ・校長・教育委員会の弁明 VTRが終わり、司会者がコメンテーターに話を振ります コメンテーターが意見します ・なぜいじめが起こるのか ・大人たちは何をしていたのか ・もし、いじめられているのであれば、周りの大人に相談してください ・教師の質の低下への批判 ・このような悲しい事件が起こらないことを祈ります まぁ大体こんな感じだと思います。 僕はこの報道ぶりに怒りを覚えます。 なぜならあることへの批判が抜けているからです。 それは「自殺という行為」に対する批判です。 僕がもし、いじめられていて、テレビ番組を見たときおそらくこのように思うと思います。 (今自殺すれば、みんなが僕の味方になってくれる。それにいじめている奴に復讐することができる) この考えは極端ですが、このように思う人も少なくないと思います。 だから、自殺は悪いことで、絶対にしてはいけませんと言うべです。 もっと言うのなら、自殺は卑劣で、自己中心的な選択です。そもそも選択肢にあってはならないものです。 親がいるでしょう。その親が世話を焼き、愛情を注ぎ、そこに存在することができているのです。その命は一人だけのものではなく、生きる責任があります。 自殺するくらいなら、逃げればよかったんじゃないですかと言うべきです。 このような言葉が、自殺を抑止すると僕は思います。 皆さんはどのように思いますか?

  • 世俗の垢に塗れた顔

    今朝の「モーニングショー」を観ていました。 中学生が進路指導で万引きを理由に希望の高校の推薦を受けられず、自殺して しまった事件についてコメンティターが色々と意見を言っていましたが。 はっきり言って、気持ち悪いです。 正に世俗の垢に塗れたような顔で、言葉の裏に弱い奴は死ね。と言っているように 聞こえます。 つまり、当該の生徒は万引きをしていない訳で、別の生徒が万引きをしていた。 そしてその別の生徒は推薦を受けていた。という概略です。 担任の教師はすべて分かっていて、わざとこのようにしたとしか思えないですね。 つまり自殺した生徒は意思が弱く物事をはっきり言えない性格で、それを利用して 別の生徒の推薦を受けられるように仕向けた。ということです。 それが分かっているからコメンティターは半分笑いながら、こんな子が社会に 出なくて良かったような雰囲気さえ感じました。憶測ですが。 確かに社会に出たら、不名誉な事実と反することに振り回されることもあります。 そんなことでイチイチ自殺していたら命がいくつあっても足りやしません。 しかし、中学卒業を控えた子供にそこまで分かるのは少ないと思いますし、純粋 な恥を知る気持ちも踏みにじっている。と私は思いますが。 世俗の垢に塗れた顔は醜いと私は思いますが、どうでしょうか。

  • カウンセラーに「あなたを見ていると殴りたくなる」と言われました。(かなり長文になりました。すみません。)

    30代後半の主婦です。14~5年ほど前から、(1)人と同じ空間にいると吐き気&倒れそうになる&特に他人と一緒に食事とか、考えるだけで具合が悪くなる。(2)自分が自分でないような感覚でいる時期が(数ヶ月単位で自然にほぼ治まりますが)が、繰り返される。(3)去年は、2ヶ月ほどでしたが、まったく「笑う」ことが出来なくなった時期もあった。(これも自力で?なんとか良くなりましたが)(4)性格や考え方がコロコロ変わり、自分と言うものを主体に置けなくなるような感じ。(5)「食べたい」「遊びたい」「あれが欲しい」とか、ごく普通の欲求がなくなり、それらを楽しめない。(6)もともと他人の感情に敏感ではありましたが、更にひどくなりました。目の動き、表情、言葉の端々、手の動きひとつで、察知するような。   これらの症状で不自由しています。非常に生きにくいです。 子供の頃から、まぁ苦労はそれなりにしてきたので、その分、強い面はあると自分で思っていましたが、ここ数年、一度にいろんなことがあり、環境も激変し、感情を強制的に抑え込まなければいけない状況を長く強いられてきたせいなのか、症状が酷くなり、思い切って、去年から、カウンセリングを受けるようになりました。 が、カウンセリングを受けるたびに、更に追い込まれ、状態が悪くなります。「相性が悪い?」と思って、別のカウンセラーを訪ねると、 また似たようなタイプに当たってしまい、更に落ち込む。「あなたを見てると、頭をポカンと殴りたくなっちゃう。からかいたくなるし、いじめたくなる気持ちにさせる雰囲気を持ってるのよ。どうしようもないね」「子供の頃、いじめられていたでしょう?あ~、分かる、分かる。」とか、最後には「あなたはもう治ってます」で帰されたり。(全然、改善されてないのに)男性であれば、からかわれたり。で、思い切って、精神科医を尋ねると、「なんで自殺しないの?(しなかったの?ではなくて、自殺しないの?でした。)」とか、「治療法もない」だとか、「薬飲んでも完治しない。」だとか、「気の毒に」とか、「可哀想に」とか。(そんな言葉だけならいりません。)「でもあなたは自殺するタイプじゃなさそうだし、これからも何をされても死なないよ。」とか。そんな言葉の羅列に絶望し、自己卑下がひどくなり、自己評価も下がるだけで、「私は生きていてはいけないのか?」と虫けら以下に思えて、さすがに相手が医師だっただけに、この対応を受けた直後は、初めて本気で「もう無理。もう死のう」と思ったりしました。(悔しいことに、その医師の言うとおり、今も私は生きていますが) カウンセラーや医師個人に絶望するのではなく、(人格的なものを求めても、これだけヒドイのに当たればもうこんなもんなんだろうと諦めている。)こういう領域で働く人でさえ、このレベルなのかと、思うと、もう、誰も私を治せないんじゃないかと絶望するのです。 ただ、話を聞くだけで良くなるレベルであれば、自分で治せます、私の場合、そうして、どうにか、やってきた。 まともな?カウンセラーや医師は、絶対にいるはずだけれど、私には縁がないのだ。と思えて絶望するのです。 私がこんなんだから、こんな対応をされるのだ、こういう人にばかりあたってしまうのは私がこの程度だからだ・・とか結局、自分を責めてしまう。 お金も凄く使ってしまいました・・。使えば使うほど、傷が増えるだけで何の解決法も見出せないまま。 自分でできる限界には来てます。私は普通に生きたいのです。ただ、どうやって、まっとうな医師に出会えるか、その術が知りたい。また嫌な思いをするかもしれないと思うと、飛び込みで?診察を受けるのを躊躇してしまいます。ここで質問しても、「この病院のこの医師です」とは書いては戴けないかもしれませんが、ヒントになるものをもらえたら・・自分で検索するなりして、見つけられそうに思います。(どうにかしなければ、せっかく生きているのに、怖がるだけ、不安だけで、人と関わる喜びを味わえない人生に何の未来も見えない。喜びや幸せも感じない。命を無駄遣いしているようで焦る。とても申し訳ないような気になるのです。今はまだ死ぬに死ねないというか、もう少しだけ頑張ってみたいのだけれど。)

  • 警備も配送同様命がけなので人との関わり免除ですか?

    マスコミに知り合いがいまして、佐川急便、リクルートなどの汚職事件 の裏や真相を聞きました。 いわゆる3kのきつい、危険、汚いの仕事、厚生年金が払えない派遣 など、半自殺的な仕事に人を流すための汚職事件だったそうです。 そのために日本にしか無い「飲みニュケーション」や昼食事の会話、 友人と仕事仲間の中間の隙間に人が入る環境を企業体質として作 って、報道もしたりをしてたそうです。 つまり、見捨てられ不安の強い境界線人格障害、これ高学歴社会 と親の成績重視&存在軽視で増えたそうですが、これらの傾向が 強い人が会社で生き残り、健常者は逆に落ちこぼれになり、その3k や派遣に流れる仕組みを裏金国会と大企業が作ったそうです。 従って、汚職事件の配送分野は命の危険を代償に、乗れば車で1人 になれる配送仕事をしてもらうという暗黙の了解です。 同じように施設警備とか、現金輸送車なども、その友人だか他人だか 分からない境界線の付き合いを免除されるような社風でしょうか? 私の兄は私と同じくアーティスト寄りで、ウルトラマンなどでCGの仕事 をしてましたが、寝る間もないので辞めて、その日本特有の隙間の人 付き合いが嫌で工事関係でクレーン技師をしてますが、いまいち、そ の隙間の付き合いを免除にならずに、不眠などで苦しんでいるようで す。 警備の他でも良いですが、何かドライバーのような、平成の赤紙?的 な、交通戦争以外での命賭け&隙間付き合い免除の仕事ってご存知 でしたら、教えてください♪・・・ マスコミの裏話ですと、その境界線人格障害は見捨てられ不安が強く 、切りたくても切れない隙間の付き合いを好むので、会社では毒と薬 が180°違うようです、健常者とは。 なのでその理由で社会についてゆけず、平成では特に集団自殺が 増えて、うつ病じゃないから自分では死ねないから集団自殺になる わけですが、私もその志願者で、慈善団体にとめられて、今生きて いますが、何とか生きるために、死ぬより辛い隙間付き合いを回避 出来る仕事を探しています。 ドライバーも良いのですが、まだ運転に自信がなく、練習中ですので 、他に何かドライバー的な、命かけるから隙間付き合い免除みたいな 仕事があれば、お願いします。深刻なのです。私ひとりの悩みじゃなく 、まだ死んでない集団自殺志願者すべての願いです。