• 締切済み
  • すぐに回答を!

「・・・にます」 の動詞を探しています。

「・・・にます」 の動詞を探しています。 日本語学習者に「て形」の作り方を教えます。 「ます形」の最後の3文字が「にます」の動詞を探しています。 例)似ます/煮ます/死にます 長い時間考えましたが、思いつきません。 他にどんな動詞があるでしょうか。 お願いします。 注意:「死にます」は「て形」の作り方ルールの例外として教えます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数1036
  • ありがとう数4

みんなの回答

  • 回答No.4
noname#213089
noname#213089

ますにしたときに最後の3文字が~にますになる動詞ということですが、 にが動詞そのものの一部である似る、煮るを除くと、「ぬ」で終わる 動詞ということになります。 日本語には「ぬ」で終わる動詞は「死ぬ」と、後は古文で出てくる昔の 言葉「去ぬ(いぬ)」の2つしかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり、すみません。 ありがとうございました。 「連ぬ」「撥ぬ」など古文では多く見られるのですが、いづれも実用的ではありませんね。

  • 回答No.3
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

誤記訂正です。(ただし、前回回答と話の内容自体は変わりません。) A:「に」を語幹とする上一段活用動詞 ↓ A:「…に」を語幹とする上一段活用動詞(終止形は「…にる」) B:ナ行五段活用 ↓ B:ナ行五段活用動詞(終止形は「…ぬ」)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。

  • 回答No.2
  • SPS700
  • ベストアンサー率46% (15160/32515)

 似ます  ナ行上一段の動詞。  煮ます  ナ行上一段の動詞。  死にます ナ行五段動詞。  ですから例外ではなくて、他の五段動詞と同じ「て形]を作るだけではないでしょうか。  例えば「読む」「痛む」「呼ぶ]「遊ぶ」など、みんな「死ぬ」と同じ「ーんで」という「て形」に終わる訳で、例外を作る必要がなくなり、学習者の負担が軽くなると思います。  動詞語幹の最後の子音がナ行、マ行、バ行なら「ーんで」になる、と言えば簡単です。  ご質問ですが、本州西の地方言語(例えば山口県)にある「去ぬ」という動詞が「いにます」という形を持つ以外「、、、にます」に終わる動詞はありません。しかしその場合も「いぬる」という終止形や連体形にはあるので、ナ行5段とラ行5段の間を揺れている面白い動詞です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなってすみませんでした。 偶然にも、自分は山口県出身だったので、興味深く読ませていただきました。 ありがとうございます。

  • 回答No.1
  • sanori
  • ベストアンサー率48% (5664/11798)

こんにちは。 おそらく、該当する動詞は A:「に」を語幹とする上一段活用動詞 B:ナ行五段活用 の2種類しかありません。 Aは、ネット辞書で「にる」が最後に来る動詞を探せばよいことになります。 goo辞書で調べてみましたところ、「似る」と「煮る」のほかは「わにる」しかありません。 http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/238516/m2u/%E3%81%AB%E3%82%8B/ しかし、あまり使われない動詞でしょうね。(方言との説もあり) Bは、「ぬ」が最後に来る動詞を探せばよいです。 「ぬ」で終わる言葉が「死ぬ」を含めて395件引っかかりました。 この中から探してみてください。 http://dictionary.goo.ne.jp/srch/jn/%E3%81%AC/m2u/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

遅くなりまして申し訳ありません。 369件、チェックしてみましたが、初級~中級で使われる動詞は見当たりませんでした。 ご丁寧な返答、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 日本語文法「そうだ」のことで。

    様態の「~そうだ」について質問があります。 「~」に入るのが動詞のときなんですが、日本語学習者用の教科書には動詞の"ます形"、国語文法では、"連用形"が入る、という説明をよく見かけます。(例:雨が"降り"そうだ。) 実際には、それ以外にも動詞の"使役形"や"受け身形"、"可能形"も入りますよね。(例:仕事に"行かされ"そうだ。もうすぐで"泳げ"そうだ。) どうして、文法の説明では、"ます形""連用形"としか書いてないのです? 使役形や受け身形、可能形も"ます形"の一種なんですか?(行かされ‐ます、泳げ‐ます、だから?) 細かいことかもしれませんが、教えてください。お願いします。

  • 記憶に残りやすい音の流れについて

    外国人に日本語を教えています。 「て形」を学習する際の効率的な音の流れを、以前よりずっと考えています。 私は「ます形」から「て形」の流れが一番発音しやすいと考えているのですが でもそれは単に慣れの話で、実は「辞書形」から「て形」でも結果は同じかもしれないという気もして整理がつきません。 例:「ます形」から「て形」 会います → 会って・待ちます → 待って・乗ります → 乗って・飲みます → 飲んで 遊びます → 遊んで・聞きます → 聞いて・急ぎます → 急いで・話します → 話して 等 例:「辞書形」から「て形」 会う → 会って・待つ → 待って・乗る → 乗って・飲む → 飲んで 遊ぶ → 遊んで・聞く → 聞いて・急ぐ → 急いで・話す → 話して 過去5年以上私が実践してきた「ます形」からの練習方法では、 学習者は1時間で「て形」をマスターし、 2時間目のレッスンでは「て形」から「ます形」が言えるようになります。 「辞書形」で実験してみればいいことなのですが、 もしこうした音の流れ(?)に造詣のある方がいらっしゃれば ぜひご意見を伺いたいと思い、質問をさせていただきました。 どうぞよろしくお願いします。

  • 常体表現における動詞の肯定過去形と否定過去形

    ■常体表現における動詞の肯定過去形と否定過去形の作り方 を、英語で説明しなさいという質問について、です。 1. まず「常体表現」というのは常体/敬体の常体という把握で 間違いはないでしょうか?(普通形とます形の異なりのこと) 2.また「動詞の肯定過去形と否定過去形」とは例えば 下記の様な例であっていますか? ●動詞の普通形の過去肯定: 先週日本語の勉強をした。/昨日手紙を書いた。/去年イギリスに行った。 ●動詞の普通形の過去否定: 先週日本語の勉強をしなかった。/昨日手紙を書かなかった。 /去年イギリスに行かなかった。 3.上記の「説明を英語で」という質問なのですが、 英語で日本語文法を教える場合に役立つ文法や形式等が勉強できる サイトや書籍があれば教えていただければ幸いです。 この質問で苦労していてどうしてもきちんと理解をしたいので できればご回答をお願いします。

  • 動詞の中止形・打消し(て形・否定)

    動詞の中止形・打消し(て形・否定) ・~ないで(例:使わなくて) ・~なくて(例:使わないで) の使い分けにルールがあるのか無いのかが 分からず困っています。 さしみにワサビを付けないで食べる。 →   ワサビを付けなくて食べる。(×) 勉強しなくてはいけません。 → しないではいけません。(×) 行かなくて(も)いいですか。 → ないで(も)いいですか。(○) 起きれなくて、遅刻した。 →  ないで、遅刻した。(×?) ルールに理由はあるのでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 「辞書形」を早い段階で教える日本語教授の教科書

    海外在住者で日本語を現地の希望者に教えています(英語圏です)。 日本語教授の教科書を書店に探しに行かれないので こちらで相談させていただきました。 従来は「みんなの日本語」を使用してきましたが この教材での動詞は最も一般的な「ます形」から始まるのですが 週一回一時間の授業なので「て形」に入るまでに1年以上かかり 「辞書形」はその更に後です。 それまで辞書で動詞が引けないというのはやや問題がある気がしまして できれば「ます形」と「辞書形」を同時に教える、 もしくは「辞書形」をかなり早い段階で教える教材を探しています。 Youtube で「て形」の歌を探していた際に「ます形」からではなく 「辞書形」から「て形」に変換する歌がありましたので これは早い段階で「辞書形」を教える教授法があるということなのではと推察しました。 もしお心当たりがありましたら、ぜひご教示ください。 どうぞ宜しくお願いします。

  • 日本語教授法「て形」に至る順序

    英語圏で日本語を教えている者です。 私は「みんなの日本語・初級1」を使用しており、動詞の活用は 「ます形」「て形」「ない形」「辞書形」「た形」の順序です。 できれば、この順序が採用されている理由が知りたいです。 「ます形」「辞書形」「ない形」「た形」「て形」の方が (普通形をまず先に教える)個人的には良いような気がするのですが もちろん理由があって上記の順序になっているのだと思います。 何かご存じでしたら、是非アドバイスをお願いします。 よろしくお願いします。

  • 授受動詞

    授受動詞 授受動詞の質問 おはようございます。 今、韓国で日本語教育を専攻いている大学院生です。 授受動詞のやや紛らわしいことがあって質問をします。 1.第三者間の授受を客観的に描写する場合には「あげる」しか使えない理由?        例> ジョンサンガマリアさんに花をあげたそうだよ 2.  田中さんは私にキャンディーをくれました。    私は田中さんにキャンディーをもらいました。   二つの違い点。 3.「あげる・くれる・もらう」は、いずれも尊敬・謙譲の形式として特殊な形を持ちます。規則的な形である「×おあげする・×おくれになる・×おもらいする」などの形はない。 例> 先生にお土産を{○さしあげました / ×おあげました}。  「×おあげする・×おくれになる・×おもらいする」 これを使えない理由? 4.「私」と身内との授受を表す場合、普通、尊敬形や謙譲形は使われません。授受表現の場合も同じです。 例> 父の誕生日にプレゼントを{×さしあげました / ○あげました}。   「×さしあげました」ができない理由? この四つお願いします

  • 「着る」と「切る」の活用の違いについて

    今私は海外で日本語の先生をしています。 動詞の活用を今勉強中なのですが、どうしても分からないことがあります。 私の使っている教科書には、最後が「る」で終わる動詞は 「る」を取って「ます」、「ません」などをつけると説明しています。 (例) 食べる→食べ た。食べ ます。食べ ません。 ですが、例外?として 切る、知る、帰る、走る、入る はこれに該当しない。と書かれています。 どうしてでしょう?教科書には理由が書いていません。 生徒にどうやって見分けるのか、と聞かれて困っています。 どなたか分かる方がいましたら教えてください。 お願いします!

  • 「だ」の識別-断定の助動詞、過去/完了の助動詞、形容動詞-

    中2で学習する、「だ」の識別(断定の助動詞、過去/完了の助動詞、形容動詞)についてです。 (1)曖昧だ。→形容動詞 (2)遊んだ。→過去/完了の助動詞 (3)走るのだ。→断定の助動詞 (4)鳥だ。→同 この識別を(芳しくない)中学生に説明するのに、どう言えば、図式化すれば、分かりやすいでしょうか。 今のところ、断定の助動詞の識別は、 手順1 「~な」と言えるのは形容動詞である。 (例)曖昧な      (「とても」をつけるやり方はどうも分かりづらいらしい。) 手順2 手順1で残ったモノのうち、「だ」を「です」に言い換えられるのが、      断定の助動詞である。      (例)○走るのです、鳥です ×遊んです の2段階ですよーと説明をしているのですが、ブーイングが起こります。 これが分からないのは能力の限界が原因だよね、と言いたい。 一部の撥音便またはイ音便のときに過去/完了の助動詞「た」は濁る・・・というのも分かりづらいみたいだし・・・ 「遊んだのはいつのこと?」と訊くと、「過去」と答えられる子がほとんどです。 文脈で判断できるなら、それが本来あるべき識別の仕方なのですが、この判断は、机間巡視中に寄せ寄せ問答しないと出てこない。 日本語が変わってきている、適当になってきているので、判断しづらい、というのもあるようです。 (例)私の好きな色は緑だ。    「緑な」とは言えないので、これは形容動詞ではありません。    「え~言うし!!」    ・・・となります。 よろしくお願いします。

  • フランス語の動詞活用

    現在フランス語を独学で学習している者ですが、 動詞活用に関して、 「動詞活用一覧表」たるものがの掲載されている ページがあるのでしょうか? 結構探したのですが、「これは!」というものがないのですね。 もし、おすすめのページがあれば、紹介していただけると幸いです。 さらに、フランス語学習(独学)に関して、 ポイントやアドバイスなど (例:学習の手順、または、独学する人が陥りやすい点など、) がありましたら是非お願いします。