• ベストアンサー
  • 困ってます

地盤改良費について

地盤改良費について お世話になっております。 このたび、土地を購入し注文住宅を建設する事になりましたが、地盤調査を行ったところ 1mの表層地盤改良が必要との事でした。 見積りが出てきましたが、当初の予想を超えていて困っています。この値段が妥当であるのか教えていただけないでしょうか? 建坪:15坪 (若干それより広めに改良を行うとの事) 費用は、以下の通りです。 ・土地改良材固化材(六価クロム抑制標準型) 105000 ・改良工(拡販混合・締固・整地)      284700 ・試験費(一軸圧縮試験)           24000 ・運搬費(施工機械・機材)          80000 ・残土処理費                99000 ・技術管理費及び諸経費           60000 ・値引き                  -2700 合計:65万円 表層改良なので40万くらいかなと思っていたのですが、高くて驚いています・・・ 値段交渉はHMがしてくれることになっていますが、こちらとしても妥当な金額であるのか知っておきたく質問させて頂きました。 表層改良でこのくらいはかかってしまうものなのでしょうか? 宜しくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • char2nd
  • ベストアンサー率34% (2685/7757)

 固化材ですが、六価クロム抑制型ではなく高炉セメントが使えないかどうか交渉してみてはどうですか。単価が倍近く違います。抑制型ほどではないですが、高炉セメントでも六価クロムの溶出はかなり抑えられます。  六価クロムの溶出試験の結果次第ですけどね。そもそも溶出試験を含めた配合試験をやっているのでしょうか。それをしないと添加量が決められないはずですが、費用の内訳に試験費が入ってないので、地盤調査でそこまでやっているのかどうか確認した方が良さそうです。  ただ、周辺にも住宅などがある場合は粉塵抑制型の固化材を使わないとえらいことになります。こちらは高炉セメントよりも高いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳御座いません。 固化材にも色々種類があるんですね・・ 何故六価クロム抑制型なのか今度聞いて見ようと思います。ただ周辺には家がありますので粉塵抑制型になりそうです。 ご回答ありがとうございました<(_ _)>

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • LegaC2
  • ベストアンサー率52% (224/428)

私も2年ほど前に新居を建築した際、表層改良をしました。 我が家の場合、96m2(≒29坪)、0.7mの厚さで、60万円でした。 但し、この60万円には、残土処理費は含まれていません。 (我が家の場合、一部盛土をしたため、残土はそちらで使用したので、残土処理はありませんでした。) 改良厚の違いと残土処理費は計算に入れないとして、15坪程度で55万円、30坪程度で60万円。 なんとも判断が難しいですね。 材料費については、施工面積に比例すると思いますが、重機等は、施工面積にかかわらず必要なため、面積が少ないからと言って、簡単に値段が減るものでもないと思います。 ちなみに、私の場合は、HMが出した見積りなので、HMの儲けも乗っていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 確かに判断が難しいですね・・・ でもやはりそれくらいしてしまうのですね 今後の打ち合わせの参考にさせて頂きたいと思います。

関連するQ&A

  •  地盤改良(表層改良)費用の妥当性について

     地盤改良(表層改良)費用の妥当性について  初めて質問させて頂きます。  近々庭に離れ(建坪6坪の二階建て 延床面積12坪)を建築することになり地盤調査(スウェーデン式サウンディング試験)を実施したところ、その結果は「深さ1mの表層地盤改良が必要」とのことでした。  そして工務店から出された見積書は次のとおりです。    浅層混合処理法    表層地盤改良(工材費)H=1.00m 施工面積24.04m2 単価11,000円 金額264,440円     残土処分費 8m3 単価7,500円 金額60,000円    回送費 一式 金額50,000円    小運搬費 一式 金額50,000円    総額 424,440円   (実際の請求は値引きを含めて消費税込みで400,000円)  当方この方面では全くの素人ですので、この見積もりが安いのか高いのか適正価格なのか判りかねます。(ネットで少し調べてみると施工面積の割には少し高いのかなという印象もあります)  この見積もりに関してご意見をお伺いしたいと思いますので宜しくお願いします。

  • 地盤改良費が妥当なのか教えてください。

    地盤改良費が妥当なのか教えてください。 建築契約をしたハウスメーカーに地盤調査をしてもらった所、調査結果と工事費用が下記の通りです。 工事内容:表面地盤改良 狙い支持度:30kNm/m2 工事面積:75m2 深さ:1m 固化材:8t  重機運搬および施工費:¥210,000  表層改良材料費(低粉塵固材 8t):¥300,000  発生残土処分費:¥130,000   諸経費:¥50,000  合計:¥690,000 ネットで調査した所、発生残土処分費は特殊な場合を除いて普通は発生しない費用と書いてました。 経験のある方、是非教えてください。 別会社に見積もりを取って、比較する必要があるのか検討中です。

  • 地盤改良について

    すみません、何点か地盤改良について質問させてください。 当方、現在新築一戸建てを考えています。 自分の気に入った土地が150坪ほどあります。 そのような時は、もし地盤改良が必要だとわかったときに土地の広さに対して費用がかかってくるのですか? それとも家を建てる建坪に応じてなのでしょうか? よろしくお願いいたします。 また、地盤改良を施工する会社はHMで建てている場合には他社との合い見積もり等は取れるものなのでしょうか? あわせてよろしくお願いいたします。

  • 地盤改良の費用について教えてください。

    ハウスメーカーで新築します。 1階が17.5坪の総2階建てです。 先日、土地の地盤調査が終わったそうで、その結果を聞きました。 GL-2.5m程度のところにそこそこの地盤があるため、 2.0mの表層改良で130万円かかると言われました。 ざくっり聞いただけですが、 現状、GL+0.5mの状態で、2.5m掘ってGL+0mから2.0mの表層改良をするそうです。 その後、GL+0mからの深基礎にすると言っていました。で、130万円。 3.0mの柱状改良でも良いが、表層改良のほうが多少安く済むため、表層改良を推奨するといわれました。 ネット等で見ると、表層改良は20坪で3-70万程度といろいろ見られますが、 130万なんて高額、見当たりません。高すぎませんか? 下記についてアドバイスください。 1. 今週末に、見積もりの詳細を出してもらう予定ですが、 それまでに少しでも知恵を付けておきたく、一般的な妥当な価格を教えてください。 2. 上記のような状態で、柱状改良、表層改良、どちらがオススメですか? (地域として低い土地ですので、できるだけ、基礎高はあげたいと思いがあります) 3. 交渉ごとになったら、どんな点を指摘したらよいのでしょうか。

  • 地盤改良の費用について質問させて頂きます。

    地盤改良の費用について質問させて頂きます。 こんにちは、木造在来工法2階建ての新築工事に伴って表層地盤改良をすることになりました。 工事会社に見積もりを出してもらい、相談箱等ネットで調べたのですが工事金額が妥当なのかどうか判断できませんでした。 改良面積 85m2  改良深度 1m  改良土量 85m3 配合量 100kg/m3  一般軟弱土用 改良工(材工一式)、重機運搬工、圧縮試験費及び管理費を含み 工事代金 380000円(税込)の見積もり金額でした。 工事金額は一般的な金額なのか教えて頂けないでしょうか。 よろしくお願い致します。

  • 表層改良って?

    地盤改良時に表層改良をした場合、残土は出ますか?改良後、どのくらいの日数で完全に固まるのですか?通常地盤改良後、地盤の強度の検査はするのでしょうか?教えてください.よろしくお願いします.

  • 地盤改良について教えてください

    現在スウェーデン式サウンディング試験にて地盤調査をし、結果が来ました。 JIOシステムにて判定はベタ基礎での判定が出て、保障していただけるとの事でした。 しかし、大工さんの方がこの結果を持ってきた時に金額が高くなっても可能ならば柱状改良をおすすめします。と、言われました。 建築予定地はあまり地盤は良いとは言えない土地なので柱状改良しておけば万全だと言う事です。 たしかにそれは解かるのですが、やはり金銭面で出来るだけ安く済ませたいと思っています。(判定で柱状改良の判定が出たなら腹をくくってお金を出す予定でしたが、ベタでもOKという判定で私自身は安心しました) しかし、建てて貰う予定の大工さん(専門知識のある方)に柱状改良を薦められてしまうと、やはりそちらの方が安全で安心に暮らせるのかと考えております。 そこで、もう一つの提案されたものは表層改良は柱状改良の半額ほどで、コンクリと混ぜ、大工さんの工場でできると言うことで、安く出来るからどうでしょうと?言われました。しかし、工務店の専属の設計士さんから『表層改良は意味がない』と、言われたそうです。 どういう根拠で意味がないと言っているのか工務店の方もわからなく、私としては表層改良でも、それはそれで安全で安心できるのなら、柱状より半値と言うことですし、そちらでもいいかと思っていますが、なにぶん設計士さんより意味がない。と言われたことが気になっております。 ベタ基礎は工務店さんで標準仕様になっており価格に入っているのですが、改良をするとなると別途になるとの事で悩んでおります。 またN値が素人で理解していないのですが、2~3mが3以下だそうです。 3mを越えれば徐々にN値もすこしずつ上がってきます。 ベタ基礎で保障は出るけど、そこにもう少し安心を加えて表層改良っていう考えは、設計士さんが言うように意味がないのでしょうか? 工務店の社長さんは、設計士さんの意味がないという根拠がわからなく、十分表層改良は有効だと言ってますので、少し私自身も困っております。 どなたか、お詳しい方よろしくお願いいたします。

  • 地盤改良について

    私が契約している住宅メーカでは建築前に地盤調査を行い、地盤が悪ければ地盤改良をする事になっています(ほとんどのメーカがそうだと思いますが) 地盤改良は結構な値段なので、私としてはなるべくしたくありません。 家を建てようとしている土地は現在畑として使用しており、その土地は道路より約20cm低いので土を入れようと考えています。その周辺は田舎で、近所に立っている家は道路よりかなり高い位置に建っていますので、我が家も道路より50cm位高くして家を建てようと思っています。その場合、現在の畑の高さより70cm位土を入れることになりますが、70cmも土を入れることにより現在畑である地盤の良し悪しとは関係なく地盤改良が必要になるのでしょうか? また、土を入れても地盤改良に問題ない量は何cmくらいでしょうか? ちなみに現在畑である土地の地盤はそんなに悪くは無いらしいです。 また、土を入れた土地はローラー等で固め、地盤調査は土を入れてから行う予定です。わかりにくい内容で申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

  • 軟弱地盤の表層改良工法

    【背景】 新しく分譲された土地を購入し、スウェーデン式サウンディング試験により、7mほどの鋼管杭が39本の地盤改良工事が必要となりました。 いざ、地盤改良工事がはじまると、深さ60cmのところで、ヨウ壁の一部が、土地の底面に底皿として折入っていることがわかり、端っこの一列の5本の鋼管杭をあきらめ、表層改良工法となりました。 【質問】 他34本は鋼管杭にて対応、一列5本のみ表層工法で、さらに軟弱地盤と聞いています。 将来、この表層工法部分だけが地盤沈下するのではないかと心配しています。 (その場合、家に亀裂が入るなど) この方法は適切なのでしょうか? 今回、建築にあたり財団法人の瑕疵担保保証には加入済みです。 よろしくお願いします。

  • 地盤の浅層改良について

    新築で家を建てようと思っているのですが、購入した土地の地盤がよくないので浅層改良をしようということになりました。施工計画書を拝見したところ、固化剤の配合量や改良深度などの数値の計算がありましたが、改良の範囲については不明なのです。建物の外周の基礎底板に囲まれた範囲を改良するのが一般的なのでしょうか。