• ベストアンサー
  • 困ってます

建築途中の基礎立ち上がりとベースの間に柔らかいサクサク削れる約3ミリの

建築途中の基礎立ち上がりとベースの間に柔らかいサクサク削れる約3ミリの層が一部あります。 原因はベースのコンクリート打設直後から次の日までの大雨による影響だと思います。 シートをかけてなかったので型枠の中がプールのように水が溜まり、全体的に砂が浮き砂浜の波打際のようでした。2日目でも一部は水の中で粘土のようにヌルッと柔らかく指でへこみました。その次の日 水が抜かれ、立ち上がりの基礎が乗っかり、粘土状の部分は乾いて粉状となり指で押さえただけでへこみ、すくえました。まるで片栗粉を触ってる感じです。 営業マンは「強度は大丈夫ですよ」の一点張り! 基礎立ち上がりの下の柔らかい層が荷重でもし粉々になり抜けて3ミリのすき間があき立ち上がりの下が空洞になった時に 立ち上がりの沈下、亀裂、割れると思い 現在工事を中止させています。 何故 3ミリもある表面の柔らかい粉状の部分を削らないでそのまま立ち上がりを乗せたのかが理解できません。 業者の負担による基礎の作り直し、もしくは契約解除は可能でしょうか? コンクリートや不動産に詳しい方からの意見をお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数621
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

1>その次の日 水が抜かれ、立ち上がりの基礎が乗っかり、粘土状の部分は乾いて粉状となり指で押さえただけでへこみ、すくえました。まるで片栗粉を触ってる感じです。営業マンは「強度は大丈夫ですよ」の一点張り! 2>不動産屋の営業マンは 「表から化粧モルタル塗るからもし柔らかい層が崩れても粉がこぼれ出る事はありません」「もし基礎が崩れても10年保証があります」と言い工事を進めようとします。一級建築士さんの知り合いがいないのでどこに相談すればいいのかわかりません。建ててる近所の人達は コンクリ打設直後からの大雨も見てるので 好奇の目で見られて(そこの不動産屋はその近隣で何軒か建てていますがいい評判がないみたいで欠陥住宅に住みよるわみたいな感じに笑われて)精神的にも参ってしまい そこに住みたくなくなってきます。 回答 1.コンクリート基礎の品質管理検査は、不合格ですね。第三者の監理は契約されていますか。そちらの検査はどうされましたか。10年間の瑕疵担保保証がされていると思います。そちらの検査はいかがですか。 いずれも検査不合格ですね。 2.コンクリート工事の品質管理がなされていない事例ですね。要は手抜き工事です。「あげは事件」は設計の手抜きでしたが、これは施工の手抜きですね。 ベース打ち込み時のレイタンス処理がなされていません。仮に雨になり表面が侵食されたとしても通常であれば内部の強度は確保されます。故に、立ち上がり部分のコンクリート型枠組み立て前に、強度の確認をして、どこまで壊すか、すべて壊すか、補修をどうするか、を業者が計画して、設計士、品質管理責任者のチェック承認を得て、施工に進みますね。無論、請負契約書に記載がある、条件変更になりますから、貴方との協議になり増すね。貴方のほうで、強度確認して不可の場合は、すべて壊してくださいと指示すれば、当然、契約約款により業者は壊して施工しなければなりません。 3.営業マンは、技術者ですか。技術者であればこのような発言はありませんが?モラルも、倫理観もまったくないですね。このような考え方では、本来、保険会社(10年保証)は受け入れてくれませんね。最初から手抜き工事をして、保険目当てで、万一不具合が出れば、業者の責任もないであれば、請負契約約款の趣旨もまったく理解していませんね。会社がそのようなことであれば、建設業法による許可を与えた行政サイト(国、県)にも責任がありますね。業法による監理技術者は義務を果たしてないですね。本来ならば免許と利上げですね。無論保険は適用できなくなりますね。行政に実情を訴え出る、そして強力な指導をしてもらうことですね。 又、市町村の確認申請部署に実情を報告、指導もお願いすることですね。 4.私であれば契約解除ですね。 但し、その要件が成立するかどうかが問題です。契約約款条項違反、手抜き工事。検査体制不備、外部検査不備 品質管理体制不備、などで、弁護士に相談ですね。 そして、可能であれば契約解除です。そして、新規に場所を探すか、業者を探すかですね。 このままであれば、先き、問題が多発ですね。きっぱりと契約解除に向け進みましょう。若干の契約解除金が万一発生したとしても、今回は勉強として負担することですね。30年、50年先まで苦しむことはないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しいご回答ありがとうございます。JIOの検査はあるはずです。基礎の配筋検査はベースのコンクリ打つ直前に受けたと聞きました。 配筋だけでコンクリには検査は無いのでしょうか…? 保証料を払ってるのにおかしな制度ですね… 営業マンは坊ちゃんで法律は詳しいみたいですが設計や建築にはうといようです。 こちらの質問や要望に対して 返事が遅い、ひどい時は忘れてる って事が多いです。 レイタンスに関しても 問題無い 自信を持って引き渡しできる基礎です と言われました。 実際は画像そのままです。理解していただき嬉しく思います。柱が立つ肝心な場所なのに 端から1メートル位が完全にレイタンスの3ミリの層の上に乗ってます。それが2ヶ所もあります。 建築士協会に出向き コンクリに詳しそうな建築士さんに連絡を取り 現地にて相談していただくようにしました。

関連するQ&A

  • 基礎のベース部と立ち上がり部がズレています

    現在新築中(ベタ基礎・2×4、床組みまで完成)です。基礎に関して教えてください。 一部ですが、基礎のベース部に対して、立ち上がり部が外側にズレています。基礎幅は12センチ、ズレ量は最大約3センチです。ベース部の型枠の寸法が出ていなかったためズレたようです。ベース部型枠設置後、鉄筋は型枠から4~5センチの位置(ほぼ中央)にあることを確認しました。(立ち上がり部型枠設置後の配筋は確認できていません)おそらく、立ち上がり部の内側の鉄筋のかぶり厚が不足(2センチ程?)しているはずです。 ちなみに、このずれている基礎の壁は耐力壁ではありません。(五角形を半分に切ったように飛び出た部分で平屋)この場合の必要最小限のかぶり厚さは何センチでしょうか?  耐力壁でない&直接土に触れない(立ち上がり部分)の二点より、かぶり厚さは二センチあればよい。と解釈するといいのでしょうか?(下記建築基準法施行令をどのように理解すればよいか迷っています) 既に床組み完了している段階ですが、基礎内側の補修を要求した方がよいのでしょうか?基礎外側はモルタルで補修すると聞いていますが、このような場合、モルタル補修が適切なのでしょうか?業者と話し合うためにこちらの要求をはっきりしておきたいと考えています。上手く説明出来ていないかもしれませんが、アドバイスいただけましたら助かります。よろしくお願いします。 建築基準法施行令(鉄筋のかぶり厚さ)より 第七十九条  鉄筋に対するコンクリートのかぶり厚さは、耐力壁以外の壁又は床にあつては二センチメートル以上、耐力壁、柱又ははりにあつては三センチメートル以上、直接土に接する壁、柱、床若しくははり又は布基礎の立上り部分にあつては四センチメートル以上、基礎(布基礎の立上り部分を除く。)にあつては捨コンクリートの部分を除いて六センチメートル以上としなければならない。

  • 基礎立上がり打設時の散水について

    基礎立上がりコンクリートの打設前に型枠の汚れ・ゴミの除去と打設済みの ベースコンを湿潤のためホースで散水しますと伝えられました。 打設は11月初旬頃です。 ベタ基礎一体打ちではなくベースコン打設後に基礎立上がりの型枠を設置して 打設する工法で 基礎幅は150mm ・ 外周及び内周の型枠の高さは750と450mmの鋼製です。 ホース散水のため大量の水でベースコンが水浸し(水溜り)になり、この状態で 打設した時にコンクリートに及ぼす水の影響が心配です。 下記内容についてご教示くださいますようお願い致します。 1. 散水は基礎立ち上がり型枠内に限定、またはベースコン全体でしょうか? 2. 散水がコンクリートの性能に影響を及ぼさない水量(水位mm)または表面状態と 合わせて最適な散水方法。 3. ベースコンが湿潤の程度を超えた散水で全体が水浸し(水溜り)になり、 この状態で基礎立ち上がりを打設した場合、打設コンクリーに水が混入して 打継ぎ部の性能低下等の影響はどうでしょうか? (なお水溜りの水は事前に除去せず、散水は必ず行うとの事です) ・この様な環境の下では打設不可で、必ず水の処置(除去)を行うべきでしょうか? 追記 ベースコン打設後も、散水しますと聞いていますが、通常どの様なタイミングで 散水(打設何時間後)を行いまたは不要でしょうか? 以上宜しくお願いいたします。

  • 三井ホームフリープランで基礎が終わりました

    今日、午前中に現場に行ったところ基礎の金属の型枠を外しているところでした。 基礎立ち上がり部分の金物が垂直に入っておらず、少し斜めになっているところが見受けられたのですが、金物はどのくらいの傾きは許容範囲なのでしょうか? 特に建物の角になる部分の金物が複数斜めになっていました。 また、雨のためベース基礎にかなり水がたまり3-4センチの深さになっていました。今日基礎の立ち上がり部分の型枠を外している時に、溜まった水は水抜きの穴が開けてあるのでそこからも抜けるし、後は水抜きの機械で吸い出すと言われましたがそれで大丈夫でしょうか? コンクリートスランプ値も知りたいと思っています。スランプ値をメーカーに尋ねても大丈夫でしょうか?

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • kei1966
  • ベストアンサー率46% (1033/2245)

一級建築士です。工事のひどさから契約解除のお手伝いをしたことがあります。 それには現場検査、必要であれば数値の明確になる検査(ハンマーやコア抜き検査)をしてあなたがこれは欠陥であるということを証明しなければいけません。契約書を読みましょう、契約解除できる条件が書いてあるはずです。 検査の結果、問題なければ契約解除まで持っていくことは無理でしょう。万一この時間を長引かせては工務店も損害あなたも損害です。急いで一級建築士か検査業者を探してください。タウンページでもインターネットでも建築士会でも探せるはずです。最近は第3者監理というのをしている建築士事務所もあります。 ネットによって情報を得ても向こうが認めなければ何も動きませんよ。 建築知識の無い営業がでてきているのなら話になりません。 私は検査し写真をとり相手の建築士や社長さんと工事の悪かった点を話し合いで認めさせたので契約解除できました。こちらも識者を連れていかなければあちらもどうにかごまかそうとしてしまうでしょう。 専門家をすぐ探しましょう。 ~~ちなみに相談半日、検査半日、話し合い半日で5万円ほど業務料をいただきました。まともに建築士の報酬に設計事務所の経費として計算するとやや不足かなぐらいです。でも、これが本業じゃないですからね。依頼する際は費用のお話もある程度しておいてスタートしましょう~~

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。一級建築士さんに見ていただきましたが、ビルなどの大物ならともかく 一般住宅には差し支えない程度で崩壊の危険性は無し との判断をいただきました。 これ以上工事のストップをかけるのもリスクが大きいので再開し 補強してもらうようにいたしました。

  • 回答No.4
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

表から化粧モルタル? 保証 10年間? こんな話をすのであれば、まるっきりわかっていない営業マンです。 それほどいうのならベ-ス部分をコア-抜き取りし、圧縮試験をしてくださいといってみてください。設計基準強度Fc21 たぶん コンクリ-ト打設後28日後  それで出るか出ないか確認したらいかがですか。質問者も一緒に試験機関にいってたちあって みたら納得すると思います。。資格をもって役所・民間ビルモノ現場管理を専門にしていますが、 このような話をきいたのは初めてです。コア-抜きは4周からとったらいかですか。鉄筋をきらないように するため、コア-抜き時は探査機械を使うようにいってみてください。コア-穴はあとで無収縮モルタル注入すれば問題ありません。 こういう言い方をする営業マンがいると腹がたちます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • gonba
  • ベストアンサー率49% (375/765)

こんにちは、大変ですね。 工事を中断したのは、良かったですね。 一番確実なのは、基礎補強の専門業者に補強方法を相談されては、如何でしょうか? Netで、「基礎補強」で探せば、全国対応してくれる業者もありますよ。 普通の基礎屋さんでは、無理でしょう、基礎補強専門会社に相談するのが一番です。 なにしろ、「基礎」と言うくらいで、一番大切な部分ですので。 しっかり補強してから、建てたほうが安心です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 建築士協会に出向き 詳しそうな建築士さんに連絡をして相談 調査をしていただくように進めています。

  • 回答No.2

写真を取る。後は住んでいる役所に相談ですね。 土台が沈む上に物を立てて大丈夫なんて普通ありませんからね。 虫がわいたり湿気の原因にもなるし・・ 後はまあ静岡の例ですが http://mina-aoi.jp/link/index.html 各都道府県にもあると思います。至急相談ですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 写真は着工した日から たくさん写しましたので証拠にはなるかな と考えております。 本日 建築士会に出向き 詳しそうな建築士さんと相談、調査していただく方向で話が進んでいます。

  • 回答No.1
  • dokatan
  • ベストアンサー率30% (164/534)

ベ-スに雨があたりコンクリ-ト中のセメント分よくのろといいますが(セメントペ-スト)が流れ上部にたまったた状態だと思います。これはとらないと上部基礎立ち上がり腰壁と接続になりません。中間に弱い層をはさむためです。基礎ベ-ス面を高圧洗浄であらいながしたあと、基礎腰壁接続面を目粗した後腰壁を立ち上げたらいかがでしょうか。コンクリ-ト打設最中に大雨の中でうった場合は、強度が弱くなる可能性があります。これはコンクリ-トは水:セメントの割合で決まるからです。通常水セメント比といっています。叉コンクリ-ト打設後に雨があたったのであれば表面があらわれた状態なのでベ-ス表層部を前に述べたやりかたをすれば、問題ないような気がします。コンクリ-ト打設は通常前の日の天気予報を確認して、大雨が予想される 日は打設しないのが常識のような気がしますが。一時的にふって来た場合は、シ-トで養生するのが 普通だとは思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 立ち上がり部分との間でなく、ベースの表面だけならば こちらも心配はしないんですが… 不動産屋の営業マンは 「表から化粧モルタル塗るからもし柔らかい層が崩れても粉がこぼれ出る事はありません」「もし基礎が崩れても10年保証があります」と言い工事を進めようとします。 一級建築士さんの知り合いがいないのでどこに相談すればいいのかわかりません。 建ててる近所の人達は コンクリ打設直後からの大雨も見てるので 好奇の目で見られて(そこの不動産屋はその近隣で何軒か建てていますがいい評判がないみたいで、欠陥住宅に住みよるわ、みたいな感じに笑われて)精神的にも参ってしまい そこに住みたくなくなってきます。

関連するQ&A

  • 基礎立ち上がり2mmのクラック

    120mm幅の立ち上がりで基礎立ち上がりを打ちました(気温19度午後)。その後当日夜9時くらいから雨が降りました。翌朝確認したところ、15箇所くらいの天端に最高長さ70cm最高幅2mmの亀裂がありました。亀裂の方向は基礎幅120に対して直行方向(型枠に平行)です。 このサイトも拝見させていただきましたが、どうしたらいいかわかりません。養生はしてありおません。ホールダウン、アンカーボルト付近に多く見られ、それらの金具も型枠に固定されていませんし、少し曲がっていたりします。金物の周辺にスキマも見られます。 建築は、地元工務店です。建坪は28坪強、べた基礎で、13mm20mmピッチ、立ち上がり主筋は13mm、縦は10mmです。レベル出しのコンクリートを打ってしまうとわからなくなるので、ビデオ、写真で撮影済みです。 レベルコンクリートはすぐ打たなくてはならないのでしょうか? 水が型枠内にたまっています、このまま夜を迎えるとクラック部分の水が凍ってしまいそうで心配です。 今回前にも少しもめたので、心配です。よろしくお願いいたします。

  • 基礎立ち上がりコンクリート打設後の散水

    ベースコンクリート打設から基礎立ち上がり部の打設経過は以下の通りです。 5/7 基礎ベース打設(晴れ:気温19~10℃:風速8m/s:乾燥注意報) 5/8 基礎立上り型枠設置(晴れ:気温23~10℃:風速9m/s:乾燥注意報)ベースの型枠撤去 5/9 基礎立上り打設(晴れ:気温27~11℃:風速4m/s) 5/10~5/16(養生:5/10 晴れ:気温28~13℃:風速4m/s, 5/11AM9~5/12AM6頃迄    降水量2mmの予報です) 基礎立上りコンクリート打設状況 8時30分打設開始→9時20分打設完了 →15時10分頃レベラー完了→型枠上端部をシートで覆う レベラー完了後、直ちにベースコンクリートに散水をして型枠の8mm程浸水しました。 散水はコンクリート打設完了から5時間50分位経過していました。 基礎屋さんはこのままの状態で支障ありませんとのことでしたが、心配になり15時45分から 約2時間30分かけて浸水した水を拭き取りました。 1.   この様な状況でベースコンクリートと基礎立ち上がり部の境界近傍等は水の浸透により   強度の低下や接合部に不具合を生じ、どの様な悪影響があるか心配です。 2.   5/17 型枠を外しますが、外観の表面状態の観察で有る程度の欠陥は判断出来る   でしょうか? 3.   また、簡単に出来る試験はどの様なものが有り信頼性はどの程度でしょうか?   上棟は5/23の予定です。 4.通常は基礎立上りのコンクリート打設後の雨除けのシートは(基礎部全体を覆う)   何日位必要でしょか?現状は型枠上端部のみシートで覆ってあり不安です? なお ベースコンクリート打設の翌朝に表面を確認したところ内部配筋の鉄筋近傍に幅1mm・長さ50cm程のクラックが10数箇所有り、10mm位の白い斑点が表面に無数見られました。 コンクリートの納品書は以下の通りです。 基礎ベース:水セメント比:57.5%, スランプ:18cm, 空気量:3.4, CT温度:20, 気温:16 基礎立上り:水セメント比:57.5%, スランプ:18cm, 空気量:4.5, CT温度:23, 気温:20 FC値は何れも24-18-20Nです。 ご教示よろしくお願い致します。

  • 基礎の鉄筋に詳しい方、お力をおかしください

    新築中のものです。 現在、基礎工事中で、ベースコン打設は済みました。 次は立ち上がり基礎のコンクリートの打設となります。 立ち上がりコン打設前に、鉄筋の状況を確認したところ、 立ち上がり基礎の鉄筋が、型枠の一方に片寄ってかぶり厚が 不足している箇所があったため、HMに昨日その旨を連絡した ところ、是正しますとのことで、本日、作業を実施した様です。 是正状況を確認のため、仕事終わりに先ほど現場を見てきたの ですが、昨日指摘した箇所の鉄筋は、根本(ベースコン付近) から曲げられ、2cmほど鉄筋を全体的に型枠の中央まで 寄せられていました。 確かに、鉄筋は型枠の中央にあり、かぶり厚さは鉄筋を挟んで 両側共に十分あるのですが、このような処置(鉄筋を折り曲げる) は、品質上問題ないのでしょうか? 明日には立ち上がりコンクリートの打設となり、このまま 工事を進めて良いものか非常に不安です。 どなたか、コンクリート構造物に詳しい方が居られましたら 大変恐縮ですが、大至急御助言頂きたく、何卒宜しくお願い 致します。

  • 建築士さん、基礎屋さん教えて! 基礎工事について

    現在、基礎工事が進行中のものです。 6月3日の午前中に配筋検査が終了し15時頃にベースコンクリートを打ちました。本日6月4日の12時に現場に行くと、ベースコンクリートの枠が外れており、立ち上がり部分の型枠を設置しておりました。HMに確認する前に第三者の立場の皆様に質問なのですが (1)ベースコンクリートの養生期間20時間程でよいのか。こちら札幌で昨日の気温は最低12度、最高22度でした。(本日触ると表面は硬くはなっていました) (2)ベースコンの表面(上部)に数ヶ所、おおよそ1ミリほどのクラックが入っていたがその状態で立ち上がり部分を打設しても問題ないか。 (3)住宅の一辺が深基礎のため、一部根堀を深くとっており、その部分はベースコンクリートも高低差 があるのですが、高低の境の部分の高いほうのベースコンが一部、宙に浮いた状態になっていす。 境の土の地面が斜めになっており(法面)その分10から20センチほど浮いている。14MのH型杭を31本打っていますが浮いた部分は杭もありません。標準の基礎と深い基礎が混合した場合、普通のことなのでしょうか。強度的な問題は心配いらないのでしょうか。埋め戻しの際に空間はしっかり固まるのでしょうか。 素人の質問で恐れ入りますがよろしくお願いします。      

  • 基礎仕上げ

    基礎の立ち上がり部分をコンクリート打ちっぱなしで見せたい場合、型枠をバラした後に撥水材等の処理を通常するんでしょうか?

  • ベースコンクリート打設後

    毎度お世話になります。 基礎のベースコンクリートを打ち終わり、現在立ち上がり部の型枠を設置している状況です。 そこで、ベース部天端のほとんどは押さえ・ならした結果非常にきれいな仕上がりなのですが、 立ち上り部の鉄筋が入っている箇所は砂利石が浮き出ている状態です。 ●通常、このような状態になるのでしょうか? ●この後、立ち上り部のコンクリートを打設するので  わざと(固着しやすいよう?)、このようにしている。 ●本当は、つるつるに一旦仕上げ、その後立ち上がり部を打設する 気になったので、質問させていただきました 宜しくお願いいたします。

  • 基礎スケジュール

    明日、ベースコンクリート打設する予定です。 その翌日から型枠工事を施す予定なのですが、ベースコンクリートの養生は必要ないのでしょうか? 素人考えでは、あまりよくない気がします..... 以下が、基礎工事のスケジュールです。 日時など変更した方が良い点などありましたら、ご教授くださいませんでしょうか? 8/1(火) ベースコンクリート打設(午前中終了予定) 2(水)、3(木)型枠工事(設置) 4(金) 型枠コンクリート打設 4(金)~7(月) 外部排水工事 8(火) 型枠工事(取り外し) わからないことだらけで、色々と心配しすぎかもしれませんが、どうぞよろしくお願いします。

  • フラットベース基礎について

    現在住宅を建てようと勉強中です。 住宅の基礎をべた基礎で考えたときに、基礎の立ち上がりというのが本当に必要なのかが非常に不思議でなりません。 色々な本等を見るとフラットベースという考え方もあるようで、この工法だと立ち上がりが存在しないため床下環境が良好に保てる上に、型枠コストも低く抑えられ、有効に思えるのですが、現在打合せしている工務店さんにはイマイチ反応が悪く、通常のべた基礎(立ち上がりあり)で施工する形で話が進んでいます。 デメリットが自分の中で見いだせないため、みなさんのご意見を参考にさせて頂けないでしょうか?

  • 基礎工事。。。

    今月の上旬から、基礎工事に入りました。基礎は、柱状改良をした後、布基礎を作り、土間コンクリートを流す、というやり方です。ようやく基礎たち上がり部分の型枠が外れるなと思い現場に足を運びました。すると、基礎15坪のうち半分の基礎たち上がり部分が、壊され、作り直しをしていました。心配になり、業者の社長に電話を入れ、理由を聞くと、基礎工事アンカーボルトに問題があったので、問題の箇所のコンクリート打ち直しを指示しました。とのことでした。そして構造上問題になる部分は、補強する事にしているので、ご安心下さい。とのことでした。この、事が原因で基礎の強度が落ちるという事は、ないんでしょうか。とても不安です。。。

  • 基礎配筋における建築基準法って・・・

    いつもお世話になっております。 教えてください。 現在、新築を建設中(一般的な4LDKで軸組工法、べた基礎)で、ベース基礎が終了した段階です。 立ち上がり基礎の型枠(基礎幅は150mm)が完成し、アンカーボルトなどの設置も終わり、コンクリートを打設する前に、配筋を確認した所、これで良いのかという点がありましたので、皆さんのご見解をお聞かせ下さい。 人通口付近の配筋についてです。 連続した立ち上がり基礎の型枠の中に基礎幅と同じ幅(150mm)の木の板(厚さ10mm程度)を2枚500mmの間隔で入れ込み、空間を開け、人通口を作っている状態です。 その連続した立ち上がり基礎の型枠内の配筋は、人通口を作るために切断され、補強などは何もされていないようでした。 配筋が切断され、その配筋の切断面と人道口を作るための木の板とのかぶりが非常に狭く、ひどい所は木の板とほぼ接しています。 たまたま、同じ業者が近所で建設中の物件があり、そこの基礎を見たところ、我が家と同じような基礎の施工がされており、完成した立ち上がり基礎の人道口の側面から鉄のサビがにじみ出ていました。 工事監理の方に上記の事項を報告しました。 その回答は以下のとおりです。 ・人道口付近の配筋の補強は、その上に柱などが来ないような設計になっているので、必要ない。 ・配筋と木の板とのかぶりは、建築基準法では30mm以上とされているが、外気にあまり触れない箇所であり、問題にならない。また、基礎配筋を設置するのが困難な箇所であり、この位は黙認する箇所と言える。 ・現場では、なかなか教科書(建築基準法)とおりには出来ないものである。 だそうです。 その回答を私に告げ、そのままコンクリートを流す作業へ進んでいきました。 これって、普通ですか?