-PR-
解決済み

交通事故の慰謝料について。

  • 困ってます
  • 質問No.6181653
  • 閲覧数1704
  • ありがとう数10
  • 気になる数0
  • 回答数8
  • コメント数0

お礼率 96% (231/239)

交通事故の慰謝料について。


いつも参考にさせていただいております。

タイトルの通り、交通事故の慰謝料についてですが、
今年の5月のGW中に、玉突き事故に巻き込まれ(私は助手席です)
負傷しました。
尚、相手方の過失が100で、病院で頚椎捻挫と坐骨神経痛が認められ(MRI撮影済み)
治療費は、当方は一円も払っていません。

また、通院日数は15日ですが、別の病気を併発してしまい、
通っていた整形外科に1ヶ月間行けておりません。

痛みはまだ少しありますが、症状は改善してきているので後遺症は無いと思います。

整形外科から整体に変えてマッサージなどの治療をうけてから、
示談に入ろうと思っています。

保険会社から提示された資料によると、慰謝料は
実質治療日数×15日×4200円×2で計算されていますが、
金額の妥当性が分かりません。
知人には安すぎると言われましたが、根拠もありません。

また、マッサージに通った期間も加算してよいものでしょうか?
その際には保険会社に連絡をしないとならないでしょうか。

マッサージに通ったあとは整形外科にて念のため、
後遺症診断をしてもらったほうがよいですよね??

こういった事故が初めてなので、無知ですみません。
文章も下手で申し訳ないです。
何卒お力を貸していただきたくお願い申し上げます。
通報する
  • 回答数8
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル12

ベストアンサー率 42% (253/589)

交通事故の場合、精神的な苦痛に対する慰謝料だけでなく、

治療費用 入院雑費 通院費 休業損害 慰謝料

上の五つを一つ一つ計算して全てをたしたものが一般的に示談の際の金額に成るわけです。

ところが知らないと損をします。

あなたのケースの場合 相手の保険会社は、自賠責で定められている範囲内の慰謝料の部分のみ計算してきてます。
家事労働車でさえも 実質的に家事に従事出来ない日が発生したら 病院にいったとか 坐骨神経痛がとか 首がいたくてとか それは、一日あたり5700円の休業損害を請求していいんですよ。

また病院への通院は、徒歩かタクシーか自家用車か電車パスか 自家用車ならガソリン代を計算します。
タクシーならタクシー代(ただし領収書要す) 電車バスなら領収書なしで計算できます。


自賠責では次のように定めておりまする
(1)  休業損害は、休業による収入の減少があった場合又は有給休暇を使用した場合に1日につき原則として5,700円とする。ただし、家事従事者については、休業による収入の減少があったものとみなす。
(2)  休業損害の対象となる日数は、実休業日数を基準とし、被害者の傷害の態様、実治療日数その他を勘案して治療期間の範囲内とする。
(3)  立証資料等により1日につき5,700円を超えることが明らかな場合は、自動車損害賠償保障法施行令第3条の2に定める金額を限度として、その実額とする。

そして慰謝料ですが
自賠責では、
3.慰謝料
(1)  慰謝料は、1日につき4,200円とする。
(2)  慰謝料の対象となる日数は、被害者の傷害の態様、実治療日数その他を勘案して、治療期間の範囲内とする。

慰謝料の計算は、たぶん提示された計算式であっています。

休業損害について あなたがもし給与をもらっている勤労者なら 過去三か月分の給与から算出して休業損害の一日の額を決めて計算することに成ります。5700円は最低額ですので 自賠責の場合5700円から19000円/日の範囲だったと記憶しております。

良く勘違いされる方も多いので 自賠責で認められる治療できる場所の範囲ですが

柔道整復等の費用
 免許を有する柔道整復師、あんま・マッサージ・指圧師、はり師、きゅう師が行う施術費用は、必要かつ妥当な実費とする。

ですからマッサージもOKです。
それにマッサージにいった日も通院した日に算定できるはずですよ。

知らないと損をする
特に事故の被害者の時 知らない 常時気だと間違った情報を信じこんでしまう方も多く 損をするんです。

あとまだ痛いのなら もつと通うべきですよ。
慌てて示談しても損ですよ
マッサージだって良いんですからね。

どんな示談をしても示談して二年間 何も申し立てなければ時効です。

また後で痛くなった際 示談から時間が経ってしまっていると今回の事故が原因だと立証できないと中々話が進まなくなるので 治療できるときにご納得されるまで治療すべきだとわたしは思います。

痛い思いをするのは 被害者であるあなた方ですから まだ少しでも痛みがあるなら 示談はすべきではないですよ。
お礼コメント
ccocco17

お礼率 96% (231/239)

大変ご丁寧に解説してくださり、ありがとうございます。
目からウロコをボタボタ落としながら読ませていただきました。

治療費用については、通院中当方は一銭も出していませんし、
入院もしておりませんので、示談の際には

『通院費 休業損害 慰謝料 』が提示されるのですね。

>それにマッサージにいった日も通院した日に算定できるはずですよ。
やはり、算定できるのですね!!
ちなみに、これは、領収証を添付すればいいのでしょうか??
変な言い方ですが、勝手に行って勝手に請求していいのでしょうか?
整形外科医には「マッサージもやってみるといいと思いますよ。」とは言われましたが
別に指示はされていません。

今までは、
(1)保険会社にどこの病院に行くかを連絡
(2)保険会社からその病院へ連絡
という方法をとって、治療費を払ってもらっていたのですが、
マッサージはどこに行くか決まってないので・・・・。

>治療できるときにご納得されるまで治療すべきだとわたしは思います。
本当にそうですね。
痛みはあるものの、仕事はできているので、もう早く終わらせたいなと思って
あせってしまいました。

本当に無知でしたが、ここに質問してよかったと思っています!!
ありがとうございます!
投稿日時 - 2010-09-14 14:50:14
悩みは調べるより詳しい専門家に聞こう!OKWAVE 非公開Q&A

『法律や相続』の悩みに強い専門家

※完全非公開、1,080円(税込)

弁護士畑中 優宏

質問する非公開

相続診断士河東田 桃子

質問する非公開

行政書士石川 裕也

質問する非公開
他カテゴリーの専門家を見る

その他の回答 (全7件)

  • 回答No.3
レベル14

ベストアンサー率 48% (2966/6106)

マッサージ・整体などという言葉を使っていますが、施術を行う者の資格によっても異なるでしょうね。

私が受けた交通事故での治療の時には、柔道整復師による施術は認められましたね。特に柔道整復師は、あんま師・はり師・きゅう師などとは異なり、健康保険の適用を受けることが出来ますしね。
ただ、整形外科の医師の指示がないような場合には、柔道整復師の治療範囲を超える治療であれば、法律にも反することになります。
柔道整復師の治療範囲であっても、そもそもの治療範囲が長期化するようなものが含まれるとは思えませんから、そのような場合も問題が残りますね。

慰謝料の金額ですが、多分自賠責保険の基準で算定していることでしょうね。事故の相手が加入する保険会社が自賠責を含めて示談交渉などを行うことになりますが、任意保険会社が自賠責保険の範囲で示談を行えば、任意保険会社は保険金の支払いを立て替えるに過ぎず、腹は痛まないことになります。保険会社も営利団体です。保険料収入を多く、保険金支払いを少なくしたいのです。

判例などもありますが、素人が使っても意味がないでしょう。保険会社は事故示談のプロです。保険会社に有利な判例を持ち出してくるでしょうね。

私も過失割合0の被害者で、相手の保険会社と直接やり取りを行いましたが、やはり保険会社を信用できなかったため、弁護士特約の利用で弁護士へ依頼し、現在裁判にしていますね。
後遺障害診断も最低の級ですが認定されていますが、生活には支障はほとんどありませんが、常に偏頭痛のような状態がありますからね。

被害者側に弁護士が介入し裁判などとなれば、
自賠責保険基準 < 任意保険会社基準 < 弁護士会(裁判所)基準
の中の弁護士会基準で算定して争うことになります。

私は最も高い基準で、プロ同士で争って、納得できる賠償を受けるために行動しています。
ただ、訴訟になれば長い期間かかる場合もあり、被害者側が金銭的不安があるほど通常の示談で済ませたほうが良い場合もあるでしょう。
私の申し立てた裁判も数ヶ月経ちますが、いまだ方向性が見えませんね。

必要であれば、自治体や法テラスなどで法律相談を受けられることでしょう。ただ、時間に制約があり、一定の料金もかかります。こちらからの説明だけで終わってしまうような相談はすべきではありません。相談するための説明資料などを精査し、場合によっては分割して相談する必要もあるでしょうね。
お礼コメント
ccocco17

お礼率 96% (231/239)

とてもご丁寧に解説してくださりありがとうございます。

>マッサージ・整体などという言葉を使っていますが、
>施術を行う者の資格によっても異なるでしょうね。

ん~・・・表記の仕方難しいですね。
あまり施術をする方の資格とか、区分して利用することがあまりないので、
私にしてみれば、接骨院も整体もカイロプラティックも
マッサージで括ってしまっていました。

きっと私の知人は、元々法律等に詳しいのか、
事故にあってから詳しくなったのかわかりませんが、
保険会社の提示する金額に納得がいかず、
交渉してある程度納得の金額の提示を受けたのでしょう。
なので私にヤキモキしてしまったんだと思います。

弁護士さんを介したり、ごねるつもりもないのです。
最初は、貴重なGWをフイにされた、とか
加害者が一切謝罪に来ないとかで頭にきたりもしましたが、
まあ、出来る限り穏便に迅速に済ませたいと思っています。
正直、病院通いもしんどいので・・・・。

ただ、安すぎると言われたので、
私のような例だとどれぐらいが妥当なのかと皆様に聞いてみたかったのと、
マッサージでも保険会社の適用を受けれるという話を聞いたので、
実際に請求された方などはいるのかな?と思い質問させていただきました。

もし、被害にあった上に加害者や保険会社の方に
「してやったり」みたいに思われたら、バカらしいなあと思ったのです。
すいません変な理由で。

でも前の回答者さんの指摘にもあるように、妥当な金額は自分で決めることなのですよね。

最後に、ご回答者様も現在裁判中のこと。
色々とご苦労あるかと思いますが頑張ってください。
本当にありがとうございました。
投稿日時 - 2010-09-14 13:57:14


  • 回答No.8
レベル14

ベストアンサー率 24% (614/2494)

普通に優秀でまともな弁護士なら、自分の報酬分(着手金除く)くらい余計に裁判で慰謝料等を勝ち取ります。というか保険の補償の計算って、裁判を越された場合払わざるをえない額から弁護士費用を引いた額くらいが目安にされています。
苦手なら弁護士に頼むのも一つの手ですよ。

まあここで悪徳にひっかかると目も当てられないんですが。
お礼コメント
ccocco17

お礼率 96% (231/239)

ご回答ありがとうございます。

弁護士さんに頼んだら大変心強いと思いますが、
そこまでは考えていないのです。

なるべく、穏便に迅速に終わらせたいなと思っています。
投稿日時 - 2010-09-16 09:12:46
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 21% (2219/10372)

整体は無免許ですから、マッサージは違法行為ですよ。
お礼コメント
ccocco17

お礼率 96% (231/239)

マッサージという表記が不適切でしたら申し訳ございません。
整体での治療ということです。
投稿日時 - 2010-09-14 12:36:39
  • 回答No.7
レベル12

ベストアンサー率 42% (253/589)

またまた投稿いたします

>「1ヶ月以上、通院の期間が開いてしまっているので
今月は様子を見ますが、来月示談で話を進めさせてください」
といわれました。

向こうは進めたいのでしょうけど たぶん今回どこからか助言されたと思っているでしょうけど たまたまこのところ忙しく時間も中々取れず痛いのを我慢してきたのですが どうにもこのままでは、良くなると思えないため当分治療にも時間を割こうと決めました。
ですから よくなったら示談しましょうと軽く流して結構です。

痛い思いもしてない加害者側が示談の時期を決めるのはおかしいわけで 痛い以上示談してはいけませんよ。

医者には、忙しくて無理していたら痛みが軽くならず返って強くなったと 少ししかれても当分ダメだという印象を持たしてください。

どうせ神経にかかわる部分はレントゲンとかみてもわかりませんから 患者が痛いという以上しばらく通うようにというでしょう。

実務上 保険会社は、もっともらしい言い分を加えて 示談にしましょうとか これが限界だとか自分達が優位に立つように仕向けようとします。

今回間にひと月以上空いたからといってきてますが 例えば私があなたの立場なら こっちは痛いの我慢してでも 生きるために時間を仕事優先にしていたんだ。
そちらが当初から誠意を見せて何か見舞金でも先にくれたなら ひと月以上こっちの都合で治療を空けているなら大丈夫でしょうといわれても納得するけど なにもなかつたからこっちも生活かかつているから 多少無理してでも やらないとならないことがあったけど やっぱり痛いから これからは治療にも時間作るから よろしくね。

こういって 相手の要求はスルーします。

見舞金なんて入院でもしてないですし 初めからこれは 慰謝料数十万超える怪我だとか明らかなら保険会社も要求すれば 出してきますけど 今回のように怪我の場合、出ません。
頭でわかっていても 被害者側の心情を伝えるように交渉の時は、軽く無理なことを含めて話をもつていくんですよ。

駆け引きです。今回今月は様子見るというのなら 主治医に痛いですといって 当分治療が必要な印象をもたせて置いてください。

交渉毎の前に出来る限りの周りの状況を自分に有利にされるのも大切な手ですよ。

まるで騙しみたいに取られる方もいるかもしれませんが わたしも若いとき追突された事があり 相手が取引先だったため 保険会社が出てきても 若かった事 会社で早く復帰して欲しいといわれていたこと 相手が取引先だったため 余計会社からもごねないようにと釘を刺されてしまつたのですが 今思えばしっかり休んで しっかり何年掛けても治すべきでした。

いまでも寒いと痛くなります。

それが初めての事故でしたが それからは事故の関係の相談など受けると 絶対無理しないように怪我をした側は できる限りなおしてから示談するようにとアドバイスしてます。

痛い思いをしている以上 いくら一時的に大金をもらったとしても もし一生痛みと共に生きるなら 大損しているんです。
事故で得する人は 中々いませんよ。
しいていえば 保険会社は、利益上げているんですから事故というものがある社会で得してますけどね。
得できない保険会社は、能無しですけどね・苦笑
だから保険会社に対し情を感じる必要などありません。

自分の身体を治す事だけを考え治療できるときにしっかり治療してください。
お礼コメント
ccocco17

お礼率 96% (231/239)

ご回答ありがとうございます!

こちらを読んでから電話すればよかったです。
昨日の電話で、
「その(示談の)方向で9月中は病院に行き、医師の判断を仰ぎます」
と伝えてしまいました・・・。
きっと、保険会社の方は来月示談で了承したって思っていると思います。
なんとも気が弱くて自分で嫌になります。
ホント自分の体のことなのですから、もう少し強気にいってみようと思います。

どうも電話などで話すと伝えたいことを上手く言えず。
押し切られてしまいます。

>だから保険会社に対し情を感じる必要などありません。
そうなんですよね・・・。
たまたま、担当の方がもう定年という感じの男性なもので
強く出れないんです。

・・ってなんだか悩み相談みたいになってきてしまいました(笑)

今日は仕事のあと整形外科に行きます。
症状がまだ続いてることを伝えて、治療再開してもらいます。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2010-09-15 13:06:12
  • 回答No.2
レベル9

ベストアンサー率 11% (13/113)

このテのハナシでいつも思うのだけれど 妥当ってナンでしょうか?

あなたがそれで納得するかしないかの話であり
あなたが納得すればそれが妥当という事です

納得しなければ 納得できないと主張し
相手側保険会社が認めなければ 加害者に直接訴え
それでも主張を認めなく、納得できなければ
訴訟を起こすしかないでしょう

妥当かどうかは あなたの判断基準の上にあるのです!!
お礼コメント
ccocco17

お礼率 96% (231/239)

>妥当かどうかは あなたの判断基準の上にあるのです!!
おっしゃるとおりですね。
お恥ずかしいです。

交通事故に関しては様々な判例があると思いますので、
一般的にはどうなんだろう?と疑問に思い質問させていただきました。
知人からの、安すぎるという指摘もあったので、「無知は損」なのかと・・・。

保険のことや法律のことなど詳しく分かりませんので
おとなしく提示された金額にサインをしたほうがよいですね。
投稿日時 - 2010-09-14 12:40:33
  • 回答No.5
レベル12

ベストアンサー率 42% (253/589)

4です。
では 実際私の経験も含めて回答いたします。
□___________________

>整形外科医には「マッサージもやってみるといいと思いますよ。」とは言われましたが
別に指示はされていません。

今までは、
(1)保険会社にどこの病院に行くかを連絡
(2)保険会社からその病院へ連絡
という方法をとって、治療費を払ってもらっていたのですが、
マッサージはどこに行くか決まってないので・・・・。
___________________

まず整形の医師からの勧めもあったというかたちにして 話を進めてしまいましょう。
その上で時間や体調を鑑みた上で良いときにマッサージを受けてみたことにして 領収書もあるわけですから 今後もこの治療も平行して続けようと思うと保険会社に伝えちゃえばいいです。

その際 今までいって立て替えた分の領収書があるのでそれは 治療費として請求させてもらうとしましょう。

そして今後は あなたが決めたマッサージのところに保険会社から連絡を入れてもらって手続きをしてもらえるか マッサージの医院にも確認した上で 大丈夫なら保険会社に連絡するように指示を マッサージの医院が事故関係は処理はしてないというのなら保険会社に伝えてどうしたらいいか聞きましょう。
マッサージをこの先も続けて受けて行くなら たまに整形も通ってください。
整形の医者も味方に付けておけば 実際わたしが経験したことで言うと 頚椎捻挫 むち打ちで1年以上マッサージを受けていられました。

こっちもそのほうが楽になりましたし 初めからマッサージでも問題はない事がわかっていたので リハビリ2ヶ月した後は殆ど お仕事の帰りにマッサージに寄ってました。

もう時期二年ってくらいの頃 相手の保険会社が泣きの連絡を入れてきましたね

相手の保険会社がそろそろどうでしょうと調子伺いの連絡の際 もうそろそろ示談してくれませんかと泣きを入れてくるようになったら 示談の内容を考えればいいんです。

まだ痛いけどもうこれ以上改善はないらしいというかたちにして それならその分考えてねと話を少しでも優位に進める これが被害者側が少しでも損しない示談です。
素人がプロの保険会社相手に話をするんですから 慌てて示談したところで知らないことだらけで上手く丸め込まれてしまう。

________________________________

>治療できるときにご納得されるまで治療すべきだとわたしは思います。
本当にそうですね。
痛みはあるものの、仕事はできているので、もう早く終わらせたいなと思って
あせってしまいました。

_________________________________


早く終わらせたって 痛いの我慢するだけで損です。
それに今示談しても大して取れないのはわかりましたよね。
ならずっと治療に通ってしまいましょう。
マッサージでも良いんですから 

治療は あなたが必要だと思うならどんどんやるべきです。
あなたは過失0なんですからそう主張できる立場のはずですよ。
怪我人が安心できる治療の場をみつけたからここにも通うとして マッサージだから文句をいう過失100パー側の保険会社の担当者はまずいないと思いますよ。
お礼コメント
ccocco17

お礼率 96% (231/239)

重ね重ね本当にありがとうございます。
具体的に説明して頂き、大変参考になりました。

ご回答をいただける前に、昨日保険会社の担当者に電話をしたのですが、
「1ヶ月以上、通院の期間が開いてしまっているので
今月は様子を見ますが、来月示談で話を進めさせてください」
といわれました。

本文にも書きましたが、先月別の症状で違う病院に通っていたので、
整形外科には足を運べていません。
まあ、痛みはあるものの生活にさほど支障は無いのでおろそかになってしまいましたが、
それが、1ヶ月以上も病院に行かなくても大丈夫、とみなされてしまうみたいですね。

でも、今月イッパイは様子を見るとのことですので、一応病院には通いつつ
接骨院にも足を運ぼうと思います。
もし、自腹になっても症状が改善したほうがよいので。

>治療は あなたが必要だと思うならどんどんやるべきです。
>あなたは過失0なんですからそう主張できる立場のはずですよ。
ありがとうございます。
優しいお言葉胸に染みました。
交渉等は本当に苦手分野なのですが、頑張って見ます!
投稿日時 - 2010-09-15 09:29:23
  • 回答No.6
レベル14

ベストアンサー率 24% (614/2494)

>表記の仕方難しいですね。
問題は表記の仕方ではありません。
その方がどういった国家資格を元に施術しているかです。

柔道整復師(俗にいう接骨)などの資格のあるものの施術か、医師の指示でなければ、治療行為とみなされず加算できないわけです。

医師の指示の場合、薦めではなくマッサージが”必要である”という診断書が必要でしょう。
お礼コメント
ccocco17

お礼率 96% (231/239)

ご忠告ありがとうございます。

>柔道整復師(俗にいう接骨)などの資格のあるものの施術か医師の指示でなければ、
>治療行為とみなされず加算できないわけです。

勉強になります。
よく調べてから行くことにします!
投稿日時 - 2010-09-15 09:33:49
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ