-PR-
締切済み

フランス語の初心者にアドバイスを

  • 暇なときにでも
  • 質問No.61670
  • 閲覧数1386
  • ありがとう数18
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 15% (12/76)

こんにちは
フランス語を一から学ぼうとする学生です。

経験者の方にアドバイスを受けたくて質問しております。
私自身フランス語は初心者から始めるものです。
このようなわたしに経験者として
このような手順でこのように勉強していけばスムーズに上達するよ、
といったアドバイスがありましたら、お聞かせください。

具体的には、
このテキストから始めて、このテキストに移り、そして仕上にこれを
学べばかなり上達します。といった経験者からのよりすぐりのテキスト等
ございましたら、これもあわせてよろしくお聞かせください。
ありがとうございました。
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル4

ベストアンサー率 0% (0/0)

おすすめの参考書はなんといっても
古石篤子先生の新フランス語入門(NHK出版)です。
曽我祐典さんのフランス語がわかる(白水社)も良いです。

新フランス語入門のテープをBGMにして聞きまくって暗記したり
フランス映画をみて雰囲気をつかんだりもいいと思います。
衛星放送で世界のニュースをやっていて
FRANCE2というフランスのチャンネルが見られたりするので
それもおすすめです。
ほかに、ラジオやNHKにはフランス語講座があります。

参考書でがりがり勉強するよりも、
たのしんでフランスの本や雑誌や映画から学んだ方が
上達するような気が個人的にはします。

わたしもまだフランス語歴1年半なのでこれはわりと
入門者の意見です。でも上の2冊はわたしの先生のおすすめ本でも
あるし、本当にフランス語の勉強にはとても良かったです。
お礼コメント
masahirocomcom

お礼率 15% (12/76)

古石篤子先生の新フランス語入門(NHK出版) 曽我祐典さんのフランス語がわかる(白水社)さっそく本屋に行って探してこようと思います。
お返事ありがとうございました。
投稿日時 - 2001-04-16 17:01:29


  • 回答No.2
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/0)

文法の勉強だけをするのは楽しくはありません。が大人になってから新しく母国語以外の言語を学ぼうとするときには、子供が言葉を覚えるように、よりもある程度体系的な学習が必要ですし、効率も却って良いのではと思います。
まずは1冊初級文法の参考書を手に入れることをお薦め致します。
私は大学1年生の時に購入した「フランス語のABC/数江譲二」を4年まで愛用致しました。やや厚めの本ですが、文字量が少ないので開いてみてうんざりしないで済みます(笑)
フランス語検定を受けるのも良いのでは? 目標が設定できるし、自分の到達度も知ることができると思います。仏検の案内は、NHKのテキストの後ろの方に広告が載っています。
学生さんならば、是非長崎外語大学の戸口先生のサイトをのぞいてみてください。
辞書や参考書、文献のリストは素晴らしい。
http://www.nagasaki-gaigo.ac.jp.toguchi
では、Bon courage!
  • 回答No.3
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/3)

私は、今フランス語を勉強している高校生です。
今秋、仏検2級を目指しています。
アドヴァイスなんてさしでがましいんですけど、ちょっとした発言をしてみます★
私が文法事項を覚えたのは、ほとんど「MON PREMIER VOL TOKYO-PARIS」(駿河台出版社)からです。
日本語で解説してあって、会話文も親しみやすく、後ろについている動詞の活用表もとっても便利です。とても薄いので、気持ち的にも楽だと思います。
この教科書のポイントを自分でノートにまとめていったところ、ややこしい文法もきっちり覚えられました。
あとは、ラジオとテレビのNHKフランス語講座が楽しくてわかりやすいです。
文法をひととおり覚えたら、耳を慣らしたり、語彙を増やしたりすれば、
どんどんフランス語の世界が広がると思います。
私も頑張ります★
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 44% (94/213)

あなたの時間的な余裕度やお住まいの場所にもよりますが、フランス語の基礎をみっちり確実に身につけたいと真剣に思っていらっしゃるのなら、アテネ・フランセのサンテティックというコースへ通うことをお勧めします。

週3日で3ヶ月ごとのコースですが、発音と文法の基礎を完璧に勉強できます。宿題もふんだんに出ますので、いい加減な気持ちで始めると途中で挫折してしまいます。しかし、3ヶ月間のカリキュラムを着実に消化して行けば、フランス語を発音するのが楽しくなります。

大学の第二外国語で、いくらフランス語を習っても何ひとつものにならないのは、その教授法が悪いからです。ほとんどの大学の教授(講師)は、フランス語の教え方を知りません。それから、決してフランス人教師に習ってはいけません。一般のフランス人は、フランス語の発音の教え方を知りません。日本人が、口や舌の形をどうすれば、その音が出るのかを説明できません。

ですから、フランス人に習うことも、参考書・入門書をあれこれ勉強するのもあまり意味はありません。はっきり言って、時間の無駄ですし、間違ったフランス語(特に発音)を覚えてしまう危険性があります。

フランス語の発音を、カタカナで説明している参考書や辞書をもしお持ちなら、思い切って捨ててしまってください。母音が16個もあるフランス語の発音を、母音が5つしかない日本語で表記することなど、もともと不可能なことです。

とにかく、語学は基礎が肝心です。よい学習環境に恵まれることを祈っています。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ