• 締切済み
  • すぐに回答を!

家屋の全部登記事項についてご質問します。登記構造が「軽量鉄骨コンクリー

家屋の全部登記事項についてご質問します。登記構造が「軽量鉄骨コンクリート造」と記されています。軽量鉄骨造というわけではないと思いますが。よくわかりません。これは、どのような構造か教えていただきたいです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数1615
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
  • YUMEY
  • ベストアンサー率0% (0/1)

こんにちは 一般的に構造に記載されるものでは無いです。 個別に調査が必要になる物件だと思いますので、一般的な可能性を書きます。 (1)軽量鉄骨造 鉄骨造 鉄筋コンクリート造 コンクリートブロック造  が、構造で使用される記載のうち 文字の似たものです。  例えば、軽量鉄骨造+鉄筋コンクリート造の2つが構造にある建物の場合、  軽量鉄骨鉄筋コンクリート造 と前の「造」を省きます。  軽量鉄骨造+鉄筋コンクリート造 または、軽量鉄骨造+コンクリートブロック造  の申請時に漏れがあったケース (2)軽量鉄骨が柱であり、軽量鉄骨造として登記するところを、  壁材で使用しているコンクリートを構造に記載してしまった。 (3)他にも可能性はあると思います。  古い登記だったり)  登記は間違っておらず、レアなケースを登記できたり。(例:鉄筋の無いコンクリート造で登記できた。) など、結局は想像の世界ですので構造を確認する必要があるようでしたら、 お近くの土地家屋調査士に相談するのが費用はかかるでしょうが一番確かだと思います。 建築確認書を確認 法務局で確認 市役所の固定資産税の係で確認 など、個人でも平日時間をかけてよければ、各窓口の方に相談下さい。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 鉄筋コンクリ、鉄骨、軽量鉄骨

    現在、引越しを検討しております。 今日、不動産屋巡りをしていると建物の作りの話になり以下のようなことを言われました。 1.鉄筋コンクリート造と鉄骨造では遮音性はたいしてかわらない。(柱の作りの差だけで部屋間の壁が、鉄筋コンクリートの場合はコンクリートで鉄骨の場合は石膏ボードと一概には言えず、鉄筋コンクリート造の場合でも壁が石膏ボードであることもある。) 2.鉄筋コンクリート造や鉄骨造の方が軽量鉄骨造よりは遮音性は優れていると言われているが、業者の施工内容が(マンション建築時の)不明なためすべてに当てはまらない。 →軽量鉄骨の場合は、家主がメーカーのプランを基に委託して施工するので、確かなデータを数字で提供できる。 私の考えでは(ネットで勉強したかぎりでは)、遮音性は 軽量鉄骨<鉄骨<鉄筋コンクリート だったのですが、皆様のご意見をお聞かせ願えませんでしょうか よろしくお願い致します。

  • 軽量鉄骨造と鉄骨軽量コンクリート造りの違い

    軽量鉄骨造については存じていますが、軽量鉄骨ではなく、鉄骨軽量コンクリート造です。 というのは結局は鉄骨造りということでしょうか? 後ろにコンクリート造とあるのでRCのようなイメージがあったのですが・・前に鉄骨とついているので・・・。 耐用年数も35年となっていることからRCに相当するのでしょうか? ちなみに狭小雑居ビルで4F建です。

  • 【主体構造部】軽量鉄骨造と鉄骨造の違い

     ど素人です。  構造が軽量鉄骨造と鉄骨造では、使われている鉄骨(の厚さ)が違うため、分けられているのだと思いますが、具体的にどこで区別しているのでしょうか?  私見ですが、  (法人税とかの)償却の計算上で、主体となる鉄骨の厚さが4mm、3mmで区分けされているので、4mmを境に軽鉄造・鉄骨造を分けているのでは? と推測しました。あと調べましたが、分かりませんでした。  大変基本的な質問と思います。  基本的過ぎて、力が抜けられるかも知れませんが、ご存知の方よろしくお願いいたします」。

  • 現在登記事項照明書と登記事項要約書の違い

    20年前頃に4物件の所有権移転、抵当権解除、1年前に名義人住所変更などをしましたがその確認を予定しています。以下1)項の内容を教えて下さい。 1)現在事項証明書と登記事項要約書は、現に生きている登記内容事項を掲載しているという点では、下記2)3)項以外全く同じと考えておいて良いのでしょうか。 2)登記事項要約書は、物件の取得原因、抵当権の設定原因や利息や損害金などの債権の範囲などの詳細記録がされていない。 3)登記事項要約書は、登記官の認証文言が記載されてないため公的な証明文書としての機能を果たすことができない。 従って単に現在の所有者、抵当権利などを調べたい場合は、登記事項要約書を取得した方が経済的にお得だと思いました。(登記事項証明書は取得手数料が千円、登記事項要約書は取得手数料が五百円)

  • 登記事項

    会社は登記事項を見れば、資本金や代表者など、自営業でも履歴の記載事項がありますが、士業で3人とかの小さな事務所は登記してもしなくてもよいのですか?自分の事務所はどうなのか素朴に申請したら、登記事項なしでした。 会社は登記必須で士業は、どちらでもいい!? 事業所税は、払ってるのかな? 前の事務所は源泉は、先生の自宅住所が記載されて、なんで他市にある本来の事務所の住所を源泉表に書かないのか不思議でした。

  • 重量鉄骨と軽量鉄骨の違い

    まったくの素人でお恥ずかしいのですが、教えてください。 重量鉄骨造と軽量鉄骨造はどこで違いを判断するのでしょうか? 先日、現在建設中の家の構造設計仕様書なるものを見せてもらったのですが、使用している鉄骨は柱がロ型3.2mm、梁がH型5.5mm×8mmとなっております。 過去の質問やWebで検索をしてみると、鉄骨が6mm以上だと重量鉄骨造となるようですが、この様な3.2mmと5.5×8mmの鉄骨を使用している場合はどうなるのでしょうか? ちなみに、壁・床共に開口部以外にはブレースが入っております。(軽量鉄骨ブレース工法って言葉をどこかで見かけたような…) よろしくお願いします。

  • あまり詳しくはないのですが、集合住宅の構造形式には、木造、軽量鉄骨(L

    あまり詳しくはないのですが、集合住宅の構造形式には、木造、軽量鉄骨(LGS)造、重量鉄骨(S)造、気泡コンクリート(ALC)造、鉄筋コンクリート(RC)造、鉄筋鉄骨コンクリート(SRC)造、プレキャストコンクリート(PC)造、鉄骨プレキャストコンクリート(HPC)造などがあると思います(間違っていたらスミマセン)。 このうち界壁の遮音性が高いのは(咳払いや話し声が聞こえない程度)、どの構造形式あたりからですか? 教えてください。よろしくお願いいたします。

  • 軽量鉄骨造の住宅の再調達原価が知りたい

    軽量鉄骨造の住宅の再調達原価が知りたいのですが、どうしたらよろしいでしょうか?

  • 鉄骨造か軽量鉄骨造かの判断について

    柱の鉄骨の厚さが3.2ミリ(一部4.5ミリ)、梁が4.5ミリの場合は、軽量鉄骨造なのか、鉄骨造なのかどちらになるのでしょうか。 骨格材とはどの部分を指すのでしょう? 登記は主たる部分で判断するとのことですが、この場合は、4.5ミリが多いので鉄骨造になるのですか。

  • 登記事項証明について

    相続が発生し、登記移転の準備を進めていく中で未登記と思われる物件が出てきました。 そこで、登記事項証明の申請をしたいと思いますが、未登記であった場合に申請時に貼付した 印紙(登記印紙)代はどのような扱いになるのでしょうか? 未登記・登記済にかかわらず、申請者に返納等の取り扱いは無いのでしょうか?