• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

【主体構造部】軽量鉄骨造と鉄骨造の違い

 ど素人です。  構造が軽量鉄骨造と鉄骨造では、使われている鉄骨(の厚さ)が違うため、分けられているのだと思いますが、具体的にどこで区別しているのでしょうか?  私見ですが、  (法人税とかの)償却の計算上で、主体となる鉄骨の厚さが4mm、3mmで区分けされているので、4mmを境に軽鉄造・鉄骨造を分けているのでは? と推測しました。あと調べましたが、分かりませんでした。  大変基本的な質問と思います。  基本的過ぎて、力が抜けられるかも知れませんが、ご存知の方よろしくお願いいたします」。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数6283
  • ありがとう数0

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

>4mm、3mmで分けていました。(軽鉄造とか鉄骨造という言葉は使っていませんでした) 固定資産の件(だったと思う)で以前(と言ってもだいぶ前)に聞いた際には確か6mmで分けてるって聞いたのですが、現在は変わってるんですかね? ただ、↓のページの「か行」から「軽量鉄骨」を調べてみたらやっぱり6mmでした。 ちなみに建築基準法上は「軽量」とか「重量」とかって一切分けてないんですが、建築業界の通例って感じではNo.2の方の言われる通りやはり6mmで分けてますね。 ただ、プレファブ等の型式認証(または認定)は別として余程特殊な工法でない限り、軽量鉄骨であっても普通に構造計算はできますよ。

参考URL:
http://www.re-words.net/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • inon
  • ベストアンサー率20% (773/3794)

鉄骨造ーH型鋼、□形鋼(コラム)などで構成された構造物(普通の構造計算事務所で計算可能) 軽量鉄骨造ー軽量鉄骨(特殊なチャンネル鋼等)で構成された構造物、特殊な構造になるのでハウスメーカーなどの大手でないと構造認定が取れない(強度試験などに費用が掛かるので)、大きな構造物は出来ない。 と、私は認識しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • houng
  • ベストアンサー率25% (103/397)

専門的には、重量鉄骨は高炉あるいは電炉、転炉などで溶融した鋼材を高温で成形して形作られる鋼材で、H形、[形、I型、厚板などがあります。軽量鉄骨は基本的には薄い鋼板を常温で曲げ加工して形作られる鋼材で板厚が厚いと曲げ加工が不経済なので主に6mm以下の薄板で作ります。 これは、建築的な説明なので、税制上の事とかは知りません。あしからず。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

税制上の取り扱いは確か6mm以下が軽量で、6mmを超える場合が重量だったと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

 大変失礼と存じますが、「確定申告の手引き」なる本では、耐用年数の分け方上で4mm、3mmで分けていました。(軽鉄造とか鉄骨造という言葉は使っていませんでした)  税制といっても、法人税・所得税以外の税の話なんでしょうか?  質問内容を補足しようと思います。  一般的な(もしくは各方面での分け方で)軽量鉄骨造と鉄骨造の区分け(境界線)を知りたく思っています。  最初に書いたのは、調べられた(機知の)範囲内で、所得税・法人税法上の捉え方を書いた次第です。  説明不足ですみませんでした。

関連するQ&A

  • 軽量鉄骨造の住宅の再調達原価が知りたい

    軽量鉄骨造の住宅の再調達原価が知りたいのですが、どうしたらよろしいでしょうか?

  • ハウスメーカーの軽量鉄骨造の家ってどんな防火被膜処

    ハウスメーカーの軽量鉄骨造の家ってどんな防火被膜処理をしてますか? 鉄鋼に防火被膜剤を吹きかけているイメージがないんですが・・・・ 燃えたら鉄鋼といえ鉄なので熱で溶けますよね。家事になったら諦めてくださいという鉄鋼造の家なんでしょうか? 燃えて溶けて無くなるのなら木造と同じですよね・・・

  • 軽量鉄骨造と鉄骨軽量コンクリート造りの違い

    軽量鉄骨造については存じていますが、軽量鉄骨ではなく、鉄骨軽量コンクリート造です。 というのは結局は鉄骨造りということでしょうか? 後ろにコンクリート造とあるのでRCのようなイメージがあったのですが・・前に鉄骨とついているので・・・。 耐用年数も35年となっていることからRCに相当するのでしょうか? ちなみに狭小雑居ビルで4F建です。

  • 建築物の構造について

    軽量鉄骨造と鉄骨造の違いは何ですか。柱の太さが何センチ以上とか、柱の厚みが何センチ以上とかで区別しているのでしょうか。

  • 鉄筋コンクリ、鉄骨、軽量鉄骨

    現在、引越しを検討しております。 今日、不動産屋巡りをしていると建物の作りの話になり以下のようなことを言われました。 1.鉄筋コンクリート造と鉄骨造では遮音性はたいしてかわらない。(柱の作りの差だけで部屋間の壁が、鉄筋コンクリートの場合はコンクリートで鉄骨の場合は石膏ボードと一概には言えず、鉄筋コンクリート造の場合でも壁が石膏ボードであることもある。) 2.鉄筋コンクリート造や鉄骨造の方が軽量鉄骨造よりは遮音性は優れていると言われているが、業者の施工内容が(マンション建築時の)不明なためすべてに当てはまらない。 →軽量鉄骨の場合は、家主がメーカーのプランを基に委託して施工するので、確かなデータを数字で提供できる。 私の考えでは(ネットで勉強したかぎりでは)、遮音性は 軽量鉄骨<鉄骨<鉄筋コンクリート だったのですが、皆様のご意見をお聞かせ願えませんでしょうか よろしくお願い致します。

  • 重量鉄骨と軽量鉄骨の違い

    まったくの素人でお恥ずかしいのですが、教えてください。 重量鉄骨造と軽量鉄骨造はどこで違いを判断するのでしょうか? 先日、現在建設中の家の構造設計仕様書なるものを見せてもらったのですが、使用している鉄骨は柱がロ型3.2mm、梁がH型5.5mm×8mmとなっております。 過去の質問やWebで検索をしてみると、鉄骨が6mm以上だと重量鉄骨造となるようですが、この様な3.2mmと5.5×8mmの鉄骨を使用している場合はどうなるのでしょうか? ちなみに、壁・床共に開口部以外にはブレースが入っております。(軽量鉄骨ブレース工法って言葉をどこかで見かけたような…) よろしくお願いします。

  • 軽量鉄骨造一戸建ての寿命

    積水ハウスの中古住宅(築18年)の購入を考えています。 空家だったので中も外もじっくり見てみましたが 素人目で見た限りでは、中も外もまだまだしっかりしていていました。 地盤も、丘陵地を積水ハウスが開発分譲したところと いうことでとてもしっかりしているように思いました。 ただ不動産屋の営業マンが 「鉄骨造だから木造に比べて丈夫です!!」 とあまりにも連呼するので 逆に「ホンマか?」と疑ってしまいました。 一般的に軽量鉄骨造の家って、大きな補修(構造的なもの) をせずに、どれくらい住めるものなんでしょうか。 あるいは、何年おきにこれくらいの費用をかけて 補修すれば長持ちする、というようなことでも いいです。 よろしくお願いします。

  • 家屋の全部登記事項についてご質問します。登記構造が「軽量鉄骨コンクリー

    家屋の全部登記事項についてご質問します。登記構造が「軽量鉄骨コンクリート造」と記されています。軽量鉄骨造というわけではないと思いますが。よくわかりません。これは、どのような構造か教えていただきたいです。よろしくお願いします。

  • 建物の構造について

    軽量鉄骨造と鉄骨造の違いは何ですか。柱の太さが何センチ以上とか、柱の厚みが何センチ以上とかで変わってくるのでしょうか。

  • 軽量鉄骨住宅での屋根の葺き替え

    築25年の軽量鉄骨造の住宅に住んでいます。 コロニアルの屋根の改修を知り合いにお願いしたところ カバー工法で金属屋根を上にかぶせる方法を 進められましたが 「普通の木造なら確認申請は要らないのだが  軽量鉄骨なので確認申請とそれに伴う  構造計算がいるので費用がかかります。」 と言われました。 住宅屋根の改修で上に載せるだけの場合でも 確認申請さらに構造計算は必要になってくるのでしょうか よろしくご教授お願いいたします。