• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

建築確認について教えてください。

建築確認について教えてください。 市街化調整区域のA番地(以下A)とB番地(以下B)、二筆の隣接した土地で、 Aには古家があり43条申請で建替えが可能で、Bは建てられない土地です。 土地代AB合わせた金額で売却に出されていて、その土地代+建築費についてローン申請をしていたところ 窓口銀行よりフラット35で 借りられるとの事で仮承認が降りたので建替えを進めていました。 これまでの経緯 (1)ローンはA+Bの土地代金及び、Aの土地に建てる新築住宅の建築費からなっています。 (2)Aの土地について包括継承手続きにより、43条の申請をして認可が下りました。 (3)認可が下りたので、Aの既存宅地は解体して、更地となりました。 (4)建築確認申請をAの土地及び建物で行って承認されました。 (5)地鎮祭を行いました。 (6)Aの土地の地盤改良工事が終わりました。 (7)さて、いよいよ基礎工事 ここでローンの手続きを進めていたフラットから待ったがかかりました。 建築確認はAの土地で行っているため、Aの土地とAの新築住宅のみが対象でBの土地に対応する購入金額は出せないとの事。 (建築確認がA+Bで認可されれば問題はないとの事) 建築確認の申請はAのみである事は 最初からわかっていたはずなので、 ローンが通らないのであれば そもそも契約自体が無効な気もしますが、 専門知識がないのでわかりません。 また、この二筆について合筆は可能だと法務局では確認できたのですが、 例えば、合筆して建築確認を修正認可していただく事は可能なのでしょうか。 何をどうすれば良いのか、 何処に相談すれば良いのか 途方にくれています。 どなたか教えてください。 お分かりの方教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数519
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

AとBとを合筆するかどうかは登記上の問題であり、建築基準法上の敷地とはなんら関係がないです。なお、A+Bを建築基準法上の敷地とすることは敷地面積が大きくなることですので、明らかに建築基準法に適合するものです。ですから通常は軽微な変更で可能です。合筆は必要ありません。まずはこれで進めてみてください。軽微な変更で通れば今回の問題は解決です。しかしながら今回のケースでは43許可を受けての建築確認ですので、敷地を変更するなら43許可からのやりなおしを要求されるかもしれません。43許可からのやりなおしだと、Bには家屋がなかったわけですから、建築許可が下りない可能性があります。 ということで、軽微な変更での変更が認められない場合は、43許可の取り直しに戻るという方法を取らずに、融資側との交渉をつめていく必要があります。すでに取得した建築許可も建築確認にはなんら問題はないことで、問題は融資側の説明ミスにあるのですから、B土地分も合わせた融資ができない場合は損害賠償請求訴訟も辞さない覚悟であることをちらつかせながら、相手側の説明ミスを追求して、融資をゲットするよう進めるしかないと思います。 それでも融資側がB土地分の融資をしないというなら、B土地分は別のところから借りるしかないです。フラット35との利息の差額が生じる場合は、その分を損害賠償請求します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

hanamankaiさん、回答ありがとうございました. 私も、損賠賠償請求…つまり裁判かなぁと思ってきていたところでした。 そもそも融資側の判断ミスだとしか思えず、この判断ミスにより話が進んでしまったところに問題があるような気がしています。 hanamankaiさんがおっしゃるように、B土地分を別の形でという策を融資側は近々提案してくると思われます。 先方の出方を見て、次にどのようにすべきかを考えようと思っていますが、損害賠償となると=裁判という認識で間違っていないでしようか? また、その際は最初に相談すべきは弁護士協会か何かでしょうか? 費用の概算などご存知でしたら教えていただけないでしょうか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

>この二筆について合筆は可能だと法務局では確認できたのですが、 調整区域であっても 同一地目は とーぜんのこと 合筆はできます。 >43条申請で建替えが可能で、Bは建てられない土地です。 都計法43条は建築許可であり 許可敷地と以外の敷地を合筆しても無意味 Bは建築不可 これが調整区域の許可なのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

dr suguruさん、回答ありがとうございました。 合筆は関係ないんですね。 今後の対応を考えたいと思います。

  • 回答No.1
  • angiras
  • ベストアンサー率16% (56/333)

専門家ではありませんが、仮審査後に落ちることはあります(仮審査→取り扱い銀行、本審査→融資する所)。が、買いたいのなら、道はあるでしょう。 直接、担当者に聞くべき。さらには、取り扱い不動産業者のするべきサービス範囲と思います。 私見ながら、1.Bの購入代金は別銀行から借りる。 2.A、Bの面積比は?合筆によるデメリットをよく検討してから決断すべき。後からポロポロ出てきても、後戻り出来なくなったら困りますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

angirasさん、ご回答ありがとうございました。 仮審査ではなく、仮承認でした。 窓口銀行の担当者に仮承認後に落ちることはあるんですか? と聞いたときに、「まずありません。」と回答を口頭で聞いたもので 当初から何も変更はなく、虚偽があったわけではないのにこんな事になるとは今でも信じられない状況です。

関連するQ&A

  • 建築確認

    家のリフォームを計画しています。ところが、助成金を受けるために「建築確認書」が必要とのこと。 さて、家の履歴は、(1)昭和47年新築 (2)昭和56年増築 (3)平成元年2度目の増築 です。 そして、いずれも「建築確認書」が手元にありません。(2)と(3)については、当時の工務店で10m2未満は届け出不要との話で、確認書申請をしていない模様です。現在は、準防火地域指定地で1m2でも増築すれば申請が必要とのこと。 疑問点1)準防火地域指定に関する法律は都市計画法? 2)工事時(1)、(2)、(3)いずれも準防火地域に指定されていたのかどうか? 3)申請しなかったために、「不適格住宅」になると、どんな事態になるのか?特に、売却・相続・ローンなど第3者がかかわる時にどんな影響を受けるのでしょうか? どなたかご教授をお願いします。

  • 建築確認を出さずに強引に違法建築を進める奴

    私の住んでいる住宅団地の空き地に10坪程度の倉庫を建てている人がいます。 バラック建てで明らかな違法建築です。 役所に問い合わせたところ、建築確認も出していないので、その者を指導すると言って、本日午前、その建て主に「建物を取り壊し、改めて建築確認申請をするように」と指導していました。 建て主は「はいはい」と従順に聞いていたようですが、県の役人が帰ると、前よりも拍車をかけてドンドン工事を進めています。 これは、建ててしまった方が勝ちということなんですか? 役所の指導なんて、形式だけなんですか? 危険な建物なので、なんとか撤去させたいのですが、いい方法があったら教えてください。

  • フラット35の建築確認

    いつもお世話になります。住宅を新築することになり、ローンはフラット35を利用したいのですが、フラットにすると窓ガラスを全てハリガネの入ったスリガラスにしなければいけない(建築確認)とか三階のベランダにシャッターをつけれない(消防の関係)と言われたのですが仕方ないのでしょうか?私は窓ガラスは透明の物にしたい所もありますしシャッターも欲しいのですが(標準なので。。。)フラットでなければ建築確認後に変えれるそうなのですが。。。フラット35に詳しい方、利用された方皆様どうでしょうか?

  • コンテナハウスの建築確認について

    すいません。今度12フィートの海上コンテナを物置きとして購入したいと考えています。 本当はもっと大きなコンテナを買いたかったのですが、10平方メートルを超えると 建築確認が必要と言われまして10平方メートル以下のコンテナにしようかと思っています。 (12フィートでしたら9平方メートル程度です) 土地はもうすぐ取得する予定で防火地域、準防火地域ではありません。 また他には建築確認の必要な建物は建てる予定はありません。 ただ、電気は付けたいので電気工事と引き込みは行わければなりませんがこのような 条件でも建築確認は不要でしょうか・・? 沢山のサイトを読んだ結果、海上コンテナでは建築確認を取るのは厳密には無理で、 地域によっては稀に通る場合もありますが、通常は強度計算などができる建築用の特別なコンテナを探すほか 無いという結論でした。(見つけましたが価格が20フィートで400万近く必要との事で諦めました) あと10平方メートル以下であればいくつ置いてもいいのでしょうかね・・? (土地は建築条件なども無いとても良い土地です) この辺も詳しい方いましたらアドバイスいただけると助かります。

  • 建築確認

    建築確認申請して、許可された内容と実際の工事内容が違っていたので。HMに確認すると控えを保管していないし、書類は県に」出す物と施主の分しか、作成していないと言いますが、本当ですか、教えてください。

  • 建築確認後の基礎の変更について

    このたび建築確認を代理の方にお願いして建築確認が下りたのですが、 当初は土間床で計画していたのですが、代理の方がべた基礎で申請していました。          (土間床で工事をしたいのですが)  このようなとき、建築確認を出しな押さなければいけないのでしょうか? 計画変更などでいいのでしょうか? 建築に詳しい方おしえていただけないでしょうか。 よろしくお願いします。

  • 建築確認未申請の住宅について

    29年前に父が一人で建てた家に住んでおります。業者が建てた家ではないので、おそらく建築確認の申請もされていないと思います。建築確認申請がされていない家は違法住宅になるのでしょうか?もし、違法になるのであれば、今からの対処方法ってありますか?  また、建築確認未申請の家でも売買することは可能でしょうか?教えてください。

  • 契約と取引と建築確認との時期の関係

    こんにちは。お願いいたします。 住宅用地をローン特約で買う場合の話なんですが、通常、契約、そして一ヵ月後くらいに取引になりますよね。 この場合、建築確認は普通どの時点で役所に提出するのが普通なんですか?ローン特約のようにまだ完全にこちらに所有が不確実な場合でも、取引前に建築確認を申請することは違反にならないのですか? お願いいたします。

  • 建築確認について

    最寄の裁判所の不動産競売で、気に入った中古住宅を見つけました。 ほぼ希望とおりの条件なのですが、気になることが少し・・・。 まず、土地不動産の評価書の中の特記事項欄に「建築確認の申請がなされていない」という記載があること。 また「一階ダイニングキッチンの一部37.49m2、板間8m2が未登記で増築されている」という記載がありました。 この場合、この物件を購入後に問題になることはありますか?例えば建築確認申請の費用が別途必要になったり、未登記増築部分の登記費用や固定資産税など。その他、物件購入者にとって不利益になる事柄はありますか?建築確認申請がなされていないことや未登記増築部分があることは購入後も放置しておいてよいのでしょうか?

  • 建築確認とローン審査

    土地を購入して一戸建てをHMで建築しようと思っています。 契約するに当たりローン特約を入れて、ローン審査が 通らなかった場合は、白紙となるようにするつもりです。 HMからは、建築確認が通らなければローン審査は通らないから この一項だけで大丈夫と言われていますが、建築確認が通る事 というのを明示的に記載する方が良いでしょうか? また、契約時の特約として入れておいた方が良いもの等ありましたら 御教授頂けませんでしょうか