• 締切済み
  • 暇なときにでも

民事訴訟 敗訴後の つきまとい行為について

民事訴訟 敗訴後の つきまとい行為について 判例などが見つからないのでお知恵を拝借致します。 姪が現在19才で看護学校に通学しております。夜間にも及ぶような実習があるため 帰宅が遅くなるようで、先日マンション隣人との民事裁判になりました。 夜中隣の部屋からドタバタ音がしていて眠れない、不眠になったからその分慰謝料を支払え、という事です。 判決は看護学校の都合もある、という事で猶予はされた物の、社会的な行為としてはよろしくないので 敗訴してしまい、慰謝料と謝罪文は書いて弁護士経由で提出。 後は隣人と姪の双方の弁護士の元で謝罪したので、一応は解決したと思ったのですが・・・ その後、隣人が妙に接触してくるということです。 嫌がらせも受けているようで 「下着の色は何色?」「スリーサイズ教えてよ」「看護学校の学生と飲みたいんだけど」 とつきまといが始まっているようです。 警察に相談したものの、姪としてはさらに民事訴訟で難癖付けて訴訟してくる可能性もあるから 悩ましい、という事です。 そこで教えて頂きたいのですが ・民事訴訟で判決が確定すれば、被告がその判決に不服なしとして受け入れれば、  原告はそれ以上の訴えはできないはずですよね?  すると、さらに民事訴訟で難癖付けて訴訟される可能性は無いと考えてよろしいのでしょうか?  (針のむしろを探すような事はないと考えて) ・つきまとい行為自体は刑事告訴で対処が可能ですが、民事訴訟自体は告訴人が調停に応じる、  以外はそのまま裁判所に持って行かれると思うので、刑事告訴で本人が居なくても裁判は開かれる、  つまりまた民事訴訟になる可能性があると考えてよろしいのでしょうか?  (当然といえば当然ですが) 何か良い対処方法がありましたら是非お知恵を拝借願います。 とりあえず法のテラスなどを頼ってみようかとも考えておりますが、その前にいろいろ調べたく思っております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数1023
  • ありがとう数14

みんなの回答

  • 回答No.3

相手から何か言ってくるたびに 警察に通報してください 10回でも、20回でもです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

発言の録音を行うとともに、ストーカー関連の専門弁護士さんと相談しようとも思っております。 また、転居も視野に入れるべきだとつたえました。

  • 回答No.2

身の安全を優先して先ずは転居を考えるべきです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

はい、そのつもりで本人にも相談しました。一番手っ取り早いかと思います。

  • 回答No.1

>すると、さらに民事訴訟で難癖付けて訴訟される可能性は無いと考えてよろしいのでしょうか? 同じ件では訴訟出来ませんが、違う件で難癖つければいくらでも訴訟出来ます。 >つまりまた民事訴訟になる可能性があると考えてよろしいのでしょうか? 民事で訴えなければつきまといでの民事訴訟にはなりません。 とりあえずICレコーダーなどで証拠だけはちゃんと取っておきましょう。 「言った」「言わない」の水掛け論になれば不利になるのは明白です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうですね、とりあえずICレコーダを持たせる事にしました。 また、転居も視野に入れておけとも伝えました。

関連するQ&A

  • 刑事告訴・民事訴訟の違いは??

    刑事告訴・民事訴訟の違いを教えてください。 刑事告訴は警察(検察)が検挙した被疑者を検察に送って、検察が起訴・不起訴を決める。 民事訴訟は個人が企業や個人などを告発する。 だと思いますが、刑事告訴と民事訴訟が事件によってごっちゃごっちゃになってる例をよく見るのですが、どういう仕組みなのでしょうか?? 警察が動いてくれないものを民事訴訟するのでしょうか?? よろしくお願いします。

  • 民事訴訟で負けてもお金は払わなくて良い?

    民事訴訟で負けてもお金は払わなくて良い? 先日、たくさん訴えられすぎてもう裁判所に行けなくて 自動的に敗訴になっている有名な人の対談の動画をみました。 その方は敗訴で賠償金?のような判決がたくさん出されていますが、 実際には1円も払っておらず、普通に暮らしているそうです。 裁判所が払え、と決めただけで、実際に怖い人が取り立てに来るようなことは ないらしいです。 映画にあるような強引な取り立てはだれもやることができず、 すれば逆に刑事事件として訴えることができる、 といっていました。 民事裁判の賠償は払わなくても特になにもないのでしょうか?? 詳しい人お願いします。

  • 民事訴訟審理の中での私文書偽造等

     私が原告の民事訴訟審理の際に、相手方の被告が提出した証拠資料に、刑法上の私文書偽造の構成要件に明白に該当する文書があり、その私文書偽造の証明は非常に客観的に即座にできるものであった場合、その私文書偽造行為に対して、刑事告訴できますか。  また、その証拠資料の中に、傷害罪に該当する行為があったことを証明できるものも入っていました。その傷害罪の行為自体は、2007年の行為であり、証拠資料が出てきて判明したのが2011年のことです。民事訴訟の中での私文書偽造の告訴・告発だけでは、捜査機関も些事なことと考えて知らん顔をしても不思議ではないのですが、傷害罪の告発と一緒であれば、簡単に親方日の丸の格好で知らん顔をすること自体が、犯罪捜査規範等に抵触するのでは…と考えるのですが、いかがなものでしょう。なお、私文書偽造行為は、原告である私に対するものであり、刑事告訴、判明した傷害行為は、私の家族に対するものですから、告訴と告発に分けた所以です。

  • 民事訴訟と刑事訴訟

    私は、現在、民事訴訟をおこしております。 内容は、名誉を傷つけられた為、慰謝料などを請求しております。 私のようなケースで、民事訴訟をおこしている者が、 刑事訴訟もおこすことができるのでしょうか。 民事と刑事の併用というのは、できるのでしょうか。 教えてください。

  • 暴行で刑事告訴し、民事訴訟に変更できる時期

    女性から暴行を受け目撃者もいますが、本当の目的はその女性から精神的苦痛を与えられたことに対する慰謝料の請求です。 このカテゴリーで、告訴すると自分も傷つくことも多いと知り、現在も心療内科に通院し苦しい日々を送っているので、ためらっています。 最初から民事訴訟にできない理由は、相手の身元がわからないからです。刑事告訴すると、民事訴訟に変更したい場合、相手の連絡先を教えてくれると、刑事課の方に言われました。 その女性は嘘の証言をするのは確実で、長引く争いにはしたくありません。 民事訴訟に変更できるタイミングは最終的に判決が決まってからではないと、だめなのでしょうか? それとも、途中で打ち切って、民事に変更しますと言って、その女性の連絡先を教えてもらえるのでしょうか?

  • 民事訴訟とは?

    一方的な暴行受けたので民事で裁判を行うとして、 こちらが、勝訴の場合、相手に対して、裁判官が慰謝料を命じる事は知っているのですが、他に、新たな罰とかも言い渡すのでしょうか??? 刑事告訴では、相手は罰金刑だけですみ 民事で勝訴の場合、新たな刑はあるのか?ということです

  • 民事訴訟での偽証

    刑事裁判では偽証すると罰せられますが、民事訴訟っていくらうそをついても、罰せられないのでしょうか? ある裁判での訴状で、つじつまが合わず「どう考えてもうそでしょ?」って思うような主張を見たのですが、民事訴訟はそんなもんなんでしょうか?

  • 民事訴訟ってこんな嫌がらせも可能なんですか?

    甲と乙という普段から仲の悪いやつらがいる。 甲は乙に対し嫌がらせで、一ヶ月に90本の民事訴訟を申請した。 訴額は2千円、勿論、予納金は覚悟している。 判決は全て棄却。 この場合、乙が業務妨害で訴えても勘違いを主張すれば告訴できないでしょう。 こんな馬鹿な訴訟を止める法律はないのでしょうか?

  • 民事訴訟で裁判長は本当に公平なのでしょうか?

    民事訴訟で裁判長は本当に公平な判決を下すのでしょうか? 所詮、裁判長も同じ人間です、 公平な判決を下すのでしょうか? (1)過去の判例が重要になってくるのでしょうか? (2)私見ですが、本人 対 弁護士 の民事訴訟の場合、  裁判長は「俺ら、判事、検事、弁護士は司法試験受かっているんだ、生意気に本人訴訟などしや  がって」   と弁護士側に肩入れする気があるように思うのですが? 如何でしょうか?

  • 民事訴訟での判決の詳細

    民事訴訟起されて、私が被告なり、2年8ヶ月です。 やっともう少しで、判決おりますが、判決で、支払い決定が出た時、不服があれば控訴出来る言われましたが、私は、もう争う気はありません。 原告に私は上手く、はめられてしまって、訴訟起されて、悔しくてたまりません。私は理が、通ると思っていましたが、民事は、嘘を平気で付いたり、事実と異なる事でも、調べてもくれない、立証出来なかったら、敗訴する何なんだろう。被害者は、泣き寝入りです。 原告の弁護士が凄腕ききで、私の弁護士は全く私を、擁護する力をなくて、意思疎通も取れないかった弁護士でした。途中で、弁護士を、変えればよかったのですが、費用が、なくて断念しました。 ※ 判決で支払い命令が、決定して、支払わなかったら、どうなるのでしょうか?   私が支払わなかったら、自分が、どんなリスク伴うのでしょうか? 早く終わりにしたいです。だからと言って、原告の思い道理には、絶対なりたくは、ないです。 もう私は、これ以上お金を訴訟に、掛ける費用がありません。