• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

防水腕時計

  • 質問No.59560
  • 閲覧数362
  • ありがとう数10
  • 回答数2

お礼率 52% (13/25)

今では8000m防水って言う腕時計まで売られていますが、それだけ気密性が高く、外からの圧力に強いって事ですよね。

それならば、富士山などの圧力の低いところに行ったらその気密性の高さによって、内部から割れてしまってもおかしくありませんよね?外圧の上昇に強くすれば、内部の空気の膨張に弱くなるはずですから。
でも、そんな事例聞いたことがない。何故なのでしょう?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 29% (9/31)

例えば、恐ろしいぐらいの水圧が掛かる水族館の大水槽。
特に大阪の海遊館の大水槽なんてのはものすごいと思います。
ところが、水を抜いたからといって内側にガラスが割れるなんてことはないですよね。要するに、外圧に強いというよりも、構造体として強固と考えてみてはいかがでしょう?
もし仮に、腕時計内部に常時それだけの与圧を掛けていれば、危険極まりないですよね。小型圧力容器を腕に巻いてるようなものですから、何かの衝撃で爆発しますよ(笑)。
時計屋さんではないので、確信は出来ませんが間違いはないと思います。
お礼コメント
nora1310

お礼率 52% (13/25)

なるほど。そう考えると納得がいきます。

考えてみると、時計がスプレー缶みたいな耐圧の形をしているかというとそうでもありませんね。

ありがとうございました。
投稿日時:2001/04/04 15:59

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

機密性が高いからだと思います。

機密性が高いと言う事は,外部の気圧(水圧)変化が中まで伝わらないって事ですよね。

でしたら,「圧力の低いところに行っ」ても圧力の低下が内部に伝わらないため,「内部の空気の膨張」は起こらないと思います。

なお参考 URL によると,防水腕時計の防水は主として,構造のつなぎ目(ガラスと ケースの間,ケースと裏蓋の間,ケースとリュウズの間,など)からの水の浸入を防いでいるようです。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ