締切済み

食用色素の分離・同定の実験で、色素(赤色3号、黄色4号、黄色5号、青色

  • すぐに回答を!
  • 質問No.5939328
  • 閲覧数13185
  • ありがとう数26
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 50% (1/2)

食用色素の分離・同定の実験で、色素(赤色3号、黄色4号、黄色5号、青色5号、ローダミンB)の構造式より、移動方向、移動距離の長さを推定したいのですが、お願いします。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 62% (50/80)

急いでいるようなので、クロマト分析の一般論で考えてみます。
まず、各成分の分子量、構造(親水基の数など)をまとめてみてください。
次に展開剤(移動相)は何を使うか、水か有機溶媒(アルコール系、それとももっと親油性)かです。展開剤により分析対象の移動距離は大きく変化します。
溶媒は同じような構造のものを良く溶かすので、移動相と似た構造のものほど、移動距離が大きくなります。 それから、どのような場合でも、絶対的な移動距離は推定が困難です。 相対的な話しかできません(クロマトで条件をまったく同じにすることは困難なためです)。そのためにRf値が使われます。 Rf値=(対象の移動距離)/(基準物質の移動距離)です。
参考になれば嬉しいです。
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

ピックアップ

ページ先頭へ