• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

毎日、口蹄疫のニュースでいっぱいですが、ふと思った事ですみません。あの

毎日、口蹄疫のニュースでいっぱいですが、ふと思った事ですみません。あのウイルスは、家畜のみの伝染病なのですか?ペット(鳥・犬・猫)などには どうなんでしょう?無知で本当にすみません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • asora
  • ベストアンサー率37% (117/308)

基本的には偶蹄目が罹る病気ですので、家畜(牛、豚、水牛)のほか、鹿、カモシカなどに感染するようです。 また、ハリネズミや象も感染するそうです。 鳥や犬猫には感染しないそうですが、ウィルスが体に付着した状態で移動したら感染を広げることはあるでしょうね。

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。ニュースでも報道されてますよと指摘されましたが、仕事の時間帯が疎らな為詳しくは知る事ができなかったので…暇な時にと言う私の質問に、直ぐに解答して頂き感謝します。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

>>毎日、口蹄疫のニュースでいっぱいですが・・・ 口蹄疫についてはニュースでも詳しく説明してますよ? 口蹄疫とは、家畜の伝染病のひとつ。 偶蹄目(豚、牛、水牛、山羊、羊、鹿、猪、カモシカなど)やハリネズミ、ゾウなどが感染するウイルス性の急性伝染病。 日本では家畜伝染病予防法において家畜伝染病に指定されており、対象動物は牛、水牛、鹿、羊、山羊、豚、猪である。 旧国際獣疫事務局 (OIE) リストA疾病に指定されていたが2005年5月にOIEのリスト区分は廃止された。 この病気は高い伝播性、罹患した動物の生産性の低下、幼獣での高い致死率という特徴を持つ。 先進国では他の家畜への感染拡大を防ぐために罹患した患畜は発見され次第殺処分される。 また他地域の家畜への伝播を防ぐため、地域・国単位で家畜の移動制限がかけられることから、広い範囲で畜産物の輸出ができなくなる。 これらによる経済的被害が甚大なものとなるため、畜産関係者から非常に恐れられている病気である。 Wikiより抜粋。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • C3N40
  • ベストアンサー率0% (0/1)

こちらのサイトに詳しく載っていますから参考にしてください http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB

参考URL:
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8F%A3%E8%B9%84%E7%96%AB

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 口蹄疫が今年の重大ニュースになっております。私はパソコン日誌を毎日書い

    口蹄疫が今年の重大ニュースになっております。私はパソコン日誌を毎日書いておりますので、 最初に口蹄疫の感染が発表された日を知りたいのです。何月何日でしょうか?

  • 口蹄疫

    口蹄疫 動物の疫病とはいえ、大変悲惨な症状のようです。 ニュースによりますと、口蹄疫の流行も、どうにか収束の方向に進みだしたようです。尤も、口蹄疫の流行という言葉自体に、収束という意味が含意されているのですが、問題は、いつ収束するかと言う事が全く不明です。では、なぜ、いま収束に向って、動き出したのか。 例えば、誰かが素朴に 「大雨が、口蹄疫を洗い流してくれた」 と言った時、この素朴経験論を、非科学的と批判はできますが、なぜ、いま収束に向いだしたかが、科学的に証明することが困難な場合、こうした、素朴な経験論の判り易さは、多くの人々にとって、魅力的な説明になってしまうような気もします。 「大雨が、口蹄疫を洗い流してくれた」 こうした言説は、無知のなせる業なのでしょうか、哲学的な批判は可能でしょうか。 なお、口蹄疫による、被害者・防疫にご尽力された皆様方、一連の豪雨による、被災者・救助にご尽力されている皆様方には、哀悼と敬意を表するとともに、人間の思考方法にかんする、質問のため、例としてとりあげた点を、御理解頂ければ、幸いです。

  • 宮崎の口蹄疫と新型インフルエンザの関係についてどのような検討がなされて

    宮崎の口蹄疫と新型インフルエンザの関係についてどのような検討がなされているか教えてください。  口蹄疫は畜産の病気です。「感染した家畜は全て屠殺」で処理されました。私自身「ほかに方法がない」と納得するしかない。そして、宮崎の当事者の方も本当に泣く泣く、その処理に従いました。しかし、これが人間に対してならばどうなるのでしょうか? それを考えたとき、本当の恐ろしさに気が付きました。  前回の豚インフルエンザは、症状がさほどひどいものでなかったことから、感染拡大防止対策の不備は指摘されましたが、さほど大きな問題になっていません。しかし、口蹄疫の様に感染力が強く致死率の高い病気が人間の間で発生したらどうなるのでしょうか? 私は、鳥インフルエンザの怖さを漠然としてしか理解していませんでした。今回の口蹄疫を鳥インフルエンザに置き換えてみたとき、「一体どんな対策があるのか」と思い、有効な手段がないと感じ非常に不安になりました。もちろん、口蹄疫とは違い有効なワクチンや抗ウィルス薬があるのは知っています。しかし、口蹄疫の感染力を見ると感染の拡大を防ぐことは、人間界では不可能に感じます。  鳥インフルエンザの流行の前に、今回の口蹄疫の問題が発生したことは、ある意味では良かったと思います。感染力の強い疾病の感染拡大の防止がいかに難しいかを、嫌というほど身に染みて分からせてくれました。人間界で同じような感染力を持つ疾病が発生したとき、どうやって防止するのか検討されているのでしょうか?(家畜みたいにみんな殺してしまうわけには行かないんです!!!)  どなたか、この方面に詳しい方がおられましたら、現在どのような対策が考えられているか教えてください。 追伸  人間界で有効な対策があるならば、それを家畜にも適用して欲しいです。全てを殺してしまうのは、あまりにもかわいそうです。彼らは「同じような疾病が人間界で起きたときどうなるか」を身を持って示してくれました。尊い犠牲です。その教訓を無駄してはいけないと思います。

  • 大変な騒ぎの口蹄疫についてですが、当方あまりよく知らないものでお伺いし

    大変な騒ぎの口蹄疫についてですが、当方あまりよく知らないものでお伺いします。個人的見解ですが、口蹄疫は伝染病ではないのでしょうか?しかし何故国(政府)が謝罪しているのでしょうか?伝染病ですとインフルエンザのようなもので感染経路がはっきりしない限り、ある程度の被害は出ると思いますが、国が謝罪すると言うのは、餌か何かに含まれていて、それを見逃したと言う事でしょうか?

  • 口蹄疫は何がどこまでわかっているのか?

    口蹄疫は何がどこまでわかっているのか? 「殺処分」「消毒」「移動制限」などがニュースをにぎわせてますが、実際の話として、口蹄疫の感染経路、治療方法、などなど、本当は何をどこまで、完全にわかっているのでしょうか? 素人考えですが、処理方法に関して言えば、日本をはじめ、各国での対応がたまたまうまくいったので、その通りにやってるようにしか思えません。科学的根拠は存在するのでしょうか?

  • 口蹄疫問題について

    口蹄疫問題について 私は宮崎県に住んでいます。宮崎では連日被害が拡大し、 大問題になっています。それにも関わらず全国のニュースで 報道が一切なく、これは報道規制があるのではと言われていました。 昨日口蹄疫問題そっちのけで外遊していた赤松大臣が帰国し宮崎に来ました。 これはさすがに報道するだろうと思いきや ワールドカップの選手決定が~~というニュースばかりで やはりほんの少ししか報道されませんでした。(民放は) 赤松大臣が帰ってきても報道されないというのは やはり報道規制をしいているからでしょうか。 そして、大臣は何の問題もないと言ってるが、本当はヤバイ事が わかってるから報道規制してるのでしょうか。 この口蹄疫問題どう思いますか。 (正直地元としては基地移設問題も重大だが口蹄疫問題も重大です)

  • 口蹄疫とクジラに関して

    口蹄疫とクジラに関して 口蹄疫とクジラに関しての質問です。 口蹄疫は偶蹄目に広汎に感染するウィルス性の病気で、特に皮膚の柔らかい部分に病巣ができるそうです。 また現在、偶蹄目はクジラ偶蹄目の側系統となっています。 そこで質問なのですが、クジラ偶蹄目の下位であるクジラ目に属する水生動物、イルカやクジラは口蹄疫に感染するのでしょうか? 素人の推測ですが、 ・「偶蹄目」は側系統であること、 ・口蹄疫が広汎に感染するという事実、 ・水生生物の皮膚は柔らかいことが多い点、 等から類推すると、クジラ目は感染しないと考えることはできないと思うのですが、実際にはどうなのでしょうか? 感染する場合、他の偶蹄目からクジラ目、クジラ目から偶蹄目は伝染するのでしょうか? その確認などは行われているのでしょうか? 口蹄疫は家畜に対する被害が大きいことから、 日本を含め世界各国で防疫対策がなされ、国際的な協力の枠組みもできているそうです。 もしクジラ目にも感染するならば、食肉(捕鯨)への影響、ホエールウォッチングなどの観光への影響、それらを経由した感染経路の増加など、いろいろ考えるべきことはあると思います。 クジラ目の動物は海に生息しておりますので、境界での封じ込めができませんし、海は焼却もできません。 また一般に寿命が長く個体数が少ないため、キャリアが発生した場合の被害も大きいと推測されます。 かなり防疫は困難であろうと思いますが、そういった問題に対する国内外の対策はあるのでしょうか? 動物園・水族館で牛に口蹄疫が確認された場合、おそらく殺菌や消毒処理に加え、偶蹄目は殺処分などされると思いますが、それにイルカも入るのでしょうか? 詳しい方の御教示をお待ちしています。

  • 口蹄疫ウィルス

    韓国の口蹄疫で、殺処分用の筋弛緩剤が足りず、 生き埋めにされた家畜がシートを破り、浸出水で 地下水が汚染されているそうです。 埋設に石灰を充分に撒いていれば良いのですが、 仮に石灰を撒いていない場合でも、口蹄疫ウィルス は地中・地下水脈で増殖せず、時間が経てば死滅 してくれますか? 水道水から血が! 韓国口蹄疫、ずさん殺処分で大騒ぎ (朝日新聞社 2011年2月18日) http://www.asahi.com/international/update/0217/TKY201102170413.html 【社説】口蹄疫問題、最悪の状況も想定せよ (朝鮮日報 2011年2月12日) http://www.chosunonline.com/news/20110212000003

  • 口蹄疫感染拡大と野生動物

    口蹄疫感染拡大と野生動物  口蹄疫問題に詳しい方が居られましたら御教え願います。  宮城県等では、口蹄疫の感染拡大を食い止めるために、家畜の移動制限や殺処分が行われていますが、鹿や猪等の口蹄疫に感染し得る野生動物の、体内でのウィルスの増殖や、感染した野生動物の移動による感染拡大への影響は、どの程度ものであると考えられているのでしょうか。  又、野生動物による感染拡大を防ぐためには、どの様な対策が考えられ(有り得て)、それらの対策には、それぞれどの様な長所と短所があるのでしょうか。  そして、今回の口蹄疫問題では、その中のどの対策を行う事が検討又は実行されていて、その進行状況はどうなっているのでしょうか。

  • 口蹄疫は人間に影響ないのに、なぜ殺処分?

    口蹄疫は人間に影響ないのに、なぜ殺処分? 口蹄疫は、人間に感染しないし、感染した動物を食べても人間に何の影響もないのに、 なぜあそこまで国をあげて撲滅しようと躍起になるのですか? 人間に影響がないなら、家畜の病気を管理するのは各畜産家のリスクとして、感染した食肉が出回っても放っておけば良いのに、 国をあげて殺処分したり畜産家に補償を出したりするのは何故ですか? ニュースを見ていても、 ・人間には感染しないウィルスです。 ・感染した食肉が出回ることはありません。 ・万が一感染した肉を食べても人体に影響はありません。 と繰り返していますが、だったら放っておけばいいのに、という当然湧き起こる疑問には一切触れられないので、質問してみました。