• ベストアンサー
  • 困ってます

言霊思想といって、日本人は今でも、悪いことを言ったり、思ったりするだけ

言霊思想といって、日本人は今でも、悪いことを言ったり、思ったりするだけで、そういうことが本当に起こりやすくなると信じているので、なるべく悪い言葉を使わないようにして、悪いことも信じないようにしている、と主張する方がいますか、皆さんは言霊思想を信じますか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数2159
  • ありがとう数24

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

自分は信じます。 ある科学者が研究しましたが、その詳細は ・2つの植物A,Bを用意する。 ・Aの方の植物には「ありがとう」などの良い言葉を、Bの方の植物には「ばかやろー」などの悪い言葉を掛け続ける。 ・その他環境等は全て同じ状況下とする。 ・数日後、植物を観察するとAの植物はいきいきして元気がいっぱいだった。  Bの植物は枯れていました。 これだけで「言霊は絶対だ!」とは言い切れませんが一つの実験データとして頭に入れててもいいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 言霊の思想についてうかがいます。

     以前の質問において 次のような仮説を捉えました。それの吟味をしたいので お尋ねします。  第一次に《こと=事》に感応して《ことだま=事霊》を見止めるがごとく思い描き 同時に《ことだま=言霊》としても捉えた。そのあと 第二次に 事の端⇒言の葉⇒言葉そのものに言霊があると見なすようになった。とするなら 《言葉を発すると そのまま それの表わす中身の事が起こる》という《言霊》の思想は 人為的に後で出来たこの第二次のほうではないだろうかと。→《Q:3994017 われわれ日本人は 互いに相手を神と思っているのでしょうか http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3994017.html 》No.11補足欄など。  ところが この仮説をくつがえす次のような説を見かけました。両者を吟味しつつ ご見解をおしえてください。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  我々は祝福というと おそらくすぐ神に祝福されるというふうに考える。《創世記》一二章の一節から三節でもそう書いてある。けれどももっと遡って旧約の中で祝福とか呪いという問題を探ってみると 神との関係が初めにはない。・・・  というのは 神との結びつきは旧約の伝承を探ると二次的なのである(ショットロフ)。要するに〔第一次のは〕言葉のもつそれ自身の祝福の力および呪いの力である。これは宗教的にいえばいわゆる呪術の段階である。ところが旧約ではきわめてすみやかに神とのかかわりをもたせさられて《あなたは祝福されている》《あなたは呪われている》という言葉が神との関係で用いられはじめており・・・(以下省略)。  (関根正雄:『古代イスラエルの思想』2004p.63〔初出=1982〕) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 言霊についてです。

    言霊についてです。 言葉には、言霊というものがあると聞きました。 例えば誰かに「死ね」と言ってしまった場合、本当に相手を死なせてしまうくらいの強い力があると聞いたことがあります。 「思っていることは、口にださなくても言っているのと同じこと」と言うことも聞いたことがあります。 では、口に出さなかったとしても、思っていることにも言霊は宿るのでしょうか? あと、良い言葉を言った時の言霊はいいと思いますが、悪い言葉を言って悪い言霊を出してしまった時はどうしたら良いのでしょうか? 悪い言霊を消す方法とかはありますか? 例えばものすごい腹の立つことがあった時などに、相手にひどいことを言ってしまったり、思ってしまったりしたら、その言霊で相手に悪い影響を与えてしまったら恐いと思い質問しました。

  • 言霊について

    最近、ある人から言霊について色々とお話を聞きました。 その人によると、常に「ツイテル、感謝、ありがとう」という言葉を毎日口癖のように 言うようにすると良いよ。と言われ、まだ、1ヶ月ですが実践しています その事がきっかけで、言霊についての本も購入したほどはまっています そこで、相談箱を利用されている方で、言霊について色々と知りたいので 御存知の方がいらっしゃたら教えて頂きたいとおもいます また、実践されている方で何らかの効果みたいなものが在ったら是非教えて下さい よろしくお願い致します。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

よくわかりません。 が、世界的にそういうのって、慣習として行われているんじゃないでしょうか。 ジョージブッシュの孫がジョージブッシュだったりとかってのは同じのを名乗ることで何かを期待しているんでしょうし、 逆に非業の死を遂げた人の子に同じ名前をつけたりはしてないんじゃないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • Wendy02
  • ベストアンサー率57% (3570/6232)

>皆さんは言霊思想を信じますか。 私たちの社会の中でというなら、一切、認めません。 言霊思想というのは、もともと、古い時代の信仰の一種だと思います。例えば、外来宗教の密教やイスラームのコーランなど、言葉や文字そのものに力を持つと考えられていたものもあります。また、聖書の中のヨハネの福音書に、「初めに言(ことば)があった。言は神と共にあった。」も、似たような考え方だと言います。 日本の場合、「言霊」というのは、それらとは多少違い、その人の心のあり方とは別に、言葉として発せられたものに力があるものとされます。しかし、私たちの社会というのは、「言葉」で自由になる部分は、本当に少ないのではないでしょうか。 私たちの社会では、悪い人間を、憎いと思って殺したいと思い続けても、実際には、相手は死んだりはしないし、恋する人に思いを寄せて言葉にしても、思いは自由になりません。悪い人間は悪事を繰り返すだけでなく、平気で、人の前でウソをつき続けます。政治家は、みんな秘書の責任にして、トカゲの尻尾切りをします。自分は何も指示していない、というのは事実かもしれません。しかし、言葉にしていないから良いというものではありません。果たして、そこに「言霊」というものが働いているのでしょうか?もし、言霊が働くなら、現与党の総理は、苦労はしないと思います。 現代でも、宗教団体の中には、「言霊」を信ずる神道系の団体もあります。良い言葉を言えば良いことが起こり、悪い言葉を言えば悪いことが起こると信じながら、呪いの言葉を平気で他人に言います。 もし、「言霊」を本気になって信じていれば、自分の言葉で一喜一憂してしまい、ノイローゼになってしまいかねません。私たちのこの世界は、「言霊」のような確実性のあるものは何もないのだと思います。偽物はしょせん力はありません。言葉で人を騙しても、いずれはバレてしまいます。 カーネギーという人の名言に、「起こりうる最悪の事態を直視しよう。」という言葉があります。そこには、私たちは、想像しても現実にはならないことに怯えながら生きていることが多いのではないでしょうか。だからこそ、最悪のことを想定していれば怖いものはないし、現実には、そんなことは起こらないもが多いと言っています。私たちの心は、そのままにしておくと、必ず、ネガティブな方向、自己保存の法則に従って、守勢になってしまうものです。年を取れば取るほど、そういう気持ちが強くなります。言葉は言葉によってがんじがらめになるのが常です。それを振り払う勇気が必要だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

言霊信仰は精神を落ち着かせる実用性があります。 これは言語によるおまじない全般に言えることで 西洋にもありますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

信じます。 まあオカルトなことはさておき、口にする考えるというのは行動に影響を与えるので、ネガティブなことは考えない行わないというのは悪いことではないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

信じます。 何故なら、一部は『強迫観念,プラシーボ効果,印象操作』といった科学的説明が可能だからです。 いわゆる『病は気から』的な話も同じでしょう。 日本には、昔からそのような風土があります。 そのため、他国よりも『言葉による精神的な変化』が大きいのだと思っています。 ですので、自らが発した言葉による『他者・自分への無意識な洗脳』が、 現実に発生する行動や現象に干渉するのでしょう。 不吉だとおもっていると、気が重くなり、注意散漫になりやすくなり、 最終的に、普段やらないミスをして、悪い(不吉)な事が起こってしまう。 世の中、昔から言われている事は、形こそ変わるかもしれませんが、 大体が真実を言っているとおもいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 英語で言霊

    英語で言霊とは何と言うのでしょうか? 言霊(ことだま)とは、元々、日本語から生まれた言葉・概念の様な気もするので西洋の言語には適当なモノはないかもしれません。辞書で調べてみても見当たらないのです。 「魂が宿った言葉」と訳しても良いのですが、宿ると言う直接的な表現もないようなのでどなたか教えてください。

  • 言霊

    言霊って聞いたことがあります。 皆さんは、どの様なイメ-ジがありますか? また、強制力ってあると思いますか?

  • 言霊について

    言霊って一体なんでしょう?たしか、上代文学にでてきた一種の信仰のようなものだと思ったのですが。言葉には魂がこもってて・・・みたいな。もっと詳しく知っている方がいましたら教えてください。

  • 「ありがとうございます」という言霊?

    「ありがとうございます」という言霊? について教えてください。 6年ほど前、「ありがとうございます」という言霊(言葉)を唱え続けると良い現象が起きて行くと聞きました。 実際に一日100回、1000回、3000回、と唱えてみると、何かからだの周りに清々しい気持ちの良い空気を感じたり、インスピレーションが鋭くなったり、楽しい気持ちが感じられるようになったりしていたのですが、 数年が経った頃、段々と「ありがとうございます」と唱えることが億劫に感じられるようになり、唱えれば唱えるほど体とこころが辛く感じるようになってしまいました。 極性に偏り過ぎて、何かのバランスが失われているかのような不快感や心許無さを感じるようになったのです。 また、それでもたまには一日に10回や20回ほどは唱えてみるのですが、唱えた日に限って、身のまわりにいる人達の機嫌が(本当にその日にピンポイントで)悪かったり、何故か(私が)仕事でミスをする回数が増えたりします。 何故でしょうか。 気のせいでしょうか。 「ありがとうございます」という言霊を唱える行いは結構有名なものだと思いますが、唱えていた、または現在唱えている方はいますか? いらっしゃったら、どういう効果があるか、体験談を聞かせてもらえませんか? よろしくお願いします。

  • 言霊というのは存在するのか?

    いつも、ありがとうございます。 最近、 日本には、言霊とか あるのを知りました。 それで、 一昔前の、とある詩を、読むと呪われるとの噂も、、 あと、どこか橋には、魔除けの回文 (上から読んでも下から読んでも、同じ言葉になる文句)が書かれてるとの話も、、 聞いて 言葉自体に、霊力(呪いや守護の力)が宿る、、と言う事みたいですが、、 本当なんでしょうか? 何気なく使っている言葉、、なんか怖いです。 とくに、言霊の負の作用とか、、 もし、言霊の負の作用を受ける事になったら、、どうすればいいんでしょう、、 :(;゛゜'ω゜'):ブルッ お経を唱えればいいんですか? お教えください。

  • 皆さんは「言霊」は信じますか?

    皆さん言霊って信じますか?あると思いますか?ないと思いますか? 私は毎日「言霊」に追われていてイヤだなと思うんです。自分の言った事や思った事、書いた事とかが現実にそのままそのようになってしまうんです。 今日でもそう。昨日今日と家で、母に姉の悪い所とかを私が言ってるとこう言いました。「ほぼ、ホントと姉って優しい所ないわ!!<`&#65374;´>!!」等言ってると今度は、ラジオから別の話しから会話中にやまびこのようにアナウンサーと女性ラジオタレントさんが「ほぼ、ほぼ〇〇(話しの内容ですねー」って言ってたんです。 これもそう、前に一度書いてるかもかもしれないですけど、「要は・・・・・」もそうです。私が去年おととし位に行ってた会社の男性の元事務の先輩が会話中「要はこうで、こうで・・」と何度も話し中に使ってたところから、去年から、私が誰からしもからの口から必ず、「要は・・・こうです!!」とか(文章でも使ってるのも何度も見たことあるんです。「要は・・・・」「要は・・・」と何度も誰からしもの会話中に聞くんです。「要は」の意味はちゃんと分かってますよ。{要は・・はその内容が長いからまとめたい時に使う言葉と言うのは従順分かってますから。} 皆さんはこんな言霊の経験ありますか?ちなみに私は「要は・・」とか使いません。普通に会話します。

  • 言霊と平和ボケについて

    これは、井澤元彦氏の本にかかれてあったことです。 「日本は言霊の国と言われている。現在の平和ボケもこれに端を発するのだ。」 言霊とは、例えば、受験生のいる家庭で、「落ちる」とか「滑る」という言葉を言うと、本当に滑るようになる、ということです。 皆さんも心当たりがありますね。 言霊の考え方を考えると、平和ボケの人の発想はわかりやすいですね。  自衛隊反対するのは、戦争のことを考えるからだ。  侵略があるなんて言うのは、考えるからダメなのだ。  こんなことを考えなければ、戦争なんか起こるはずがない。  日本国憲法にも戦争放棄が書いてあるから、戦争にならないのだ。 こんなところですかね。なお、この考え方は、戦前と戦後ではコインの裏表です。 そう、戦前の「戦争に負けるということを考えなければ負けない」ということと同じです。 皆さんはこのことをどう思いますか? 僕ははっきり言って、平和ボケしている人は念力主義だと思います。 「軍事を考えなければ戦争にならない」「平和を唱えれば戦争にならない」 こう題目を唱えていればいい、というのは、戦前の 「日本には神風が吹いて勝つことができる」 というのと同じです。 そう、「平和を唱えれば、神風が吹いて戦争が遠のいてくれる」とでも言いたいのでしょうか?

  • 宗教と思想の違いについて

    日本人には宗教心が少ないということが一般的に言われていると思うんですが、その一方で儒教や仏教の考え方が意識できないレベルで日本人の間に広がっているという主張もあると思うんです。 たとえば祖先を敬うことは思想だともいえるし宗教だということもいえると思うんです。 でも祖先を敬っている日本人に対しては儒教的ということを言いますが、祖先を敬っている欧米人がいても儒教的とは言いませんよね? 宗教は思想に影響を与えているだけであるという考え方もできると思うんです。 ですが、思想に宗教が影響したということもあると同時に、宗教に思想が影響することもあるわけで、それは同時に宗教の影響を受けてないと思われる思想も宗教になる可能性を持っているということになると思うんです。 たとえば朝ごはんにパンが食べたい、ということも宗教的であるということができると思うんです。 そう突き詰めていくと人が抱く考え方はすべて宗教になる可能性を持った宗教的なものという考え方ができてしまうわけで、そもそも「宗教」という言葉の価値がなくってしまう気がします。 宗教の定義について色々と本を読んでみたんですが、ほとんどが体系だった考え方を前提としていたり深い関心を要求するものなど、あまり「軽い」ものについては触れていないように感じました。 長々と書いてしまいましたが自分でも混乱しているところは多く、うまくまとめられませんでした。 質問の要点は宗教と思想の違いはどこにあるのかということです。 ただ自分がここで言っている「宗教」と「思想」はだいたいこんな意味を持っていると考えてください。

  • 意識は現実化するか。言霊は。

    意識は現実化するか。言霊は。 わたしは頭で考えていた事はほぼ現実化してます。 例えばこのコロナの騒ぎは十二月の段階で予想してました。 言霊もあるかと思います。 わたしが過去に言葉に出して言った事ほぼ全て現実に起きてました。 意識は現実化するのでしょうか。

  • 言霊ってあるようですが、頭の中で考えていることは?

    言霊があるので口にする言葉、発するものには気をつけて美しい言葉を使うほうがよい という話をききました。 でも頭の中でたとえばだれかの悪口とか浮かんだ場合、飲み込むより吐き出す方が ストレスがたまらなくていいとおもうのですが、 そういう場合も我慢して言わない方が結果的にはいいんですか? 精神衛生上あまりよくない気がします。 どうなんでしょうか。