• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

言霊について

言霊って一体なんでしょう?たしか、上代文学にでてきた一種の信仰のようなものだと思ったのですが。言葉には魂がこもってて・・・みたいな。もっと詳しく知っている方がいましたら教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数343
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • Alias
  • ベストアンサー率59% (173/293)

「言霊」というのは古代の人たちが言葉にこもっていると考えた一種の霊力のようなもので,言葉にした祈りなどの内容が,その力によって実現するものとされていました。例えば,万葉集3254番の柿本人麻呂の歌,   磯城島(しきしま)の大和の国は 言霊の助くる国ぞ ま幸(さき)くありこそ は,「日本の国は言霊が助けてくれる国である(から私はあなたのために祈りの言葉を口にします)『ご無事であってください』と」というような意味です。 また例えば,他人に自分の名前を呼ばれるということは,自分が相手に所有されることになってしまうため,女性は軽々しく男性に名前を教えなかった,逆に自分の名を名乗るということは相手の愛を受け入れる合図だった,などという事実も,名前に宿る「言霊」の観念と関係するものでしょうね。 「霊」といっても,幽霊とかみたいに人格的なものではないようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • ekubo
  • ベストアンサー率31% (29/92)

 1から10の中で好きな数字は?と聞かれたら、一般的な日本人ならおそらく選ばない数字が2つあります。それは、「4」と「9」です。理由は簡単です。「死」と「苦」をイメージするからです。すでにこれは言霊信仰です。  言霊信仰は、言葉を発するとその言葉に呼応して現実が動かされるという考えです。  ですから、「落ちる」と口に出して言うと、現実に「落ちる」ことになるので、決して口に出さない。結婚式では、決して「切る」とは言わず、「入刀」と言う。同じく、「平和」という言葉を連呼することで現実の日本が「平和」になると思っている。  詳しくは、kyaezawaさんのおすすめでもある「言霊(コトダマ)の国」解体新書を読んでみてください。私もおすすめします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

皆様、たくさんの回答ありがとうございます。参考になりました。 代表してekuboさんの所にお礼させていただきます。それぞれの方にお礼できなくて申し訳ございません。

  • 回答No.5

言霊は言葉自体に霊力が宿っており、恨みやつらみを浄化させる事が できると言われています。 お経や祝詞などもその一つです。 つまり意味は分からなくともその言葉自体に力があるのです。 聖なる言葉と覚えておけばいいと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

言霊は「事霊」とも書かれます。上代のころは「言」と「事」を区別しませんでした。言葉に出したものは即ち事象である、というような考え方があったようです。 日本の神々を「~の尊(命)」と呼びます。この尊(命)は、「御言」であるとも言われています。 言霊というのは、比較的現代でもわかりやすい概念かと思います。受験生のころ、「すべる」「落ちる」などと言ってはだめだよ、と友人に言われました。まあ、この例は半ば冗談で言っていたことなのですが、不吉なことを口にすることを避ける傾向は、今でも残っていると思います。 あまり上手く説明できませんでしたが、少しでも参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

全然このカテゴリぽい回答じゃないですが。 鉄甲機ミカヅキというドラマが言霊をあつかってましたね。 http://www.mikazuki-web.com/ 「DUNE 砂の惑星」という映画でも、言葉が武器になるようなことを描いていました。 いずれもSFなので回答にはなっていませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
noname#24736
noname#24736

こんな本を読まれたらいかがですか。 「言霊(コトダマ)の国」解体新書 小学館文庫 井沢 元彦 (著) 価格(税別): ¥514

参考URL:
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/409402302X/qid%3D980329191/sr%3D1-44/t/249-5304216-9237136

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 英語で言霊

    英語で言霊とは何と言うのでしょうか? 言霊(ことだま)とは、元々、日本語から生まれた言葉・概念の様な気もするので西洋の言語には適当なモノはないかもしれません。辞書で調べてみても見当たらないのです。 「魂が宿った言葉」と訳しても良いのですが、宿ると言う直接的な表現もないようなのでどなたか教えてください。

  • 言霊についてです。

    言霊についてです。 言葉には、言霊というものがあると聞きました。 例えば誰かに「死ね」と言ってしまった場合、本当に相手を死なせてしまうくらいの強い力があると聞いたことがあります。 「思っていることは、口にださなくても言っているのと同じこと」と言うことも聞いたことがあります。 では、口に出さなかったとしても、思っていることにも言霊は宿るのでしょうか? あと、良い言葉を言った時の言霊はいいと思いますが、悪い言葉を言って悪い言霊を出してしまった時はどうしたら良いのでしょうか? 悪い言霊を消す方法とかはありますか? 例えばものすごい腹の立つことがあった時などに、相手にひどいことを言ってしまったり、思ってしまったりしたら、その言霊で相手に悪い影響を与えてしまったら恐いと思い質問しました。

  • 言霊信仰について

    言霊信仰は、古代人にとってどのように受け入れられていたのでしょうか?本当に心の底から信じていたのか、儀礼的なものとして用いられていたのか。また、庶民にもそれは浸透していたのでしょうか。 それから、言霊信仰について書いてある、分かりやすい本があれば、紹介して欲しいです。

  • 言霊について

    最近、ある人から言霊について色々とお話を聞きました。 その人によると、常に「ツイテル、感謝、ありがとう」という言葉を毎日口癖のように 言うようにすると良いよ。と言われ、まだ、1ヶ月ですが実践しています その事がきっかけで、言霊についての本も購入したほどはまっています そこで、相談箱を利用されている方で、言霊について色々と知りたいので 御存知の方がいらっしゃたら教えて頂きたいとおもいます また、実践されている方で何らかの効果みたいなものが在ったら是非教えて下さい よろしくお願い致します。

  • 「ありがとうございます」という言霊?

    「ありがとうございます」という言霊? について教えてください。 6年ほど前、「ありがとうございます」という言霊(言葉)を唱え続けると良い現象が起きて行くと聞きました。 実際に一日100回、1000回、3000回、と唱えてみると、何かからだの周りに清々しい気持ちの良い空気を感じたり、インスピレーションが鋭くなったり、楽しい気持ちが感じられるようになったりしていたのですが、 数年が経った頃、段々と「ありがとうございます」と唱えることが億劫に感じられるようになり、唱えれば唱えるほど体とこころが辛く感じるようになってしまいました。 極性に偏り過ぎて、何かのバランスが失われているかのような不快感や心許無さを感じるようになったのです。 また、それでもたまには一日に10回や20回ほどは唱えてみるのですが、唱えた日に限って、身のまわりにいる人達の機嫌が(本当にその日にピンポイントで)悪かったり、何故か(私が)仕事でミスをする回数が増えたりします。 何故でしょうか。 気のせいでしょうか。 「ありがとうございます」という言霊を唱える行いは結構有名なものだと思いますが、唱えていた、または現在唱えている方はいますか? いらっしゃったら、どういう効果があるか、体験談を聞かせてもらえませんか? よろしくお願いします。

  • 言霊というのは存在するのか?

    いつも、ありがとうございます。 最近、 日本には、言霊とか あるのを知りました。 それで、 一昔前の、とある詩を、読むと呪われるとの噂も、、 あと、どこか橋には、魔除けの回文 (上から読んでも下から読んでも、同じ言葉になる文句)が書かれてるとの話も、、 聞いて 言葉自体に、霊力(呪いや守護の力)が宿る、、と言う事みたいですが、、 本当なんでしょうか? 何気なく使っている言葉、、なんか怖いです。 とくに、言霊の負の作用とか、、 もし、言霊の負の作用を受ける事になったら、、どうすればいいんでしょう、、 :(;゛゜'ω゜'):ブルッ お経を唱えればいいんですか? お教えください。

  • 言霊の思想についてうかがいます。

     以前の質問において 次のような仮説を捉えました。それの吟味をしたいので お尋ねします。  第一次に《こと=事》に感応して《ことだま=事霊》を見止めるがごとく思い描き 同時に《ことだま=言霊》としても捉えた。そのあと 第二次に 事の端⇒言の葉⇒言葉そのものに言霊があると見なすようになった。とするなら 《言葉を発すると そのまま それの表わす中身の事が起こる》という《言霊》の思想は 人為的に後で出来たこの第二次のほうではないだろうかと。→《Q:3994017 われわれ日本人は 互いに相手を神と思っているのでしょうか http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3994017.html 》No.11補足欄など。  ところが この仮説をくつがえす次のような説を見かけました。両者を吟味しつつ ご見解をおしえてください。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  我々は祝福というと おそらくすぐ神に祝福されるというふうに考える。《創世記》一二章の一節から三節でもそう書いてある。けれどももっと遡って旧約の中で祝福とか呪いという問題を探ってみると 神との関係が初めにはない。・・・  というのは 神との結びつきは旧約の伝承を探ると二次的なのである(ショットロフ)。要するに〔第一次のは〕言葉のもつそれ自身の祝福の力および呪いの力である。これは宗教的にいえばいわゆる呪術の段階である。ところが旧約ではきわめてすみやかに神とのかかわりをもたせさられて《あなたは祝福されている》《あなたは呪われている》という言葉が神との関係で用いられはじめており・・・(以下省略)。  (関根正雄:『古代イスラエルの思想』2004p.63〔初出=1982〕) ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 意識は現実化するか。言霊は。

    意識は現実化するか。言霊は。 わたしは頭で考えていた事はほぼ現実化してます。 例えばこのコロナの騒ぎは十二月の段階で予想してました。 言霊もあるかと思います。 わたしが過去に言葉に出して言った事ほぼ全て現実に起きてました。 意識は現実化するのでしょうか。

  • 地獄先生ぬ~べ~の言霊

    以前、週間少年ジャンプに「地獄先生ぬ~べ~」という漫画が連載されていましたよね? その中で、どうしても知りたいことがあるのです。 第何話かも覚えていないのですが、おおよそこんな話だったと思います。 ぬ~べ~は、結婚式だかお葬式だかで、学校をお休みしています。 その間に子供達は、彼がいないのをよいことに、勝手に霊を呼び出す遊びをしてしまいます。ぬ~べ~の使う真言(?)があるから大丈夫だろうと。しかし、いざ霊が出現すると、何の霊能力もない子供達では、真言を唱えても意味はなく、ピンチに陥り、ぬ~べ~に急いで電話します。そこでぬ~べ~は、側にいたおばあさんの持っていた本に言葉自体に力がある「言霊」が載っているのを見つけ、子供達にそれを唱えさせることで、子供達を救います。 だいたいそんな話だったと思いますが、どなたかその「言霊」を一字一句ご存知の方はいらっしゃいませんでしょうか。 また、併せて、その「言霊」の出所などをご存知でしたら教えて下さい。 お願いします。

  • 言霊ってあるようですが、頭の中で考えていることは?

    言霊があるので口にする言葉、発するものには気をつけて美しい言葉を使うほうがよい という話をききました。 でも頭の中でたとえばだれかの悪口とか浮かんだ場合、飲み込むより吐き出す方が ストレスがたまらなくていいとおもうのですが、 そういう場合も我慢して言わない方が結果的にはいいんですか? 精神衛生上あまりよくない気がします。 どうなんでしょうか。