• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ICレコーダー(楽器演奏用)を購入したいと思っています。

  • 質問No.5869740
  • 閲覧数4991
  • ありがとう数27
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 85% (165/193)

ICレコーダー(楽器演奏用)を購入したいと思っています。

趣味でバイオリンをしているのですが、その練習を録音したく、ICレコーダーの購入を考えているのですが、種類がたくさんあってどれがいいのか決められずにいます。
ICレコーダーを使ったことがないので、どのような事を留意しなければならないのかもよくわかりません。。


できればコンパクトで操作しやすいもの。音質は良ければ良いほうがいいです。

調べたところ
SONY (SXシリーズ、M10)
YAMAHA (C24、W24)
TASCAM (DRシリーズ)
オリンパス (DSシリーズ)
を見つけました。

ZOOMとRolandは少し大きいかなと思い外しています。
予算は2万円以下で、中古購入も考えています。
このシリーズはいいよ、とか、このシリーズは使いにくい等、アドバイス頂ければと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 65% (1925/2934)

最近のモデルは実機の音を聞くことができていないので、あまりいい加減なことはいえないのですが...

まず、一般論からいうと、(1)もっぱら練習用で演奏内容が分かる程度で良く、ミスや表現の確認だけが目的なのか、(2)練習にも使うが、むしろ記録として残したいとか他人に聞いてもらうのが目的なのか、によって方向性が変わってきます。

すなわち、レコーダーで音質に関係する部分は、影響力の大きい順に、(a)マイクの品質、(b)マイク関係の電子回路の品質、(c)デジタル化の品質、となります。このうち、(a)や(b)は、コストをかけようとするといくらでも高くなるので、どの辺りで手を打つか考えなければなりません。

具体的にいうと、(2)のような目的の場合、マイクは業務用の高音質なものを使い、マイクスタンドを立てて、ノイズの少ないスタジオやホールで録ることになります。業務用マイクは、ファンタム電源という装置が必要です。ポータブルレコーダーでファンタム電源を搭載しているのは、ZOOM H4nやTASCAM DR-100など比較的大型の機種に限られます。

これに対して、レコーダーの内蔵マイクやプラグインパワーのマイクは、やはり音質面でかなり見劣りします。しかし、そうはいっても、いやしくも「音楽用」を謳う製品であれば、(1)のような目的には十分実用に堪える品質です。音場感は、マイクの取り付け方などによって異なりますが、練習が目的であれば、それも特に気にする必要はありません。

また、(b)に関しては、ポータブルレコーダーの場合、大音量に弱いとか、ノイズが入るとかの例があります。内蔵マイクでは問題なくても、プラグインパワーのマイク端子ではノイズが出る場合もあります。もっとも、これも、(1)のような目的であれば、それほど気にする必要はないでしょう。

さらに、(c)に関して、よく高音質の引き合いとして「24bit/96kHz」などの数字が出てきますが、これは全く無視しても構いません。特に、(1)のような目的の場合、16bitと24bitの差はポータブルレコーダーでもある程度意味がありますが、44.1kHzか48kHzか96kHzかというのは実用上無視できる程度の違いに過ぎません。

やや細かい話になりましたが、要するに、(1)のような目的であれば、どの機種を選んでも特別困るということはないはずなので、あまり「高音質」にこだわらず、サイズや使い勝手で選べば十分でしょう。

逆に、(2)のような目的があるなら、いずれマイクなどの機材を買い足していく必要があるので、機能や拡張性を重視することになり、「小さなもの」という希望は満たしにくくなります。また、新品なら3~4万円は見る必要が出てくるでしょう。

個人的には、(1)の目的には、Roland R-09(HRではない)を使っています。練習用としては十分な音質で、操作もしやすく、サイズの割に軽いので、悪くないと思います。TASCAMも全般に信頼できると思います(次はTASCAMにする予定)。ZOOMは、H2であればコンパクトです。内蔵マイクはやや抜けが悪いですが、変な癖があるよりはマシでしょう。OLYMPUSとYAMAHAは、やや薄っぺらい印象があります。

他方、(2)の目的では、ノートパソコンをレコーダー代わりにしています。USB接続のオーディオインターフェイス(ファンタム電源内蔵)と業務用のコンデンサマイクを使っています。練習用は練習用、本気の録音は別、と割り切って使い分けています。

なお、中古の場合、出自がハッキリしたものであるか、信頼できる店で購入するようにした方が良いでしょう。
お礼コメント
dreamymelody

お礼率 85% (165/193)

ご回答ありがとうございます!
とても参考になりました。
使用目的は主に練習用ですが、発表会などにも使いたいと思っています。しかし、まだバイオリンを始めて間もないので、プロ級(?)の音質は求めていません^^;
やはり使い勝手が良いものを探すべきですね!
ありがとうございました。
投稿日時:2010/05/08 23:28

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 49% (2799/5705)

ZOOMのH2はそれほど大きいものでもありませんよ。
幅×高さ×厚みがPCM-M10だと62.0×114.0×21.8mmに対して
H2は63.5×110×32mmなのでM10が少しノッポでスリムですが
さほどH2が大きいと思う差でもないでしょう。
重量はM10が約187g、H2が約157gでM10のほうが重たいです。
(単三電池2本含む)

http://www.zoom.co.jp/japanese/products/h2/
実売価格は15,000円から20,000円ぐらいです。

内臓マイクもまぁまぁの性能ですし、プラグインパワー式の外部マイクやライン入力も使えます。
24bit/96kHzという音楽CDを超える音質での録音も可能です。
付属するアクセサリが多いのも初心者には有り難いかと。

専門家が実際に使ったレポート
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20070903/dal295.htm

ポイントとしては、できれば外部マイク(プラグインパワーでないもの)が
接続できて、三脚やスタンドに固定するオプション品が付属するものがいいです。
対応するメディアはできるだけ大容量のタイプが出ているものがいいのですが
現状はSDカードがコストパフォーマンスが良いので、SDHCカード対応のものが良いかと思います。
楽器メーカーの製品ではメトロノーム機能やチューナー機能などが付いているものもあります。
バイオリンの音は倍音が多く含まれるので、できるだけ解像度の高い
音で録音できたほうがいいと思いますので、24bit/96kHz対応の機器が適しているでしょう。
挙げられた中ではYAMAHAは実際にバイオリンも作っている会社なので
それを考えるとYAMAHAのレコーダーは楽器演奏の録音機器としては期待はできそうです。

操作のしやすさというのは人それぞれ感じ方が違いますので、売り場に行って
実機を試用してみるのが一番です。
ボタンのクリック感がやたら固かったり、液晶が見づらかったりというのは
いじってみないとわかりません。
お礼コメント
dreamymelody

お礼率 85% (165/193)

ご回答ありがとうございます!
URL大変参考になりました。
実際触ってみるのがやはり一番ですよね・・・。近場の電気屋さんにはなかったので少し遠出して探してみたいと思います。


ありがとうございました。
投稿日時:2010/05/08 23:14
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ