• 締切済み
  • すぐに回答を!

正当防衛にはならない?

正当防衛にはならない? 正当防衛にならないかお願いします 口論から殴られました まずお互いに意見が違いあい、私が肩をポンポンと軽く触ったら相手が殴りかかってきたんです そして髪を引っ張られて、その防衛に一発殴ったのですが この場合は髪を引っ張るのから身を守るために正当防衛とは認められませんか? 多分詳しく覚えていないのですが私の2発目入れたのは、その後騒ぎを聞きつけて、飛んできた人達に、お互いが羽交い絞めにされ取り押さえられている時にお互いに挑発し合って、相互に一発入れました これはシチュエーション的にもお互いが挑発し合って一発入れているわけだから、私の2発目の殴りを正当防衛と主張するのは無理でしょう・・・ 一度でも挑発入れている場合の殴り合いがあれば、前半が髪の毛引っ張るのから守るためにした殴りも正当防衛には入りませんか? そもそも私を殴るきっかけが肩をポンポン触ったのが原因でもあれば 肩ポンは挑発行為にも見受けられて正当防衛には当たらないってことになりますか??? 要するに私が肩ポンして殴られる→殴られ髪を引っ張られる→髪引っ張られるのを防衛するために相手を殴る→しかし肩ポンが原因で殴られたから、元々原因作って殴られたんだから相手殴っても正当防衛には当たらない。 だけど肩ポンより前の口論があったわけだから 私の肩ポンが相手が殴ってきた原因になるのかどうか微妙です とりあえず事件をチャート的にすると 口論→私が肩ポンポンする→相手殴ってくる→髪引っ張られて防衛のために相手殴る→騒ぎを聞いた皆が飛んできて私と相手の二人を破壊締めで取り押さえる→取り押さえられている状態から、お互いに挑発し合い両者一撃入れる→終わり 流れ的にこんな感じですが やはり髪の毛を引っ張られたから防衛のために殴るのは正当防衛にも入らないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数779
  • ありがとう数12

みんなの回答

  • 回答No.5

髪の毛を引っ張られた場合に考えられる被害と殴られた時に考えられる被害を客観的に比較してみて下さい。 前者の方が被害が大きいと考えられれば正当防衛、そうでなければ過剰防衛です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 両方が加害者??正当防衛は無理か?正当防衛にならないかお願いします

    両方が加害者??正当防衛は無理か?正当防衛にならないかお願いします まずお互いに意見が違いあい、私が肩をポンポンと軽く触ったら相手が殴りかかってきたんです そして髪を引っ張られて、その防衛に一発殴ったのですが この場合は髪を引っ張るのから身を守るために正当防衛とは認められませんか? 多分詳しく覚えていないのですが私の2発目入れたのは、その後騒ぎを聞きつけて、飛んできた人達に、お互いが羽交い絞めにされ取り押さえられている時にお互いに挑発し合って、相互に一発入れました これはシチュエーション的にもお互いが挑発し合って一発入れているわけだから、私の2発目の殴りを正当防衛と主張するのは無理でしょう・・・ 一度でも挑発入れている場合の殴り合いがあれば、前半が髪の毛引っ張るのから守るためにした殴りも正当防衛には入りませんか? そもそも私を殴るきっかけが肩をポンポン触ったのが原因でもあれば 肩ポンは挑発行為にも見受けられて正当防衛には当たらないってことになりますか??? 要するに私が肩ポンして殴られる→殴られ髪を引っ張られる→髪引っ張られるのを防衛するために相手を殴る→しかし肩ポンが原因で殴られたから、元々原因作って殴られたんだから相手殴っても正当防衛には当たらない。 だけど肩ポンより前の口論があったわけだから 私の肩ポンが相手が殴ってきた原因になるのかどうか微妙です とりあえず事件をチャート的にすると 口論→私が肩ポンポンする→相手殴ってくる→髪引っ張られて防衛のために相手殴る→騒ぎを聞いた皆が飛んできて私と相手の二人を破壊締めで取り押さえる→取り押さえられている状態から、お互いに挑発し合い両者一撃入れる→終わり 流れ的にこんな感じですが やはり髪の毛を引っ張られたから防衛のために殴るのは正当防衛にも入らないのでしょうか? あと殴ってきた相手は空手や武道などを習っている者でした これは相手を訴える際の何かのプラスになりますか? まず、格闘家が手を出 したら武器とみなされ る場合があるってのは ご存知ですよね? 空手を例にしますが色 帯(白黄茶など)でし たら武器とはみなされ ません。有段者(黒帯 )で尚且つ大会で実績 を上げている場合にた まに適応されるという くらいらしいですが、どうですか?相手は黒帯です 武道の有 段者が行うと過剰防衛 として暴行罪、傷害罪 に問われる可能性があ るそうですが、 空手に限らず格闘技等をやっ てる人は喧嘩すると罰せられるそうですが、この範囲を含めて今回の件はどうですか? 私が不利か相手が不利か? また執行猶予中なのであまり騒がせて大袈裟にしない方が身のためだと周りはいいます、見逃せと もし正当防衛が成立しなければ最悪、傷害で逮捕、執行猶予取り消しになる可能性もありますか??

  • 両方が加害者??正当防衛は無理か?正当防衛にならないかお願いします、顔

    両方が加害者??正当防衛は無理か?正当防衛にならないかお願いします、顔に青タンの怪我して相手は無傷です まずお互いに意見が違いあい、私が肩をポンポンと軽く触ったら相手が殴りかかってきたんです そして髪を引っ張られて、その防衛に一発殴ったのですが この場合は髪を引っ張るのから身を守るために正当防衛とは認められませんか? 多分詳しく覚えていないのですが私の2発目入れたのは、その後騒ぎを聞きつけて、飛んできた人達に、お互いが羽交い絞めにされ取り押さえられている時にお互いに挑発し合って、相互に一発入れました これはシチュエーション的にもお互いが挑発し合って一発入れているわけだから、私の2発目の殴りを正当防衛と主張するのは無理でしょう・・・ 一度でも挑発入れている場合の殴り合いがあれば、前半が髪の毛引っ張るのから守るためにした殴りも正当防衛には入りませんか? そもそも私を殴るきっかけが肩をポンポン触ったのが原因でもあれば 肩ポンは挑発行為にも見受けられて正当防衛には当たらないってことになりますか??? 要するに私が肩ポンして殴られる→殴られ髪を引っ張られる→髪引っ張られるのを防衛するために相手を殴る→しかし肩ポンが原因で殴られたから、元々原因作って殴られたんだから相手殴っても正当防衛には当たらない。 だけど肩ポンより前の口論があったわけだから 私の肩ポンが相手が殴ってきた原因になるのかどうか微妙です とりあえず事件をチャート的にすると 口論→私が肩ポンポンする→相手殴ってくる→髪引っ張られて防衛のために相手殴る→騒ぎを聞いた皆が飛んできて私と相手の二人を破壊締めで取り押さえる→取り押さえられている状態から、お互いに挑発し合い両者一撃入れる→終わり 流れ的にこんな感じですが やはり髪の毛を引っ張られたから防衛のために殴るのは正当防衛にも入らないのでしょうか? あと殴ってきた相手は空手や武道などを習っている者でした これは相手を訴える際の何かのプラスになりますか? まず、格闘家が手を出 したら武器とみなされ る場合があるってのは ご存知ですよね? 空手を例にしますが色 帯(白黄茶など)でし たら武器とはみなされ ません。有段者(黒帯 )で尚且つ大会で実績 を上げている場合にた まに適応されるという くらいらしいですが、どうですか?相手は黒帯です 武道の有 段者が行うと過剰防衛 として暴行罪、傷害罪 に問われる可能性があ るそうですが、 空手に限らず格闘技等をやっ てる人は喧嘩すると罰せられるそうですが、この範囲を含めて今回の件はどうですか? 私が不利か相手が不利か? また執行猶予中なのであまり騒がせて大袈裟にしない方が身のためだと周りはいいます、見逃せと もし正当防衛が成立しなければ最悪、傷害で逮捕、執行猶予取り消しになる可能性もありますか?? だけど今回は私がケガをして相手が無傷でした 私が顔に青タンで腕にはアザ、相手は無傷と言う常態も踏まえてどうですか? 相手の方が罪が重くなったりしませんか??

  • なぜ執行猶予が不利なのか?

    なぜ執行猶予が不利なのか? 私はフリースクールに通っているのですが、同じくフリースクールに通っている知り合いと口論になりました、そして肩をポンポンと触ったら知り合いが殴ってきました、そしてさらに髪の毛を引っ張ってきました 私は髪の毛を引っ張るのを防衛するために一発殴りました そして騒ぎを聞きつけた人達に二人共羽交い絞めにされ、取り押さえられた状態でお互いに挑発しながら双方が一撃入れました そこで私は被害届を出そうとしたら警察に「お互いが殴っていたら最悪二人共加害者になって不利になると言われました」 私は髪の毛引っ張られた時は正当防衛も主張したいのですが、とりあえずそれは置いといて 私は執行猶予の身でして 周りからは、このまま被害届出したら不利になると言われました なぜでしょうか?今回は相手は無傷で私は顔に青タンや腕にアザが出来て怪我をしました ようするに二人共殴っているから、二人共加害者扱いになったら、執行猶予が取り消される可能性もあるということでしょうか?? もし二人共加害者になった場合は私はどのように執行猶予が不利になるのか教えてください なぜ、どのように? 最悪私は刑務所行きになることもありますか??

  • 回答No.4

少なくとも自公政権時であれば、あなたが小泉悪魔の息子などであれば、トラブルの原因が100%あなたにあり、一方的に相手を殴り、相手が暴行で訴えたとしても、あなたは逮捕もされません。相手がいくら示談では終わらせないと主張しようがね。 そして、あなたが私みたいに国家権力に非常に不都合な人物であれば、相手に100%原因があり、相手が刃物を持って襲ってきて、やむなく柔道技で投げて抑えたとしても、あなたの一方的な暴行事件として立件、冤罪にされるでしょう。相手が歌えなくても訴えるよう命令してね。 それほど、司法も不平等で腐りきっているということです。 ちなみに一般論として、よっぽどの理由がない限り、正当防衛は成立しません。喧嘩両成敗になれば良い方です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • v008
  • ベストアンサー率27% (306/1103)

事件化しないんじゃない これ?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • cowstep
  • ベストアンサー率36% (756/2081)

喧嘩の場合に正当防衛が成立するかについては、原則として成立しないとされています。確かに、喧嘩の一場面だけをみれば、一方がもっぱら防御に終始するような場面があり、その場面での反撃が正当防衛となるようにみえることがあります。しかし、全体としてみたときに、喧嘩状態が継続しているとみられる場合には、「差し迫った攻撃」があったとはいえないため、正当防衛が成立しないというわけです。 http://www.hou-nattoku.com/criminal-code/cc006.php

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • l4330
  • ベストアンサー率22% (4372/19593)

  正当防衛か否か・・・ それを決められるのは、双方の意見を聞いた裁判官だけです。 素人判断にしても双方の意見を聞かないとなんとも言えません。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 過剰防衛?正当防衛?

    ・口論の延長のような形でやるなら表へ出ろと当方が言った。(口論の発端は相手) ・相手が自宅から出てきた瞬間殴りかかってきた。 ・相手の攻撃はまったく当たらず、当方が投げ飛ばし、蹴り等を顔面に数発いれて、馬乗りになり、謝罪があるまで5分ほど殴打した。 ・当方、武道の経験があり、体格差も非常にありました。 以上の条件が揃った場合、正当防衛が認められますか?それとも過剰防衛になりますか? ご回答お願いします。 ちなみに学生なのですが、相手には処分なし、当方には停学処分が下されました。

  • 傷害罪と正当防衛、お互いに証明できない場合

    架空の事例です。 AさんとBさんが路上で口論になり、つかみ合いになりました。 その後、Bさんが転倒し足首を骨折しました。 (深夜、目撃者なし、監視カメラなし、両者とも殴打等の行為なし) この場合、Aさんが正当防衛を証明することは不可能だと思いますが Bさんも、Aの攻撃によって負傷したことを証明する事は不可能だと思います。 裁判ではどのように判断されると思いますか?? 自分の考えでは、どちらが原因かを特定する事は不可能であり、Aさんが故意にBさんを攻撃した事も、またBさんが自分で転倒した可能性も否定できないので、Aさんの無罪かと思います。

  • 家族を守るための行為は正当防衛にならないのでしょうか?

    近隣の人と口論が発生しその相手にいきなり傘で頭を殴られ、その後私の家族も傘で殴られました。 それを防衛するために、犯人を足で蹴るようにして止め(自分が殴られたので、その件を110番に通報中で手がふさがっていた)行為は正当防衛にならないのでしょうか? 警察の方は「足でけったらおたくも加害者だからね。被害届出して相手に処罰を希望するなら、多分あなたも相手に同じことをされ、あなたも加害者となりますね。だから一筆書いてお互い謝った方が良いのでは?」と言われました。 その後、帰宅し友達にも相談しましたが皆 「え?殴られて黙っていたら殺される事もあるよ。家族を守るために取った行為で加害者になる?なんかその警察おかしいね」と言われ、その時は一筆書いて帰ってきましたが、今は頭も痛く首も痛いのでどうも納得がいきません。 (警察に話しても仕方のない(同じ対応)なのは分かりますので、これで警察にどうこういう気はないです) なので、皆様に少しでもご意見を頂けばもう少し納得し気持ちも落ち着くのでは?と思い書いております。 上記のた場合「凶器で殴られ、家族も目の前で襲われている時」もだまってやられるままでいて、犯人には何も抵抗をしてはいけないのでしょうか? そこで、止めにはいってはこちらも加害者になるんでしょうか? では、学生の時にならった護身術、あれは意味が無いどころか万一使ったら加害者になってしまうんですか? 私も心から怖い思いをし、家族も怖くてうなされていて外を歩けない状態です。 警察って、事件が多いからなるべくその場で片づけたいんでしょうか? とにかく辛いです。

  • 過剰防衛と賠償責任

    正当防衛は民事的にも賠償責任が逃れますよね。しかし、過剰防衛の場合はどうなるんでしょうか? 例えば、刃物を持った男に襲われたとします。その時、逃げ場のない状態だったので仕方なく反撃に出て、鍵を手で握り相手の目にパンチを食らわせ、相手がひるんだ際に、とどめに もう片目も潰してしまいました。警察の調べでは、最初の片目に関しては正当防衛の余地があるが、もう片目に関しては過剰防衛として略式起訴されました。そこで、もう片目に対する賠償責任はどうなるでしょうか? 車の自賠責の考え方に基づけば、両眼失明は後遺障害1級ですので、慰藉料は3000万円ですが、最初の片目に関しては正当防衛が認められるので、後遺障害8級の819万円を差し引いて2181万円になりますよね。しかし、そもそも原因は相手の不法行為によるものなので、今度は過失割合の考え方から、対等な喧嘩では50:50と仮定すれば、この場合は90:10くらいが適切だとして、218.1万円程度になり、刃物を持った男は、発端が自分の犯罪行為によって会社を解雇になるので、逸失利益は認められないと思います。 そこで質問ですが、こういう場合の281.9万円という賠償金は妥当な額でしょうか?

  • 言葉による心的外傷と“正当防衛的”言動

    仮の話としてお願いします。 A君の元交際相手の女Bは人格障害気味です。 女Bは放火予告メールをA君に送付したことがきっかけで 二人は別れました。 女BはA君が交際を拒否した時に、 「あなたは顔も普通以下で私と付き合わなかったら、  一生誰とも付き合えない。私はモテる。」 などと言い、 また職場で噂を流すと脅迫まがいの言動を受けて、 A君は止むを得なく女Bと交際していました。 ところが別れ際に、女BはA君に最初の同様の 「あなたは顔も普通以下で私と付き合わなかったら、  一生誰とも付き合えない。私はモテる。」 などの発言を再度したためA君は本音を言いました。 「あなたは女性として全く肉体的魅力がない上に、  性的にも気持ちが悪いし、精神的にも異常者だ。」 と女Bに向かって反論したのです。 Bは一見、上記の発言のようにプライドが 高く自信がありそうですが、 さすがは人格障害の人間だけあってで、 実は言葉とは反面非常にコンプレックスを持っていて 傷が付きやすく、 Aの発言が原因でPTSDなどの心的障害を負い、 その旨、医師が証明書類を書いたとします。 【質問】 こういう場合、 A君は「傷害罪」に問われる可能性があるでしょうか? A君の言い分としては女Bの発言を受けて、 “正当防衛的”(注:法律用語の正当防衛ではない。比喩) に反論しただけだと言います。 また女Bが、万一自分を告訴した場合の対応として、 自分も女Bの発言によりPTSDになったことにして、 同様に女Bを告訴をすると言います。 (A君は精神的には健全で、不愉快な思いをしたものの、  本当は心的外傷は負っていない。) ただし、医師の診断で“偽装”心的外傷がばれる可能性もあります。 【細く質問】 心的外傷の偽装がバレたときに、 女Bにたいする「虚偽告訴」の罪に問われるでしょうか?

  • 傷害罪の成立

    街中で口論から暴行を受け警察が来て傷害罪で現行犯逮捕という 事件を良くニュースなどで見ます。被害者が告訴をして相手の傷害罪が成り立つ らしいのですが、正当防衛では無くお互いが殴り合い双方共に大怪我をした場合、 法的にどちらが罪に問われるのでしょうか?またその場合は立件出来ないのでしょうか? 皆さん回答をお願いします!!

  • くすぐり

    「くすぐり」「くすぐったい」について教えてください。 ・人は何故くすぐられると辛くなるんでしょうか。  何かからの防衛反応でしょうか。 ・くすぐられたことが直接の原因で死んだ人はいるんでしょうか。  ショック死とか呼吸困難とか。 ・くすぐったいって医学的な漢語表現はあるんでしょうか。  「○○感」 それからカテ違いとは思いますがもし死ぬことがあるとして ・もしくすぐられることに抵抗して相手を怪我させたり死なせたりしたら、  正当防衛?それとも過剰防衛?

  • ナイフを持った相手との戦い方

    こんばんわ、以前街で肩がぶつかってしまった相手と 口論になった者です。 余所見をしててぶつかってしまったのですが 僕が謝らないと相手はナイフを持って謝れと脅して来ました。 警察に通報するなりすれば良かったと思うのですが 僕は怖くなってしまい相手に謝罪して泣き寝入りしました。 誤ってしまうのが一番ですが、例え相手を昏倒させたとしても 正当防衛が立件出来たと考えると男なので悔しいとも思います。 ナイフを持った相手と戦う時は「とりあえす首・心臓・肺・肝臓を 刺されなきゃ致命傷にならんだろ。…体重が乗ってないなら大した 威力にもならないだろうし、乗ってるならバックステップで仕切り直せばいい…切りつける動きに対してはこっちも服を着ているし 効果的じゃない…露出しているのは手の甲くらいだ… それらに気を付けて相手の腕の袖を掴めれば後は単にショートレンジの戦い…大丈夫だよな」と素人ながら 色々考えました(笑)対ナイフの効果的な戦い方があったら教えて頂き たいです。よろしくお願いします。 本当は謝ったり喧嘩なんかしないのが一番なんですけどね(*´∀`*) 今はそれは無しとい事で…(´-`)

  • 強盗に襲われて、反撃して殴って怪我させた

    最近アルバイトで、パチンコ屋の景品交換の留守番を頼まれる事が 有り、店員さんが不定期に現金を納めに来ます。 ある時に、店員さんが、ダンボールにお昼ご飯を入れて持ってきて くれたのですが、その際に強盗が現金を持ってきたと勘違いして、 ナイフを持って襲撃してきました。 だけど万が一に備えて カラーボールや木の棒を常備しており、棒が折れるくらい叩いて 強盗は退散しちゃいました。 相手が怪我しても自己防衛で言う事で 正当防衛なのか やりすぎなのかと????疑問。 その後は、景品交換所には、警備員(武道経験者)が常駐する事に なり、警備が良くなりましたけど、その後にも強盗が来て、 即座に取り押さえられ、強盗さんは肩を脱臼してお縄になりました。 これも業務上の正当防衛ですよね。 刺されるの待って、反撃してては事が遅すぎると思うから 。 私の解釈では 武器を持って襲ってくる強盗に、先にダメージを 与えても 正当防衛になると思うのですが。 違うのでしたら 解釈を教えて下さい。

  • 時効のズレにより片方だけ逮捕・検挙??

    以前にここのサイトで、 警告は正当防衛的に行ったとしても 脅迫が成立すると聞きました。 仮の話ですが、 例えば、AからBに「家に放火する」という 脅迫メールが届いたとします。 その3日後に、BがAに正当防衛的に 「発言を撤回しなければ世間にメールを公開する」と 警告したとします。 AにもBにも脅迫罪が成立してしまうそうですが、 お互い刑事告訴していません。 自分が相手を告訴すれば、自分も相手に告訴されるからです。 ところがこのケースの場合、 AのBに対する脅迫罪の方が、 BのAに対する脅迫罪よりも3日早く時効が成立します。 Aが自身の脅迫罪の時効を迎えた瞬間に、 Bを刑事告訴したとします。事前に証拠を確実に準備してです。 すると正当防衛的に広告を行ったはずのBのみが 検挙・逮捕される場合も起こりうるような気がするのですが、 実際法律的にこういうことははありえるのでしょうか? ご教授願います。